会員登録はこちら
テレビ西日本賞北九州記念2017

2017年8月20日(

テレビ西日本賞北九州記念 G3

小倉競馬場/芝/1200m

最新出走予定馬情報 〜テレビ西日本賞北九州記念2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【北九州記念】前向きアクティブ完全復活だ
 実績上位アクティブミノルが完全復活だ。 3歳秋にストレイトガールを退け、GIIセントウルSで逃げ切りV。4歳春のGI高松宮記念で4着と、このあたりなら勝って当然の実力馬だが、昨夏から今春にかけては存在感を示せなかった。 「馬に気がない感じだった。追っつけても、まったく掛かって行かなかったからね。正直、終わったのかな、とさえ…」と酒井騎手は振り返る。 そんな“終わった感”が消えたのが2走前のCBC賞(3着)。「ゲートからやったり、ブリンカーを着けたりした工夫が実を結んできた」。変化は、初の千直で4着だった前走・アイビスSDで確実なものになった。 「中京から新潟、小倉と転戦。しんどければ“抜く”ところがある馬だけど、そんな感じはなかった。使って前向きになり、自分から行く気を見せていたよ」と、直前追いも◎。勝って、現状7ポイントのシリーズ制覇へ王手をかけたい。 “究極の3連単”はアクティブを1着に固定。今年5戦してオール3着内のキングハートを2、3着に据えた12点勝負だ。(夕刊フジ)★北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
8月19日() 12:37 NEW!

 210

【札幌記念&北九州記念】東西調教ウオッチャー
 今週の東西調教ウオッチャーは札幌記念、北九州記念が対象レース。札幌から東京サンスポの千葉記者、函館から大阪サンスポの川端記者、栗東から大阪サンスポの宇恵記者が参戦し、注目馬をピックアップした。 川端 まず札幌記念から。函館では芝コースで追い切ったヤマカツエースの動きが目を引きました。少し力が要る馬場でも、ぶれのないフォームで加速もスムーズ。ほどよく気合が乗っていて、大阪杯3着以来でも、きっちりと仕上がった感じです。 千葉 有力馬は函館に集中していますからね…。でも、札幌のツクバアズマオーの動きも良かったですよ。ダートコースを馬なりで落ち着き十分。軽快な脚さばきが印象的でした。 川端 函館では、大阪杯14着以来のロードヴァンドールも楽しみ。中間から着用しているブリンカーの効果がありそうです。それに、仕掛けてからの反応と伸びが良かったサクラアンプルールも警戒が必要でしょう。 千葉 札幌にも、面白そうな馬はいますよ。ナリタハリケーンは、ダートコースで藤岡康騎手の左ムチ2発に応えて、ラスト1ハロンは11秒9と鋭い伸びでした。強敵相手でも侮れません。 宇恵 最後に栗東から北九州記念の注目馬を。ファインニードルのシャープな伸びが目についたね。馬場が重い坂路でラスト1ハロン11秒8は優秀だし、反応も良かったよ。トウカイセンスも、坂路で勢いのある動きを見せて、ラスト1ハロンは11秒9。久々を1回使ってぐんと良くなっているし、枠順などの条件が向けば期待できそうだよ。★札幌記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載★北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
8月18日(金) 05:05

 2,092

【北九州記念】キングハート、能力証明11秒1
 函館スプリントS2着のキングハートは、早めに小倉入りしての調整。最終追いは芝コースでしまい重点に追われ、5ハロン68秒3、ラスト1ハロンは11秒1の好タイムをマークした。「ずっとフワフワしていたけど、ラストは11秒1だから、能力の証しじゃないかな。ここを目標にしてしっかりと調整してきたし、前走よりもデキは良さそう」と中谷騎手。星野調教師も「小倉(3戦3連対)は相性がいいし、道悪もこなせる。何とか重賞を勝たせたい」と悲願の重賞Vに力が入っている。★北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
8月18日(金) 05:04

