会員登録はこちら
愛知杯 G3   日程:2013年12月14日() 15:35 中京/芝2000m

レース結果

愛知杯 G3

2013年12月14日() 中京/芝2000m/18頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:1分59秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

フーラブライド

牝4 50.0 酒井学  木原一良 464(-4) 2.02.1 43.7 12
2 8 18

キャトルフィーユ

牝4 51.0 横山和生  角居勝彦 460(0) 2.02.2 3/4 49.8 14
3 8 16

コスモネモシン

牝6 55.0 丹内祐次  清水英克 470(-4) 2.02.3 1/2 45.3 13
ラップタイム 12.9-11.5-12.8-12.4-12.4-12.4-12.4-12.3-11.4-11.6
前半 12.9-24.4-37.2-49.6-62.0
後半 60.1-47.7-35.3-23.0-11.6

■払戻金

単勝 5 4,370円 12番人気
複勝 5 1,160円 13番人気
18 1,180円 14番人気
16 1,050円 12番人気
枠連 3-8 4,930円 19番人気
馬連 5-18 58,120円 102番人気
ワイド 5-18 12,260円 98番人気
5-16 15,080円 105番人気
16-18 12,360円 99番人気
馬単 5-18 128,510円 206番人気
3連複 5-16-18 744,520円 606番人気
3連単 5-18-16 4,712,080円 3,425番人気

愛知杯のニュース&コラム

【次走報】フーラブライド、日経新春杯へ
 ★愛知杯1着フーラブライド(栗・木原、牝4)は、日経新春杯(1月19日、京都、GII、芝2400メートル)に向かう。 ★愛知杯14着アロマティコ(栗・佐々木、牝4)は、小倉大賞典(2月23日、小倉、GIII、芝1800メートル)へ。同レースには、リゲルS4着カシノピカチュウ(栗・牧田、牡3)も出走する。 ★一昨年の朝日杯FSの勝ち馬で昨年のダービー(13着)を最後に戦列を離れているアルフレード(美・手塚、牡4)は、登録のあるギャラクシーSを自重。大和S(1月11日、京都、OP、ダ1400メートル)で復帰する。 ★元町S1着ゼロス(栗・領家、牡4)は、ニューイヤーS(1月18日、中山、OP、芝1600メートル)から小倉大賞典へ。 ★今年3月の六甲S6着以来、休養していたトーセンレーヴ(栗・池江、牡5)は、京都金杯(1月5日、京都、GIII、芝1600メートル)で復帰。鞍上は武豊騎手。リゲルS11着ブレイズアトレイル(栗・藤岡健、牡4)も同レースへ。 ★今年の桜花賞馬で、オークス(4着)以来、左前脚の不安で休養しているアユサン(美・手塚、牝3)は、放牧先の北海道・日高町にある下河辺牧場から年末に帰厩する。復帰戦は未定。 ★ベテルギウスS5着ヴァンヌーヴォー(栗・角田、牡4)は、ポルックスS(1月12日、中山、OP、ダ1800メートル)から東海S(1月26日、中京、GII、ダ1800メートル)を予定。 ★放牧調整中のホッコーブレーヴ(美・松永康、牡5)は、早ければダイヤモンドS(2月22日、東京、GIII、芝3400メートル)で始動。 ★ディセンバーS2着セイクリッドバレー(美・高橋裕、牡7)は、中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。7着クラウンレガーロ(美・天間、牡3)は、中山金杯を除外された場合はニューイヤーSへ。
2013年12月19日(木) 05:00

 352

【愛知杯】フーラブライド3連勝で重賞獲り!
 第51回愛知杯(14日、中京11R、3歳上牝馬オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金3500万円 =出走18頭)酒井学騎乗の12番人気フーラブライドが3連勝で重賞初制覇を飾った。タイム2分2秒1(良。2着に14番人気キャトルフィーユ、3着に13番人気コスモネモシンが入り、3連単471万2080円はJRA重賞では史上6番目、3連複74万4520円は史上4番目の高額配当となった。 格上挑戦で50キロの軽ハンデ馬が大波乱を呼んだ。500万下→1000万下を連勝して挑んだフーラブライドが、3連勝で重賞初制覇。「スムーズに脚をため、直線もよく反応してくれました。ハンデ50キロもあるけど、馬が力を付けてきて、がっちりはまってきた感じです」と、エスコートした酒井騎手が笑顔で語った。 中団でリズムよく走り、直線に入ると力強い末脚で馬場の真ん中から抜け出した。デビュー4戦目以降はダート戦に出走していたが、今年9月に芝に戻ってから3連勝。「競馬を覚えてきたね。直線で差せるようになってきた」と木原調教師も愛馬に目を細める。 次走は中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)を視野に入れている。来年はさらなる飛躍が期待できそうだ。 (鈴木康之)
2013年12月15日() 05:01

