最新競馬ニュース

【小倉大賞典】人気のラストインパクトが重賞初V

SANSPO.COM:2014年2月23日() 15:31

 475

 23日の小倉11Rで行われた第48回小倉大賞典(4歳上オープン、GIII、芝1800メートル、15頭立て=カシノピカチュウは出走取消、1着賞金=4000万円)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気ラストインパクト(牡4歳、栗東・松田博資厩舎)が向こう正面で一気に先頭を奪い、そのまま押し切って重賞初制覇。タイムは1分45秒3(良)。

 強烈なインパクトを与える重賞初Vだ。1番人気に推されたラストインパクトが、向こう正面で一気に先頭に立つ積極策から、後続を寄せ付けない圧巻の走りを披露。年明けの小倉メーン重賞は、本格化をアピールする明け4歳馬の独壇場となった。

 レースはエディンが先手を取り、ゼロスサクラプレジールなどが先行態勢を取ったが、流れが落ち着きかけた向こう正面で一気にラストインパクトが外からまくり、先頭を奪う。つれて上昇したタムロスカイが2番手につけ、ゼロスも対応した。直線に向いてもラストインパクトの脚いろはまったく衰えず、そのまま押し切って2馬身1/2差の完勝。2連勝で重賞初制覇を果たした。2着には好位のインから外に持ち出して伸びた8番人気のカフナが入り、4番人気のブレイズアトレイルが2着からアタマ差の3着。

 ラストインパクトは、父ディープインパクト、母スペリオルパール、母の父ティンバーカントリーという血統。北海道白老町・(有り)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、(有)シルクの所有馬。通算成績は12戦5勝。重賞初勝利。松田博資調教師は小倉大賞典初勝利。川田将雅騎手は2006年メジロマイヤーに次いで2勝目。

 この日の小倉で4戦3勝と大活躍の川田騎手は「行きっぷりが良かったし、1800メートルから2000メートルがちょうど良いと思っていました。スタートは決まらず、位置は悪かったですが、2コーナーあたりで馬の行く気に任せました。先頭に立ってからはジワッと行かせて、リズムに気を付けて乗りました。気分良く走ってくれたし、手応えも良かったです」と積極策からのVを振り返っていた。

小倉大賞典の着順・払戻金はこちら

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
7 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
8 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
9 サンリヴァル 牡3
9,338万円
10 ジャンダルム 牡3
8,777万円
» もっと見る