会員登録はこちら
愛知杯 G3   日程:2012年12月15日() 15:35 中京/芝2000m

レース結果

愛知杯 G3

2012年12月15日() 中京/芝2000m/18頭

本賞金:3,500万 1,400万 880万 530万 350万


レコード:2分00秒4
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

エーシンメンフィス

牝4 51.0 川須栄彦  野中賢二 508(-6) 2.03.6 14.5 7
2 4 8

サンシャイン

牝3 52.0 中舘英二  藤岡健一 428(+2) 2.03.8 1 1/2 26.7 10
3 7 15

オールザットジャズ

牝4 56.0 川田将雅  角居勝彦 446(-6) 2.04.0 1 1/4 5.6 2
ラップタイム 12.8-11.8-13.3-13.5-13.1-12.5-12.0-11.5-11.0-12.1
前半 12.8-24.6-37.9-51.4-64.5
後半 59.1-46.6-34.6-23.1-12.1

■払戻金

単勝 12 1,450円 7番人気
複勝 12 540円 9番人気
8 730円 11番人気
15 230円 2番人気
枠連 4-6 2,740円 10番人気
馬連 8-12 14,100円 53番人気
ワイド 8-12 4,700円 58番人気
12-15 1,800円 18番人気
8-15 2,950円 35番人気
馬単 12-8 26,510円 95番人気
3連複 8-12-15 34,660円 118番人気
3連単 12-8-15 219,120円 683番人気

愛知杯のニュース&コラム

【愛知杯】川須メンフィスしてやったり
 第50回愛知杯(15日、中京11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金3500万円=出走18頭)川須栄彦騎乗の7番人気エーシンメンフィスが、逃げ切って重賞初制覇を飾った。2分3秒6(稍重)。2番手を進んだ10番人気サンシャインが2着に入り、1番人気のピクシープリンセスは6着に敗れた。 鮮やかな逃走劇を決めた。格上挑戦のエーシンメンフィスが17頭を引きつれて、重賞初タイトルを奪取した。 「ハナにはこだわっていなかったけど、楽なペースで逃がしてもらった。3コーナー過ぎで自分からスパートしたのも予定通りでしたし、手応え通りに伸びてくれました」 川須栄彦騎手が会心の勝利に声を弾ませた。先手を奪って前半1000メートルを1分4秒5と超スローペースで通過。早めに仕掛けて後続との差を広げると、直線半ばで勝負あり。2着のサンシャインに1馬身半差をつけてゴールに入った。 野中調教師は「もともと、素質は高かった。弱かった体質がしっかりしてきた」と笑顔で語った。500キロを超えるスケールの大きなニューヒロインが冬の中京で誕生。次走は未定ながら、今回が13戦目とキャリアが浅いだけに、来年が楽しみになった。(森本昭夫)  ★レースを終えて…関係者談話◆中舘英二騎手(サンシャイン2着)「折り合いはついたし、この馬なりの脚は使っている」◆川田将雅騎手(オールザットジャズ3着)「いい位置は取れました。ペースが遅いのは分かっていましたが…。もう少し(速く)流れてほしかった」◆クレイグ・ウィリアムズ騎手(ゴールデングローブ5着)「頑張っているが、他の馬も強かった」◆秋山真一郎騎手(ピクシープリンセス6着)「前が残る展開になった。この馬も(いい)脚は使っているけど…」
2012年12月16日() 05:04

