会員登録はこちら
ヴィクトリアマイル G1   2018年5月13日()  東京/芝1600m
U指数コラムを見る

レース動画

動画はまだ公開されていません

ヴィクトリア関連記事

【愛知杯】エテルナミノル待望の重賞初V
 第55回愛知杯(13日、中京11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金3600万円 =出走18頭)四位洋文騎乗で6番人気のエテルナミノルが直線で抜け出して重賞初制覇を果たした。2分0秒1(良)。春の目標はヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)になる。後方から脚を伸ばした11番人気の伏兵レイホーロマンスが1/2馬身差の2着。さらに1馬身1/4差の3着が1番人気のマキシマムドパリだった。 尾張の寒風をものともせず、大舞台へとつながる道を切り開いた。エテルナミノルが9度目の挑戦で重賞初制覇。四位騎手は笑顔でパートナーをねぎらった。 「この中間は厩舎一丸になってゲート練習をしてくれて、中で落ち着いていたからしっかり流れに乗れた。馬が頑張ってくれました」 課題のスタートを決め、道中はスムーズに好位で運ぶ。最後の直線に向くとスパート開始。鞍上のアクションに応えて直線半ばで先頭に立つと、後続の猛追を半馬身差でしのぎ、待望の初タイトルをつかみ取った。 前走のターコイズSは発馬での後手が響き、追い上げ及ばず0秒1差の5着。リベンジを期すこの一戦に向けて、ゲート練習を積んできた。本田調教師は「もともと頭は悪くないからね。やることをやって、ゲートが怖くないということを教えた。前回も出遅れなければ勝ち負けと思っていたからね。しっかりしてきた」とうなずいた。 これで重賞ウイナーの仲間入り。狙うはもちろん大舞台だ。トレーナーは「少し間隔をあけて、ヴィクトリアマイルが目標になるかな」とGI取りをにらむ。5月の遅生まれで、5歳ながら伸びしろは十分。本格化ムードのエテルナミノルが、“実りの春”を迎えようとしている。 (川端亮平)★13日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちらエテルナミノル 父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、母の父フジキセキ。黒鹿毛の牝5歳。栗東・本田優厩舎所属。北海道新ひだか町・フジワラフアームの生産馬。馬主は吉岡實氏。戦績19戦6勝。獲得賞金1億3106万6000円。重賞初勝利。愛知杯は、本田優調教師が2011年フミノイマージンに次いで2勝目、四位洋文騎手は初勝利。馬名は「永遠(イタリア語)+冠名」。
2018年1月14日() 05:04

 337

ソウルスターリング、ヴィクトリアM後海外挑戦へ
 昨年の最優秀3歳牝馬に選出されたソウルスターリング(美・藤沢和、牝4)は、サンケイスポーツ杯阪神牝馬S(4月7日、阪神、GII、芝1600メートル)で始動予定であることが11日、わかった。その後、ヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)に向かう。藤沢和調教師は「阪神牝馬Sからになると思います。海外(英ロイヤルアスコット開催、米ブリーダーズC)についてはヴィクトリアマイルが終わってからだね」と今後の見通しを口にした。★ソウルスターリングの競走成績はこちら
2018年1月12日(金) 05:04

 209

【東西現場記者走る】ミッキー、鉄砲お任せ!
 密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画「東西現場記者走る」。エリザベス女王杯は、昨年のこのレースを◎○▲の大本線で的中させた大阪サンスポの山口大輝記者(26)が担当する。連載2日目は昨年の3着馬ミッキークイーンに密着。今年もぶっつけ本番になるだけに、その状態を探った。 ここ最近のGI週は、雨中の取材が多かったが、今週は好天続き。日頃から僕の行いがいいのか、この日もぽかぽか陽気で、足どりが軽い。 2日目は、GI2勝馬ミッキークイーンに密着した。実力はこのメンバーでも屈指の存在とはいえ、2年連続でのぶっつけ本番。6月の宝塚記念3着後に、このレースを大目標に放牧に出されたものの、昨年と同じく左前脚靱帯(じんたい)を痛めた。一時は秋のローテーションが白紙になったほどで、気になるのは患部の状態と仕上がり具合。齊藤助手を直撃した。 「(患部は)全然、走りには関係ないよ。気になるようなところはないし、素軽さも去年よりいい。今回の方がじっくり乗り込めているしね」 3着だった昨年は、同じ症状で5月のヴィクトリアマイル(2着)からのぶっつけだった。当時より、状態がいいということは…。さらに上の着順も期待してしまう。 さらに、「気持ちはリフレッシュされたときのほうがいいと思う。レースを使うと煮詰まってくるところがあるから」と続けてくれた。精神面から、休み明けはむしろプラスと考えてもよさそうだ。実際、今春も始動戦となったサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sを快勝。のちに、ヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードを破っており、中身も濃い。休み明けも【1・2・1・0】と苦にしない。 体調面でも不安はなさそうだ。以前はカイバ食いが細かったが、今は「食べ過ぎるぐらい。体重は関係ないから気にならないけどね。(性格が)大人になったのもあるんだろう」と齊藤助手。この日もカイバおけに顔を突っ込み、むしゃむしゃと食べる姿が印象的だった。 GIタイトルは、3歳時の秋華賞以来、約2年も遠ざかっている。「(GIが)欲しいところやね。力はこの中でも上やと思っているんやけど」という齊藤助手の言葉に本音を感じた。 昨年の有馬記念5着に今年の宝塚記念3着と牡馬とも渡り合ってきた実力の持ち主。昨年は3番手の評価にしたが、今年はもっと重い印を用意する必要があるかもしれない。■東西現場記者走る 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポが誇る精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の日曜付の紙面。山口記者は初めて連載を担当した昨年のエリザベス女王杯を、◎◯▲でズバリ。3連単15万8930円を大本線で仕留め、“万券モンスター”として注目を集めた。
2017年11月8日(水) 05:10

