会員登録はこちら
京成杯オータムハンデ G3   日程:2010年9月12日() 15:45 中山/芝1600m

京成杯オータムハンデのニュース&コラム

【京成杯AH】ファイアー完全燃焼!
 第55回京成杯オータムH(12日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金4000万円=出走14頭)4番人気ファイアーフロートが重賞初挑戦で快勝。津村明秀騎手(24)=美・フリー=は、今年2月の頸椎骨折から復帰後初の重賞制覇だ。1分32秒8(良)。ハナ差2着が7番人気キョウエイストーム。1番人気セイクリッドバレーは9着に沈んだ。 逃げると思われたファイアーフロートは、大外からメイショウレガーロが行くと番手で我慢。直線でレガーロをかわしたところに、キョウエイストームが急襲。馬体を並べてゴールしたが、約10分の写真判定の結果、ハナだけ出ていた。 「残ったかな、と思ったけど、引き揚げてきたら1着(の枠場)にキョウエイが入っていたんで…。最後までよく頑張ってくれました」 津村騎手は今年2月の落馬で第2頸椎骨折の重傷を負い、約4カ月半のブランクを経て復帰。重賞は09年京都金杯(タマモサポート)以来の3勝目だ。ファイアーは骨折で7カ月ぶりだった前走の長岡Sを逃げ切り、初挑戦で重賞制覇。米国のセールに行って不在だった小笠倫弘調教師は、08年TCK女王盃(ラピッドオレンジ)以来で、JRA重賞は初勝利。今後は未定だが、マイルCS(11月21日、京都、GI、芝1600メートル)に向けて楽しみな馬の登場だ。
2010年9月13日(月) 05:03

 792

【京成杯AH】ファイアーフロート重賞初制覇
 第55回京成杯AH(12日、中山11R、GIII、3歳上オープン、ハンデ、芝1600メートル、出走14頭)4番人気のファイアーフロート(牡4、美浦・小笠倫弘厩舎)が直線での競り合いをハナ差で制して重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは1分32秒8(良)。 レースはメイショウレガーロが逃げて、2番手にファイアーフロート、3番手にフライングアップル(牡6、美浦・藤沢和雄厩舎)がつける展開。1番人気のセイクリッドバレー(牡4、美浦・高橋裕厩舎)は後方2番手を進み、最後方にキャプテンベガで向こう正面を進む。前半4Fが47秒1というスローペースの中、ファイアーフロートは4コーナー手前から先頭に並びかける。直線入り口で一気にスパートをかけ先頭に踊り出ると、ゴール前ではキョウエイストーム(牡5、美浦・中川公成厩舎)の猛追をハナ差振り切った。3着にはキョウエイアシュラ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。セイクリッドバレーは9着に終わった。 ファイアーフロートは父スペシャルウィーク、母バーニングウッド、母の父Tabasco Catという血統。通算成績は12戦6勝で重賞は初勝利。津村は京成杯AHを初制覇。小笠調教師は嬉しいJRA重賞初勝利となった。
2010年9月12日() 16:17

 648

【京成杯AH】“頑バレー”重賞の壁破る
 《本紙の狙い》セイクリッドバレーを本命に推す。関屋記念は追い込み届かず2着だったが、負けてなお強しだった。しかもマイルの重賞挑戦は、ダービー卿CT(5着)に続きまだ2度目だった。マイラーとして進化の途中にあるだけに、高く評価していい。この中間はこのレースを目標に調整。夏負けすることもなく、前走を上回る状態に仕上がった。56・5キロのハンデは許容範囲。無理なく流れに乗って、自慢の瞬発力を駆使して抜け出す。サンカルロが相手の筆頭。この路線の実力馬で、ひと追いごとに良化。3カ月ぶりだが、臨戦態勢は整っている。ファイアーフロートが▲。休み明けを使った上積みは十分で、開幕週の馬場は先行力が存分に生きる。 
2010年9月12日() 12:05