 723

【北九州記念】厩舎の話
 ◆アクティブミノル・北出師 「状態はいい。ハンデの56キロは仕方がない。復活させたい」 ◆アルティマブラッド・音無師 「ある程度、前に行って脚をためられれば」 ◆エイシンブルズアイ・野中師 「前走は直線で前をカットされた。スムーズなら好勝負」 ◆オウノミチ・佐々木師 「ブリンカーを外す。最近、自分で競馬をやめている点がどうか」 ◆ダイアナヘイロー・原田助手 「追い切りはラストまでしっかり。調子は良さそう」 ◆ダイシンサンダー・加藤騎手 「前回よりも今回の方が調子はいい」 ◆ツィンクルソード・森助手 「重賞の1200メートルなら折り合いがつきそう。展開次第で」 ◆トウカイセンス・野中師 「52キロのハンデを生かし、一瞬の脚をうまく使えるようなら」 ◆ナガラオリオン・大根田師 「調子は変わりない。ためる競馬でどこまで」 ◆ナリタスターワン・喜多助手 「前回よりも、今回の方が中間の調整過程はいい」 ◆バクシンテイオー・森助手 「勝った昨年の状態に持ってくることができた」 ◆ファインニードル・鵜木助手 「追い切りはよく動けていた。状態はいいと思う」 ◆プレイズエターナル・安田隆師 「夏場はよく、体調はいい。展開待ち」 ◆ポメグラネイト・坪助手 「先週までは少し重い感じも、今週のひと追いで態勢は整った」 ◆ミッキーラブソング・橋口師 「1200メートルの流れで、集中して走れるようなら」 ◆ラインスピリット・森助手 「スタートを決めて先行力を生かしたい」 ◆ラヴァーズポイント・高橋康師 「大型馬なのでコーナリングがスムーズなら」★北九州記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
8月18日(金) 05:03

 1,018

【高松宮記念】最新ナマ情報
◆好調キープににっこり〔4〕ラインスピリット 角馬場からDPコースで軽め。松永昌調教師は「ここのところずっと調子はいい」とにっこり。平地GI初騎乗となる森一騎手は「けさも乗りましたが、好調キープ。いい枠なのでロスなく行ける」と目を輝かせた。◆集中力持続カギ〔5〕レッドアリオン 坂路で4ハロン64秒9−14秒7。橋口調教師は「気合が乗ってすごくいい感じ。状態は間違いなくいい。気合が乗りながらもリラックスしている。とにかく集中力を持続できれば…。ハミを取っていれば内を回っても」と変わり身を願う。◆さらに成長した〔6〕セイウンコウセイ 午前10時43分に到着し、落ち着いた脚取りで馬運車を降りた。「輸送は問題ありませんでした。美浦で量ったときに10キロ増えていたけど、成長分。前走のときも良くなったと感じたけど、その後にひと息入れてさらに良くなっています」と矢野厩務員は上積みを強調した。◆いつもの感じで〔7〕レッドファルクス 昨年のスプリンターズSの優勝馬は美浦トレセンから約7時間で到着。芝3戦全勝と相性がいい中京で、馬房に向かう脚取りは力強い。「輸送はいつも通りにクリア。このコースは走ると分かっているので心強いです。馬体重は470キロ台で、いつもの感じで臨めると思います」と齋藤助手は自信をのぞかせた。◆仕上がりに満足〔8〕バクシンテイオー 午前11時23分に到着した。「輸送は落ち着いていました。着いてからイレ込むところがあるけど、今のところ大丈夫なので、レースまで落ち着いていてほしい」と森助手。「状態は(昨夏に)北九州記念を勝った頃と遜色ありません」と仕上がりに満足げだ。◆精神面ポイント〔9〕シュウジ 坂路で4ハロン61秒6−14秒6。キビキビした脚さばきで好気配を漂わせた。北村助手は「この馬にしては普通のキャンター。ダクも歩様もいい感じ。馬は絶好調。あとは当日の落ち着き」と精神面をポイントにあげた。◆変わらず好状態〔10〕クリスマス 7つの競馬場を経験しており、輸送は慣れたもの。今回もスムーズにこなした。「輸送はいつも通りだったし、変わらずにいい状態です。けいこ量はこれまでで一番やった感じ。動きは良かったし、GIでやれることはやりました」と田村助手は力が入っている。◆胸張る臨戦態勢〔12〕メラグラーナ 角馬場で調整。軽やかな脚さばきで心身をほぐした。池添学調教師は「落ち着いていていい雰囲気でしたね。馬体重も予定通り。(中京への)輸送はあるが、順調にきています」と臨戦態勢に胸を張る。当日の馬場状態は微妙だが、「大雨でなければ大丈夫。もともと、パワーもあるタイプだから」とうなずいた。◆自在の脚で勝負〔13〕ソルヴェイグ 坂路で4ハロン65秒0−16秒0をマーク。鮫島調教師は「追い切りの動きはすごく良かったし、けさも変わらずいい雰囲気だね。きれいな馬場の方がいいが、今回はそれなりに(前へ)行きそうな馬もいるし、自在に立ち回ってくれれば」と反撃を期待する。◆短距離戦楽しみ〔15〕ヒルノデイバロー CWコースを軽く1周した。「無理はしない。十分、体はできているし」と平岩厩務員。芝の短距離路線に転向後、徐々に力をつけてきた。同厩務員も「短距離戦を使ってから筋肉の付き方が変わってきた。どこまでやれるか楽しみ」と決戦を待つ。★高松宮記念の枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載
3月26日() 05:06

