会員登録はこちら
平安ステークス G3   日程:2014年5月24日() 15:35 京都/ダート1900m

レース結果

平安ステークス G3

2014年5月24日() 京都/ダート1900m/16頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分53秒7
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 10

クリノスターオー

牡4 56.0 幸英明  高橋義忠 532(+6) 1.56.6 74.9 12
2 3 6

ソロル

牡4 57.0 松山弘平  中竹和也 492(+6) 1.56.7 1/2 22.2 7
3 8 16

ワイルドフラッパー

牝5 55.0 福永祐一  松田国英 512(+2) 1.56.9 1 1/4 9.5 4
ラップタイム 6.8-11.0-11.7-12.8-12.7-12.7-12.4-12.0-11.8-12.7
前半 6.8-17.8-29.5-42.3-55.0
後半 61.6-48.9-36.5-24.5-12.7

■払戻金

単勝 10 7,490円 12番人気
複勝 10 1,680円 12番人気
6 670円 7番人気
16 420円 4番人気
枠連 3-5 4,290円 17番人気
馬連 6-10 50,430円 69番人気
ワイド 6-10 10,940円 67番人気
10-16 7,460円 52番人気
6-16 2,740円 27番人気
馬単 10-6 122,830円 142番人気
3連複 6-10-16 155,660円 212番人気
3連単 10-6-16 1,468,650円 1,386番人気

平安ステークスのニュース&コラム

【平安S】スターオー重賞初V!12番人気“金星”
 第21回平安ステークス(24日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1900メートル、1着本賞金3500万円=出走16頭)12番人気のクリノスターオーが前走のアンタレスS16着から激変。2番手から直線で早めに抜け出し、重賞初勝利を収めた。タイム1分56秒6(良)。管理する高橋義忠調教師(45)=栗=も開業4年目で重賞初Vとなった。2着は直線でよく伸びた7番人気ソロル。1番人気ナムラビクターは5着に敗れた。 アッと驚く激走だ。12番人気の伏兵クリノスターオーが、最下位に終わったアンタレスS16着から一変。正攻法の競馬で初の重賞タイトルを手に入れた。 「4コーナーで手応えが良かったので、もしかしたらと思いました。前走は前に行けず、馬の気分を害してしまいましたが、今回は能力を発揮させることができました」 “金星”に導いた幸騎手が笑みを浮かべた。 控えて惨敗した前走を糧に、積極的に2番手をキープ。直線で早めに抜け出すと最後までしぶとく伸び、後続の追撃を振り切った。 高橋忠調教師は開業4年目でうれしい重賞初制覇。前走は体重が12キロ減だったため、中間は体を戻して立て直した。東京競馬場でレースを見届けたトレーナーは「馬の気持ちの部分をジョッキーがうまくコントロールしてくれました。なかなか(重賞は)チャンスがないので、これからも勝てるときにきっちり勝てる厩舎になりたいですね」と声を弾ませた。
2014年5月25日() 05:01

