会員登録はこちら
京成杯オータムハンデ G3   日程:2011年9月11日() 15:45 中山/芝1600m

京成杯オータムハンデのニュース&コラム

【京成杯AH】フィフス復活!秋GI戦線視野
 第56回京成杯AH(11日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金4000万円=出走14頭)久々の美酒を味わって、さらなる飛躍のきっかけをつかんだ。直線で早めに抜け出した2番人気フィフスペトルが、アプリコットフィズの追撃を3/4馬身差封じてV。08年8月の函館2歳S以来となる重賞2勝目をマークした。タイム1分31秒9(良)。1番人気エアラフォンは後方から差を詰めたが5着まで。 力が違うと言わんばかりの勝ちっぷりだった。先行馬有利の開幕週の馬場にもかかわらず、4コーナーで外を回って進出したフィフスペトルが、早め先頭から後続の追撃を完封。08年函館2歳S以来、実に3年1カ月ぶりの重賞制覇を飾った。 「きょうは馬もよかったし、自分としてもいい内容で勝つことができました。うれしいです」 幸先のいい秋のスタートを切った横山典弘騎手が、会心の笑みを浮かべる。前々走でコンビを組んだ京王杯SC(6着)では、最内枠で終始内に包まれ、まるで力を出せずじまい。「追えずにゴールまできてしまって、悔しかった」。再び巡ってきたチャンスを、逃すわけにはいかなかった。 朝日杯FS2着など早い時期から高い素質を示しながら、苦悩も味わった。昨年のダービー卿CT4着後には左前脚を骨折。患部には現在もボルトが2本入っている。「なかなかこういう馬はいないよね。牧場のスタッフもあきらめずによくやってくれた」と加藤征弘調教師も目を細めるばかり。決して早熟馬ではなく、まだ上を目指せる馬だという信念が、復活劇を生み出した。 「今後については体調第一。まだ考えていないよ。GI? そっちにうまく行ければいいかな」と加藤征師はさらなる大舞台を見据える。不屈の精神で立ち直った素質馬が、この秋には再びGI戦線をにぎわしそうだ。(越智健一)
2011年9月12日(月) 05:04

 686

【京成杯AH】フィフス3年ぶりの重賞V!
 第56回京成杯AH(11日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝1600メートル、出走14頭)2番人気フィフスペトル(牡5、美浦・加藤征弘厩舎)が勝利。勝ちタイムは1分31秒9(良)。2着は7番人気アプリコットフィズ。3着は3番人気レインボーペガサス。1番人気エアラフォンは5着に敗れた。 レースはフライングアップルとハナを競り合ったメイビリーヴが先頭。そのあとにマイネルファルケ、タマモナイスプレイがつけた。 3番人気のレインボーペガサスは中団から、その直後にフィフスペトル、1番人気のエアラフォンは後方を進んだ。 フィフスペトルが直線入り口で一気にスパートをかけ先頭に躍り出ると、ゴール前ではアプリコットフィズの猛追を振り切ってゴール板を駆け抜けた。3着にはレインボーペガサスが粘り込み、1番人気のエアラフォンは直線で追い込むも5着に終わった。 フィフスペトルは父キングカメハメハ、母ライラックレーン、母の父Bahriという血統。通算成績は17戦5勝で重賞2勝目。 横山典弘騎手は京成杯AH3勝目(98年シンコウスプレンダ、01年ゼンノエルシド)。加藤征弘調教師は京成杯AH初制覇(JRA重賞6勝目)。
2011年9月11日() 16:02

 900

【京成杯AH】ペガサスもう一丁!
 《本紙の狙い》レインボーペガサスを本命に推す。前走の関屋記念は、5カ月半の休み明けながら、好位から早めに抜け出して快勝。脚部不安を克服して、3歳春のきらさぎ賞以来の重賞制覇を成し遂げた。この中間は短期放牧でリフレッシュしてから、乗り込みを再開。坂路の動きは申し分なく、仕上がりは万全といっていい。ハンデは前走よりも1・5キロ増の57・5キロだが、体調面の上積みで相殺可能。前々からレースを運べるので、開幕週の馬場は望むところだ。エアラフォンが相手の筆頭。関屋記念(2着)は出遅れと体重増が影響した。五分のスタートを切って好位でレースができれば、逆転も可能。中山マイル向きのフィフスペトルが▲。
2011年9月11日() 12:04

