会員登録はこちら
ヴィクトリアマイル G1   2015年5月17日() 15:40 東京/芝1600m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜ヴィクトリアマイル2015〜

第10回 ヴィクトリアマイル G1

2015年5月17日()東京11R 芝1600m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 5 99.0 ストレイトガール 牝6 55.0 戸崎圭太 藤原英昭 栗東 460(0) 14.1 5 1.31.9
2 4 7 96.8 ケイアイエレガント 牝6 55.0 吉田豊 尾形充弘 美浦 530(+10) 47.4 12 1.31.9 アタマ
3 8 18 92.4 ミナレット 牝5 55.0 江田照男 大和田成 美浦 482(+2) 291.8 18 1.32.2 1 3/4
4 2 4 94.6 レッドリヴェール 牝4 55.0 C.ルメー 須貝尚介 栗東 430(-6) 7.8 3 1.32.4 1 1/2
5 1 2 94.8 カフェブリリアント 牝5 55.0 福永祐一 堀宣行 美浦 428(+2) 10.5 4 1.32.4 クビ
6 7 15 95.5 ヌーヴォレコルト 牝4 55.0 岩田康誠 斎藤誠 美浦 452(+4) 2.2 1 1.32.5 1/2
7 3 6 97.4 ディアデラマドレ 牝5 55.0 藤岡康太 角居勝彦 栗東 456(+4) 5.5 2 1.32.5 ハナ
8 8 17 91.9 ショウナンパンドラ 牝4 55.0 浜中俊 高野友和 栗東 442(-10) 16.2 7 1.32.8
9 5 10 94.8 ハナズゴール 牝6 55.0 丸田恭介 加藤和宏 美浦 432(+4) 136.0 16 1.32.9 1/2
10 6 11 99.9 スマートレイアー 牝5 55.0 武豊 大久保龍 栗東 456(-10) 15.9 6 1.33.0 1/2
11 8 16 98.3 リトルゲルダ 牝6 55.0 M.デムー 鮫島一歩 栗東 490(-14) 122.5 15 1.33.1 3/4
12 2 3 96.5 スイートサルサ 牝5 55.0 田中勝春 菊川正達 美浦 470(+2) 25.9 9 1.33.2 3/4
13 4 8 94.3 バウンスシャッセ 牝4 55.0 北村宏司 藤沢和雄 美浦 522(-2) 35.2 11 1.33.2 アタマ
14 5 9 96.4 ベルルミエール 牝4 55.0 川島信二 高橋亮 栗東 472(-6) 116.0 14 1.33.4
15 6 12 94.0 アルマディヴァン 牝5 55.0 勝浦正樹 高橋文雅 美浦 482(+6) 161.0 17 1.33.4 アタマ
16 1 1 94.8 タガノエトワール 牝4 55.0 川田将雅 松田博資 栗東 446(-6) 31.8 10 1.33.6 1 1/4
17 7 13 95.7 メイショウマンボ 牝5 55.0 武幸四郎 飯田祐史 栗東 500(-6) 24.5 8 1.33.7 1/2
18 7 14 91.7 ウエスタンメルシー 牝4 55.0 内田博幸 奥村武 美浦 458(-2) 106.8 13 1.35.0
ラップタイム 12.1-11.0-11.2-11.2-11.4-11.2-11.6-12.2
前半 12.1-23.1-34.3-45.5-56.9
後半 57.6-46.4-35.0-23.8-12.2

■払戻金

単勝 5 1,410円 5番人気
複勝 5 490円 5番人気
7 1,020円 12番人気
18 8,500円 18番人気
枠連 3-4 4,510円 13番人気
馬連 5-7 36,880円 66番人気
ワイド 5-7 5,410円 54番人気
5-18 86,300円 145番人気
7-18 86,580円 146番人気
馬単 5-7 73,990円 129番人気
3連複 5-7-18 2,860,480円 726番人気
3連単 5-7-18 20,705,810円 4,140番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