 476

【愛知杯】エーシンメンフィス軽快逃げ切りV!
 15日の中京11Rで行われた第50回愛知杯(GIII、芝2000メートル、18頭立て、牝馬限定、1着賞金=3500万円)は、川須栄彦騎手騎乗の7番人気エーシンメンフィス(栗東・野中賢二、牝4歳)が超スローの逃げを打ってまんまと押し切り、重賞初勝利。タイムは2分3秒6(稍重)。 51キロのエーシンメンフィスが外からハナに立つと、2番手にサンシャイン、3番手にサンテミリオンが追走。後続は道中も折り合って運び、超がつくスローペースの展開。勝負どころを迎えても後続は動かず、4コーナーでもエーシンメンフィスの手応えは十分に残っていた。川須騎手が後ろの様子を確認するほどの余裕で、500万下、1000万下に続く3連勝で格上挑戦ながら堂々の重賞初V。1馬身1/2差の2着にも10番人気のサンシャインが入り、いわゆる“行った行った”の決着となった。1馬身1/4差の3着には直線で伸びたオールザットジャズが入っている。 エーシンメンフィスは、父Medaglia d’Oro、母テネシーガール、母の父Pine Bluffという血統。北海道浦河町・三嶋牧場の生産馬で、(株)栄進堂の所有馬。通算成績は13戦5勝。重賞初勝利。野中賢二調教師、川須栄彦騎手ともに愛知杯は初優勝。 川須騎手は「けいこの動きがすごくよかったので、チャンスはあると思っていました。ハナにはこだわっていなかったんですが、先生からは馬のリズムを大事に乗って欲しいと言われていましたし、きょうは楽なペースで行かせてもらいましたからね。斤量が軽かったので3コーナー辺りからスパートするつもりだったんですが、手応えも十分でしたし、作戦通りうまくいきました」と会心の逃げ切り勝ちにしてやったりの口ぶり。野中調教師も「もともと素質は高かった馬。ようやく体質がしっかりしてきました」と本格化をアピールした。次走は未定ながら、飛躍のきっかけをつかんだ4歳牝馬の今後が注目される。中京11R愛知杯の着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら
2012年12月15日() 15:44

 379

【愛知杯】ジャズ「中身の濃い調整できた」
 エリザベス女王杯5着のオールザットジャズは直線で先頭に立ち、見せ場たっぷり。スランプ脱出を印象付けた。「早めの競馬で厳しい内容になったが、最後まで頑張った。前走もいい調整だったが、この中間はさらに中身の濃い調整ができた。結果を出してほしいね」と山田助手。今春の福島牝馬Sに続く重賞制覇へ態勢は整った。(夕刊フジ) サンスポ、エイト、夕フジ、Gallop 業界最大のボリュームを誇る『100人予想』! ★PCはこちらから ★スマホはこちらから 「サンスポ予想王TV」入会案内 ★PCはこちらから ★スマホはこちらから
2012年12月14日(金) 11:31

 468

【愛知杯】追って一言
◆アスカトップレディ・須貝尚師「絶好調だね。スムーズなレースができればチャンス」◆エーシンメンフィス・野中師「動きはよかったね。芝は前走が初勝利だが、51キロは魅力」◆オールザットジャズ・山田助手「前走(エ女王杯5着)の反動もなく、さらに良化。左回りも問題ないし、切れ味を発揮すれば」◆ゴールデングローブ・藤岡健師「併せ馬で遅れたが、相手が走りすぎただけ。2走前にGIIIで健闘しており、能力はある。左回りは得意」◆サンシャイン・藤岡健師「デキはいうことない。秋華賞でジェンティルドンナとコンマ4秒差の競馬をしており、2000メートルのGIIIなら」 ◆サンテミリオン・古賀慎師「叩き3戦目で良化。少し時計がかかって欲しい」◆シースナイプ・河内師「ひと叩きした上積みは十分見込める。今回は折り合いもつくだろう」◆ダイワズーム・鹿戸雄師「ハンデ(53キロ)は思った通り。馬体も前走ぐらいでちょうどいい」◆パワースポット・菊沢師「気性の勝った馬だけに、初の長距離輸送がどうかだけ」◆ピクシープリンセス・野中師「併走遅れは相手がけいこ賭けするタイプなので心配ない。女王杯(3着)ぐらい走ってくれれば」◆ミッドサマーフェア・吉永助手「中1週なので馬なりで十分。二千は競馬がしやすい」◆メルヴェイユドール・牧田師「女王杯(6着)でも大負けしていない。4キロ減のハンデ(52キロ)を生かせば」◆レジェンドブルー・宮師「坂路で52秒台が出たようにデキはいい。53キロのハンデを生かしたい」
2012年12月13日(木) 05:02

