会員登録はこちら
アーリントンカップ G3   日程:2017年2月25日() 15:35 阪神/芝1600m

レース結果

アーリントンカップ G3

2017年2月25日() 阪神/芝1600m/12頭

本賞金:3,800万 1,500万 950万 570万 380万


レコード:1分32秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 8

ペルシアンナイト

牡3 56.0 M.デムー  池江泰寿 482(+4) 1.34.1 1.9 1
2 8 12

レッドアンシェル

牡3 56.0 浜中俊  庄野靖志 456(+2) 1.34.6 11.5 6
3 2 2

ディバインコード

牡3 56.0 柴田善臣  栗田博憲 486(+2) 1.34.8 1 1/4 7.4 3
ラップタイム 12.3-11.0-12.0-11.9-11.9-11.4-11.3-12.3
前半 12.3-23.3-35.3-47.2-59.1
後半 58.8-46.9-35.0-23.6-12.3

■払戻金

単勝 8 190円 1番人気
複勝 8 110円 1番人気
12 240円 6番人気
2 150円 2番人気
枠連 6-8 430円 1番人気
馬連 8-12 920円 3番人気
ワイド 8-12 400円 5番人気
2-8 240円 1番人気
2-12 960円 11番人気
馬単 8-12 1,050円 3番人気
3連複 2-8-12 1,720円 5番人気
3連単 8-12-2 6,020円 11番人気

アーリントンカップのニュース&コラム

【アーリントン】レースを終えて…関係者談話
 ◆浜中騎手(レッドアンシェル2着) 「勝った馬は強かったが、この馬もしっかり走っていた。成長の余地もある」 ◆柴田善騎手(ディバインコード3着) 「追ってから頭が高くなった。背腰に力がつけば、もっと良くなる」★25日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら
2017年2月26日() 05:02

 1,032

【アーリントン】ミルコ神ってる!2月メイン7戦6勝
 第26回アーリントンカップ(25日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気のペルシアンナイトがメンバー最速の末脚で豪快に差し切り、重賞初勝利。鞍上は4週連続の重賞Vで、池江泰寿調教師も12年連続のJRA重賞勝ちを飾った。タイム1分34秒1(良)。3馬身差の2着は6番人気のレッドアンシェル。今週で引退する武幸四郎騎手のミラアイトーンは、2番人気に推されたが8着に敗れた。 勢いが止まらない。M・デムーロ騎手が今月6度目のメイン勝ちで、自身2度目の4週連続重賞V。ペルシアンナイトの背中で笑顔がはじけた。 「とてもうれしい。前走は少し馬場が悪くて、直線でもスペースがなかった。きょうはスムーズに外に出せて、いい脚を使ってくれたね」 中団で脚をため、進路を確保して直線へ。メンバー最速の上がり3ハロン34秒0の末脚で悠々と抜け出し、3馬身差の完勝。シンザン記念3着の鬱憤を晴らし、クラシックロードに乗せた。12年連続重賞勝利を飾った池江調教師も「皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)、ダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)を目指したい」と意気込んだ。 ノリノリの鞍上は、昨年も同時期にJRA史上初の5開催日連続重賞Vを達成するなど、この時期の活躍が目立つ。「去年も同じ感じだったけれど、その後に(皐月賞で)騎乗停止になったから気をつけたい」と表情を引き締めた。ネオリアリズムとコンビを組む26日の中山記念も、ミルコから目が離せない。(川端亮平)★25日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちらペルシアンナイト 父ハービンジャー、母オリエントチャーム、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡3歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・追分ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績5戦3勝。獲得賞金7176万2000円。重賞初勝利。アーリントンCは、池江泰寿調教師は初勝利。ミルコ・デムーロ騎手は2016年レインボーラインに次いで2勝目。馬名は「ペルシャの騎士」。
2017年2月26日() 05:02

 1,210

【アーリントン】ミルコ神ってる!2月メイン7戦6勝
 第26回アーリントンカップ(25日、阪神11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)ミルコ・デムーロ騎乗で1番人気のペルシアンナイトがメンバー最速の末脚で豪快に差し切り、重賞初勝利。鞍上は4週連続の重賞Vで、池江泰寿調教師も12年連続のJRA重賞勝ちを飾った。タイム1分34秒1(良)。3馬身差の2着は6番人気のレッドアンシェル。今週で引退する武幸四郎騎手のミラアイトーンは、2番人気に推されたが8着に敗れた。 勢いが止まらない。M・デムーロ騎手が今月6度目のメイン勝ちで、自身2度目の4週連続重賞V。ペルシアンナイトの背中で笑顔がはじけた。 「とてもうれしい。前走は少し馬場が悪くて、直線でもスペースがなかった。きょうはスムーズに外に出せて、いい脚を使ってくれたね」 中団で脚をため、進路を確保して直線へ。メンバー最速の上がり3ハロン34秒0の末脚で悠々と抜け出し、3馬身差の完勝。シンザン記念3着の鬱憤を晴らし、クラシックロードに乗せた。12年連続重賞勝利を飾った池江調教師も「皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)、ダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)を目指したい」と意気込んだ。 ノリノリの鞍上は、昨年も同時期にJRA史上初の5開催日連続重賞Vを達成するなど、この時期の活躍が目立つ。「去年も同じ感じだったけれど、その後に(皐月賞で)騎乗停止になったから気をつけたい」と表情を引き締めた。ネオリアリズムとコンビを組む26日の中山記念も、ミルコから目が離せない。(川端亮平)ペルシアンナイト 父ハービンジャー、母オリエントチャーム、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡3歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。北海道安平町・追分ファームの生産馬。馬主は(株)G1レーシング。戦績5戦3勝。獲得賞金7176万2000円。重賞初勝利。アーリントンCは、池江泰寿調教師は初勝利。ミルコ・デムーロ騎手は2016年レインボーラインに次いで2勝目。馬名は「ペルシャの騎士」。
2017年2月26日() 05:02