 390

【平安S】前走ビリから大変身!スターオーV
 24日の京都11Rで行われた第21回平安ステークス(4歳上オープン、GIII、ダート1900メートル、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、幸英明騎手騎乗の12番人気クリノスターオー(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)が2番手追走から押し切って重賞初制覇を飾った。タイムは1分56秒6(良)。 前走で最下位に敗れた4歳馬が、びっくり仰天の大変身を遂げた。衝撃の重賞初制覇をやってのけたのはクリノスターオー。実績のある京都コースに戻って、まさに見違えるような走りを披露した。 レースはメイショウコロンボがハナを切り、クリノスターオーは2番手からの競馬。人気のナムラビクターは中団のやや後ろで外からレースを進めた。勝負どころでナムラビクターやジェベルムーサが外から進出して、4コーナーでは5頭が雁行状態。その中から、2番手のクリノスターオーが力強い脚どりで抜け出すと、ナムラビクターは伸びを欠いて馬群でもがく。大外から猛然とソロルが追い込んできたが、これを退けてクリノスターオーが押し切り、管理する開業4年目の高橋義忠調教師ともども、重賞初制覇を飾った。1/2馬身差の2着が7番人気のソロル。さらに1馬身1/4差の3着には好位からしぶとく伸びた4番人気のワイルドフラッパーが入っている。 クリノスターオーは、父アドマイヤボス、母マヤノスターライト、母の父ジェイドロバリーという血統。北海道日高町・日西牧場の生産馬で、栗本守氏の所有馬。通算成績は11戦5勝。重賞初勝利。高橋義忠調教師、幸英明騎手ともに平安S初勝利。 幸騎手は「4コーナーの手応えが良かったので、もしかしたら…と思いました。勝っていますが、最後は馬が遊んでいたので、着差以上に走れる馬だと思います。(レース前は)ハナか2番手をイメージしていました。立ち遅れてしまいましたが、きちんと反応してくれて2番手に行けたのでよかったですね。徐々に精神面が成長しているし、これからもっと走れる馬です。どんどん良くなっていくと思うので、大きいところを狙っていきたいですね」と大穴でのVもフロックではないことを強調していた。★24日京都11R「平安S」の着順・払戻金はこちら
2014年5月24日() 15:48

 751

【平安S】トウショウフリーク今度こそ
 トウショウフリークは控えたアンタレスSで2着。ナムラビクターに頭差負け、開業3年目の今野調教師は重賞初Vを逃した。「3走前まで暴走気味だったのが、2走前はすんなりハナと兆しはあった。それに前走は最内枠。いい感じで前が壁になったね。逃げ一辺倒では強い相手に勝てないし、ようやく思いどおりの競馬ができるようになってきた」とトレーナーは“今度こそ”に力を込めた。(夕刊フジ)★平安ステークスの枠順はこちら
2014年5月23日(金) 13:18

 686

【平安S】厩舎の話
 ◆グランドシチー・相沢師 「うまく展開が向いてほしい」 ◆グランプリブラッド・久保助手 「ダートでは底を見せていない」 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「気分よく走れれば」 ◆クリノヒマラヤオー・佐藤助手 「次につながる走りができれば」 ◆クリールパッション・相沢師 「しまいは堅実で上積みも十分」 ◆ジェベルムーサ・大竹師 「初コースがどうかだが、力をつけているし、状態もいいよ」 ◆ソロル・中竹師 「短期放牧でリフレッシュができた」 ◆トウショウフリーク・今野師 「前走は控えて2着と収穫があった」 ◆ドコフクカゼ・友道師 「今度は好位で運べるだろう」 ◆ナイスミーチュー・橋口師 「昨年2着に好走。良馬場で」 ◆ナムラビクター・福島師 「体の張りがよくなった。充実期だね」 ◆ヒルノマドリード・昆師 「今後につながる競馬ができれば」 ◆ファイヤー・古川助手 「今回は重賞で相手も強くなるので…」 ◆メイショウコロンボ・角田師 「逃げてどこまでやれるか」 ◆ラガートモヒーロ・柴田見師 「スタートと折り合い面がよくなった」 ◆ワイルドフラッパー・松田国師 「筋肉が盛り上がって、立派な体になっています」★平安Sの枠順はこちら
2014年5月23日(金) 05:01

