会員登録はこちら
ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2016

2016年11月26日(

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3

京都競馬場/芝/2000m

最新出走予定馬情報 〜ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2016〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【2歳次走報】サトノアレス、フューチュリティSへ
 ★ベゴニア賞を快勝したサトノアレス(美・藤沢和、牡)は四位騎手と新コンビを組んで朝日杯フューチュリティS(12月18日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。2着エトルディーニュ(美・小桧山、牡)は、ひいらぎ賞(同17日、中山、500万下、芝1600メートル)。 ★カトレア賞を快勝したモンサンレガーメ(美・牧、牡)はヒヤシンスS(2017年2月19日、東京、OP、ダ1600メートル)へ。3着ブランエクラ(美・武井、牡)はソエ(管骨瘤)のため、しばらく休養。 ★27日東京の未勝利戦(芝1400メートル)を勝ったトリリオネア(美・小島太、牡)は朝日杯FSか、ひいらぎ賞へ。 ★京都2歳S4着ワンダープチュック(栗・河内、牡)は福寿草特別(2017年1月7日、京都、500万下、芝2000メートル)へ。僚馬で27日京都の未勝利戦(ダ1200メートル)を逃げ切ったメイショウオオヅツ(牡)は冬桜賞(12月24日、中山、500万下、ダ1200メートル)に向かう。
11月30日(水) 05:02

 404

【京都2歳S】カデナ豪脚V!ユーイチ「クラシックにぎわす馬」
 第3回京都2歳ステークス(26日、京都11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝・内2000メートル、1着本賞金3300万円 =出走10頭)福永祐一騎乗で3番人気のカデナが、後方2番手から上がり3ハロン33秒6の末脚で豪快に追い込んで重賞初勝利。タイム2分2秒6(良)。管理する中竹調教師は52歳のバースデーVとなった。1番人気のヴァナヘイムは1馬身1/4差の2着。 鮮やかな差し脚で、きれいに突き抜けた。カデナが素質の高さを示す形で重賞初制覇。狙い通りの立ち回りで勝利へ導いた福永騎手が、笑顔を見せた。 「イメージ通りの競馬でした。何度も頭のなかでシミュレーションしていましたからね。よく伸びてくれました」 道中は折り合いに専念。じっくりと脚をためて3角手前から徐々に進出を開始する。直線に入ってゴーサインが飛ぶと、グイグイと加速。馬群の外からメンバー最速上がり3ハロン33秒6の脚を駆使してライバルを完封した。 中竹調教師はこの日が52歳の誕生日。「折り合いさえつけば距離はもつと思っていたし、最後もいつも通りにいい脚を使ってくれたね。賞金を加算できてよかったよ」とうれしそうだ。ここへは前田幸治オーナーの進言で出走を決めた。前田オーナーも「こんなにうれしい重賞勝ちはないよ」と、頬を緩めた。 賞金加算に成功し、来春の牡馬クラシックが大きく近づいた。ユーイチは「本当にいい馬です。距離は延びてもいいと思いますし、来年のクラシックをにぎわす馬だと思います」と素材の良さに太鼓判を押す。来週には鳥取・大山ヒルズに放牧へ出て、年内は休養の予定。春に飛躍するため、英気を養う。 (宇恵英志)★26日京都11R「京都2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載
11月27日() 05:04

 718

【京都2歳S】レースを終えて…関係者談話
 ◆シュタルケ騎手(ヴァナヘイム2着) 「直線で離れた外から来られたからね。馬体を併せていたら違っていた。まだ余力はあったから」 ◆川田騎手(ベストアプローチ3着) 「いいリズムで3角まで来れました。そこから動けなかったですね。直線もなかなか道ができませんでしたが、しまいはいい脚でした」 ◆武豊騎手(ワンダープチュック4着) 「折り合いはついたし、しまいも伸びた。めどは立った」 ◆Mデムーロ騎手(ソーグリッタリング5着) 「直線で狭くなったのが痛かったね。距離はもう少し短い方がいい」 ◆和田騎手(プラチナヴォイス6着) 「イレ込みがきつかった。向こう正面中ほどまで力んでいた。(4角で)外から馬が来たら余力はなかった」 ◆アッゼニ騎手(マイネルザウバア7着) 「リズム良く運べたが、最後は伸び切れなかった」 ◆ルメール騎手(ダノンディスタンス8着) 「ストライドが大きくて内回りは忙しい。距離ももう少しあった方がいい」★26日京都11R「京都2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら
11月27日() 05:04