 640

【京成杯AH】最新ナマ情報
 関屋記念を勝った(7)レインボーペガサスが、さらに上昇ムードだ。今週の追い切りは栗東坂路で4ハロン51秒5、1ハロン12秒9の好タイムを余力残しでマーク。「タイム的に悪くないし、いい感じですね。ハンデは気にならないし、中山は皐月賞(4着)で見せ場を作った。合うと思います」と鮫島調教師。トップハンデ57・5キロでも、重賞連勝に意欲満々だ。 (5)エアラフォンが重賞初Vへの態勢を整えてきた。関屋記念2着惜敗後、すぐに回復して8月28日には坂路で4ハロン55秒8の初時計。「ズブさが出ているので、中間は意識的に気合を乗せて、ビシッと追いました」と、池江寿調教師はこの中間、計4本のハードな調教をあえて愛馬に課した。直前のけいこは、4ハロン51秒3−37秒9−12秒8。これだけ攻めることができるのは、体調がいいからこそだ。「前走は輸送しても体重が減らずに12キロ増。いい筋肉もついてきたし、重賞でも十分に戦えることがわかったので」と、トレーナーは期待を込めて送り出す。 GI朝日杯FS2着など中山芝マイルに好実績がある(8)フィフスペトルは、北Cコース経由でプール調教。この馬のレース前日の定番的な調整メニューを消化した。どっしりと落ち着きがあって、なおかつ四肢のさばきもスムーズだ。「ホラ、とにかく馬を見てよ。作戦成功だね。涼しい函館で調整した甲斐があって、もうこれ以上ないぐらいの状態だよ。絶好調!」。山田調教助手の口調は、自信に満ち溢れていた。 (13)フライングアップルは、坂路2本目に4ハロン56秒0−41秒4−13秒6。かき込みの鋭いフォームを披露した。「近走の着順は今ひとつですが、着差としてはそれほど負けていません。ズブいところのある馬なので、ブリンカー着用で変わってくれるといいですね」と、葛西調教助手。今年デビューの藤沢和厩舎所属、杉原騎手との初コンビに「先入観なしでレースに臨めるのはいいと思う。人馬ともにうまく肩の力を抜いてくれれば」と、葛西助手は期待を寄せていた。 休み明け2戦目で、変わり身が期待される(14)アプリッコットフィズは、ダートのAコースでの脚ならし後に、坂路へ。馬体はふっくら感を保ちつつ、気合も適度に乗っている。しかし、「テンにガーッと掛かって、ラストは勝負を諦める。そういう競馬が続いているので、普段とは違う競馬をしてみようと考えていましたが、大外枠がね…」と、小島良調教助手は残念そうな表情を見せた。中山芝1マイルは外枠不利が明らか。それでも「けいこの動きを見れば、まだ終わってはいけない馬。きっかけさえつかめれば」と実力馬の巻き返しを願っていた。
2011年9月11日() 05:05

 740

京成杯オータムハンデのニュースをもっと見る >

【京成杯AH】フィフス、単走で12秒3
 京成杯AHの追い切りが7日、美浦、栗東の両トレーニングセンターで行われた。夏至S勝ちのフィフスペトルはWコースを快走。函館2歳S以来となる重賞制覇へ向けて、仕上がりは万全だ。関屋記念2着のエアラフォンは、坂路で好時計をマーク。関屋記念を制したレインボーペガサスも力強い走りで登坂した。 ベスト条件の中山マイルで、3年ぶりの重賞制覇が見えてきた。夏至Sを勝って4勝目を挙げたフィフスペトルが、08年函館2歳S以来のタイトルに気合十分だ。 「前走後はここを目標にして好仕上がりです。最近では一番いい状態で出せると思う」 加藤征調教師がデキのよさに胸を張る。最終追いはWコースで単走で行われ、道中はリラックスした走りから直線でゴーサイン。ラストはしっかりと追われて、6ハロン83秒4、3ハロン38秒8−12秒3と上々の伸び脚を見せつけた。夏場は涼しい函館で調整され、2日に美浦に帰厩した後も馬は元気いっぱいだ。 敢えて最終追い切りを単走にしたのには理由がある。前走の夏至Sは、相手関係を考えて、デビュー以来初めて逃げる競馬を試みた。余裕たっぷりに押し切る強い競馬だったが、「逃げたことで、馬もその気になっているから、この中間は併せ馬はしなかった」と加藤征調教師。必要以上に馬が燃えないように精神面をケアし、「今回は普通に3、4番手から競馬できると思う」と先行馬がそろった今回は本来のスタイルで戦うつもりだ。 2歳時に素質の高さを示した一方、3歳以降はスランプに陥ることもあったが、そのなかでもGI朝日杯FS2着がある中山マイルでは安定した成績を残してきた。函館2歳S以来、約1年7カ月ぶりの勝利を挙げた4歳時の東風Sも中山マイル。器用さとスピードが生かせる最適の舞台で、「距離が短くなるのはいいね」とトレーナーも自然と力が入ってくる。 「体つきも精神面も本当にいい。今後? それは今回の結果次第だろうね」。ここで賞金を加算し、再びGI戦線に挑むのが指揮官の青写真。その期待に応えられるだけの態勢は整っている。(越智健一)
2011年9月8日(木) 05:08

