会員登録はこちら
アンタレスステークス G3   日程:2010年4月25日() 15:35 京都/ダート1800m

レース結果

アンタレスステークス G3

2010年4月25日() 京都/ダート1800m/15頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分47秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 11

ダイシンオレンジ

牡5 56.0 川田将雅  庄野靖志 498(-4) 1.49.7 14.5 4
2 2 3

ナニハトモアレ

牡4 56.0 藤岡佑介  鮫島一歩 506(+10) 1.49.9 1 1/4 24.3 5
3 7 13

フサイチセブン

牡4 58.0 内田博幸  松田国英 482(+4) 1.50.1 1 1/4 5.5 2
ラップタイム 12.0-10.8-12.2-12.3-12.7-12.6-12.6-12.2-12.3
前半 12.0-22.8-35.0-47.3-60.0
後半 62.4-49.7-37.1-24.5-12.3

■払戻金

単勝 11 1,450円 4番人気
複勝 11 370円 4番人気
3 660円 7番人気
13 210円 2番人気
枠連 2-6 5,190円 14番人気
馬連 3-11 8,110円 19番人気
ワイド 3-11 1,970円 18番人気
11-13 870円 8番人気
3-13 1,520円 14番人気
馬単 11-3 19,350円 44番人気
3連複 3-11-13 14,170円 39番人気
3連単 11-3-13 123,670円 286番人気

アンタレスステークスのニュース&コラム

【アンタレスS】新星!オレンジ重賞初V
 第15回アンタレスS(25日、京都10R、GIII、4歳上オープン国際、別定、ダ1800メートル、1着本賞金3800万円=出走15頭)4番人気ダイシンオレンジが直線で力強く抜け出して完勝。前走のGIII平安Sは2着惜敗だったが、同じ舞台で重賞初勝利を手にした。タイム1分49秒7(良)。これで京都ダートは8戦4勝2着2回3着2回。強力メンバー相手に京都巧者ぶりを見せつけた。断然の1番人気トランセンドは4コーナー3番手から失速。8着に大敗した。 新緑の京都で末脚がサク裂した。ダイシンオレンジが2度目の挑戦で重賞初制覇。地道に力を蓄えてきた素質馬がいよいよ“完熟期”に入った。 「前走(平安S2着)は馬の力を信じてあげらず負けてしまったので、今回は信じて乗りました。本当にいい内容で、いい勝ち方をしてくれましたし、このメンバーでよく頑張ってくれました」 会心の勝利に川田将雅騎手が笑顔を浮かべる。3歳時から手綱を任され、これで全6勝をマークした名コンビ。ウォータクティクスで制した昨年に続く連覇に、川田の喜びもひとしおだ。 中団のインでじっくり待機。4コーナーでは人気のトランセンドとフサイチセブンを見る絶好のポジションだ。抜群の手応えで直線を向くと、一気に先行勢を飲み込んでラスト100メートルで先頭に立ち、ナニハトモアレの追撃を1馬身1/4封じた。 「昨秋からというわけでなく、2年前の未勝利戦から1戦ごとに力をつけてくれている。以前ほど競馬の疲れも残らないし、強い調教にもへこたれることもないからね」 庄野調教師も、着実に成長する愛馬の躍進に目を細める。次走は未定だが、賞金加算できたことで、交流競走を含め選択肢は広がった。前評判が高かった4歳勢を完封した力は本物。同期のダート王・エスポワールシチーの背中が見えてきた。(瀬戸聡)
2010年4月26日(月) 05:03

 807

【アンタレスS】1番人気トランセンド8着
 第15回アンタレスS(25日、京都10R、GIII、4歳上オープン国際、別定、ダ1800メートル、1着本賞金3800万円=出走15頭)単勝オッズ1.6倍の1番人気に推されたトランセンドだったが、8着と完敗。道中は3番手の絶好位を進むも、直線では後退する一方だった。安藤勝己騎手は「(敗因は)まったく分からない。少しペースは速かったが、息が入って走っていたし、絶対に(直線は)伸びてくるパターン。それが4コーナーで手応えがなくなった。分からない」と首を傾げるばかりだった。
2010年4月26日(月) 05:02