 574

【京都2歳S】カデナ、大外から差し切って重賞初V
 11月26日の京都11Rで行われた第3回京都2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝・内2000メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=3300万円)は、後方に位置していた福永祐一騎手騎乗の3番人気カデナ(牡、栗東・中竹和也厩舎)が、直線で外から一気に突き抜けてV。タイムは2分2秒6(良)。1馬身1/4差の2着にヴァナヘイム(1番人気)、さらに1馬身1/4差の3着にベストアプローチ(6番人気)が入った。 京都2歳Sの勝ち馬カデナは、父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ、母の父フレンチデピュティという血統。母は米GIIIの勝ち馬で、半兄スズカコーズウェイ(ジャイアンツコーズウェイ)は、京王杯スプリングC・GIIの勝ち馬。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬で、前田幸治氏の所有馬。通算成績は4戦2勝。重賞は初勝利。京都2歳Sは、中竹和也調教師、福永祐一騎手ともに初勝利。 ◆福永祐一騎手「イメージしていた通りの競馬ができて、馬もそれに応えて伸びてくれました。ゲートは普通に出ましたが、そこからあまりスピードに乗っていかなかったので、外で動ける位置に(付けました)。前走があまりうまく誘導できなかったので。有力だと思っていた馬の後ろ、いい位置が取れましたし、距離延びていいので、牡馬クラシックをにぎわしてくれる存在になると思います」★26日京都11R「京都2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら
11月26日() 15:48

 695

【ジャパンC】キタサンブラック1枠1番!枠順確定
 優勝賞金3億円の最強馬決定戦「第36回ジャパンカップ(GI)」(11月27日、東京11R、3歳上オープン、牡牝、国際、定量、芝2400メートル、1着賞金3億円)の枠順が確定した。 昨年の菊花賞馬で春の天皇賞を制したキタサンブラックは1枠1番、昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクターは2枠3番、今年の皐月賞馬ディーマジェスティは5枠9番、ドバイターフ勝ちで秋の天皇賞2着リアルスティールは8枠16番、春の天皇賞3着馬でアルゼンチン共和国杯優勝のシュヴァルグランは8枠17番、外国勢では、昨年のジャパンC6着馬イラプトは4枠8番にそれぞれ決まった。 勝ち馬投票券は11月25日にウインズ後楽園、梅田、難波の3カ所で、金曜日発売(午後2時から午後7時)を実施し、26日からは全国のJRA競馬場、ウインズ等で前日発売する。なお、金曜日発売では、26日に京都競馬場で行われる京都2歳S(11R)と27日の京阪杯(12R)もあわせて発売される。ジャパンCは27日、東京競馬場(11R最終レース)で、午後3時40分にスタートが切られる。★ジャパンカップの枠順はこちら 調教タイムも掲載★「ジャパンC」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開
11月24日(木) 14:12