 207

【愛知杯】伏兵フーラブライド3連勝で重賞初V!
 14日の中京11Rで行われた第51回愛知杯(3歳上牝馬オープン、GIII、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=3500万円)は、酒井学騎 14日の中京11Rで行われた第51回愛知杯(3歳上牝馬オープン、GIII、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=3500万円)は、酒井学騎手騎乗の12番人気フーラブライド(4歳、栗東・木原一良厩舎)が直線で差し切り重賞初制覇。タイムは2分2秒1(良)。 勢いに乗った上がり馬が、一気に重賞の壁まで突破した。500万下、1000万下を連勝して格上挑戦に踏み切った伏兵フーラブライドが、50キロの軽ハンデを生かして堂々の差し切り勝ち。並み居る実績馬を破って、大金星をあげた。 レースはセキショウが外からハナを切り、ウエスタンレベッカ、マコトブリジャールが2、3番手に続く。人気のスマートレイアーは5番手のインを追走した。平均ペースで流れ、ハンデ戦らしく4コーナーを回ったところで各馬が一団となって直線へ。好位からウエスタンレベッカが抜け出しを図るが、4番手からコスモネモシンもこれに並びかける。さらにキャトルフィーユもしぶとい伸びを見せるが、これらを外から一気に差し切ったのがフーラブライド。初勝利までに13戦を要した遅咲きの鹿毛馬が、力強いフットワークで突き抜けた。3/4馬身差の2着が14番人気のキャトルフィーユ。さらに1/2馬身差の3着が13番人気のコスモネモシンで、5着までに入った馬がすべて8番人気以下という大波乱の決着となった。 フーラブライドは、父ゴールドアリュール、母ヒカルカリーナ、母の父メジロマックイーンという血統。北海道登別市・青藍牧場の生産馬で、吉田和子氏の所有馬。通算成績は26戦5勝。重賞初勝利。木原一良調教師、酒井学騎手ともに愛知杯初勝利。 酒井騎手は「仕掛けていくと力むので、そっと出して、馬の後ろに入れると我慢してくれました。外から馬が来た時に追い出しましたが、うまく脚をためることができたぶん、しっかりと伸びてくれましたね。馬も力をつけています」とにこやかにレースを振り返っていた。★14日中京11R「愛知杯」の着順・払戻金はこちら
2013年12月14日() 15:48

 510

【愛知杯】うまやの話
〔1〕アカンサス・白崎助手「夏場より具合がいい。牝馬同士で53キロはやや恵まれた印象。気持ちさえ続けば」〔2〕トーセンソレイユ・兼武助手「前走は少し窮屈なポジションに入ってしまったが、見せ場はあった。ここを目標にしっかり乗り込めたし、ハンデも魅力」〔3〕リラコサージュ・田代助手「左回りも東京で勝っているし、斤量差を生かしたい」〔4〕アロマティコ・佐々木晶師「動きは文句なし。メンバーがそろったが、力を出し切れれば」〔5〕フーラブライド・木原一師「中京は良さそう。斤量差を生かせれば」〔6〕オールザットジャズ・岸本助手「いいときの行きっぷりが戻り、デキは上向き。脚の使いどころが鍵」〔7〕ノーブルジュピタ・水野貴師「49キロは魅力。中京コースも合いそうだし、善戦してほしい」〔8〕スピードリッパー・鹿戸雄師「デキはいいし、牝馬同士で53キロ。条件的にも悪くない。集中して走れば」〔9〕マイネイサベル・水野貴師「二千は乗り方ひとつでこなせていい。力を出せれば変わっていい」〔10〕ゴールデンナンバー・鈴木助手「折り合い面にも進境が見えるし、この距離も問題ないはず」〔11〕シャトーブランシュ・松水助手「乗り込みは順調。今の3歳牝馬はレベルが高く、ハンデを考えれば楽しみ」〔12〕マコトブリジャール・鮫島一師「しっかりと乗り込んでの帰厩。前々で運び、斤量差を生かしたい」〔13〕スマートレイアー・大久保龍師「力を出せる仕上がりだが、55キロは見込まれた。今回の内容を見て、来年の方針を決めるつもり」〔14〕ウエスタンレベッカ・崎山博師「前走の内容も良かったし、ハンデ差を生かしたい」〔15〕セキショウ・田面木助手「決め手勝負では分が悪いので、他馬に脚を使わせる競馬をしたい」〔16〕コスモネモシン・清水英師「コーナー4つの二千の方が競馬はしやすいし、あとは気分次第だろう」〔17〕コウエイオトメ・田代助手「左回りも問題ないし、53キロも魅力」〔18〕キャトルフィーユ・岸本助手「広い中京なので、立ち回りが鍵。斤量差を生かせれば」★愛知杯の枠順はこちら
2013年12月14日() 05:03