 781

平安ステークスのニュースをもっと見る >

【平安S】追って一言
 ◆グランドシチー・相沢師 「前走(アンタレスS5着)はもう少しポジションが前なら好勝負になっていた。うまく展開が向いてほしい」 ◆グランプリブラッド・久保助手 「坂路でも掛かるぐらい行きっぷりがいい。昇級で重賞だが、ダートでは底を見せていないし、どこまでやれるか楽しみ」 ◆クリノスターオー・高橋忠師 「前走は極端に気の悪いところを見せた。気分よく走らせてやることができれば、変われる力はある」 ◆クリールパッション・相沢師 「体が絞れて動ける態勢になった。しまいは堅実で上積みも十分」 ◆ジェベルムーサ・大竹師 「少し繊細な面があるので初めてのコースがどうかだが、一戦ごとに力をつけているし、状態もいいよ」 ◆ソロル・中竹師 「坂路は真っすぐ駆け上がり柔らかい動き。今回は勝った2走前同様、短期放牧をはさんでリフレッシュできたので、何とか巻き返したい」 ◆トウショウフリーク・今野師 「坂路の調教ではごちゃついたなかで脚を余したが、そこでタメが利いたのはよかった。前走は控えても2着と収穫があった」 ◆ドコフクカゼ・友道師 「体調は変わりなくいい。今度は好位で運べるだろうし、距離は長いほどいいタイプ」 ◆ナイスミーチュー・橋口師 「攻めは走らないが、状態は安定。昨年2着に好走したレースだし、この距離に戻って良馬場でやりたい」 ◆ヒルノマドリード・昆師 「久々で昇級の重賞。体も太く、今週のひと追いでどこまで絞れるかだけに、今後につながる競馬ができれば」 ◆メイショウコロンボ・角田師 「坂路で上がりだけ。フレッシュな状態の2走目まではいいタイプなので、逃げてどこまでやれるか」 ◆ラガートモヒーロ・柴田見師 「調教からも体調はずっといい。スタートと折り合い面がよくなっているので、重賞でどこまでやれるか」★平安ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月22日(木) 05:03

 503

【平安S】長めびっしり!ナムラビクター充実期
 GIII・アンタレスSで重賞初Vを飾ったナムラビクターは、CWコース。長めから一杯に追われ、7ハロン96秒5-13秒8をマークした。ラストで脚が上がり気味になるのは、いつものことで状態に不安はない。「馬場が重いなかで、引っ掛かる感じはなくて一杯にやれたのはいい。今は冬毛が抜けて体の張りがよくて、充実期ですね」。福島調教師は重賞2連勝を意識する。★平安ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月22日(木) 05:03

 328

【平安S】ビクター充実!福島師「目を見張る」
 《栗東》アンタレスSで重賞初制覇を飾ったナムラビクター(福島、牡5)はCWコースで単走追い。一杯に追われて6ハロン81秒0-12秒9でしっかりと駆け抜けた。「前走は早めに前を捕らえて、強い競馬をしてくれた。ここに来ての充実ぶりは、目を見張るものがある」と、福島調教師は引き続き上位争いを期待している。
2014年5月15日(木) 05:03

 399

平安ステークス過去10年の結果

2013年5月18日() 京都競馬場/ダ1900m 天候: 馬場:
1着 ニホンピロアワーズ 酒井学 1:56.9 1.4倍 102.3
2着 ナイスミーチュー 小牧太 1/2 45.7倍 101.9
3着 ナムラタイタン 太宰啓介 クビ 14.1倍 101.9
2012年1月22日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:不良
2011年1月23日() 京都競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 ダイシンオレンジ 川田将雅 1:51.5 2.8倍 102.8
2着 インバルコ U.リスポリ ハナ 5.8倍 102.8
3着 サクラロミオ 藤岡佑介 クビ 11.9倍 102.8

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

平安ステークスの歴史と概要


2013年の優勝馬ニホンピロアワーズ

第20回(2013年)に1月から5月に開催が移った京都のダート中距離重賞。第2回(1995年)の勝ち馬ライブリマウントは、翌年に日本調教馬として初めてドバイワールドカップに参戦(結果は6着)。第4回(1997年)はトーヨーシアトルシンコウウインディによる同着という、珍しい決着を見た。なお、後者は次走のフェブラリーステークスを制し、G1馬の仲間入りを果たしている。ほか、G1馬もしくはのちのG1馬の勝利は、第11回(2004年)のタイムパラドックス、第20回(2013年)のニホンピロアワーズの例がある(地方交流G1を含まない)。

歴史と概要をもっと見る >

平安ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月2日(
鳴尾記念 G3
2018年6月3日(
安田記念 G1

競馬番組表

2018年6月2日(
3回東京1日目
3回阪神1日目
2018年6月3日(
3回東京2日目
3回阪神2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る