会員登録はこちら
函館スプリントS G3   日程:2010年7月4日() 15:25 函館/芝1200m

レース結果

函館スプリントS G3

2010年7月4日() 函館/芝1200m/15頭

本賞金:4,000万 1,600万 1,000万 600万 400万


レコード:1分08秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ワンカラット

牝4 54.0 藤岡佑介  藤岡健一 508(-2) R1.08.2 4.2 2
2 7 13

ビービーガルダン

牡6 59.0 安藤勝己  領家政蔵 510(+4) 1.08.5 3.3 1
3 3 5

アポロフェニックス

牡5 56.0 勝浦正樹  柴崎勇 478(-8) 1.08.6 クビ 12.6 5
ラップタイム 12.0-10.2-10.9-11.6-11.4-12.1
前半 12.0-22.2-33.1-44.7-56.1
後半 56.2-46.0-35.1-23.5-12.1

■払戻金

単勝 1 420円 2番人気
複勝 1 160円 2番人気
13 150円 1番人気
5 270円 5番人気
枠連 1-7 780円 3番人気
馬連 1-13 900円 2番人気
ワイド 1-13 400円 2番人気
1-5 730円 5番人気
5-13 900円 10番人気
馬単 1-13 1,770円 3番人気
3連複 1-5-13 3,060円 5番人気
3連単 1-13-5 13,220円 16番人気

函館スプリントSのニュース&コラム

【次走報】ワンカラットはキーンランドCへ
 ★…帝王賞2着カネヒキリ(栗・角居、牡8)はマーキュリーC(19日、盛岡、交流GIII、ダ2000メートル)あたりを視野に入れている。 ★…函館スプリントSを制したワンカラット(栗・藤岡健、牝4)、2着ビービーガルダン(栗・領家、牡6)はキーンランドC(8月29日、札幌、GIII、芝1200メートル)へ。3着アポロフェニックス(美・柴崎、牡5)はUHB杯(8月1日、函館、OP、芝1200メートル)かキーンランドC。10着ピサノパテック(美・藤沢和、牡8)は放牧。函館SSを除外されたフライングアップル(美・藤沢和、牡6)はUHB杯へ。 ★…昨年暮れの尾張S4着以来戦列を離れているアポロドルチェ(美・堀井、牡5)はアイビスサマーダッシュ(18日、新潟、GIII、芝1000メートル)で復帰。 ★…米子Sを勝ったタマモナイスプレイ(栗・南井、牡5)は関屋記念(8月8日、新潟、GIII、芝1600メートル)。
2010年7月7日(水) 05:05

 559

【函館SS】ワンカラット鮮やかレコードV
 第17回函館スプリントS(4日、函館9R、GIII、3歳上オープン国際、別定、芝1200メートル、1着本賞金4000万円=出走15頭)藤岡佑介騎乗、2番人気のワンカラットが好位のインから鮮やかに抜け出し快勝。勝ちタイムの1分8秒2(良)はコースレコード。藤岡佑騎手は、父の藤岡健一調教師(49)の管理馬での重賞制覇だ。1番人気のビービーガルダンは直線で伸びきれず、2馬身差の2着に終わった。 初夏の函館で電撃のダイヤモンドが輝きを放った。ワンカラットが圧勝劇でサマースプリントシリーズ第1戦を制した。 1枠1番から5番手につけ、道中の手応えは抜群。直線でバテた馬たちをかわして、軽々とゴールへ飛び込んだ。勝ちタイムの1分8秒2は1988年8月にシンウインドがマークしたレコードを0秒2更新。内容、数字とも文句なしだった。 「強かったですね。思い描いた通りのレースができた」と会心の勝利に藤岡佑介騎手の笑顔が弾けた。ほとんどのレースで手綱を取り、フィリーズレビューを制したワンカラットに、思い入れは強い。低迷期を乗り越え、約1年4カ月ぶりの勝利を重賞で飾れたことに、感激の表情だ。 「結果が出なくても乗せ続けてもらっていたんで、本当にうれしい。いつも一生懸命走ってくれる馬で、心身ともにボロボロになっているのに…」。今回はCBC賞(3着)から中2週で栗東から函館に輸送してのレース。昨秋のローズS(10着)から休みなく使われ、今年はこれが6戦目というタフさに鞍上は頭の下がる思いだ。 ラジオNIKKEI賞にレッドスパークルを使っていたため、福島で観戦した藤岡健一調教師も「強い競馬をしてくれました。マイルぐらいまでがんばって欲しいと思っていたけど、1200メートルのイメージになっちゃいましたね」と笑顔。今後は北海道千歳の社台ファームに放牧に出され、キーンランドC(8月29日、札幌、GIII、芝1200メートル)に向かう。 試行錯誤してようやくスプリントという自分の舞台を見つけたワンカラット。この夏、その輝きに磨きをかけて、サマースプリントシリーズの頂点を目指す。(柴田章利)
2010年7月5日(月) 05:06

