会員登録はこちら
愛知杯 G3   日程:2009年12月19日() 15:35 中京/芝2000m

レース結果

愛知杯 G3

2009年12月19日() 中京/芝2000m/18頭

本賞金:3,900万 1,600万 980万 590万 390万


レコード:1分56秒9
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

リトルアマポーラ

牝4 56.5 中舘英二  長浜博之 478(+6) 1.59.7 7.4 4
2 2 3

ブラボーデイジー

牝4 55.0 北村友一  音無秀孝 534(+8) 1.59.7 クビ 17.3 7
3 1 2

メイショウベルーガ

牝4 54.0 池添謙一  池添兼雄 500(+2) 1.59.8 クビ 3.8 1
ラップタイム 12.5-11.2-11.9-13.3-12.6-11.8-11.7-11.4-11.6-11.7
前半 12.5-23.7-35.6-48.9-61.5
後半 58.2-46.4-34.7-23.3-11.7

■払戻金

単勝 6 740円 4番人気
複勝 6 260円 4番人気
3 500円 9番人気
2 170円 1番人気
枠連 2-3 3,110円 15番人気
馬連 3-6 7,430円 30番人気
ワイド 3-6 2,320円 28番人気
2-6 740円 3番人気
2-3 1,480円 14番人気
馬単 6-3 13,710円 53番人気
3連複 2-3-6 10,730円 27番人気
3連単 6-3-2 73,140円 188番人気

愛知杯のニュース&コラム

【愛知杯】貫禄勝ち!アマポーラが復活V
 第47回愛知杯(19日、中京11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金3900万円=出走18頭)中舘騎乗の4番人気リトルアマポーラがゴール前の競り合いを制し、1分59秒7(良)で重賞3勝目をマークした。中舘騎手は年間100勝を達成。クビ差2着に7番人気ブラボーデイジー、さらにクビ差で3着が1番人気メイショウベルーガだった。 最後はGIホースの貫禄勝ちだった。トップハンデ56・5キロを背負ったリトルアマポーラが2番手からの積極策で、昨年のエリザベス女王杯以来13カ月ぶりのVを飾った。 「先生(長浜調教師)から『好きに乗っていい』といわれていました。行きたがっていたので行かせてみました」と中舘英二騎手は笑みを浮かべた。 直線半ばで逃げたブラボーデイジーに並びかけると、クビ差退けてゴールイン。「GIを勝った馬ですし、しっかり伸びてくれました。最後は遊ばれないようにだけ気をつけました」。ジョッキーは初コンビとなった相棒の底力に脱帽する。 リトルの復活走に加えて、自身6度目の年間100勝を飾る記念星となった。「できすぎです。この前に勝たなきゃいけなかったけど、今日中にできてよかった」と胸をなで下ろした。(渡部陽之助)
2009年12月20日() 05:04

 733

【愛知杯】GI馬リトルアマポーラ復活V!
 第47回愛知杯(19日、中京11R、GIII、3歳上OP、牝馬、ハンデ、芝2000メートル)中舘英二騎乗で4番人気のリトルアマポーラ(牝4、栗東・長浜博之厩舎)が好位追走から直線で逃げ粘るブラボーデイジーを捕らえて優勝。トップハンデ56.5キロを克服し、昨年11月のGIエリザベス女王杯以来、約1年1カ月ぶりとなる勝利を飾った。タイムは1分59秒7(良)。 クビ差の2着には7番人気のブラボーデイジー、さらにクビ差の3着には1番人気のメイショウベルーガが入った。 リトルアマポーラは、父アグネスタキオン、母リトルハーモニー、母の父コマンダーインチーフという血統。通算14戦5勝で、重賞は08年クイーンC(GIII)、同エリザベス女王杯(GI)に次ぐ3勝目。 なお、騎乗した中舘騎手はこの勝利で、自身6度目となるJRA年間100勝を達成した。
2009年12月19日() 15:58

 1,052

【愛知杯】ムードインディゴが巻き返す
 《本紙の狙い》ムードインディゴが◎。展開がまるで向かなかったエリザベス女王杯(12着)は度外視していい。前走後はここを目標に乗り込まれ、動きも軽快。圧勝した府中牝馬S時とそん色ない状態に仕上がっている。平坦の中京ならば、持ち味の切れ味はさらに生きるはずだ。54キロが魅力なメイショウベルーガが相手の筆頭。実力馬リトルアマポーラが▲。使われつつ調子を上げてきた。確定枠順へ
2009年12月19日() 05:04

 691

【愛知杯】トップハンデもアマポーラ断然
 今年最後のローカル重賞は、牝馬限定のハンデ戦。エリザベス女王杯組は疲労回復がカギとなるが、実績ではリトルアマポーラ(栗・長浜、4)が断然だ。ここは56・5キロのトップハンデがカギになる。府中牝馬Sの覇者ムードインディゴ(栗・友道、4)の前走は、展開不向き。デムーロ騎手との新コンビで巻き返しを図る。エ女王杯5着のメイショウベルーガ(栗・池添、4)や、ターコイズSを快勝したウェディングフジコ(美・戸田、5)、昨年の覇者セラフィックロンプ(美・武藤、5)などもハンデ差を生かして逆転を狙う。
2009年12月15日(火) 05:03