 666

【アンタレスS】ダイシンオレンジ重賞初V
 第15回アンタレスS(25日、京都10R、GIII、4歳以上OP、ダ1800m)1月の平安S以来3カ月ぶりの出走となった川田将雅騎手騎乗の4番人気ダイシンオレンジ(牡5、栗東・庄野厩舎)が直線抜け出し、重賞初制覇を飾った。タイムは1分49秒7(良)。 1馬身1/4差の2着には5番人気ナニハトモアレ(牡4、栗東・鮫島厩舎)が3着には2番人気フサイチセブン(牡4、栗東・松田国厩舎)が入った。1番人気のトランセンド(牡4、栗東・安田隆厩舎)は8着、2番人気シルクメビススは5着に敗れた。 ダイシンオレンジは父アグネスデジタル、母アシヤマダム、母の父ラシアンルーブルという血統。通算17戦6勝で、重賞は初勝利。騎乗した川田騎手は昨年に続き2勝目、管理する庄野師は初勝利となった。
2010年4月25日() 15:53

 689

【アンタレスS】トランセンド完全復調!
 《本紙の狙い》トランセンドを中心視した。昨秋は不本意なレースが続いてたが、放牧休養で立て直したのが奏功。前走のアルデバランSは強いの一語。好位から楽に抜け出し、従来のレコードを1秒2も更新した。レース間隔は開いたが、ここ目標に仕上がりは万全。レパードSに続く、重賞制覇を果たし、GI戦線へ駒を進める。シルクメビウスが相手の筆頭。久々だが、力を出せる状態だ。
2010年4月25日() 05:05

 748

アンタレスステークスのニュースをもっと見る >

【アンタレスS】メビウス、バタバタもOK
 昨年のJCダート2着馬シルクメビウスが栗東CWコースでハードな攻め馬を披露。一杯に追われて6ハロン82秒5、ラスト1ハロンは13秒6と時計を要したが、4カ月半ぶりの復帰戦にかける意気込みを伝えた。トランセンド、フサイチセブンは坂路で軽快な動きを見せ、万全の臨戦態勢をアピール。ハイレベルの4歳勢が春の京都開幕メーンを盛り上げる。 JCダート2着以来のシルクメビウスが、復帰初戦から全力投球だ。 「正直なところ見栄えのいい追い切りではなかった。でも、調教はしっかり積んできたし、レースではちゃんと走ってくれる馬だから心配ない」 最終追い切りを見届けた領家調教師の顔が一瞬だけ曇ったが、GI2着馬への信頼は揺るがなかった。 CWコースを単走で6ハロンからスタート。序盤から気合乗りは悪くなかったが、最初の2ハロンを通過したあたりからの1ハロンが12秒6と急激にペースアップ。この誤算が響いたか、直線は本来の伸びを欠いて“バタバタ状態”に…。最後まで一杯に追われてラスト1ハロン13秒6(6ハロン82秒5)は、いただけないが、もともと調教駆けしない実戦派。ハードに攻め抜いたことが本番に結びつくはずだ。 「舌を出して走っていたのはハミの違いが影響したのかもしれない。レースで使うリングハミに替えれば問題ないと思うし、調教量は足りているからね」。トレーナーは実戦での変わり身に期待を寄せる。 昨年は3歳最初のJRAダート重賞ユニコーンSを制し、交流GIジャパンダートダービーでも2着。“ハイレベル”と評される現4歳のダート馬の中でも、いち早く頭角を現していた。 「東京でも勝っているけど、気性的に輸送が短い競馬場の方がいい」 領家調教師は京都開催を歓迎する。昨秋に同舞台で行われたトパーズSが次元の違う末脚で5馬身差の大楽勝。今回の舞台設定に不足はない。 「人気馬に前へ行くタイプが多いし、展開的にもいいんじゃないかな」と領家調教師。最速タイムで追い込んだJCダートで見せたように、末脚の破壊力は折り紙付き。4歳初戦からシルクメビウスが真っ向勝負で白星奪取を目指す。(瀬戸聡)
2010年4月22日(木) 05:05

 792

【アンタレスS】トランセンド安田隆師も自信
 アルデバランSを快勝して復活をアピールしたトランセンドは、坂路で単走。余力を残しての登坂だったが、4ハロン51秒9の好時計をマーク。シャープな脚さばきでラスト1ハロンも12秒1の速さで決めた。安田隆調教師は「予定は53秒ぐらいだったが、時計が速いのは調子がいいから。見ていても状態の良さは伝わってきた」とデキの良さに太鼓判を押す。「同じ強い4歳馬がいるが、展開に左右されないし、結果次第では大きなところを狙える」とトレーナーは力が入っている。
2010年4月22日(木) 05:04