 616

愛知杯のニュースをもっと見る >

【有馬記念】ゴールドシップ3冠締めへ上々
 暮れの大一番、有馬記念(23日、中山、GI、芝2500メートル)の1週前追い切りが12日、東西トレセンで実施された。今年の皐月賞と菊花賞を制した2冠馬で、ファン投票6位のゴールドシップ(栗・須貝尚、牡3)は、栗東坂路で力強い動きを見せて好調ぶりをアピールした。 2冠馬ゴールドシップが、グランプリに向けて栗東坂路でハードに追われた。4ハロン52秒8。併走馬には1馬身半遅れたが、須貝尚介調教師は納得の表情だった。 「しっかり負荷をかけることが目的だった。思い切りやりたかったし、長めに追えたのは良かった」 アスカトップレディ(牝5、オープン)を2、3馬身後ろから追いかけた。ラスト2ハロンすぎで早くもムチが入り、最後まで力強い脚取りで1ハロン13秒1でまとめた。 「もともと時計の出るタイプじゃないし、アスカの具合が良すぎただけ。引き揚げてきての息遣いは重くなかった」とトレーナー。相手が今週のGIII愛知杯に出走する馬だっただけに、1週前の段階での併走遅れを気にしてはいない。 2周目の3コーナー手前からの豪快なマクリで勝負をつけた菊花賞の後は、ジャパンCをパスして有馬記念に照準を定めた。短期放牧を挟み、じっくりと調整を続けてきたことで「胸前の筋肉がパワーアップしている」とトレーナーは効果を指摘する。 「古馬の強いところと戦ったことがないから、挑戦者の気持ちで」と話す一方、「ここまでイメージ通りに来ている」と順調ぶりを強調。歴戦の強者が相手でも、ゴールドシップの進撃は止められない。 (板津雄志)
2012年12月13日(木) 05:04

 2,263

【愛知杯】追って一言
◆アスカトップレディ・須貝尚師「絶好調だね。スムーズなレースができればチャンス」◆エーシンメンフィス・野中師「動きはよかったね。芝は前走が初勝利だが、51キロは魅力」◆オールザットジャズ・山田助手「前走(エ女王杯5着)の反動もなく、さらに良化。左回りも問題ないし、切れ味を発揮すれば」◆ゴールデングローブ・藤岡健師「併せ馬で遅れたが、相手が走りすぎただけ。2走前にGIIIで健闘しており、能力はある。左回りは得意」◆サンシャイン・藤岡健師「デキはいうことない。秋華賞でジェンティルドンナとコンマ4秒差の競馬をしており、2000メートルのGIIIなら」 ◆サンテミリオン・古賀慎師「叩き3戦目で良化。少し時計がかかって欲しい」◆シースナイプ・河内師「ひと叩きした上積みは十分見込める。今回は折り合いもつくだろう」◆ダイワズーム・鹿戸雄師「ハンデ(53キロ)は思った通り。馬体も前走ぐらいでちょうどいい」◆パワースポット・菊沢師「気性の勝った馬だけに、初の長距離輸送がどうかだけ」◆ピクシープリンセス・野中師「併走遅れは相手がけいこ賭けするタイプなので心配ない。女王杯(3着)ぐらい走ってくれれば」◆ミッドサマーフェア・吉永助手「中1週なので馬なりで十分。二千は競馬がしやすい」◆メルヴェイユドール・牧田師「女王杯(6着)でも大負けしていない。4キロ減のハンデ(52キロ)を生かせば」◆レジェンドブルー・宮師「坂路で52秒台が出たようにデキはいい。53キロのハンデを生かしたい」
2012年12月13日(木) 05:02

 616

愛知杯過去10年の結果

2011年12月18日() 小倉競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2010年12月19日() 小倉競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2009年12月19日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

愛知杯の歴史と概要


2014年の優勝馬ディアデラマドレ

かつて存在した砂コース(中京砂2000m)から歴史が始まったレースで、施行条件や時期が目まぐるしく変わっている。現行の牝馬限定戦になって以降は、第44回(2006年)のアドマイヤキッス、第45回(2007年)のディアデラノビア、第47回(2009年)のリトルアマポーラなど、G1で上位を争える面々が勝ち馬欄に名を連ねるようになったが、ここ最近はビッグネームの出走は減った感がある。冬場のハンデ重賞らしく、毎年大混戦の様相を呈している。

歴史と概要をもっと見る >

愛知杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る