会員登録はこちら
マーメイドステークス G3   日程:2010年6月20日() 15:35 阪神/芝2000m

レース結果

マーメイドステークス G3

2010年6月20日() 阪神/芝2000m/16頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分58秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

ブライティアパルス

牝5 53.0 藤岡康太  平田修 456(-6) 1.59.5 6.4 3
2 7 13

セラフィックロンプ

牝6 53.0 宮崎北斗  武藤善則 496(-2) 1.59.5 クビ 37.9 14
3 2 3

テイエムオーロラ

牝4 53.0 国分恭介  五十嵐忠 466(0) 1.59.8 1 3/4 7.9 4
ラップタイム 12.4-10.6-12.3-12.6-12.0-12.1-12.1-11.8-11.5-12.1
前半 12.4-23.0-35.3-47.9-59.9
後半 59.6-47.5-35.4-23.6-12.1

■払戻金

単勝 9 640円 3番人気
複勝 9 240円 3番人気
13 820円 13番人気
3 290円 5番人気
枠連 5-7 1,140円 3番人気
馬連 9-13 8,410円 30番人気
ワイド 9-13 2,470円 30番人気
3-9 720円 4番人気
3-13 3,080円 42番人気
馬単 9-13 14,320円 53番人気
3連複 3-9-13 15,580円 50番人気
3連単 9-13-3 91,010円 275番人気

マーメイドステークスのニュース&コラム

【マーメイドS】藤岡康騎乗ブライティアV
 第15回マーメイドS(20日、阪神10R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)藤岡康太騎手(21)=栗・宮=騎乗で単勝3番人気のブライティアパルスが、2番手追走から直線の追い比べをクビ差制して快勝。デビュー14戦目で重賞初Vを決めた。1分59秒5(良)。2着は14番人気のセラフィックロンプ、3着は4番人気のテイエムオーロラが入り、1番人気のニシノブルームーンは4着に敗れた。 久々のコンビ復活で重賞タイトルを手に入れた。藤岡康太騎乗のブライティアパルスが、逃げ粘るセラフィックロンプをゴール寸前でかわし、重賞初制覇を飾った。 好スタートを切ったパルスは、外からハナを主張するセラフィックを先に行かせた。前半1000メートルが59秒9とスローの流れでも2番手で折り合う。手応え抜群で直線に向くと、セラフィックに何度も馬体を寄せられ、プレッシャーのかかる場面もあった。着差はクビだったが、完勝といえる内容だった。 「最後の最後で競り勝ってくれてよかった。折り合いが課題でしたが、2番手でも問題なかったし、気性面の成長が大きかったですね」 デビューから昨年暮れの摂津特別(1着)までともに戦った愛馬との久々のコンビ。そこで勝利をアシストした藤岡康は精神面の成長が最大の勝因と明かした。「前走で三浦君がうまく引っ張ってくれていましたからね」とメイSで逃げずにインで我慢させ、3着と新たな面を引き出した三浦騎手の騎乗を評価。その経験があり、2番手でも折り合いがついた。 藤岡康は3月末に自然気胸の手術のため2週間ほど戦列を離れ、4月中旬に復帰したが再発。6月5日に騎乗を再開し、3週目にマーメイドSを優勝。「復帰して勝てる馬に乗せてもらっているのはありがたいです」と競馬に乗れる喜びを実感する。 平田修調教師は、07年GIIサンスポ賞フローラS(ベッラレイア)以来の重賞制覇。「状態の悪い時にも康太が乗ってくれていた。きょうは康太で(勝てて)良かった」と、今回の勝利に感激もひとしおだ。 今後はクイーンS(8月15日、札幌、GIII、芝1800メートル)が視野にあるが、賞金を加算できたことで、秋まで休養の可能性もある。父の日に父ダイタクリーヴァへ初重賞タイトルを贈ったブライティアパルス。藤岡康とのコンビで今後も重賞戦線を賑わしてくれそうだ。(高尾幸司)
2010年6月21日(月) 05:09

 621

【マーメイドS】セラフィック逃げ粘り2着
 第15回マーメイドS(20日、阪神10R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)14番人気のセラフィックロンプは、ハナに立つ積極策でしぶとく2着に踏ん張り通した。「最近の競馬(好位から失速)に馬も飽きていたようなので、思い切ってハナへ。勝った馬の決め手は上でしたが、良く頑張っている」と宮崎北斗騎手。平均ペースでマイペースの逃げ。直線は外へふくれて騎乗停止処分を受けたが、53キロの軽ハンデも手伝ってクビ差の接戦に踏ん張った。
2010年6月21日(月) 05:08

