会員登録はこちら
フェアリーステークス G3   日程:2018年1月7日() 15:35 中山/芝1600m

フェアリーステークス追い切り情報

【フェアリーS】厩舎の話
アントルシャ・池添学調教師「使ってピリッとした。時計がかかれば」オハナ・森助手「来週の菜の花賞と両にらみ」グランドピルエット・田村調教師「動きが良く、状態はいい」サヤカチャン・田所調教師「叩いて素軽さが出た。前での競馬がいい」シスル・新開調教師「いい感じできている。マイルまではもつはず」ジョブックコメン・小桧山調教師「いつもどおりの動きで調整は順調」ジーナスイート・矢作調教師「繊細でカイ食いが細いが、素質は高い」スカーレットカラー・太宰騎手「先週、今週といい感じ。競馬も上手」テトラドラクマ・小西調教師「休ませて、また力をつけた感じがする」デュッセルドルフ・木村調教師「まだ成長途上だが、ここでどこまで」トロワゼトワル・安田隆調教師「前走は頑張った。良馬場前提で期待」ハトホル・吉田隼騎手「反応は上々。ただ、馬ごみを怖がる面がある」フィルハーモニー・中舘調教師「状態は悪くないが、相手が強そうだ」プリモシーン・木村調教師「落ち着いて走っていた。少しずつ良化」ライレローズ・古賀慎調教師「いい動き。あとは鞍上に任せる」レッドベルローズ・鹿戸調教師「初戦は8分くらい。上積みはある」レネット・久保田調教師「一戦ごとに競馬が上手になっている」(夕刊フジ)★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 11:49

 1,572

【フェアリーS】追って一言
 ◆アントルシャ・池添学師 「使ってピリッとしてきたし、併せ馬の動きもよかった」 ◆オハナ・森助手 「カイ食いは細いが、新馬戦くらいの状態にある。素質は十分通用」 ◆グランドピルエット・田村師 「中2週の間隔でいい仕上がり。チャンスはあると思う」 ◆サヤカチャン・田所師 「前走は体に余裕があったが、ひと叩きして素軽さが出た」 ◆シスル・新開師 「先週にしっかりやっているので単走で十分。1600メートルまでは大丈夫。力のいる馬場も合う」 ◆ジョブックコメン・小桧山師 「いつも通りの動きで、順調にきています」 ◆ジーナスイート・矢作師 「血統的に繊細でカイバ食いが細い点も不安。ただ、素質は高い」 ◆スカーレットカラー・太宰騎手 「いい間隔が取れて、先週、今週と攻め馬もいい感じ」 ◆デュッセルドルフ・木村師 「遅れたけど、相手が動きすぎた感も。日ごとに体調、動きは良くなっている」 ◆トロワゼトワル・安田隆師 「先週、びっしり追ったので、流す程度で十分。馬はやる気になっている」 ◆ハトホル・吉田隼騎手 「ボコボコした馬場で走りづらそうだったけど、反応は良かった」 ◆フィルハーモニー・中舘師 「変わらず順調にきている。動きも良かった」 ◆プリモシーン・木村師 「落ち着いて運べていてよかった。着実に体は成長している」 ◆ライレローズ・古賀慎師 「いい動きでしたね。順調です」 ◆レッドベルローズ・鹿戸師 「動きはいいし、順調」 ◆レネット・久保田師 「一戦ごとにしっかりして良化」★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:03

 1,275

【フェアリーS】テトラドラクマ、楽々先着12秒2
 未勝利戦を圧勝したテトラドラクマが、坂路で文句ない動きを見せた。ジェイエルノブレス(未勝利)を追走し、追われるパートナーを相手に馬なりで楽々と1馬身先着を果たした。4ハロン52秒1-12秒2も優秀だ。小西調教師は「緩かった馬体が締まって、いい雰囲気。気持ちの面でも大人になってきたし、ここでもチャンスがあっていい」と期待感たっぷりだった。★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:03

 716

【フェアリーS】テトラドラクマ、前走5馬身楽勝
 未勝利を5馬身差圧勝したテトラドラクマ。昨年の東京芝1600メートルの2歳戦としては、1分33秒0のレコードが出たGIIIサウジアラビアロイヤルCに次ぐ好タイムだった。「強い勝ち方だったね。時計も速かったし、びっくりした」と小西調教師も目を丸くする。「心身ともに成長している。先行できるし、中山も良さそう。結果が出れば、この先が楽しみになる」と期待は大きい。★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月3日(水) 05:03

 858

【フェアリーS】鹿戸師、レッドベルローズは「楽しみ」
 11月18日に東京芝1600メートルの新馬戦を強烈な末脚で勝ち上がったレッドベルローズ。「テンションが高かったのでけいこをセーブしながらの仕上げだったのに、あの勝ちっぷり。奥が深くて、楽しみな馬」と鹿戸調教師は能力の高さを強調する。続けて「今回は週2本しっかりとけいこができているし、動きがすごく良くなっている。上積みは十分。根性もあり、この相手でも」と手応えは十分だ。★フェアリーSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月3日(水) 05:03

 679

【フェアリーステークス】特別登録馬
2018年1月7日(日)に中山競馬場で行われるフェアリーステークス(GIII)の登録馬は以下の通り。アントルシャ 牝3オハナ 牝3グランドピルエット 牝3サヤカチャン 牝3シスル 牝3ジーナスイート 牝3ジョブックコメン 牝3スカーレットカラー 牝3テトラドラクマ 牝3デュッセルドルフ 牝3トーセンエポナ 牝3トロワゼトワル 牝3ナスノカツラ 牝3ハトホル 牝3ハナザカリ 牝3フィルハーモニー 牝3プリモシーン 牝3ライレローズ 牝3レッドベルローズ 牝3レネット 牝3◆フェアリーステークス(GIII)の重賞攻略はこちら。
2017年12月28日(木) 17:30

 1,164

新コンビ!欽ちゃん愛馬、菜七子でフェアリーS
 タレント、萩本欽一(76)の所有馬(名義は株式会社萩本企画)で、9日に中山で未勝利戦(芝1600メートル)を制したジョブックコメン(美・小桧山、牝2)が、次走のフェアリーS(1月7日、中山、GIII、芝1600メートル)で藤田菜七子騎手(20)=美・根本=とコンビを組むことが27日、わかった。 1勝馬だけに確実に出走できる保証はないが、同レースは例年、1勝馬が大半を占めるメンバー構成。前走は牡馬相手に強い勝ち方を演じただけに注目される。歌手、北島三郎(81)所有のキタサンブラックは有馬記念を最後に引退したが、今度は欽ちゃん&菜七子のコンビがターフを沸かせる番だ。
2017年12月28日(木) 05:00

 1,301

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る