最新競馬ニュース

【共同通信杯】イスラボニータ完勝で重賞V2

SANSPO.COM:2014年2月24日(月) 15:59

 554

 24日の東京11Rで行われた第48回共同通信杯(3歳オープン、GIII、芝1800メートル、14頭立て、1着賞金=3700万円)は、蛯名正義騎手騎乗の1番人気イスラボニータ(牡、美浦・栗田博憲厩舎)が直線で抜け出して快勝。重賞2連勝を決めた。タイムは1分48秒1(良)。

 2歳日本レコードを樹立した得意のコースで負けるわけにはいかない。1番人気に推されたイスラボニータが、序盤ややかかるシーンを見せながらも終わってみれば文句なしの完勝。関東のエースとして、クラシックに大きく前進した。

 レースはシングンジョーカーが先手を主張して、好スタートを切ったイスラボニータは控える。やや行きたがるそぶりを見せたが、蛯名騎手が懸命になだめて折り合いをつけた。2番手には外からラインカグラが上がり、イスラボニータは外のアスペンツリーなどと並んで3番手。流れはかなり遅くなり、外に出したサトノアラジンが4コーナー手前で一気に好位まで進出する。直線に向くと、落ち着きを取り戻したイスラボニータは追い出しを我慢する余裕。手応え十分に抜け出してサトノアラジンを振り切ると、内から追いすがるベルキャニオンも退けて1馬身1/4差の快勝。見事に重賞2連勝を果たした。2着は3番人気のベルキャニオン。さらに2馬身離れた3着が2番人気のサトノアラジンだった。

 イスラボニータは、父フジキセキ、母イスラコジーン、母の父Cozzeneという血統。北海道浦河町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、(有)社台レースホースの所有馬。通算成績は5戦4勝。重賞はGIII東京スポーツ杯2歳S(2013年)に次いで2勝目。栗田博憲調教師は87年マイネルダビテに次いで共同通信杯2勝目、蛯名正義騎手は08年ショウナンアルバ、10年ハンソデバンドに次いで3勝目。

共同通信杯の着順・払戻金はこちら

ナイス (2)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

12月10日()
阪神JF G1
カペラS G3
12月9日()
中日新聞杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る