会員登録はこちら
ユニコーンステークス G3   日程:2017年6月18日() 15:45 東京/ダート1600m

レース結果

ユニコーンステークス G3

2017年6月18日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分33秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

サンライズノヴァ

牡3 56.0 戸崎圭太  音無秀孝 526(+2) 1.35.9 4.9 2
2 1 2

ハルクンノテソーロ

牡3 56.0 田辺裕信  高木登 474(+2) 1.36.6 15.7 5
3 8 15

サンライズソア

牡3 56.0 岩崎翼  河内洋 498(+4) 1.36.9 5.1 3
ラップタイム 12.0-10.6-11.5-12.3-12.8-12.7-12.1-11.9
前半 12.0-22.6-34.1-46.4-59.2
後半 61.8-49.5-36.7-24.0-11.9

■払戻金

単勝 8 490円 2番人気
複勝 8 170円 3番人気
2 300円 5番人気
15 170円 2番人気
枠連 1-4 1,880円 9番人気
馬連 2-8 2,860円 9番人気
ワイド 2-8 930円 9番人気
8-15 450円 3番人気
2-15 870円 8番人気
馬単 8-2 4,360円 17番人気
3連複 2-8-15 4,110円 8番人気
3連単 8-2-15 25,710円 73番人気

ユニコーンステークスのニュース&コラム

【ユニコーンS】ダート界に新星!ノヴァ豪快に伸び4馬身差V
 第22回ユニコーンステークス(18日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)戸崎圭太騎乗の2番人気サンライズノヴァが、外から豪快に伸びて重賞初制覇。次走はジャパンダートダービー(7月12日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を予定している。タイム1分35秒9(良)。2着はハルクンノテソーロ、1番人気のリエノテソーロは7着(同着)に敗れた。 桁違いの末脚だ。中団につけた2番人気サンライズノヴァが、雨中の直線を豪快に伸びて4馬身差V。3歳ダート界の頂点に名乗りを上げた。 「ゲート内でガタついて出遅れたけど、何頭か行く馬がいて、その後ろでいい形だった。乗っていても手応え十分。追うごとに伸びてくれた」 しびれる末脚に、戸崎騎手も爽快な笑みだ。立ち遅れたことで、これまでの先行策と違い、道中は縦長の隊列の真ん中。「少し外を回ったけど、跳びが大きいので、エンジンをかければ長くいい脚を使えると思っていた」。4コーナーで追い出した鞍上が信じた通り、直線は大外から一気に突き抜けた。 思わぬ脚質転換だったが、上がり3ハロン35秒4は良馬場のレース史上最速。昼過ぎに降り始めた雨の恩恵もあるだろうが、稍重でも最速は2015年1着ノンコノユメの35秒5だけに、上級の末脚だ。 「随分と力をつけた。(雨馬場も)どちらでも上手に走れると思うけど、力が違いました」。新馬戦以来の手綱で成長を実感した戸崎騎手は、この日5勝の固め打ち。3月のファルコンS以来となる今年の重賞3勝目に「久しぶりでインタビューを忘れていました」とジョークを飛ばしつつ「去年が良かったので、この勢いでまた頑張りたい」。昨年のリーディングジョッキーが、ギアをグンと上げてきそうだ。 「今までは力を出せなかったけど、あれくらい走れる馬だと思っていた。戸崎騎手が力を引き出してくれたね」 函館でレースを見届けた音無調教師は鞍上を称賛。トレーナーに代わり臨場した生野助手は「馬はだいぶしっかりしてきて、勝負どころでもたつく面も、以前より動けるようになった」と愛馬の成長に笑みを浮かべた。 賞金を加算し、次走はジャパンダートダービーに臨む。「芝で2000メートルは使っているし、距離も大丈夫」と音無調教師。脚質の幅を広げたサンライズノヴァが、勢いそのままに3歳ダート王の座も射止めそうだ。 (千葉智春)★18日東京11R「ユニコーンステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe-shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!サンライズノヴァ 父ゴールドアリュール、母ブライトサファイヤ、母の父サンダーガルチ。栗毛の牡3歳。栗東・音無秀孝厩舎所属。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬。馬主は松岡隆雄氏。戦績7戦3勝。獲得賞金6225万7000円。重賞初勝利。ユニコーンSは音無秀孝調教師が初勝利、戸崎圭太騎手は13年ベストウォーリアに次いで2勝目。馬名は「冠名+新星」。
2017年6月19日(月) 05:09

