最新競馬ニュース

【フェブラリー】東西調教ウオッチャー

SANSPO.COM:2017年2月17日(金) 05:05

 4,098

 今週の東西調教ウオッチャーはフェブラリーSが対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの柴田記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、山口記者、競馬エイトの鈴木ショータトラックマンが参戦して好調教馬をピックアップした。

 正木 今年最初のJRA・GI。気合入れて調教を見たか?

 山口 抜群だったのは坂路のカフジテイクですね。回転が速いフットワークは、実戦での強烈な末脚を思い起こさせました。乗り慣れている津村騎手との呼吸もピッタリでしたね。

 ショータ CWコースのアスカノロマンに魅力を感じました。前回は1週前までの負荷が強すぎた感。今回は先週だけしっかりやって、今週は馬なり。四肢がすごくよく伸びて表情にも疲れがなく、あごもしっかりと引いた走り。この馬の好走パターンです。

 正木 気負いなく自然と好時計が出たカフジテイクには安心した。本命候補やからな。差し一手のこういう個性派は自然体が一番。注目の石坂厩舎勢は、坂路で4ハロン50秒4の猛時計を出したモーニン以上にベストウォーリアに好感。前走の根岸S2着を使って、本来の闘争心が出てきた。今回もまず崩れることはないと思う。

 柴田 美浦ではWコースで追われたノンコノユメ。無理に負荷をかけず、自分のペースで走らせるのが主眼の追い切りで、動きは文句なし。坂路のホワイトフーガは、牝馬らしからぬ力強いフットワークで、侮れない存在です。

 ショータ ゴールドドリームは、CWコースの併せ馬で追い出しをぎりぎりまで我慢し、ラスト1ハロン11秒9と伸びて先着。ゴールを過ぎても、まだまだ余力は残っていました。大きな変わり身を見せるならこの馬です。

フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

ナイス (3)

関連キーワード

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連ニュース

新着ニュース

人気ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月15日()
秋華賞 G1
東京ハイJ G2
10月14日()
府中牝馬S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る