 567

【京成杯AH】重賞初Vへ!セイクリッド
★最新ナマ情報 関屋記念2着など重賞で上位争いを続ける(10)セイクリッドバレーは、角馬場で体をほぐしてAコースを軽めのキャンター。落ち着きがあって、暑い新潟を使った反動は見受けられない。和田調教助手は「いつものパターンの調整ですが、変わりなくいい状態です。以前よりもカイ食いが良くなっているし、馬体も前走と同じぐらいで出られると思いますよ」とデキには自信。問題は開幕週の前残り馬場だが、「終いの脚は確実ですから、この馬の持ち味が生きる展開になって欲しいと思いますけど、乗り慣れている松岡騎手だから大丈夫だと思います」と、重賞初Vを楽しみにしていた。 昨年、同舞台のNZTを勝っている(6)サンカルロは坂路を意欲的に3本駆け上がった。3本目に4ハロン67秒7をマークしたが、柔らかいフットワークで、久々でも雰囲気は上々だ。「ひと息入ったけど仕上がりは悪くないですね。馬体も重め感はないし、気持ちも入ってきています。57キロならハンデも問題ないでしょう」と神原調教厩務員。 骨折休養明けの長岡Sを勝った(7)ファイアーフロートは角馬場のキャンターだけで切り上げた。テンションが上がらないようにとの調整だが、落ち着きのある姿には好感が持てる。八月朔日調教助手は「休み明けを使われて体つきが良くなってきました。思ったよりも回復が早くて、具合は間違いなくいいです。前走は新潟に滞在だったけど、今回は輸送があるので、それさえクリアできれば」と、上積みと状態の良さで重賞獲りを狙っていた。 UHB杯4着以来となる(1)フライングアップルは、このレースに出走する(2)ピサノパテック、(4)ファストロックとともに坂路へ。藤沢和厩舎らしくラストを伸ばして4ハロン56秒7−41秒7−14秒0でフィニッシュした。大江原調教助手は「キーンランドC除外のぶん乗り込めて、いい状態になっています。前走は3コーナーで挟まれる不利があって不完全燃焼。そのぶん、ここで頑張って欲しい」と笑顔を見せていた。 【3・2・2・0】の中山巧者(9)キョウエイストームはWで4ハロン56秒1−39秒6−13秒3を馬なりでマーク。弾けるような走りで、デキの良さは一目瞭然だった。中川調教師は「夏場が弱いタイプだったので間隔を開けた。これで気が入ってくると思います。器用なタイプだから中山が得意だし、好位で競馬ができれば面白い」と、実績馬たち相手にも臆する様子はなかった。 関屋記念では上がり32秒4の脚を使ったが7着に敗れた(5)ムラマサノヨートーは、坂路4ハロン65秒4−48秒8−15秒8。中間も坂路で好調教を消化していたが、最終調整も軽快な脚取りで好気配だ。牧調教師は「引き続き好調ですね。馬体もちょうどいい感じに仕上がっているし、(5)番の枠も良かったと思います。中山のマイル戦でも勝った実績があるし、今の状態なら楽しみです」と自信を見せていた。
2010年9月12日() 05:09

 568

京成杯オータムハンデのニュースをもっと見る >

【京成杯AH】セイクリッド軽々12秒1
 セイクリッドバレーが、美浦坂路を単走で4ハロン51秒8、終い12秒1と極上の切れを見せつけた。前走の関屋記念2着など重賞には届いていないが、開幕週の絶好の馬場と切れ味を武器に初のタイトルを狙う。休み明けを快勝したファイアーフロート、前走は展開が向かなかったムラマサノヨートーも好調教を消化した。 セイクリッドバレーが豪快な追い切りでタイトル奪取を猛アピールだ。 曇り空で気温も25度と幾分涼しくなった美浦の坂路で、バレーは1本目に15−15で脚を慣らすと、2本目を単走でゆったりとスタート。徐々に推進力を増し、力強いフットワークで駆け上がっていく。直線で軽く仕掛けられると、瞬時に反応。4ハロン51秒8−37秒1−12秒1(G前追う)で最後もグイッとひと伸びしてフィニッシュした。 美浦坂路は先週チップを入れ替え、先週の追い切りでは51秒を切った馬が1頭もいないほど時計のかかる状態。それだけに「この時計が出れば十分。人も馬も走る気満々だよ」と高橋裕調教師は満面の笑みを浮かべる。 前走の関屋記念では、上がり3ハロン32秒1の末脚を繰り出しながら、逃げたレッツゴーキリシマを捕らえ切れずに半馬身差の2着。「いい脚を使ったが、負けは負け。悔しいね」と振り返るトレーナー。その後は中1週で新潟記念の選択肢もあったが、京成杯に目標を定めて態勢を整えてきた。暑さの影響で前走では12キロ減だった体も回復。「今回は2ケタ増で出られるかも。具合が本当に良くなった」と体調面でも太鼓判を押す。 今週から関東圏では中山で秋競馬がスタート。開幕週とあってスピードが出やすく、前が止まらないのが例年の傾向だ。追い込み一辺倒のセイクリッドバレーはレースを作れない分、展開の影響を受けやすい。そこが唯一の不安点だが、7日にトレーナーが中山競馬場を訪れ、芝の状態を確認。「すごくいい。これなら力を十分に出せるし、中山のマイルも問題ない。とにかく終いが切れるから、持ち味が生きれば」と改めて勝利への気持ちを強くした。 GIに堂々と参戦するためには、勝って賞金加算が不可欠。セイクリッドバレーが負けられない戦いに挑む。(松永昌也)
2010年9月9日(木) 05:09