 762

愛知杯のニュースをもっと見る >

【有馬記念】ゴッホ、一昨年と同じ雰囲気
 《美浦》正月デビューの新馬の陣中見舞いに訪れたロジユニヴァースの久米田オーナーが、「うちのも出したかったねぇ」と報道陣に語りかけてきた。ロジは左トモの不安も癒え、山元トレセンで乗り運動を開始したそう。「3歳のうちにもう一つ勲章を取らさせたかったのが正直な気持ち。ホント、出したかった」と寂しげに微笑んだ。 阪神JFをアパパネで制した国枝師はマツリダゴッホ、マイネルキッツの2頭出し。「ゴッホは一昨年勝った時と同じ天皇賞ブービー後の挑戦。あの時と同じくいい雰囲気。キッツも文句なし。これだけ(追い切りで)動くんだからねぇ」と“絶口調”だ。アパパネに惜敗したアニメイトバイオの内田博騎手はイコピコで挑戦。「力はGI級と思う。神戸新聞杯を勝った時のような中を割る競馬をしたい」。リーディング首位を快走する男との渾身の騎乗に注目! 《栗東》今年の有馬は乗り替わりも大きな話題。ブエナビスタは横山典騎手、皐月賞馬アンライバルドは、スミヨン騎手が騎乗停止処分となりデムーロ騎手に。デムーロはアンライの父ネオユニヴァースで03年皐月賞&ダービーの2冠を制覇。16日は同じ友道厩舎のムードインディゴ(愛知杯出走予定)の追い切りに騎乗。その後、厩舎までムードのレースDVDを見に来た。その際に厩舎でアンライバルドと初対面し、「顔は似ていないけど、脚もとなんかはネオそっくり」とレースを心待ちにしていた。
2009年12月17日(木) 05:04

 753

【次走報】ヴァーミリアンは東京大賞典へ
 ★…ジャパンCダート8着ヴァーミリアン(栗・石坂、牡7)、11着ボンネビルレコード(美・堀井、牡7)は東京大賞典(29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。2着シルクメビウス(栗・領家、牡3)はフェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)へ直行予定。3着ゴールデンチケット(栗・森、牡3)は休養予定だが、師走S(26日、中山、OP、ダ1800メートル)出走の可能性も。15着ワンダースピード(栗・羽月、牡7)は名古屋グランプリ(23日、名古屋、交流GII、ダ2500メートル)に向かう。 ★…天皇賞・秋6着ドリームジャーニー(栗・池江寿、牡5)は有馬記念(27日、中山、GI、芝2500メートル)。有馬にはマイルCS4着キャプテントゥーレ(栗・森、牡4)、鳴尾記念4着イコピコ(栗・西園、牡3)、ステイヤーズS3着モンテクリスエス(栗・松田国、牡4)も参戦の見通し。鳴尾記念を快勝したアクシオン(美・二ノ宮、牡6)は状態次第で有馬記念も視野に。6着ハイアーゲーム(美・大久保洋、牡8)は賞金面で出走可能なら有馬記念。 ★…中日新聞杯回避組では、インティライミ(栗・佐々木晶、牡7)は中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル)へ。アルコセニョーラ(美・畠山重、牝5)は愛知杯(19日、中京、GIII、芝2000メートル)。ゴールデンダリア(美・二ノ宮、牡5)とダンスインザモア(美・相沢、牡7)はディセンバーS(19日、中山、OP、芝1800メートル)。 ★…鳴尾記念5着レッドスパーダ(美・藤沢和、牡3)はファイナルS(27日、阪神、OP、芝1600メートル)へ。 ★…奥多摩Sを勝ったドラゴンファング(栗・矢作、牡4)は、阪神C(20日、阪神、GII、芝1400メートル)へ。 
2009年12月9日(水) 05:06

 769

愛知杯過去10年の結果

2008年12月20日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2007年12月15日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2006年12月16日() 中京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

愛知杯の歴史と概要


2014年の優勝馬ディアデラマドレ

かつて存在した砂コース(中京砂2000m)から歴史が始まったレースで、施行条件や時期が目まぐるしく変わっている。現行の牝馬限定戦になって以降は、第44回(2006年)のアドマイヤキッス、第45回(2007年)のディアデラノビア、第47回(2009年)のリトルアマポーラなど、G1で上位を争える面々が勝ち馬欄に名を連ねるようになったが、ここ最近はビッグネームの出走は減った感がある。冬場のハンデ重賞らしく、毎年大混戦の様相を呈している。

歴史と概要をもっと見る >

愛知杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る