最新競馬ニュース

【天皇賞・春】フェノーメノが連覇 キズナは4着

SANSPO.COM:2014年5月4日() 15:47

 2,362

 4日の京都11Rで行われた第149回天皇賞・春(4歳上オープン、GI、芝3200メートル、18頭立て、1着賞金=1億3200万円)は、蛯名正義騎手騎乗の4番人気フェノーメノ(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)が史上3頭目の天皇賞・春連覇を達成した。タイムは3分15秒1(良)。

 長期休養を克服して、鮮やかに連覇を達成した。キズナでもゴールドシップでもない。勝ったのはフェノーメノ。昨年の覇者が、ゴール前の大激戦を制して堂々と連覇を成し遂げた。

 レースはゲート内で暴れたゴールドシップが大きく出遅れて最後方。場内に悲鳴が上がる幕開けとなった。サトノノブレスがハナを切り、2番手にサイレントメロディがつけ、キズナが後方2番手、ゴールドシップが最後方という展開になる。2周目のスタンド前でアスカクリチャンが2番手に上がり、ヒットザターゲットラストインパクトも好位に進出。人気どころはいずれも中団以降を追走する。4コーナー手前で流れは速くなり、中団のインにいたフェノーメノも徐々に仕掛けて外に持ち出して前を追う形。直線に入ると後方のキズナゴールドシップも大外から脚を伸ばすが、先に抜け出したのはフェノーメノウインバリアシオン。さらに猛然と追い込んだホッコーブレーヴが加わって3頭が大接戦のゴールとなる。しかし、わずかにクビ差、フェノーメノがしのぎ切って先頭で駆け抜け、連覇を達成した。クビ差2着が3番人気のウインバリアシオン。さらにハナ差3着に12番人気の伏兵ホッコーブレーヴが入っている。1番人気のキズナは3着から1/2馬身差の4着に敗れ、ゴールドシップは7着に終わった。

 フェノーメノは、父ステイゴールド、母ディラローシェ、母の父Danehillという血統。北海道平取町・追分ファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は14戦7勝。重賞はGII青葉賞、GIIセントライト記念(2012年)、GII日経賞、GI天皇賞・春(13年)に次いで5勝目。戸田博文調教師は13年フェノーメノに次いで天皇賞2勝目、蛯名正義騎手は96年秋バブルガムフェロー、02年春マンハッタンカフェ、13年春フェノーメノに次いで4勝目。

 皐月賞イスラボニータ)に続いて関東馬でのGI連勝を果たした蛯名騎手は「みんなが頑張ってここまで(状態を)戻してくれたので、結果を出せてよかったです。前半はあのくらいのポジションでいいと思っていましたが、(1周目の)坂の下りでいくらか(ハミを)かみましたね。でも、正面で息が入ったので、これなら…と思いました。(後方にいたキズナゴールドシップは)気にせず自分の競馬をしようと心がけました。それでダメならしようがないと。昨年の秋は出走できなくて、牧場の方も厩舎のスタッフも僕も、みんな悔しい思いをしましたが、牧場や厩舎の頑張りで、結果が出せてよかったです。(皐月賞に続くGI連勝は)恵まれていますね」と感慨深げに話し、繋靱帯炎から立て直した関係者の努力を最大の勝因に挙げていた。

★4日京都11R「天皇賞・春」の着順・払戻金はこちら

ナイス (0)

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月10日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月9日()
中日新聞杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る