会員登録はこちら
ユニコーンステークス G3   日程:2016年6月19日() 15:45 東京/ダート1600m

レース結果

ユニコーンステークス G3

2016年6月19日() 東京/ダート1600m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分34秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

ゴールドドリーム

牡3 56.0 川田将雅  平田修 512(-5) 1.35.8 2.9 2
2 7 13

ストロングバローズ

牡3 56.0 C.ルメー  堀宣行 532(-2) 1.35.8 クビ 2.8 1
3 7 14

グレンツェント

牡3 56.0 T.ベリー  加藤征弘 466(0) 1.36.3 5.0 3
ラップタイム 12.5-11.1-11.7-12.0-12.3-11.8-12.0-12.4
前半 12.5-23.6-35.3-47.3-59.6
後半 60.5-48.5-36.2-24.4-12.4

■払戻金

単勝 12 290円 2番人気
複勝 12 110円 1番人気
13 110円 2番人気
14 140円 3番人気
枠連 6-7 210円 1番人気
馬連 12-13 340円 1番人気
ワイド 12-13 160円 1番人気
12-14 250円 3番人気
13-14 240円 2番人気
馬単 12-13 620円 1番人気
3連複 12-13-14 470円 1番人気
3連単 12-13-14 1,560円 1番人気

ユニコーンステークスのニュース&コラム

【ユニコーンS】3歳砂王ゴールド、クビ差激闘制した!
 第21回ユニコーンステークス(19日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)川田将雅騎乗の2番人気ゴールドドリームが、直線で1番人気のストロングバローズとの叩き合いをクビ差で制して重賞初制覇。タイム1分35秒8(良)。この後は大井の交流GIジャパンダートダービー(7月13日、ダ2000メートル)に向かう。3着は3番人気のグレンツェント。 ダートの次世代を担う2頭の息詰まる攻防が、長い東京の直線で繰り広げられた。粘る1番人気ストロングバローズをクビ差でかわしたのは2番人気のゴールドドリーム。ヒヤシンスSに続いて直接対決を制し、3歳ダート界のトップに立った。 「4コーナーを回っても雰囲気はよかったですが、ストロングバローズも楽そうでしたし、ゴールまでに捕まえてくれればいいと、思っていました」 激戦を振り返る川田騎手。マカヒキでダービージョッキーとなった男のさえ渡る騎乗ぶり。ライバルをこの馬と狙いを定め、きっちりと結果を出してみせた。 好スタートから2番手につけたストロングを見る好位の外め。直線で早めに先頭に立つライバルとは残り200メートルでも1馬身の差があったが、そこからしぶとい脚でゴール寸前に差し切った。 前走の兵庫チャンピオンシップは2着とはいえ勝ったケイティブレイブとは7馬身差の完敗。川田騎手は「小回りが原因では」と振り返るが、今回の勝利で「広いコースが合っています。改めて強い競馬をしてくれましたし、自信を持ってまた臨めます」と笑顔を見せた。 昨年の七夕賞(グランデッツァ)以来の重賞勝ちとなった平田調教師も「(ストロングの)ルメールも追い出しを待っていたから無理かと思ったけど、強かったね」とご満悦。今後は馬の状態が問題なければジャパンダートダービーへ。「またストロングバローズといい競馬ができればいいですね」と、川田騎手はライバルとの再戦が楽しみな様子だ。ゴールドドリームが地方も含めてダート界を制圧する日は遠くない。 (柴田章利)★19日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちらゴールドドリーム 父ゴールドアリュール、母モンヴェール、母の父フレンチデピュティ。鹿毛の牡3歳。栗東・平田修厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は吉田勝己氏。戦績5戦4勝(うち地方1戦0勝)。獲得賞金7483万円(うち地方672万円)。重賞初勝利。ユニコーンSは平田修調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名の意味は「金の夢」。
2016年6月20日(月) 05:06

 701

【ユニコーンS】ストロングバローズ、一騎打ち敗れ2着
 第21回ユニコーンステークス(19日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)1番人気ストロングバローズは2着。2番手からレースを進め、残り400メートル過ぎで早々と先頭に立ったが、外から伸びてきたゴールドドリームとの一騎打ちでクビ差敗れた。「勝った馬は強いね。でも2頭ともチャンピオンだよ」とルメール騎手。激戦を制した相手に敬意を払いつつ、ともに戦ったパートナーの走りもたたえていた。★19日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら
2016年6月20日(月) 05:05