 2,075

【ユニコーンS】サンライズソア、伸び切れず3着
 第22回ユニコーンステークス(18日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)サンライズソアは中団から直線にかけたが、伸び切れず3着に終わった。「雨が降って(湿った)馬場もプラスだと思った。外枠からスムーズに自分の競馬はできたが、相手が強かった」と重賞初制覇を狙った岩崎騎手は唇をかんだが、「まだ体も成長途上だし、距離が延びても問題ないです」と前を向いた。★18日東京11R「ユニコーンステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe-shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年6月19日(月) 05:08

 1,493

【ユニコーンS】ハルクンノテソーロ、行き脚つかず2着
 第22回ユニコーンステークス(18日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)5番人気ハルクンノテソーロは4馬身差で、2戦連続の2着。スタートで行き脚がつかず、前走同様後方からの競馬になったが、最後の直線では上がり2位の3ハロン36秒1の末脚で追い込んだ。「スタートはよくなかったけど、折り合いはついて、その後は癖もなく走れた。勝った馬が強かった」と田辺騎手。「最後は1頭強いのがいたけど、差す競馬ができるようになってきた」と高木調教師は収穫に満足そうだった。★18日東京11R「ユニコーンステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe-shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年6月19日(月) 05:08

 1,528

【ユニコーンS】リエノテソーロ、直線で失速7着
 第22回ユニコーンステークス(18日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)6Rで負傷した大野騎手から内田騎手に乗り替わった1番人気のリエノテソーロは、7着に敗れた。道中は4番手を進んだが、直線で伸び切れず失速した。「イメージ通り運べたし、ちょうどいい位置を取れた。なんとなくで終わってしまった。敗因はわからない」と内田騎手は首をかしげた。「レース前は今までで一番落ち着いていたけど、前もかわせずいっぱいになった。敗因は距離くらいしか思いつかない。ショックは大きい」と武井調教師は落胆の表情を浮かべた。★18日東京11R「ユニコーンステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe-shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!
2017年6月19日(月) 05:08

 1,950

ユニコーンステークスのニュースをもっと見る >

【ユニコーンS】アンティノウス、内併入も外には半馬身先着
 連勝中のアンティノウスは、Wコースで内プロディガルサン(1600万下)、外ショウナンアチーヴ(OP)と3頭併せ。直線は真ん中に入って追われると、5ハロン67秒8、3ハロン38秒2-12秒8をマークした。内には馬なりで併入されたが、一杯に追われる外には半馬身先着。国枝調教師は「前の馬と併せて動いていたし、順調だね。もともと大きな馬だけど、昨秋、休ませて牡馬らしい筋肉がついてきた。重賞でもやってほしいな、とは思っているよ」と重賞初挑戦でも期待を持って送り出す。★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月15日(木) 05:03

 1,946

【ユニコーンS】サンライズソア、余裕の1馬身先着
 前走の青竜S(OP)を快勝し、ダートで2戦2勝としたサンライズソアが、坂路で軽快な動きを披露。4ハロン51秒5-12秒6の好タイムをマークした。 「よかったね。時計は速すぎたかなというぐらいだったけど、(併走馬を)追いかけたぶんかな。それでも手応えは楽だったしね」 動きを見守った河内調教師がうなずく。僚馬のオーマイガイ(500万下)を追走。一杯に追われる相手を馬なりで抜き去り、余裕たっぷりに1馬身先着。相手はさらに強くなるが、岩崎騎手は「最後までじりじりと伸び続けるので、ダートが合っていると思うし、長い直線もいい」と意欲満々。人馬とも重賞初Vがかかる一戦に「何としても勝ちたい」と力を込めた。★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月15日(木) 05:03

 1,857

【ユニコーンS】リエノ、4馬身ぶっちぎり12秒1
 ユニコーンSの追い切りが14日、東西のトレセンで行われた。NHKマイルC2着のリエノテソーロは、美浦Wコースの併せ馬で鋭いフィニッシュで4馬身先着。状態は最高潮だ。栗東ではサンライズソアとサンライズノヴァが、シャープな伸びを見せてそれぞれ併せ馬で先着。この3頭が調教評価『S』となった。 降ったりやんだりの落ち着かない空模様とは対照的に、リエノテソーロの動きには、はっきりと具合の良さが感じられた。軽く仕掛けられただけでマークしたラスト1ハロン12秒1(4ハロン51秒6)は、この日のWコースではズバ抜けたタイム。併走馬を4馬身ぶっちぎり、盤石の態勢を印象づけた。 「先週の時点で前走より良くなる感触は持っていたけど、きょうの反応は今までにない感じ。普通キャンターから弾む感じが違うし、状態はこれまでで一番いい」 普段から強気な武井調教師だが、今回はさらに歯切れがいい。 道中で3馬身ほど前を進んだ僚馬グリターテソーロ(500万下)を直線でインから捕らえにかかると、桁違いの脚力であっという間に引き離した。「併せた相手も調教で動くのに、全く問題にしなかった」とトレーナーは驚くばかり。前走のNHKマイルC2着からまだまだ上昇曲線は続いている。 芝のGIで2着に入ったが、陣営は一貫して「ダート向き」のジャッジ。それは2着に5馬身差のエーデルワイス賞、同3馬身差の全日本2歳優駿の圧勝ぶりからもうなずける。「ダート替わりはもちろんプラス。頑張ってほしいし、これだけ言い続けてきたのだから結果を出してもらわないと困る」と武井師は自信の笑み。1週前追い切りに騎乗した初コンビの大野騎手も「さすがの動きだったし、やっぱり走る馬だと感じた」と好感触だ。 指揮官は今後について「一番の目標は来年のフェブラリーS。それまではダート1本で行く。秋に交流GIを使うためにもここで賞金を加算しておきたい」と青写真を描く。目指すはダート界制圧。まずは府中のダートGIIIで、同世代の牡馬を撃破する。 (板津雄志)★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月15日(木) 05:03