 773

【京成杯AH】びっしり!ラフォン12秒8
 前走の関屋記念で2着に惜敗したエアラフォンが、坂路で好時計をマーク。重賞初Vへ向けて好仕上がりをアピールだ。 前半から軽快なフットワークで加速すると、追ってからの反応も抜群。ラストは鞍上の左ムチに応えて弾むように駆け上がり4ハロン51秒3−37秒9−12秒8をマークした。 「ズブさが出てきたので、中間は意識的に気合を乗せて、きょうもビシッと追い切りました。前半から飛ばして、時計、動きとも良かった。理想的な調教ができました」と、池江寿調教師は満足の表情を浮かべた。 3連勝で挑んだ前走はスタートで後手を踏んだが、メンバー最速の上がり3ハロン33秒1で、勝ったレインボーペガサスに3/4差まで迫った。「輸送で体が減らず、馬体重が12キロ増。でも、いい筋肉もついてきた。重賞でもやれることが分かった」と池江寿師は前向きだ。 新潟リーディングを奪取して勢いに乗る福永騎手も「前走は反応が遅かったが、最後はいい脚だった。今回は開幕週の中山だし、スタートを決めたい」と力を込める。前走の経験を糧に、今度はタイトルを逃さない。
2011年9月8日(木) 05:07

 684

【京成杯AH】アプリ圧巻!11秒9
 アプリコットフィズが坂路で圧巻の動きを見せつけた。馬なりのまま、4ハロン49秒2−35秒6−11秒9の好時計を弾き出した。 動きを確認した小島太調教師の相好が崩れるのも当然だ。「以前と違ってカイバ食いがいいし、素晴らしい馬体になっている。仕上がりに関しては言うことなし」 古馬になっての4戦はすべて2ケタ着順。その理由は、ハミを噛みっぱなしで走ってしまうため。「道中うまく息を抜いてくれれば…。マイル、コースと走れる条件は揃っているんだから」とトレーナーは変わり身を見込んでいる。
2011年9月8日(木) 05:06

 756

【京成杯AH】オセアニア、キビキビ12秒4
 朱鷺Sを圧勝したオセアニアボスは坂路で単走。キビキビした脚さばきで登坂し、ラストで伸びて12秒4(4ハロン53秒0)の好時計を出した。馬体の張りも良く体調は万全だ。 「中1週の競馬なのでしまいだけ、サッと伸ばした。状態はいいね」と矢作調教師はデキの良さに太鼓判を押す。「前走は今までになくスパッと切れたし、坂のある芝のいい中山はいいと思う。その辺りに期待」とトレーナーは好勝負を意識している。
2011年9月8日(木) 05:06

 836

京成杯オータムハンデの直前追い切り情報をもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

京成杯オータムハンデ過去10年の結果

2010年9月12日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2009年9月13日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ザレマ 内田博幸 1:32.1 7.5倍 101.4
2着 アップドラフト 吉田豊 1 1/2 98.3倍 99.9
3着 マイネルスケルツィ 石橋脩 1/2 7.5倍 99.2
2008年9月14日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京成杯オータムハンデの歴史と概要

京成杯オータムハンデキャップは東京競馬場の芝1600m、4歳(現3歳)以上による重賞競走「オータムハンデキャップ」として1956年に施行されたのが始まり。

京成杯オータムハンデキャップは1959年に京王電鉄から寄贈杯を受け、「京王杯オータムハンデキャップ」へと名称変更になった。1980年に施行場所を中山競馬場に変え、1984年に1600mへと距離短縮された。その後、1998年に京成電鉄の沿線にある中山競馬場で京王杯オータムハンデキャップ、京王電鉄の沿線にある東京競馬場で京成杯3歳ステークスが施行されているというねじれ現象が続いていたことから、京王・京成両者の合意を得て寄贈賞を入れ替える形で現競走名「京成杯オータムハンデキャップ」に改称された。

出走馬の資格は、1994年から混合競走となり外国産馬にも開放され、1998年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬も出走可能になった。2007年に日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大されている。2010年以降はサマージョッキーズシリーズの対象レース、2012年にサマーマイルシリーズの最終戦に組み込まれている。

過去の優勝馬にはゼンノエルシドブレイクタイムマイネルモルゲンステキシンスケクンキングストレイルキストゥヘヴンザレマファイアーフロートフィフスペトルレオアクティブなどが名を連ねる。

京成杯オータムハンデキャップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

京成杯オータムハンデの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る