 521

【ユニコーンS】レースを終えて…関係者談話
 ◆幸騎手(ピットボス4着) 「スタートよく好位で流れに乗れた。まだ鳴いたりして精神的に幼い面があるね」 ◆石川騎手(クインズサターン5着) 「道中は勝ち馬を見ながら、すごくいい感じで進めた。直線もよく伸びているんですが…」 ◆福永騎手(ダノンフェイス6着) 「ハナに行きたかったが、スタートしてつまずいてアンラッキーだった」 ◆石橋騎手(レッドウィズダム7着) 「いいポジションで、うまくコンタクトが取れた。最後はジリジリ脚を使っているし、まだこれからよくなる」 ◆吉田豊騎手(イーグルフェザー8着) 「レース前に落鉄。打ち替えなどもあって精神的にも苦しかったようだ」 ◆柴田大騎手(マイネルバサラ9着) 「いい形でリズムよく走れて最後も踏ん張っているが、上位組が強かった。コーナー4つでタメが利けば、もっとやれる」 ◆西田騎手(ノーモアゲーム10着) 「しまいは確実に脚を使うね」 ◆大野騎手(ヤマイチジャスティ12着) 「内枠で砂を嫌がっていた」 ◆津村騎手(ピュアコンチェルト13着) 「いい位置が取れて頑張っていたけど、距離が1ハロン長い感じ。力はあるんだけどね」★19日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら
2016年6月20日(月) 05:05

 738

【ユニコーンS】グレンツェント、末脚及ばず3着
 第21回ユニコーンステークス(19日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(指)、別定、ダ1600メートル、1着本賞金3500万円 =出走16頭)3番人気グレンツェントは3着に敗れた。道中は追走に苦労し、後方からの競馬。直線でエンジンがかかると、メンバー最速タイの上がり3ハロン35秒7の末脚で追い込んだが、早めに抜け出した1、2着馬を捕らえられなかった。「リズムよく走らせることができなかった。外を回っても馬は一生懸命走ってくれた」とTベリー騎手は肩を落とした。★19日東京11R「ユニコーンS」の着順&払戻金はこちら
2016年6月20日(月) 05:05

 487

ユニコーンステークスのニュースをもっと見る >

【ユニコーンS】ゴールドドリーム、豪快加速
 ユニコーンSの追い切りが15日、東西トレセンで行われた。栗東では交流GII兵庫CS2着のゴールドドリームがCWコースで力強いフットワークを繰り出し、併せ馬で悠々と2馬身先着。重賞初勝利に向け、好気配をアピールした。美浦では青竜Sを勝ったグレンツェントがWコースで集中した走りを披露した。なお、ストロングバローズは16日に追い切る予定。 豪快に伸びて余裕の先着を果たした。ゴールドドリームが、朝一番のCWコースでパワフルな走りを披露。動きを見届けた平田調教師は、納得の表情でうなずいた。 「しっかりやろうと思ってCWでやったけど、疲れは残したくなかった。併せ馬でサッとやっって、時計もちょうどよかった。いい追い切りだった」 坂路で仕上げた過去4戦とは異なり、今回はトラックで負荷をかけた。サンライズミライ(3歳未勝利)を追走する形でスタート。重い馬場を苦にすることなく、跳びの大きなフットワークでスピードに乗っていく。4コーナー手前で外から並びかけると、軽く促されただけでさらに加速だ。馬なりで6ハロン81秒7、3ハロン38秒8-12秒6をマークし、余力十分に2馬身先着。調整役の堀部助手は「イメージ通りでいい動きだった」と力強くうなずいた。 前走の交流GII兵庫CSで2着に敗れ、デビュー4戦目で初黒星。7馬身差の完敗だったが、指揮官は「ゲートで後手に回り、外々を回らされた。勝ち馬は強かったけれど、3着は(3馬身半差)離しているから」と悲観していない。この中間は攻め馬を強化し、1週前追い切りで坂路4ハロン51秒5の自己最速タイムをマーク。敗戦を糧にパワーアップした印象だ。 また、跳びの大きな馬だけに、府中マイルへの舞台替わりも歓迎材料。同舞台で行われた2走前のヒヤシンスSでは、後に伏竜Sを勝って今回も強敵になるストロングバローズ(2着)、米3冠戦に挑んだラニ(5着)を退けている。平田師は「広いコースの方がいい。使うたびに落ち着きが出て、状態はいつもいい」と意欲を見せる。 トレーナーは「いい形でジャパンダートダービー(7月13日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に行きたい」と先のGIも見据える 反撃態勢を整えたゴールドドリームが、ここで重賞初勝利を決め、再び連勝街道へと向かう。(川端亮平)★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年6月16日(木) 05:08

 756

【ユニコーンS】イーグルフェザー、あっさり先着
 東京で連対率100%のイーグルフェザーは、新たにコンビを組む吉田豊騎手を背に坂路を駆け上がった。併せたペルルクロシュ(500万下)の外であっさりと1馬身先着。軽快に4ハロン53秒2、1ハロン13秒4をマーク。 「いい感じ。しっかりした馬ですよ。乗り難しいところはないですが、抜け出してフワフワしていましたね。相手が強くなっても頑張れそうです」と吉田豊騎手。余裕十分の走りに好感触だった。★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年6月16日(木) 05:07