 4,505

【京都2歳S】レース展望
 京都の土曜メインは京都2歳ステークス(26日、GIII、芝2000メートル)。2014年に重賞に格上げされ、同年に3着だったシュヴァルグランは今年、GIIを2勝し、今週のジャパンCでも有力視されている。オープン特別として行われていた13年以前の優勝馬ののちの活躍をみると、09年ヴィクトワールピサが皐月賞、有馬記念、ドバイワールドCとGI・3勝、12年エピファネイアが菊花賞、ジャパンCとGI・2勝、01年アドマイヤドンが芝、ダートでGI・7勝。負けた馬でも02年2着のザッツザプレンティが菊花賞V、08年3着のアンライバルドが皐月賞V、04年2着のヴァーミリアンがダートGI・9勝など大いに活躍しており、出世レースの中でも最上位にランクできるレースだ。 プラチナヴォイス(栗東・鮫島一歩厩舎、牡)は京都芝1800メートルで未勝利戦、萩Sと連勝中。未勝利戦の勝ちタイム1分45秒9は、2歳コースレコードを0秒6も更新し、13年東京スポーツ杯2歳Sでイスラボニータがマークした日本レコードとタイだった。2走前は後方一気、前走は先行抜け出しと脚質にも幅が出ている。デビューから2戦は函館、札幌の芝1800メートルでともに4着だっただけに、今回はコーナー4回のコース形態に対応できるかが鍵になるが、チャンスは十分だ。 ヴァナヘイム(栗東・角居勝彦厩舎、牡)は、萩Sで1馬身3/4差の2着。キャリア1戦の身ながら、上がり3ハロンはメンバー最速の34秒0をマークして力を示した。祖母は天皇賞・秋とオークスを制した名牝エアグルーヴで、母系は国内屈指の名門。成長力に富む一族で、逆転の可能性は十分にある。騎乗予定だった浜中俊騎手が騎乗停止となり、アンドレアシュ・シュタルケ騎手とのコンビで臨むことになった。 カデナ(栗東・中竹和也厩舎、牡)はメンバー唯一のディープインパクト産駒。半兄に京王杯スプリングCを勝ったスズカコーズウェイ(父ジャイアンツコーズウェイ)がいる。デビューから2、1、2着で、上がり3ハロンは3戦いずれもメンバー最速をマーク。1ハロンずつ距離が延びてもしっかりと対応し、センスのある走りを見せており、重賞でも期待できる。 アダムバローズ(栗東・角田晃一厩舎、牡)は、今回と同じ京都芝2000メートルの紫菊賞を逃げ切って3戦2勝。第1回の優勝馬ベルラップと同じハーツクライ産駒で、ここでも展開の鍵を握る存在となりそうだ。 同舞台でデビュー戦を快勝したベストアプローチ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)は英国産馬。父ニューアプローチは英ダービー、愛&英チャンピオンSなどGIを5勝し、種牡馬としても英2000ギニーを勝ったドーンアプローチや、英オークス馬タレントなどを出している。前走は折り合いがついて反応も良く、着差(3/4馬身)以上に余裕のある勝ちっぷりだっただけに、重賞でも期待が高まる。 同じく京都芝2000メートルでデビュー戦を飾ったダノンディスタンス(栗東・佐々木晶三厩舎、牡)は、新種牡馬ルーラーシップの産駒。祖母はエリザベス女王杯V、ドバイワールドC2着の名牝トゥザヴィクトリーで、叔父に重賞5勝のトゥザグローリー、弥生賞勝ち&GI・2着3回のトゥザワールドがいる。ほかにも、桜花賞3着のソーマジックを母に持つソーグリッタリング(栗東・池江泰寿厩舎、牡)、昨年2着のリスペクトアースと同じ美浦・小笠倫弘厩舎所属のマイネルザウバア(牡)などにも注目したい。★京都2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
11月21日(月) 17:24

 2,694

【京都2歳S】追って一言
 ◆アダムバローズ・角田師 「そんなにやる必要はなかった。使いながら緩さが取れてきたのは大きいし、精神面でもどっしりしてきた」 ◆ヴァナヘイム・シュタルケ騎手 「何をしなければいけないか分かっていて、指示しただけ動けている。すごくいい感触があって自信を持って乗れる」 ◆エーティーラッセン・木原助手 「動きはいい。いろいろな面で粗削りだが、いいものは持っている」 ◆カデナ・中竹師 「動きは文句なしだね。追われてからの反応がよかった。前走は前があいてからはよく詰めたし、折り合いがついたのは大きかった」 ◆ソーグリッタリング・池江師 「追い切りは、気持ちよく馬に合わせて伸ばした。よかったですね。距離は大丈夫だと思う」 ◆ダノンディスタンス・佐々木師 「追い切りに乗ったルメール騎手は『完璧』と言っていた。1回叩いて自分から動く気持ちが出てきた」 ◆プラチナヴォイス・和田騎手 「3頭併せで楽に抜け出した。先週もよかったが、今週もよかったね。前回はゲートも出てくれたし、どんな展開でも対応できる」 ◆ベストアプローチ・藤原英師 「1度使って動きはよくなっている。メンバーは強いが、ここでどんな競馬をしてくれるか。センスはある」 ◆マイネルザウバア・小笠師「動きはよく、順調にきている。まだ非力な面を残しているが、使われながら良化してきた」 ◆ワンダープチュック・河内師 「けいこはまずまずやね。前走はイライラしていたが、落ち着きが出てきたし、よくなっている」★京都2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
11月24日(木) 05:01