 527

【マーメイドS】1番人気ブルームーン4着
 第15回マーメイドS(20日、阪神10R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)昨年の2着馬で1番人気の支持を受けた関東馬ニシノブルームーンは、後方から差を詰めたものの4着まで。「軽ハンデの馬の出脚がいい分、前半に好位置が取れなかったですからね。ラストはこの馬も伸びていますが、前も止まらなかった。前半のポジション取りの差が出ました」。北村宏司騎手は肩を落とした。
2010年6月21日(月) 05:07

 459

【マーメイドS】宮崎騎手2日間の騎乗停止
 第15回マーメイドS(20日、阪神10R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金3800万円=出走16頭)マーメイドS2着のセラフィックロンプは最後の直線で外に斜行。走行妨害(対象馬ブライティアパルス)には至らなかったが、継続的かつ悪質な騎乗と認められたため、宮崎北斗騎手(21)=美・フリー=は26、27日2日間の騎乗停止となった。
2010年6月21日(月) 05:06

 480

マーメイドステークスのニュースをもっと見る >

【酔いどれブログ】格より調子、雨なら軽ハンデ
 春の東京競馬が終了。ダービーが終わってしまうと、祭りの後にと言うのか何か拍子抜けで、ここ2週の競馬は今ひとつ盛り上がらなかった。 そんなラスト週の東京競馬の帰りに、椋木、鈴木、山本TMを伴って練馬のとんかつ屋“おおみや”へ。 サンスポ御用達と言って言いほど、サンスポ記者に愛されていた店だが、20年余りの歴史を持って、今月末で閉店する事になってしまった。とんかつの美味さは勿論の事、酒のつまみの豊富さ、裏メニューなど、また、ひとつの名店が消えて行く。寂しい限りだ。 今週からのローカル開催はいつもの開催とはちょっと違う。あのディープインパクトの子がデビューする。華麗なる血統背景の母との産駒がズラリそろったが、どんな走りを見せるか、注目の新馬戦は19日から始まる。 梅雨入りのローカル開催はいつもの事でも、毎年、福島競馬場の芝には悩まされる。開幕週は絶好でも、2週目からは極端に悪くなる。春の時も状態は良くなかったし、長梅雨になりそうな今年はどうなるのか。 昨年も書いたが、2週目からは外枠狙い撃ちが必勝法で、開催終了時の七夕賞の出目をみれば一目瞭然。雨降ったら8、7、6枠の順の外枠天国ですよ。 信頼と実績が失われつつあった当ブログの推奨馬も、先週は3、2着の馬券圏内。ようやく活気を取り戻した。 今週の重賞は阪神のマーメイドSだけ。予想よりも空模様を当てなければ話にならない。「晴れるのは木曜だけで、金曜からはまとまった雨になる」と、ただ原稿を読んでいるだけのお天気姉ちゃんのお言葉を信じましょう。 “格より調子、雨なら軽ハンデ”の格言通りに53キロのテイエムオーロラ。穴人気は確実でも、この馬の勢いに逆らっては駄目。ではまた来週に。三原 吉次(みはら・よしじ)競馬エイト編集部で、競馬の善し悪しを教わって○十年。吉田、戸田TMとはお金のない時代(なんか今あるみたい)から飲み歩いた仲。現在も進行形。後輩の椋木TMはエイト移籍前から面倒みていた(偉そうに)ほど。現在は色んな所を兼任しており、何処に所属かは謎。予想のスタンスは結構本命党だが、平場の条件戦では徹底した穴狙いで、これが本質かも。趣味は小雪がいそうなスナックを捜し歩くこと。
2010年6月17日(木) 11:54

