最新競馬ニュース

【フェブラリー】モーニン抜け出してGI初制覇!

SANSPO.COM:2016年2月21日() 15:45

 1,154

 21日の東京11Rで行われた第33回フェブラリーステークス(4歳上オープン、GI、ダート1600メートル、16頭立て、1着賞金=9700万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気モーニン(牡4歳、栗東・石坂正厩舎)が直線で抜け出して快勝。GI初制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分34秒0(重)のコースレコード。

 人も馬も勢いが止まらない。絶好調のM.デムーロ騎手と初コンビを組んだモーニンが、並み居る強豪の追撃を封じ込めて快勝。わずか6戦のキャリアでダート界の頂点に上り詰めた。

 レースはコーリンベリーが先手を取り、モンドクラッセが2番手につけるが、それをかわしてスーサンジョイが2番手に上がる。タガノトネールコパノリッキーも好位につけて、モーニンが直後に続いた。1番人気ノンコノユメは後方4番手からの競馬。よどみない流れのまま直線に向くと、手応え良く3番手からタガノトネールが抜け出す。しかし、外から抜群の脚いろで伸びてきたモーニンが直線半ばで力強く差し切って先頭に立つと、激しい2着争いを尻目に押し切って快勝。7戦目で砂のチャンピオンに輝いた。M.デムーロ騎手は前週の京都記念サトノクラウン)、前日の京都牝馬Sクイーンズリング)に続く重賞V。1馬身1/4差の2着は大外から伸びたノンコノユメで、さらにアタマ差3着が7番人気のアスカノロマンだった。

 モーニンは、父Henny Hughes、母Giggly、母の父Distorted Humorという血統の米国産馬で、馬場幸夫氏の所有馬。通算成績は7戦6勝。重賞はGIII根岸S(2016年)に次いで2勝目。石坂正調教師は08年ヴァーミリアンに次いでフェブラリーS2勝目、ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。

 M.デムーロ騎手は「本当によかった。ずっと自信を持って、強いと思っていました。返し馬で硬いと感じたけど、いつもそんな感じと言われて、(石坂)先生から“スタートは上手じゃない”と言われていたけど、ダッシュが良くていいポジションが取れたので、勝つと思いました。最後までダートの(GIで騎乗する)馬がいなかったけど、ピンクの勝負服のどちらか(同じ馬場幸夫オーナーが所有するベストウォーリアモーニンのどちらかに乗れると内定していた)で、ずっとこの馬に乗りたかった。先生、馬主さんにありがとうと言いたいです。すごい馬、さすがに強い馬です。直線はちょっと早く先頭に立って物見をしてしまって、“危ない、ノンコノユメが来る!”と思ったけど、最後まで楽だった。かなり強いです」と初コンビでGI制覇を果たしたパートナーを絶賛していた。

★21日東京11R「フェブラリーステークス」の着順&払戻金はこちら

ナイス (1)

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月12日(月)
クイーンC G3
2月11日()
京都記念 G2
共同通信杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る