 7,574

【高松宮記念】レース展望
 日曜は中京競馬場で春のGI第2弾、高松宮記念(26日、芝1200メートル)が行われる。2016年の最優秀短距離馬ミッキーアイルが現役を引退し、昨年の覇者ビッグアーサーが脚部不安のため不在。また、シルクロードSを連覇したダンスディレクターも、同じく脚部不安により今年も参戦を断念している。しかし、前哨戦で次々と新興勢力が名乗りを上げており、春の電撃王決定戦にふさわしいメンバーが顔をそろえた。土曜の夜には、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で、日本馬11頭が出走する「ドバイワールドカップデー」が行われるが、国内のGIも、ドバイに負けず劣らずの熱戦となることは必至だろう。 昨秋のスプリンターズSでGI初勝利を飾ったレッドファルクス(美浦・尾関知人厩舎、牡6歳)が、史上7頭目のスプリントGIダブル制覇に挑む。中京芝では1200メートルの2戦を含む3戦全勝。昨年12月の香港スプリントは12着に敗れているが、休養を挟んでここを目標にしっかりと立て直されており、3カ月半ぶりでも力を発揮できる仕上がりにある。 スプリンターズSでも抜群の切れ味を見せていたが、昨年7月のCBC賞では、直線大外から目の覚めるような差し切り勝ち。上がり3ハロン32秒7は、馬場が改修された2012年以降の芝で最速で、直線の長い中京ではさらに一段上の末脚を使えることを証明済みだ。それでいて、ダートでオープン特別の欅Sを含む4勝をマークしているように、パワーも兼備しているのが、この馬の強み。昨年は1分6秒7のレコード決着だったが、例年、最終週の中京は力を要するタフな馬場になる傾向が強い。そして何より、今年最初のGIフェブラリーSをゴールドドリームで勝ち、6週連続日曜メインVを達成するなど、今年も乗りに乗っているミルコ・デムーロ騎手の手綱。巻き返しへの要素は、そろいにそろっている。GI・2勝目を挙げ、短距離界の歴史にその名を刻む。 メラグラーナ(栗東・池添学厩舎、牝5歳)は、勢いに乗ってのGI初参戦となる。前走の夕刊フジ賞オーシャンSは、中団から上がり3ハロン33秒9の末脚を繰り出して重賞初勝利。芝のスプリント戦に転じた昨年7月以降は、【4・1・0・1】の快進撃だ。重賞初挑戦の京阪杯こそ、デビュー以来最高馬体重となる532キロと重馬場が響いて14着に大敗したが、すぐに巻き返してオープン特別→重賞を連勝。5歳とはいえ、季節が反対の豪州生まれのため、実質的には4歳秋で、まだ十分に強くなりそうだ。良馬場での追い比べなら、初の大舞台でも見劣りはしないはず。10、11年(阪神開催)に連覇したキンシャサノキセキ以来、史上2頭目となるJRA所属の南半球産馬としてのGI勝利を狙う。 前走の京都牝馬Sで一昨年の桜花賞以来1年10カ月ぶりの勝利を飾ったレッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝5歳)も侮れない。逃げ切りで桜の女王に輝いたときとは打って変わり、中団から末脚を生かすレーススタイルにモデルチェンジ。昨秋のスプリンターズSでは9着に敗れているが、最内から追い込んで、進路が窮屈になるところがありながらも、勝ったレッドファルクスとは0秒2差。メンバー最速の上がり3ハロン32秒9の末脚は目を見張るものだった。3走前のダート交流GI・JBCレディスクラシックで2着に入っているように、この馬もレッドファルクス同様、パワーを兼ね備えている。最終週のタフな馬場も歓迎とみていい。これまでスプリント戦は4戦して2度の3着が最高だが、そろそろこの距離のペースにも慣れてきた頃。