 928

【マーメイドS】アマランサス躍動12秒5
 ヒカルアマランサスが、栗東ポリトラックで6ハロン80秒0、3ハロン36秒9-12秒5を馬なりでマーク。併せた僚馬に1馬身先着した。前走のヴィクトリアマイルでは、ブエナビスタにクビ差2着。初GIは逃したが、京都牝馬Sに続く重賞2勝目に向けて態勢はバッチリだ。このほかブラボーデイジーは坂路で好時計。美浦ではコロンバスサークルがポリで上々の動きを見せた。 GI初挑戦のヴィクトリアMでクビ差2着。来週の宝塚記念のファン投票1位馬で、最有力視されるブエナビスタを苦しめたヒカルアマランサスが、重賞2勝目へ万全のリハーサルを行った。 「前走は一度は勝ったと思わせたね。ま、相手が相手だから、よく走ってくれた。反動? ダメージはなかったよ。いつもと一緒で(レース後2週目から)調教はできた」。池江郎調教師は前走を称えつつ、順調な調整ぶりを口にする。 最終追い切りは、川辺調教助手を背にポリコースで併せ馬。僚馬トゥザグローリー(3歳OP)を4、5馬身ほど追走し、4ハロンあたりで並びかける。ともに馬なりの軽快なフットワークで直線へ。ラスト100メートルで鞍上の手綱がわずかに動くと素早く反応。スッと伸びて1馬身先着でフィニッシュ。6ハロン80秒0、ラスト1ハロン12秒5だった。 「ムチャクチャな(速い)時計でなく、併走してちょっとラストを伸ばす、いい調教ができた」とトレーナーは満足げ。川辺助手も「いつもの躍動感あふれるいい走り。少し気合をつける程度でいい伸びだった」と陣営は好ムードだ。 前走の体重は8キロ減で448キロ。デビュー以来2番目に軽かった。トレーナーは「(東京まで)輸送があったからね。体は戻っているし(前走は)減っていてもカイバを食べていたから心配はなかった。ふだんカイバを食べているかが大事で、中間もよく食べている。毛ヅヤもピカピカ」と体調の良さに太鼓判を押す。 距離は前走から400メートル延長。阪神は2走前のサンスポ杯阪神牝馬Sで13着に敗れているが、悪いイメージはない。「大丈夫と思うよ。体調面が1番のカギ。それは自信を持っている」とトレーナー。ヒカルアマランサスが夏競馬の開幕で堂々と主役を務める。(森本昭夫) 
2010年6月17日(木) 05:06

 628

【マーメイドS】デイジー軽快51秒2
 ブラボーデイジーが坂路で前半から軽快に飛ばし、直線でも体を一杯に使って伸びのあるフットワークを披露。雨で重くなった馬場で4ハロン51秒0-38秒0-12秒7は非常に優秀だ。「思っていたよりは馬場は締まっていたけれど、一杯の手応えではなかったことを考えれば、いい時計が出ましたね」。北村友騎手は好感触を伝える。 前走(ヴィクトリアM0秒2差8着)はレース前、レース中に2度の落鉄があり「それでも最後まで踏ん張っていました」と改めて能力の高さを実感。北村友は昨年7月の落馬で左腕を骨折し、その際の手術で埋め込まれたプレートを取り除くため、5月23日に新潟で騎乗してから休養していたが、この馬のため復帰。「折り合いを欠く馬ではないので、二千も大丈夫」と気合が入っている。
2010年6月17日(木) 05:05

 720

【マーメイドS】オーロラ動き抜群12秒1
 3連勝中の上がり馬テイエムオーロラは、坂路でラスト重点。スムーズな脚さばきで駆け上がり、4ハロン54秒8-38秒8-12秒1をマークした。「最初の1ハロンが16秒だったので、全体の時計が予定よりも1秒ほど遅かったけど、その分、ラスト1ハロンの動きは良かったからね」と五十嵐調教師は納得の表情。「精神的にゆとりが出て、食べたものが身についてきたし、レースでも折り合いがつくからね。不良馬場で勝った前走を考えれば、雨が降っても苦にはしないだろう」と初の重賞挑戦に意欲十分だ。
2010年6月17日(木) 05:04

 1,088

マーメイドステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

マーメイドステークス過去10年の結果

2009年6月21日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2008年6月22日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 トーホウシャイン 高野容輔 2:03.5 116.3倍⑫ 100.8
2着 ピースオブラヴ 福永祐一 1 1/4 40.1倍 99.6
3着 ソリッドプラチナム 幸英明 1 1/4 11.7倍 98.4
2007年6月17日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ディアチャンス 武豊 1:58.4 4.4倍 100.9
2着 サンレイジャスパー 佐藤哲三 1 1/4 8.0倍 99.7
3着 ソリッドプラチナム 小牧太 クビ 13.6倍 99.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

マーメイドステークスの歴史と概要


2013年の優勝馬マルセリーナ

1996年に新設された牝馬限定重賞。当初は実績馬の参戦しやすい別定戦だったことから、歴代の勝ち馬には第2回(1997年)のエアグルーヴ、第5回(2000年)のフサイチエアデール、第9回(2004年)のアドマイヤグルーヴ、第10回(2005年)のダイワエルシエーロなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。ハンデ戦となった2006年以降はメンバーの質は落ちたが、時に大物が出走することもあり、第18回(2013年)は2年前の桜花賞マルセリーナが復活勝利を挙げている。

歴史と概要をもっと見る >

マーメイドステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る