 2,660

【府中牝馬S】レース展望
 秋の東京開催2週目は土曜メインに府中牝馬S(14日、GII、芝1800メートル)が行われる。エリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)の重要前哨戦で、1着馬には優先出走権が与えられる。今年の登録馬はフルゲートに1頭満たない17頭だが、GIホースが4頭という豪華版となった。 昨年の秋華賞馬ヴィブロス(栗東・友道康夫厩舎、4歳)はドバイターフも制して、実力は世界レベル。今回はそれ以来6カ月半ぶりのレースになるが、ここひと月、栗東で順調に乗り込まれており、今週の追い切りで態勢は整いそうだ。東京コースは初めてだが、同じ左回りのメイダン、中京で勝っているので、問題ないだろう。課題を挙げれば、初めて背負う56キロ。小柄な馬だけに、この克服が特に鍵になる。 ヴィクトリアマイルを勝ったアドマイヤリード(栗東・須貝尚介厩舎、4歳)は、ひと息入れて出走したクイーンSで最後方から伸びきれず、6着に敗退。今回の登録馬ではトーセンビクトリー(2着)、クインズミラーグロ(3着)、クロコスミア(4着)に先着されてしまった。それでも、洋芝、小回りコースが向かなかった印象。ヴィクトリアマイルを勝った東京コースは好材料で、1800メートルでも2勝しており、変わり身が期待できる。 昨年の覇者で、その後エリザベス女王杯も制したクイーンズリング(栗東・吉村圭司厩舎、5歳)は、ヴィクトリアマイル6着以来5カ月ぶりのレース。12月の香港C(9着)で歯車が狂い、春はその影響を引きずったようだった。今回は放牧でリフレッシュし、1週前追い切りでも3頭併せで最先着。態勢は整いつつあり、復活の可能性は十分ある。 リエノテソーロ(美浦・武井亮厩舎、3歳)は交流GI全日本2歳優駿を勝ち、NHKマイルCでも2着と、芝・ダート不問のタイプ。ここ2戦はともにダートでユニコーンS7着、オーバルスプリント5着と振るわず、距離経験も1600メートルまでだが、まだ評価を下げるわけにはいかない。 GI勝ち馬組以外でも魅力的な馬が多く、最も勢いが目立つのがワンブレスアウェイ(美浦・古賀慎明厩舎、4歳)。安定感がある半面、詰めの甘さが目立つタイプだったが、3月に準オープン・スピカSを快勝した後に休養し、降級初戦の阿武隈Sも勝って再びオープン入りと、ひと皮むけたムードだ。全姉キャットコインはクイーンCを制覇。半姉タガノエリザベートはファンタジーS優勝馬で、半妹ロックディスタウンも札幌2歳S勝ちという上質な血統背景があり、本格化気配が伝わる今なら、重賞初挑戦でも壁はなさそうだ。約3カ月の休み明けだが、調教では力強い動きを見せている。 中山牝馬S勝ちのトーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎、5歳)は前走のクイーンSで2着。安定感を欠くタイプだが、気分良く走れれば、上位争いが可能だ。 他ではアルテミスSを勝ち、ヴィクトリアマイル2着と東京が得意なデンコウアンジュ(栗東・荒川義之厩舎、4歳)、ここ5戦、いずれも牝馬重賞で3、3、3、2、3着と安定しているクインズミラーグロ(美浦・和田正道厩舎、5歳)、1000万下、準オープンと連勝中のキンショーユキヒメ(栗東・中村均厩舎、4歳)なども争覇圏内だろう。★府中牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月10日(火) 17:55

 2,452

ヴィクトリアのニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る