 522

【ユニコーンS】追って一言
 ◆ヴェゼール・河内師 「追い切りはこんなものでしょう。大崩れしないし、東京への輸送でもイレ込まなかった」 ◆エキドナ・宮本助手 「状態は勝った前走よりさらによくなっている。前走のように自分から動いていったほうがいい」=調教評価B ◆オーシャンビュー・伊藤伸師 「先週の追い切りがいい感じだったし、今週はサラッと」=B ◆クインズサターン・野中師 「予定よりちょっとだけ遅くなったが、しまい12秒を切っているのでいいでしょう」 ◆スミレ・加藤征師 「単走で伸び伸びと走っていた。前走は抑えが利いて、しまいはいい脚。左回りの方がいい」 ◆デピュティプライム・小島茂師 「つつかれる形で、動きは悪くなかった。落ち着いていればいいレースができそう」 ◆ノーブルサンズ・田村師 「調子はいいね。前後のバランスがよくなってきた」=B ◆ノーモアゲーム・西田騎手 「仕上がっているのでサラッと。仕掛けどころがポイント」=C ◆ピットボス・清水久師 「併せた相手に手応えで見劣ったが、まだ本気で走っていない」 ◆ヒロブレイブ・釘田助手 「動きはよかったし、好調をキープしている」 ◆ビービーサレンダー・池内助手 「状態はいいし、流れに乗れば前進がある」=C ◆マイネルバサラ・松山師 「出否が未定だし、今週は整える程度」 ◆マインシャッツ・宇佐美助手 「よく動いています。前走より負荷をかけて馬も耐えている」 ◆モンスターキング・武井師 「今はビシッとやれるようになったし、動きはすごく良かった」=B ◆ヤマイチジャスティ・高市師 「動きは良かった。距離はもつと思う」 ◆レッドウィズダム・岸本助手 「体調は引き続きいい。直線にかける競馬がいいので、東京の長い直線は魅力」★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年6月16日(木) 05:07

 898

【ユニコーンS】ダノンフェイス、馬なり12秒1
 ダノンフェイスは坂路で併せ馬。先週同様、マズルファイヤー(1000万下)を1馬身ほど追走し、軽快なフットワークで併入。馬なりで4ハロン51秒4-12秒1の速い時計をマークし、気配のよさをアピールした。 大久保調教師は「調教で甘いと、レースも甘くなる。目いっぱいではないがそこそこやった」と臨戦態勢に手応えをもつ。同舞台だった前走の青竜S(オープン)は4着。「道中で砂をかぶり下がったので、前に馬を置く調教をこなしてきた。その効果でどれだけ差を詰められるか」と前を向く。★ユニコーンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年6月16日(木) 05:07

 442

ユニコーンステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

ユニコーンステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

6月19日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv125 
110円 1,100円
Lv124 
290円 29,000円
Lv115 

1,560円
340円
4,960円
Lv112 
1,560円 3,120円
Lv111 

1,560円
340円
7,000円

的中情報をもっと見る >

ユニコーンステークス過去10年の結果

2015年6月21日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:稍重
1着 ノンコノユメ C.ルメール 1:35.9 4.6倍 96.7
2着 ノボバカラ 北村宏司 2 1/2 63.8倍 94.8
3着 アルタイル 松岡正海 2 1/2 9.3倍 92.9
2014年6月22日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:稍重
1着 レッドアルヴィス 蛯名正義 1:36.0 13.1倍 96.1
2着 コーリンベリー 松山弘平 2 1/2 14.5倍 94.2
3着 バンズーム 田辺裕信 クビ 25.9倍 93.7
2013年6月16日() 東京競馬場/ダ1600m 天候: 馬場:
1着 ベストウォーリア 戸崎圭太 1:36.0 6.9倍 94.0
2着 サウンドリアーナ 武豊 1 1/4 2.3倍 93.0
3着 サウンドトゥルー 大野拓弥 30.5倍 91.5
3着 ケイアイレオーネ 幸英明 同着 95.3倍 91.5

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ユニコーンステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬ゴールドドリーム

JRA初の4歳(現3歳)限定ダート重賞として誕生し、歴代のダート王者たちが熱戦を繰り広げてきた。第2回(1997年)のタイキシャトル、第5回(2000年)のアグネスデジタル、第10回(2005年)のカネヒキリといった歴史的名馬クラスが多数優勝しており、近年も第20回(2015年)を勝ったノンコノユメ、第21回(2016年)の覇者ゴールドドリームが、その後にG1を制している。第7回(2002年)は地方船橋所属のヒミツヘイキが中央勢を一蹴し、ファンをアッと驚かせた。

歴史と概要をもっと見る >

ユニコーンステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る