 581

【函館SS】2着ガルダン59キロこたえた
 第17回函館スプリントS(4日、函館9R、GIII、3歳上オープン国際、別定、芝1200メートル、1着本賞金4000万円=出走15頭)GI2着2回の実績に加え、名うての洋芝巧者。59キロでも1番人気に支持されたビービーガルダンは2着に敗れた。道中はワンカラットとほぼ同じ位置取り。そこから伸びてはきたが、2馬身の差をつけられた。安藤勝己騎手は「斤量(の影響)があるんだろうね。もうひと伸びがなかった」と肩を落とした。次走はキーンランドCを予定。
2010年7月5日(月) 05:05

 405

【函館SS】ワンカラットが重賞2勝目
 4日、函館競馬場で「第17回函館スプリントS」(GIII、芝1200メートル)が行われ、藤岡佑介騎手騎乗で2番人気のワンカラット(牝4歳、栗東・藤岡健一厩舎)が直線で抜け出し、コースレコードの1分8秒2(良)で快勝。重賞2勝目となった。 2着は安藤勝己騎手騎乗で2番人気のビービーガルダン(牡6歳、栗東・領家政蔵厩舎)、3着は勝浦騎手騎乗で5番人気のアポロフェニックス(牡5歳、美浦・柴崎勇厩舎)。また、芝2戦目となった地方馬ラブミーチャン(牝3歳、笠松・柳江仁厩舎)は3コーナーで手応えをなくし、シンガリの15着に大敗した。 ワンカラットは、父ファルブラヴ、母バルドウィナ、母の父Pistolet Bleuという血統で、JRA通算17戦3勝。重賞は09年フィリーズレビュー(GII)に続いて2勝目。藤岡佑騎手、藤岡健調教師はともに函館スプリントS初制覇。
2010年7月4日() 15:43

 590

函館スプリントSのニュースをもっと見る >

【函館SS】ワンカラット切れた12秒6
 CBC賞3着のワンカラットは千田技術調教師が騎乗してWで単走。ラストは強めに追われると5ハロン65秒0、3ハロン37秒4-12秒6と好反応を見せた。千田調教師は「前に馬を置くいつものパターンだったけど、いい動きでした。間隔が詰まっている上に輸送があったので疲れが心配ですが、変わりなく順調ですね。前走は久々の1200メートルだったのに、頑張ってくれたし、今回も楽しみですよ」と、昨春のフィリーズレビュー以来、約1年3カ月ぶりの勝利を期待していた。
2010年7月1日(木) 05:05

 610

【函館SS】アーバニティ馬なり12秒3
 アーバニティは、ダートで藤沢和厩舎のクリスタルウイング(牡5、1600万下)とウォンビーロング(牝3、500万下)の最内に入れ6ハロン82秒7、3ハロン39秒1-12秒3。馬なりで真ん中のクリスタルに半馬身先着し、ウォンビーには併入した。諏佐調教助手は「抜群の手応えでしたし、いい状態です。これで気合も入ったと思います。洋芝も距離も問題ないと思うので、あとはジョッキー(横山典騎手)にお任せです」と、具合の良さに笑顔を見せていた。
2010年7月1日(木) 05:05

