最新競馬ニュース

【フェブラリー】バッケン追い風!リッキーV再現だ

SANSPO.COM:2月17日(金) 05:07

 5,126

 JRAで今年最初のGIフェブラリーSの出走馬が16日、決まった。前哨戦の根岸Sで3着のエイシンバッケンは、賞金上位のレッツゴードンキ京都牝馬Sに回ったことで、繰り上がりで初めてのGI出走がかなった。2014年には抽選を突破したコパノリッキーが頂点を極めた例がある。今年も“16番目”の馬が波乱を起こすか。

 祈るような思いが通じた。午後2時。エイシンバッケンの出走が確定すると、投票所に詰めていた中尾調教師は、晴れやかな笑顔で切り出した。

 「滑り込んだね。この馬の特性に合わせれば、直線で挽回がきくこの舞台が一番いいからね」

 5日の出馬登録の段階では、出走決定順で補欠2番手。さらに12日に下位の馬が賞金を加算したため、一時は同3番手まで追い込まれた。だが、前週に出走したモルトベーネピオネロが回避し同1番手に。そしてこの日、ダブル登録していたレッツゴードンキ京都牝馬Sに回ったため出走にこぎつけた。

 実績下位の伏兵と侮ってはいけない。2014年のこのレースでは、2分の1の抽選を突破したコパノリッキーが、単勝最低16番人気で大金星。GI馬4頭をくだし、3連単94万9120円の波乱を巻き起こした。エイシンバッケンは、その再現が期待できる可能性を秘めた上がり馬だ。

 初の重賞挑戦だった前走は、最後の直線で何度も詰まりながらも勝ったカフジテイクから0秒6差。それでいて上がり3ハロンはメンバー2位の34秒9だ。スムーズなら、と思わせるインパクトは残した。ダートで【5・3・3・1】の堅実派。5歳を迎え充実期に入ってきた。

 柴田厩務員は「前は牝馬みたいで、体だけ大きくて筋肉が付いていなかった。去年秋のオータムリーフS(OP、1着)くらいから落ち着きが出て、食べたものが実になるようになった。男馬らしくなって、結果もついてきた」と証言。この中間も状態は右肩上がりで、15日の坂路での追い切りでは自己最速の4ハロン52秒0をマーク。充実一途で大舞台に挑む。

 中尾調教師は「心身ともに成長し、タフさが出てきた。折り合いは大丈夫で、岩田騎手も『もう1ハロンなら距離が延びても大丈夫』と。楽しみですね」と力を込めた。

 運を味方につけたエイシンバッケン。今の勢いなら、主役に抜擢(ばってき)する価値はありそうだ。 (川端亮平)

フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

ナイス (2)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連ニュース

新着ニュース

人気ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

6月25日()
宝塚記念 G1
6月24日()
東京ジャンプ G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月18日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
44,943万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノアラジン 牡6
42,366万円
10 シュヴァルグラン 牡5
41,291万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
10 モズカッチャン 牝3
11,403万円
» もっと見る