ヴィクトリア関連記事

【オークス】シングウィズジョイから大波乱
 オークスの枠順が21日、確定した。ルージュバック1強ムードだった桜花賞から一転して、今回は混戦模様。桜花賞と同様に展開が明暗を分ける可能性は十分にある。注目したのはトライアルのサンケイスポーツ賞フローラSを勝ったシングウィズジョイだ。 逃げ馬が不在だった桜花賞は、先手を奪ったレッツゴードンキが前半800メートル50秒0の超スローペースに持ち込み、2着に4馬身差をつけて逃げ切った。 そのドンキは今回、逃げるには絶好といえる〔1〕枠(1)番となったが、もともとは差して結果を出していた馬。未知の2400メートルということもあり、逃げる可能性はそれほど高くない。 確固たる逃げ馬が不在の中でおもしろい存在は、内田騎手が「同型との兼ね合いやペース次第になるけど」と前置きした上で「逃げてもいい」と積極策を示唆したシングウィズジョイだ。 前走のフローラSは2番手から早めに先頭に立って押し切り、重賞初制覇を飾った。先行力と勝負根性が武器で、桜花賞組と別路線で力をつけてきた点も魅力。注目は桜花賞組に集まり、連勝でGIIを制した割に評価は高くない。 内田騎手はコンビを組んで連勝中。「前走は馬が良くなっていた。相手は強くなるけど、しぶとい」と長所を語り、「この馬が一番力を出せるようなレースをしたい」と意欲を見せた。 枠順は勝った前走と同じ〔3〕枠(5)番に決まった。内めから他馬の出方をうかがえるだけに、まさに絶好といえる。 前週のヴィクトリアマイルは逃げたミナレットが3着、2番手を進んだケイアイエレガントが2着に粘って、5番手から差したストレイトガールが優勝し、3連単はGI史上最高配当の2070万5810円となった。 2週前のNHKマイルCでも好位のインを進んだ馬がワンツーを決め、東京のGIは2週連続で先行馬が活躍している。 昨年のヴィクトリアマイルでは11番人気のヴィルシーナで逃げ切るなど、JRA・GI11勝を挙げる名手が、あっと驚く奇策で波乱を演出する可能性は十分にある。 (特別取材班)
2015年5月22日(金) 05:06

 987

【東西現場記者走る】先行シングで大花火
 今週のGIは牝馬クラシック第2弾、オークス(24日、東京、芝2400メートル)だ。1週間の密着取材で勝ち馬を探り出すGI企画『東西現場記者走る』は、東京サンスポの柴田章利記者(43)が担当する。まずは滋賀県栗東トレセンで、サンケイスポーツ賞フローラステークスを2番手から押し切ったシングウィズジョイの陣営を直撃。先行馬が大波乱を起こしたヴィクトリアマイルに続き、先行粘り込みが可能かを探った。 ヴィクトリアマイルが3連単2070万円の大荒れ。記者は打ちひしがれて…いや、今度こそ当ててやるぞと気を引き締めて、東京競馬場から1週間分の荷物を引きずって栗東入りした。 全休日の最初のターゲットはシングウィズジョイ。なんといってもわが社杯、サンスポ賞フローラSの勝ち馬で、当日の昼休みのイベントで予想を的中させてくれた馬だ。 「いやぁ、取材に来てくれる人が増えてうれしいですよ」。大江助手がにこやかに出迎えてくれた。フローラSではスローペースの2番手から押し切り。今回のオークスもスローになりそうなメンバー構成で、しかもヴィクトリアマイルは先行馬が波乱を呼んだのだから、つい2匹目のどじょうを狙ってしまう。 「この馬のいいところは操作性の高さ。切れないけど、前が動けばついていけばいいし、動かないなら自分から動ける。前に行っても折り合うから2400メートルもまったく心配していません」 大江助手のコメントに深くうなずくばかりだ。アルテミスS(東京芝1600メートル)、クイーンC(同)はともに6着。大江助手は「東京で2回負けたときは(短い距離で瞬発力勝負になってしまい)競馬がかみ合わなかった。だけど、この馬の持ち味を生かすにはどうしたらいいか、今後どうすべきかが分かった」と敗戦を糧にフローラSで好結果を出したと明かす。 瞬発力勝負を避けて息の長い脚を生かす競馬をする−。まさに、今の前残りの傾向がある東京コースにぴったりだ。 「切れる馬に比べるとインパクトが弱いから、それほど人気になりそうもないですね。でも勝負根性があるから、後ろから他馬が来たらもうひと伸びしますよ」 今週も大波乱の予感がするオークス。その立役者の1頭にシングウィズジョイがいるような気がする。★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年5月19日(火) 05:04