 1,173

【アンタレスS】セブン遅れも不安なし
 ダイオライト記念を勝って勢いに乗るフサイチセブンは、坂路でダノンシャンティ(牡3オープン)と併せ馬。2、3馬身先行したあと、一杯に追われ1/2馬身遅れ。余裕残しの相手に、手応えでも見劣り時計も4ハロン54秒8と平凡だった。松田国調教師は「馬場が重く(普段よりも)1秒半か2秒はかかっている。それを考えるといい時計で走っている。先週やって体もできてるしね。(レースでは)前に行けるから」と重賞連勝に期待する。
2010年4月22日(木) 05:04

 638

【アンタレスS】レコード大将トランセンド
 JRAの現役馬では数少ない“2度のレコードホルダー”のトランセンドが、アンタレスSに出走する。京都ダートは2戦2勝で、前走アルデバランS(1900メートル)は驚異の1分55秒4のレコード。安田隆調教師も「重馬場とはいえ、速い時計でした」と目を丸くするほどだった。昨年夏に新設重賞のレパードSを勝ったが、今度はGIIIと格付けされたレースでタイトルゲットだ。 トランセンドがこれまで叩き出したレコードタイムは、新潟1800メートル(麒麟山特別1分49秒5=稍)と、前走の京都1900メートル(アルデバランS1分55秒4=重)の2度。さらに昨夏の新設重賞レパードS(新潟1800メートル=良)も自身のレコードと同タイムでV。現役で2度レコードを出している馬はほかに6頭いるが、古馬混合戦ではトランセンドのほか、エイシンドーバーとワンダースピードしかいない。 アルデバランSは約3カ月ぶりで、当時4連勝中だったフサイチセブンなどを破り、ハイレベルの現4歳世代の中で上位の力を誇示した。 「重馬場だったとはいえ、速い時計でしたね」 安田隆調教師はスピード能力の高さを再認識した。レパードSでスーニやシルクメビウスなどに勝ったところで、ダートの次世代を担う存在として注目を集めていたはずだった。ところが、続くエルムS(4着)、武蔵野S(6着)と連敗。「今振り返っても、敗因がよくわからない」とトレーナーは首をひねるが、「イライラした性格の馬なので、放牧してリフレッシュした効果があったんだと思います」と放牧に好走の理由を求める。「それだからこそ、前走はあれだけのパフォーマンスができたんでしょう」と言うわけだ。 夏は使い詰めで、馬にストレスがたまっていたのが敗因だったのかもしれない。そのため、アルデバランSの後、ダイオライト記念の予定を変更して鳥取県の大山ヒルズに短期放牧。ガス抜きをして戻ってきた。 「先週、安藤勝騎手に乗ってもらって、いい動きをしていましたし、順調にきていますね。今回はGI級の馬たちが相手ですから楽観はできませんが、いい競馬ができるようなら先々が楽しみになります」 「超越する」という意味の馬名を持つトランセンドが、卓越したスピードで2つめの重賞タイトル獲得に向かう。(柴田章利)
2010年4月21日(水) 05:07

 1,132

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

アンタレスステークス過去10年の結果

2009年4月26日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 ウォータクティクス 川田将雅 1:47.8 4.2倍 102.9
2着 ワンダースピード 小牧太 2.7倍 101.7
3着 ボランタス 池添謙一 ハナ 62.7倍 101.7
2008年4月27日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
2007年4月22日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アンタレスステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬アウォーディー

阪神ダ1800mを舞台に行われるダート重賞で、第8回(2003年)はフェブラリーSを制してここに臨んだゴールドアリュールが59キロの酷量を背負いながらも貫禄勝ちした。また、ブレイク前の大物候補の参戦も多く、第9回(2004年)のタイムパラドックス、第16~17回(2011~2012年)連覇のゴルトブリッツ、第18回(2013年)のホッコータルマエ、第21回(2016年)のアウォーディーなど、ここを勝ったあとにG1(Jpn1)のタイトルを獲得した馬も数知れない。

歴史と概要をもっと見る >

アンタレスステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る