 583

【函館SS】ビービーガルダン俊敏11秒9
 洋芝の函館と札幌で10戦5勝2着3回のビービーガルダンが、絶好の動きを見せた。単走で函館競馬場のダートコースへ登場すると、道中はじっくりと我慢。ため込んだ力を直線で一気に爆発させた。一杯に追われて5ハロン68秒2、3ハロン38秒2-11秒9の瞬発力。稍重で走りやすい馬場状態だったとはいえ、11秒台は出色の時計だ。 「オーバーワークにならないようにしたが、いい動き。今回は59キロだけど、押して行くような馬ではないから我慢できるでしょう」 領家調教師は状態の良さに満足そうで、他馬より重い斤量も気にならないようだ。 「阪急杯(1番人気7着)から立て直した高松宮記念は中身が伴っていない状態で2着。あの時よりも状態はいいし、実績のある洋芝で得意の距離なら楽しみ。GIで悔しい思いをしているので、ここは勝って欲しいね」 トレーナーは、GIタイトルを獲るためにもGIIIでは負けられない気持ちで愛馬を送り出す。
2010年7月1日(木) 05:05

 549

【函館SS】順調アーバニティ軽々Vだ!
 夏の北海道開催は近年、関西馬が勝ち越しているが、今年は先週終了時点で関東馬がリード。函館スプリントSに出走予定のアーバニティも、その攻勢ムードに乗って出撃だ。京王杯SC3着後は、このレースを目標に函館に移動。輸送もクリアし、臨戦過程は順調だ。ベスト距離&前走から1キロ減で、昨年3月のオーシャンS以来となる重賞2勝目に挑む。 函館にも好調の関東の波が押し寄せてきている。京王杯SC3着のアーバニティが新装函館の初代スプリントチャンプに名乗りを上げる。 関東勢の躍進が顕著だった春の流れは、この函館でも続いている。近年は、関東馬が関西馬に負け越している。昨年は夏の北海道(1・2回札幌開催)は288レースあり、東の134勝に対して西は153勝(他に地方1勝)だった。ところが、今年は2週終了の段階ながら、関東25勝に対して関西23勝。関東優勢で進んでいる。この潮流に乗っていきそうなのがアーバニティだ。 昨春のオーシャンSで後の高松宮記念馬キンシャサノキセキなどを破った実績もあるが、近走は大敗と好走の差が激しい安定しない成績が続いてきた。しかし、前走の京王杯SCではハナを切る積極策で見せ場たっぷりの3着。走る気蘇り、復調を感じさせる内容だった。 その後はこのレースを目標に函館入り。諏佐調教助手は「輸送も無事にクリアしてくれたし、ほどよく気合も乗ってきています」と、涼しい環境で元気一杯な姿に笑顔を見せた。 23日の1週前追い切りはWで5ハロン66秒2を馬なりでマーク。順調な仕上がりを見せている。 「今回は前走から1キロ減の56キロですからね。函館のような力の要る馬場では、この1キロが大きいと思います。以前のようにガツンと行くようなこともないし、1200メートルでこの馬の決め手が生かせればいいですね」 諏佐助手はオーシャンS以来の勝利を願う。勝てばサマースプリントシリーズのチャンピオン争いでも有利に。関東優位の波に乗ったアーバニティが、夏の短距離戦線をリードしていく。(柴田章利)
2010年6月30日(水) 05:07

 692

函館スプリントSの直前追い切り情報をもっと見る >

函館スプリントS過去10年の結果

2009年7月5日() 札幌競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2008年7月6日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2007年7月1日() 函館競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

函館スプリントSの歴史と概要


2012年の優勝馬ドリームバレンチノ

夏の函館開催の幕開けを告げるスプリント重賞。札幌開催時代の第2~3回(1995~1996年)はノーブルグラスが連覇し、第3回に騎乗していた安田富男騎手は、この勝利で史上初となるJRA全10場重賞制覇記録を達成した。開催時期が6月に移ってからはややレベルが低下した感があるが、7月開催時代は、第4回(1997年)のマサラッキ、第6回(1999年)のシンコウフォレスト、第9回(2002年)のサニングデール、第10回(2003年)のビリーヴ、第15回(2008年)のキンシャサノキセキ、第18回(2011年)のカレンチャンと、G1馬やのちのG1馬が数多くの勝利を収めている。

歴史と概要をもっと見る >

函館スプリントSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る