 600

【ヴィクトリア】ミナレット3着でGI最高額出た
 第10回ヴィクトリアマイル(17日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金9000万円 =出走18頭)100円が、わずか1分半で2070万円に!! 中央競馬の上半期の女王決定戦、ヴィクトリアマイルが17日、東京競馬場で18頭立てで行われ、1着5番人気ストレイトガール、2着12番人気ケイアイエレガント、3着18番人気ミナレットで決着し、3連単2070万5810円の大波乱となった。GI史上最高額で、中央競馬史上でも2番目の高額配当。春のGIシリーズの佳境を迎える今週のオークス、来週のダービーを前に大きな花火が打ち上がった。 ドカーン!と出ました2000万馬券。ヴィクトリアマイルは大波乱の決着に。1着から3着を着順通りに当てる3連単はGI史上最高の2070万5810円だ。 勝ったのは5番人気のストレイトガールで大穴ではないが、波乱の立役者は2、3着馬。2着ケイアイエレガントは12番人気、3着ミナレットは最低の18番人気だった。配当がターフビジョンに映し出されると、東京競馬場に大きなどよめきが起こった。 中団から後方を進んだヌーヴォレコルトとディアデラマドレの1、2番人気が沈み、逃げたミナレットと2番手にいたケイアイエレガントが粘り込んだ。なかでもミナレットはデビュー戦でも超大穴を出していた。14番人気で勝ち、このときの3連単2983万2950円は歴代最高配当。今回はGIで歴史的な波乱を演出した。 ミナレットに騎乗した江田照男騎手は、大穴メーカーとして知られた存在。2000年のGIスプリンターズSでは最低の16番人気のダイタクヤマトで1着(単勝2万5750円=重賞史上4位)となり、あっと言わせた。レース後、江田照騎手は「ハナ(先頭)に行って注文通りの競馬ができて、(後続が)ノーマークにしてくれたのもよかった。坂上までよく頑張ってくれました」と満足そうな表情だった。 波乱を起こすのは、人気薄の逃げ・先行馬というのが定番。昨年のヴィクトリアマイルは11番人気のヴィルシーナが逃げ切り、同年のフェブラリーSは16番人気のコパノリッキーが2番手から勝っている。 人気薄だと後続馬からのプレッシャーもそれほどなく、マイペースの走りができる。しかも、いまの東京競馬場は馬場コンディションが絶好。内のグリーンベルトを通る先行馬は、なかなかスピードが落ちない。 ということは、今週のオークスも人気薄の逃げ馬には要注意。桜花賞を逃げ切ったレッツゴードンキが再度逃げるならマークがきつくなりそうだが、フェアリーSを11番人気で逃げ切ったノットフォーマルが逃げるなら後続はノーマークの可能性も。管理する中野栄治調教師は「おれなら10馬身は離して逃げる」と、大逃げを匂わせる。 今年の芝のGIレースでは、まだ1番人気が勝っていない。人気馬に頼るなら、思い切って人気薄の逃げ馬から馬券を買えば、夢のような高額配当をゲットできるかもしれない。★17日東京11R「ヴィクトリアマイル」の着順&払戻金はこちら
2015年5月18日(月) 05:09

 1,518

【ヴィクトリア】ストレイト6歳牝馬史上初GI制覇
 第10回ヴィクトリアマイル(17日、東京11R、GI、4歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝1600メートル、1着本賞金9000万円 =出走18頭)5番人気で戸崎圭太騎乗のストレイトガールが、直線で力強く伸びて1分31秒9(良)のレースレコードタイでV。GI6度目の挑戦で、初制覇を飾った。6歳牝馬のJRA・GI勝利は1989年ジャパンC(ホーリックス=ニュージーランド)以来で、日本馬としては史上初の快挙だ。12番人気のケイアイエレガントが2着、最低18番人気のミナレットが3着に粘り、3連単(5)(7)(18)の払戻金はGI史上1位、全競走でもJRA史上2位の配当となる2070万5810円の大波乱となった。単勝1番人気のヌーヴォレコルトは、6着に敗れた。 歓声がどよめきに変わったラスト200メートル。逃げ馬と2番手、ともに2桁人気の馬で決着してしまうのか。誰もがそう思った瞬間、ストレイトガールが一気に伸びてきた。粘り込みを図るケイアイエレガントをゴール寸前でかわし、悲願のGI初Vを成し遂げた。 「『情けない競馬ばかりしているな』というのが自分でもあった。結果が出せず、反省ばかり。特に変わったことはしていないけど、目の前のレースをしっかり乗ることだけ考えていた。本当によかったです」 戸崎騎手は、吹っ切れたような笑顔をみせた。今春のGIでは桜花賞でルージュバック、NHKマイルCでグランシルクと1番人気に騎乗して敗退。悔しい思いをしていただけに、検量室前に戻ってくると思わず両手でガッツポーズが出た。 最低18番人気のミナレットが速いペースで後続を7、8馬身離して逃げる展開。2番手のケイアイエレガントを視野に入れて好位を進んだ。馬場状態を考慮して、作戦は藤原英調教師と「枠なりの進路で」で一致。直線も内や外へ進路を切り替えることなく、馬場の真ん中でスパートした。「手応えは十分。人気馬が後ろにいたけど『どんなタイミングで追い出そうか』と考える余裕もあった。本当にいい切れ味でした。最後は馬に助けられました」と初コンビだった相棒をたたえた。 これまでGIは国内外で(3)(3)(2)(3)(13)着。ついにつかんだビッグタイトルに藤原英調教師も「恐らく今年が最後の年になるからね。本当に待ち焦がれたGI。長かったね」と満面の笑み。前走の高松宮記念は馬場や枠順の影響があったにせよ、13着と大敗。最終追い切りを坂路からCWコースに戻すなど、巻き返しに向けて手を打った。「最後の坂で普通なら脚いろが鈍るけど、もうひと伸び。こちらの想像を超えた走りで恐れ入りました」と6歳牝馬の奮闘に脱帽の口ぶりだった。 今後は未定も「香港に行きたいとオーナーと相談している」と指揮官。昨年3着に敗れた香港スプリントに再挑戦する可能性を示唆した。勲章を手にしたストレイトガールが、ラストシーズンをさらに充実したものにする。 (渡部陽之助)★17日東京11R「ヴィクトリアマイル」の着順&払戻金はこちら
2015年5月18日(月) 05:08

 737

ヴィクトリアのニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る