会員登録はこちら
ラジオNIKKEI杯 G3   2010年12月25日() 15:45 阪神/芝2000m

ラジオNIKKEI杯過去10年の結果

2009年12月26日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2008年12月27日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2007年12月22日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

ラジオNIKKEI杯の歴史と概要

〜注目重賞・2013ラジオNIKKEI杯2歳ステークス特集〜
2013年12月21日 阪神競馬場・芝2000m・GIII

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII)歴史・レース概要

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは阪神競馬場の芝1600m、3歳(現2歳)による牝馬限定の重賞競走「ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス」として1984年に施行されたのが始まりで、1990年の優勝馬イソノルーブルは翌年のオークスを制している。1991年に関西地区の2歳GIとして定着していた阪神3歳ステークスが2歳牝馬限定GIの阪神3歳牝馬ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)に変更されたことにより、舞台を芝2000mの牡馬・騸馬の重賞競走「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」へと姿を変えた。

翌年のクラシック路線へ向けて長めの距離を求めてきた有力馬やクラシックへ向けて賞金を加算したい馬が多く出走するため、例年ハイレベルなメンバー構成となっており、翌年のクラシックを占う重要なレースとなっている。

過去の優勝馬にはコスモバルクヴァーミリアンサクラメガワンダーフサイチホウオーサブジェクトロジユニヴァースヴィクトワールピサダノンバラードアダムスピークエピファネイアなどが名を連ねる。

レースレコードは2000年にアグネスタキオンが記録した2分00秒8という時計。


☆ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年11月25日(
ラジオN杯京都2歳S G3
2017年11月26日(
ジャパンカップ G1
京阪杯 G3

競馬番組表

2017年11月25日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2017年11月26日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る