 413

愛知杯のニュースをもっと見る >

【愛知杯】スマートレイアー状態OK12秒4
 秋華賞2着以来2カ月ぶりとなるスマートレイアーは、武豊騎手を背に栗東坂路で併せ馬。攻め駆けするラヴァズアゲイン(500万下)にクビ差遅れたものの、しっかりした脚どりで4ハロン52秒8、ラスト1ハロン12秒4でまとめれば十分に合格点だ。 「ハンデ(55キロ)は重いが、攻め馬の動きはよかったし、戦える準備はできている」と、大久保龍調教師。「このハンデにはビックリしたが、状態のよさと能力の高さに期待します」とは武豊騎手。確かに3歳牝馬でハンデ55キロは背負わされたが、潜在能力の高さでカバーする。
2013年12月12日(木) 05:04

 286

【愛知杯】追って一言
 ◆アカンサス・白崎助手 「久々でも状態は悪くない。うまく末脚が生きる流れなら」 ◆アロマティコ・佐々木晶師 「三浦騎手に任せたが、素晴らしい追い切りだった。ハンデも舞台もいいので、力を出し切ればチャンス」 ◆ウエスタンレベッカ・崎山師 「初のオープンだけに今後につながる競馬を」 ◆オールザットジャズ・岸本助手 「ここにきて具合も上がってきているので、すべてがかみ合えば楽しみ」 ◆コウエイオトメ・小森助手 「冬場は具合がいいし、53キロのハンデがうまく生きれば」 ◆コスモネモシン・清水英師 「追い切りの内容はよかったし、いい形で送り出せる。左回りの2000メートルはいい舞台」 ◆ゴールデンナンバー・鈴木康師 「状態はいいが、メンバーが強くなる。54キロでどこまでやれるか」 ◆サンシャイン・藤岡佑騎手 「ビッシリ追ったが、反応は上々。力をつけている」 ◆シャトーブランシュ・内田助手 「先週にビッシリ追った分、今週は体がスッキリして動きもシャープ」 ◆スピードリッパー・鹿戸雄師 「前走は参考外。疲れもないし、調子自体は悪くない」 ◆セキショウ・杉浦師 「状態面に関しては変わりなくきている。52キロのハンデはいいと思う」 ◆トーセンソレイユ・川須騎手 「ラストでしっかり仕掛けて反応もよかった。この状態のよさを生かしたい」 ◆ノーブルジュピタ・水野師 「中間は順調。格上挑戦になるが、49キロのハンデを生かしてどこまでやれるか」 ◆フーラブライド・木原師 「体調のよさと50キロの軽ハンデでどこまでやれるか見てみたい」 ◆マイネイサベル・水野師 「追い切りは、道中もうまく我慢できていたし、しまいもいい感じで伸びていた。57キロは厳しいが、克服してほしい」 ◆マコトブリジャール・鮫島師 「攻めはしまい重点。前走のGIも着順ほど負けてはいないし、50キロの恵まれたハンデも魅力だからね」 ◆リラコサージュ・荻野助手 「好仕上がりでハンデ52キロもいい。ただ、強い古馬も加わるし、まだ成長段階だからね」
2013年12月12日(木) 05:04

 403

【愛知杯】アロマティコ、古馬の意地見せる!
 エリザベス女王杯3着アロマティコが、重賞初勝利を狙う。「中京は初めてだが、コースは問わないタイプで心配はしていない。ハンデの55キロも妥当なところ。古馬の意地を見せたいね」と佐々木調教師は身上の末脚に期待する。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2013年12月11日(水) 05:06

 325

【愛知杯】スマートレイアー、重賞初V狙う!
 秋華賞2着スマートレイアーが、重賞初Vを狙う。「秋華賞が目一杯の仕上げだったことと軽いねんざがあったので、エリザベス女王杯は大事をとって見送りました。他馬と比べてハンデ55キロは有利とはいえませんが、走れる状態に戻っていますよ」。高野助手は意欲的に語った。★愛知杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2013年12月11日(水) 05:06

 297

愛知杯の直前追い切り情報をもっと見る >

愛知杯過去10年の結果

2012年12月15日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
1着 エーシンメンフィス 川須栄彦 2:03.6 14.5倍 104.0
2着 サンシャイン 中舘英二 1 1/2 26.7倍 102.9
3着 オールザットジャズ 川田将雅 1 1/4 5.6倍 101.7
2011年12月18日() 小倉競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2010年12月19日() 小倉競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

愛知杯の歴史と概要


2014年の優勝馬ディアデラマドレ

かつて存在した砂コース(中京砂2000m)から歴史が始まったレースで、施行条件や時期が目まぐるしく変わっている。現行の牝馬限定戦になって以降は、第44回(2006年)のアドマイヤキッス、第45回(2007年)のディアデラノビア、第47回(2009年)のリトルアマポーラなど、G1で上位を争える面々が勝ち馬欄に名を連ねるようになったが、ここ最近はビッグネームの出走は減った感がある。冬場のハンデ重賞らしく、毎年大混戦の様相を呈している。

歴史と概要をもっと見る >

愛知杯の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月25日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2018年2月24日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2018年2月25日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る