ここで、桜花賞以来となるGI・2勝目を挙げ、完全復活をアピールする。 ソルヴェイグ(栗東・鮫島一歩厩舎、牝4歳)は、昨年の函館スプリントSを1分7秒8のコースレコードでV。スプリンターズSは好位からレースを進め、レッドファルクスからアタマ+クビ差で、タイム差なしの3着に踏ん張った。53キロの軽量が味方したのは事実だが、改めてスプリンターとしての高い能力を誇示。前走のシルクロードSは初めてハナを切って、勝ち馬から0秒5差の6着だったが、慣れない戦法で後続からつつかれたことや、4カ月の休み明けだったことを考えれば、前哨戦としては上々の結果といえる。叩き2戦目の上積みと4歳春を迎えての成長力、そして、GIで大胆な騎乗を見せる田辺裕信騎手との2度目のコンビ。昨秋の無念を晴らし、GI初制覇を達成しても不思議はない。 シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)は昨年のスプリンターズSで0秒1差の4着。続く阪神Cでは皐月賞馬イスラボニータを撃破し、重賞2勝目をマークしている。8着に終わった前走の阪急杯は2カ月ぶりの実戦でイレ込みがきつく、レースでは外からプレッシャーをかけられ、走りに力む面があったもの。この一戦だけで評価を下げるのは早計だ。父は前出のキンシャサノキセキで、自身も中京では新馬戦→オープン特別・中京2歳Sを勝っており、コース替わりは間違いなくプラスに出る。GI級の潜在能力を存分に発揮できれば、戴冠は夢ではない。 トーキングドラム(美浦・斎藤誠厩舎、牡7歳)は、重賞初挑戦だった前走の阪急杯を勝利。これまではもまれると力を発揮できなかったが、中団のインで我慢が利き、直線は最内の窮屈なところを一瞬の脚で突き抜けた。ボーンシスト(骨の発育不良による骨病変)で、3歳春から2年近く休養を余儀なくされており、年齢よりも若々しさがある。年明けは1600万下に在籍していたが、わずか3カ月でGI参戦を果たす充実ぶり。大仕事をやってのける可能性はある。 フィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡8歳)はデビュー25戦目で、この距離に初チャレンジ。重賞は未勝利だが、これまでGIで2着2回、3着1回と好勝負を演じた実績があり、軽くは扱えない存在だ。昨年の安田記念3着のときにコンビを組んだ内田博幸騎手の手綱で、これまでの鬱憤を一気に晴らすことができるか注目したい。 夕刊フジ賞オーシャンSでメラグラーナから半馬身差の2着に好走したナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎、牝4歳)、同レース3着のクリスマス(美浦・伊藤大士厩舎、牝6歳)も上位争いが可能だ。 シルクロードSでクビ差2着のセイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡4歳)、京都牝馬S2着で、芝1200メートル戦は2戦2勝のワンスインナムーン(美浦・斎藤誠厩舎、牝4歳)、昨夏の北九州記念の勝ち馬で、末脚の破壊力が自慢のバクシンテイオー(美浦・堀宣行厩舎、牡8歳)もマークは必要。末脚鋭いヒルノデイバロー(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)、2014年の2着馬で、同年のスプリンターズSを勝っているスノードラゴン(美浦・高木登厩舎、牡9歳)も勝ち負けに加わって不思議はない。まさに多士済々。見応えあふれる6ハロンの攻防が繰り広げられそうだ。★高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月21日(火) 17:15