 1,399

【京都2歳S】ヴァナヘイム鞍上シュタルケ“自信アリ”
 祖母エアグルーヴの良血ヴァナヘイムは前走・萩Sで1番人気だったが、プラチナヴォイスを捕まえ切れず2着。それでも最速の上がり3F34秒0をマークと非凡さは見せた。「何をしなければならないか、しっかりと分かっている馬だ。自信を持って乗れる」と、けいこに跨ったシュタルケ騎手は好感触。岸本助手も、「前の馬を射程圏に入れて競馬をしてもらえれば」と、Vは確実といわんばかり。来年のクラシックを見据えれば、もう取りこぼせない。(夕刊フジ)★京都2歳Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載
11月25日(金) 11:55

 1,282

京都2歳Sのニュースをもっと見る >

京都2歳Sの直前追い切り情報をもっと見る >

京都2歳Sの口コミ情報をもっと見る >

●ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2016〜

第3回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3

2016年11月26日()京都11R 芝2000m 10頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 3 85.3 カデナ 牡2 55.0 福永祐一 中竹和也 栗東 460(+2) 3.8 3 2.02.6
2 8 9 83.6 ヴァナヘイム 牡2 55.0 A.シュタ 角居勝彦 栗東 474(-4) 3.0 1 2.02.8 1 1/4
3 8 10 78.9 ベストアプローチ 牡2 55.0 川田将雅 藤原英昭 栗東 472(-4) 12.4 6 2.03.0 1 1/4
4 5 5 83.3 ワンダープチュック 牡2 55.0 武豊 河内洋 栗東 478(+2) 47.5 8 2.03.1 3/4
5 4 4 83.6 ソーグリッタリング 牡2 55.0 M.デムー 池江泰寿 栗東 480(-2) 14.6 7 2.03.1 アタマ
6 7 8 84.9 プラチナヴォイス 牡2 55.0 和田竜二 鮫島一歩 栗東 508(0) 3.4 2 2.03.2 クビ
7 6 6 84.3 マイネルザウバア 牡2 55.0 A.アッゼ 小笠倫弘 美浦 432(+4) 59.4 9 2.03.7
8 2 2 75.2 ダノンディスタンス 牡2 55.0 C.ルメー 佐々木晶 栗東 526(0) 10.8 4 2.03.8 1/2
9 1 1 79.6 エーティーラッセン 牡2 55.0 四位洋文 木原一良 栗東 490(+4) 192.6 10 2.04.0 1 1/4
10 7 7 84.0 アダムバローズ 牡2 55.0 藤岡康太 角田晃一 栗東 504(+2) 10.8 5 2.04.2
ラップタイム 12.4-11.5-12.5-12.7-13.1-13.6-12.4-11.5-11.3-11.6
前半 12.4-23.9-36.4-49.1-62.2
後半 60.4-46.8-34.4-22.9-11.6

■払戻金

単勝 3 380円 3番人気
複勝 3 150円 3番人気
9 130円 1番人気
10 220円 4番人気
枠連 3-8 490円 2番人気
馬連 3-9 670円 2番人気
ワイド 3-9 270円 2番人気
3-10 790円 12番人気
9-10 760円 11番人気
馬単 3-9 1,360円 5番人気
3連複 3-9-10 2,360円 7番人気
3連単 3-9-10 7,450円 12番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2016〜

