最新競馬ニュース

【クイーンC】キャットコイン無傷V3で重賞制覇!

SANSPO.COM:2015年2月14日() 15:56

 464

 14日の東京11Rで行われた第50回クイーンカップ(3歳牝馬オープン、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3400万円)は、柴田善臣騎手騎乗の2番人気キャットコイン(美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が差し切り勝ち。無傷の3連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分34秒0(良)。

 急死した父にささげる、無傷の重賞制覇だ。素質あふれる牝馬がそろった一戦を制したのは、ステイゴールド産駒のキャットコイン。堂々の3連勝で無敗の重賞ウイナーに輝いた。

 レースはダノングラシアスの逃げで幕を開け、スマートプラネットが2番手。その後ろにシングウィズジョイホワイトウインドと続く。1番人気のロカはスタートでやや立ち遅れ、後方からの競馬となった。よどみないペースで流れて直線へ。横に広がった差し脚比べのなかから抜け出したのは、キャットコインだった。道中は中団のインにいたものの、4コーナーで外に持ち出し、直線半ばで先頭に立つと、激しい叩き合いを制して、堂々の3連勝。2歳女王ショウナンアデラに続き、またも二ノ宮厩舎からクラシック候補が誕生した。3/4馬身差の2着はゴール前で外から猛然と追い込んだ3番人気ミッキークイーン。さらにクビ差の3着には、1番人気のロカが追い上げている。

 キャットコインは、父ステイゴールド、母ストレイキャット、母の父Storm Catという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は3戦3勝。重賞初勝利。二ノ宮敬宇調教師、柴田善臣騎手ともにクイーンCは初勝利。

 柴田善騎手は「意外に楽に先頭に立てました。すごく力を付けていることが分かりましたね。折り合い面の心配はない馬で、向こう正面で外の馬と接触したのですが、怒らずに道中も冷静に走っていました。デビュー戦、2戦目とまだひ弱な部分があって、“ドンと来い”という感じではなかったのですが、ここに来て返し馬でも落ち着きが出ています」と成長ぶりを実感している様子だった。

★14日東京11R「クイーンカップ」の着順&払戻金はこちら

ナイス (0)

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着ニュース

人気ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月15日()
秋華賞 G1
東京ハイJ G2
10月14日()
府中牝馬S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る