 537

【アーリントン】大物の風格漂わせペルシアンナイト快勝
 2月25日の阪神11Rで行われた第26回アーリントンカップ(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ペルシアンナイト(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分34秒1(良)。道中は抜群の手応えで中団の後ろを追走。直線であっさり抜け出し、ゴール前も余裕たっぷりの手応えで後続を突き放した。 「とてもうれしい。前走(シンザン記念3着)は少し馬場が悪くて、直線でもスペースがなかった。きょうはスムーズに外に出せていい脚を使ってくれた」とミルコ・デムーロ騎手。2月5日の東京新聞杯・GIII(ブラックスピネル)、12日の京都記念・GII(サトノクラウン)、19日のフェブラリーS・GI(ゴールドドリーム)に続いての4週連続重賞勝利で目下、ノリノリ状態だが、「去年も同じ感じだったけれど、その後に(皐月賞で)騎乗停止になったから気をつけたい」と気持ちを引き締めるシーンも。 3馬身差の2着には大外から追い込んだレッドアンシェル(6番人気)、さらに1馬身3/4離れた3着に好位追走から内めを伸びたディバインコード(3番人気)。 アーリントンカップを勝ったペルシアンナイトは、父ハービンジャー、母オリエントチャーム、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・追分ファームの生産馬で、馬主は(株)G1レーシング。戦績は5戦3勝。重賞初勝利。アーリントンCは、池江泰寿調教師は初優勝。ミルコ・デムーロ騎手は2016年レインボーラインに次いで2勝目。★25日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら
2017年2月25日() 15:42

 1,197

アーリントンカップのニュースをもっと見る >

【アーリントン】追って一言
 ◆ヴゼットジョリー・中内田師 「仕上がりはまずまず」 ◆カロス・池添兼師 「調整は順調にやれている」 ◆キョウヘイ・宮本師 「気配はいい」 ◆ジョーストリクトリ・清水久師 「右回りがどうかだが、調教では問題ない」 ◆スーパーモリオン・西谷助手 「少し時計が速くなったが、問題ない」 ◆ダイメイフジ・森田師 「体調は大丈夫」 ◆ディバインコード・柴田善騎手 「落ち着いているし、扱いやすくなっている」 ◆ナンヨーマーズ・清水久師 「いい雰囲気でレースに出せるのは間違いない」 ◆ペルシアンナイト・池江師 「状態は引き続きいい」 ◆リンクスゼロ・森師 「調子はいいと思う」 ◆レヴァンテライオン・宮内助手 「攻めは動いた」 ◆レッドアンシェル・久保智助手 「併せ馬で先行する形。時計は許容範囲」★アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月23日(木) 05:05

 2,838

【アーリントン】ディバインコード、輸送問題ない
 ただ1頭の関東馬、ディバインコード(美・栗田博、牡)はここまで5戦して全て3着以内。先行力があり、GII3着、オープン特別2着と安定した成績を挙げている。「ここを目標に順調にきているし、馬はだいぶピリッとしてきた。輸送も全く問題ない。あとは現状でどれくらいの力関係か」と栗田博調教師は試金石の一戦とみている。★アーリントンカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月22日(水) 05:02

 1,124

アーリントンカップの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月25日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv116 
110円 11,000円
Lv112 
1,720円 1,720円
Lv111 
1,720円 8,600円
Lv110 
1,720円 10,320円
Lv108 
240円 1,920円

的中情報をもっと見る >

アーリントンカップ過去10年の結果

2016年2月27日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年2月28日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2014年3月1日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 ミッキーアイル 浜中俊 1:34.0 1.4倍 97.0
2着 タガノグランパ 岩田康誠 3 1/2 14.5倍 92.5
3着 フェルメッツァ 武豊 25.0倍 90.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

アーリントンカップの歴史と概要


2017年の優勝馬ペルシアンナイト

ペガサスSを前身とする春の3歳マイル重賞で、2018年よりNHKマイルカップのトライアルレースとなった。クラシックの門戸が外国産馬に開かれていなかった時代はマル外による勝利が多く、2000年の第9回は前年の2歳(旧3歳)チャンピオンで、後年に香港で大活躍するエイシンプレストンが勝っている。近年は、第21回(2012年)のジャスタウェイ、第22回(2013年)のコパノリチャード、第23回(2014年)のミッキーアイル、第26回(2017年)のペルシアンナイトなど、勝ち馬がのちにG1ホースに輝く出世レースとしても名高い。

歴史と概要をもっと見る >

アーリントンカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る