 579

【京成杯AH】サンカルロ馬なりも12秒1
 安田記念13着以来となるサンカルロは、坂路3本目にイースタリーガスト(牡3、500万下)と併せて4ハロン55秒1−37秒4−12秒1(馬なり)で併入。大久保洋調教師は「先週の動きが良かったので、今週は馬なりで。正直、あと1、2本追い切りが欲しいが、9分ぐらいは仕上がった。中山のマイル戦はNZTで勝っているし、この後のGI(スプリンターズS)に確実に出るためにも、賞金を加算したい」と、前哨戦でも好勝負を期待していた。
2010年9月9日(木) 05:08

 683

【京成杯AH】ファイアー上昇12秒7
 充実一途のファイアーフロートが、重賞に初挑戦する。前走は7カ月の骨折休養明けを克服して逃げ切りV。1度使われて動きに軽快さを増しており、南Pの追い切りは単走で5ハロン64秒4、3ハロン37秒4−12秒7(一杯に追う)。「反動よりも上積みの方が大きい。開幕週の前が止まらない馬場でマイルの条件はピッタリ」と小笠調教師も気後れはない。輸送でテンションが上がりやすい面は、離れた馬房にしたり、目隠し等で対応するなど準備に抜かりなし。勢いに乗って金星を狙う。
2010年9月9日(木) 05:08

 532

【京成杯AH】ヨートー大駆け準備完了
 ムラマサノヨートーは坂路で単走。時計は計測不能だったが、最後までビッシリ追われた。「いい仕上がり。2度使って良化しているし、デキに関しては言うことない。前走も展開が向かなかっただけ」と牧調教師は巻き返しに手応えありの様子。07年NHKマイルCで18番人気3着の実績があり、54キロのハンデで大駆けを狙う。
2010年9月9日(木) 05:08

 507

京成杯オータムハンデの直前追い切り情報をもっと見る >

京成杯オータムハンデ過去10年の結果

2009年9月13日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ザレマ 内田博幸 1:32.1 7.5倍 101.4
2着 アップドラフト 吉田豊 1 1/2 98.3倍 99.9
3着 マイネルスケルツィ 石橋脩 1/2 7.5倍 99.2
2008年9月14日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2007年9月9日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京成杯オータムハンデの歴史と概要

京成杯オータムハンデキャップは東京競馬場の芝1600m、4歳(現3歳)以上による重賞競走「オータムハンデキャップ」として1956年に施行されたのが始まり。

京成杯オータムハンデキャップは1959年に京王電鉄から寄贈杯を受け、「京王杯オータムハンデキャップ」へと名称変更になった。1980年に施行場所を中山競馬場に変え、1984年に1600mへと距離短縮された。その後、1998年に京成電鉄の沿線にある中山競馬場で京王杯オータムハンデキャップ、京王電鉄の沿線にある東京競馬場で京成杯3歳ステークスが施行されているというねじれ現象が続いていたことから、京王・京成両者の合意を得て寄贈賞を入れ替える形で現競走名「京成杯オータムハンデキャップ」に改称された。

出走馬の資格は、1994年から混合競走となり外国産馬にも開放され、1998年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬も出走可能になった。2007年に日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大されている。2010年以降はサマージョッキーズシリーズの対象レース、2012年にサマーマイルシリーズの最終戦に組み込まれている。

過去の優勝馬にはゼンノエルシドブレイクタイムマイネルモルゲンステキシンスケクンキングストレイルキストゥヘヴンザレマファイアーフロートフィフスペトルレオアクティブなどが名を連ねる。

京成杯オータムハンデキャップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

京成杯オータムハンデの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る