 2,054

【ユニコーンS】追って一言
 ◆ウォーターマーズ・内山助手 「まずまずの動き。坂路で自己ベストが出たし、上積みもある」 ◆サヴィ・福永助手 「しまいをサッと伸ばす感じ。きびきびとしたいい動きでした」 ◆サンオークランド・前川助手 「じっくり攻めてきたし、いい感じ。長くいい脚を使える」 ◆シゲルコング・松永康師 「動きは十分。ゲートは練習でだいぶ良くなった感触はある」 ◆シゲルベンガルトラ・服部師 「今週は上がり重点。しぶとい脚を使うので東京は合う」 ◆タガノカトレア・内山助手 「先週びっしりとやっているので、今週はサラッと。順調」 ◆テイエムアンムート・柴田光師 「いつも通り、しまい重点で悪くない動き」 ◆テイエムヒッタマゲ・福島師 「十分に乗ってきたし、今週も上がり重点で12秒1の時計ならいいね」 ◆トラネコ・堀井師 「いい動きだった。中間も順調で本数もこなしている。うまく流れが向けば」 ◆トロピカルスパート・高橋文師 「しまいだけで、反応をみる程度。調教で走る馬ではないし、我慢ができていた」 ◆ハルクンノテソーロ・高木師 「動きはよかった。途中(ハミを)かんでいたが、リラックスして走れていた」 ◆バンケットスクエア・矢野師 「もともとけいこは動くタイプ。うまく折り合って進めれば」 ◆ブライトンロック・江田照騎手 「行きっぷりがいいので、うまくタメを利かせれば」 ◆ブルベアバブーン・藤沢則師 「しまいまでフォームを崩さずにしっかり走れていた」 ◆ホーリーブレイズ・佐藤正師 「予定通りしっかりやった。乗り替わりも問題ない」 ◆ラユロット・千島助手 「前回よりも動きはいい。前回のような差す競馬ができれば」 ◆リヴェルディ・柴田大騎手 「力強くて、追ってからの反応もよかった」★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年6月15日(木) 05:03

 2,218

ユニコーンステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

ユニコーンステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月18日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv124 
490円 49,000円
Lv117 
490円 49,000円
Lv113 
2,860円 25,740円
Lv111 
170円 17,000円
Lv109 
4,360円 21,800円

的中情報をもっと見る >

ユニコーンステークス過去10年の結果

2016年6月19日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
2015年6月21日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:稍重
1着 ノンコノユメ C.ルメール 1:35.9 4.6倍 96.7
2着 ノボバカラ 北村宏司 2 1/2 63.8倍 94.8
3着 アルタイル 松岡正海 2 1/2 9.3倍 92.9
2014年6月22日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:稍重
1着 レッドアルヴィス 蛯名正義 1:36.0 13.1倍 96.1
2着 コーリンベリー 松山弘平 2 1/2 14.5倍 94.2
3着 バンズーム 田辺裕信 クビ 25.9倍 93.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ユニコーンステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬ゴールドドリーム

JRA初の4歳(現3歳)限定ダート重賞として誕生し、歴代のダート王者たちが熱戦を繰り広げてきた。第2回(1997年)のタイキシャトル、第5回(2000年)のアグネスデジタル、第10回(2005年)のカネヒキリといった歴史的名馬クラスが多数優勝しており、近年も第20回(2015年)を勝ったノンコノユメ、第21回(2016年)の覇者ゴールドドリームが、その後にG1を制している。第7回(2002年)は地方船橋所属のヒミツヘイキが中央勢を一蹴し、ファンをアッと驚かせた。

歴史と概要をもっと見る >

ユニコーンステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る