京都2歳Sのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2016〜

2015年 ラジオN杯京都2歳S 2015年11月28日() 京都11R 芝2000m 良 12頭

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2015

1着 4 ドレッドノータス 6.0倍(3人気) 武豊 2:01.3 93.5
2着 1 リスペクトアース 7.7倍(5人気) 戸崎圭太 アタマ 93.5
3着 3 アドマイヤエイカン 2.9倍(1人気) 岩田康誠 1 1/4 92.3
単勝 4 600円(3人気) 3連複 1−3−4 2,000円(7人気)
馬連 1−4 2,330円(10人気) 3連単 4→1→3 14,300円(50人気)

2014年 ラジオN杯京都2歳S 2014年11月29日() 京都11R 芝2000m 稍重 08頭

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2014

1着 6 ベルラップ 19.5倍(6人気) W.ビュイック 2:04.8 88.8
2着 3 ダノンメジャー 4.3倍(2人気) 小牧太 クビ 88.8
3着 5 シュヴァルグラン 15.1倍(5人気) 内田博幸 クビ 88.3
単勝 6 1,950円(6人気) 3連複 3−5−6 8,430円(21人気)
馬連 3−6 3,880円(12人気) 3連単 6→3→5 68,280円(127人気)

2013年 京都2歳ステークス 2013年11月23日() 京都9R 芝2000m 良 09頭

京都2歳ステークス2013

1着 9 トーセンスターダム 1.5倍(1人気) 武豊 2:00.8 89.4
2着 6 アグネスドリーム 14.9倍(5人気) 川田将雅 アタマ 89.4
3着 7 サトノロブロイ 12.7倍(4人気) 松田大作 1 1/2 88.3
単勝 9 150円(1人気) 3連複 6−7−9 2,220円(6人気)
馬連 6−9 1,110円(4人気) 3連単 9→6→7 6,060円(17人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2012/11/24
京都2歳ステークス
京都 10 エピファネイア 1.2倍 1 福永祐一 2:03.0 94.3
2011/11/26
京都2歳ステークス
京都 11 トリップ 1.6倍 1 岩田康誠 2:01.5 89.3
2010/11/27
京都2歳ステークス
京都 10 マーベラスカイザー 62.1倍 8 和田竜二 2:01.6 87.4
2009/11/28
京都2歳ステークス
京都 5 ヴィクトワールピサ 1.5倍 1 武豊 2:01.6 91.4
2008/11/29
京都2歳ステークス
京都 9 イグゼキュティヴ 5.3倍 2 松岡正海 2:02.2 88.3
2007/11/23
京都2歳ステークス
京都 9 アルカザン 13.0倍 4 池添謙一 2:02.5 89.5
2006/11/25
京都2歳ステークス
京都 10 ゴールドキリシマ 28.7倍 7 石橋守 2:03.5 88.2
会員登録はこちら

●ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2016〜

京都2歳ステークスは1959年に京都競馬場の芝1400mの3歳(現2歳)の競走馬によるオープン競走・京都3歳ステークスの名称で施行されたのが始まり。

その後、幾度かの施行距離変更があったものの、1983年から1989年までは芝1600mで施行。1990年に芝1800m、2002年に芝2000mとなり現在に至る。

なお、1956年に阪神3歳ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)が阪神競馬場の改修工事により京都競馬場で行われた際に「京都3歳ステークス」の名称が使われたこともある。

2014年からは日経ラジオ社より寄贈杯が提供され競走名がラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスとなり、重賞競走に昇格された。これと引き換えにラジオNIKKEI杯2歳ステークス(現・ホープフルステークス)の寄贈杯提供が終了となった。

2013年10月21日のJRAによる発表時点では格付けなしの「新設重賞」となっていたが「日本グレード格付け管理委員会」にGIIIへの格付けを申請し、2014年1月20日に追加承認され格付けがGIIIに変更された。

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年8月20日(
札幌記念 G2
テレビ西日本賞北九州記念 G3

競馬番組表

2017年8月19日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2017年8月20日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目

ラジオN杯京都2歳S特集
バックナンバー

ラジオN杯京都2歳S2017
ラジオN杯京都2歳S2016
ラジオN杯京都2歳S2015
ラジオN杯京都2歳S2014
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る