 4,280

【高松宮記念】厩舎の話
 ◆クリスマス・伊藤大師 「中山の急坂よりジワジワ上がれる中京の方がいい」 ◆スノードラゴン・高木師 「自分の競馬に徹してどこまで」 ◆セイウンコウセイ・上原師 「スタートがよく、折り合いもつく」 ◆ソルヴェイグ・鮫島師 「スタートをポンと出て、流れに乗れれば」 ◆ティーハーフ・西浦師 「間があいたので、しっかりと負荷をかけた」 ◆トウショウピスト・角田師 「スムーズに先行できたら」 ◆トーキングドラム・斎藤誠師 「使うたびに本格化しているので楽しみ」 ◆ナックビーナス・杉浦師 「牝馬にしてはタフで、使った後もガタッと来ない。状態はいい意味での平行線」 ◆バクシンテイオー・森助手 「1度使った上積みは感じる。体も絞れてきた。北九州記念を勝ったときの状態に近い」 ◆ヒルノデイバロー・四位騎手 「ここにきて力をつけている。流れが速くなれば…」 ◆ラインスピリット・森一騎手 「悪い馬場は得意ではないが、頑張っていた。具合はいい」 ◆レッドアリオン・橋口師 「馬の後ろで我慢できていた。出していかず控えたいですね」 ◆レッドファルクス・尾関師 「体は成長しているし、中京も結果が出ている」 ◆ワンスインナムーン・石橋騎手 「反応を確かめる程度でも、動きはよかった」★高松宮記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載
3月24日(金) 05:04

 4,161

【小倉記念】シャドウ、堀厩舎&浜中で大駆け要素満載!
 サマー2000シリーズの第3戦となる小倉記念は、関東馬のシャドウパーティーに注目だ。美浦所属ながら積極的に小倉に遠征する堀厩舎は、過去5年の小倉芝2000メートルで勝率トップ。浜中騎手も同じくトップ成績を残している。舞台実績を残す両者のタッグで臨む8歳セン馬から目が離せない。 関東の名門が今夏も小倉で存在感を発揮しそうだ。過去5年の小倉芝2000メートルで、堀厩舎は勝率33・3%をマーク。関西勢を押しのけてトップの数字をマークし、当地での活躍は目を見張る。毎年、意欲的に小倉に滞在させており、昨夏は北九州記念をバクシンテイオーで制した。 「夏も冬もですが、小倉に合う馬を持ってきています。目標を小倉に定めて調整してきますからね」 森助手が自信の表情を浮かべながら解説する。小倉記念にはシャドウパーティーがスタンバイ。「もともと小倉に連れてきたかった馬なんです。小回りの舞台で一瞬の脚を使う競馬が合う馬。コースが合う可能性はあると思いますよ」と、初めての舞台にも期待感たっぷりだ。7月22日に現地入りした後も、すこぶる順調に調整を消化。2日の追い切り後には、美浦に入厩しているときと同じように、ゲート入りの確認も行った。 「(最終追い切りは)馬なりでしたけど、しっかりと反応していました。硬さがある馬ですが、追うごとに息の感じは良くなっていますね」 成績にむらがあるのは確かだが、2走前の中山金杯は勝ち馬から0秒5差の4着。今回、人気を集めるストロングタイタン(9着)に先着している。当時と同じ54キロのハンデなら勝機も十分に見込めるはずだ。 「展開、枠に左右される面はありますけど、ハンデ戦ですし、力を出せば上位争いは可能かな、と思います」 森助手が前向きな姿勢で締めくくった。今回は人気を落としているが、モーリス、ドゥラメンテなどを育てた一流厩舎が適性を見込んで送り出す存在。今回は初のブリンカー着用という刺激も加えられる。さらに、鞍上には小倉芝2000メートルで勝率トップの浜中騎手。大駆けの要素は満載だ。 (宇恵英志)★小倉記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
8月4日(金) 05:07

 3,096

北九州記念のニュースをもっと見る >

北九州記念の直前追い切り情報をもっと見る >

北九州記念の口コミ情報をもっと見る >

●テレビ西日本賞北九州記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

出馬表:「U指数」無料公開(会員限定) 〜テレビ西日本賞北九州記念2017〜

第52回 テレビ西日本賞北九州記念 G3

2017年8月20日()小倉11R 芝1200m 18頭

天候:
馬場:

会員登録(無料)でご覧頂けます。

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
My
予想印
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 前走 予想
オッズ
1 1 ** ラヴァーズポイント 牝7 52.0 川須栄彦 高橋康之 17.07.02
CBC賞 G3 7着
62.1
1 2 ** アクティブミノル 牡5 56.0 酒井学 北出成人 17.07.30
アイビスSD G3 4着
8.3
2 3 ** トウカイセンス 牝6 52.0 荻野極 野中賢二 17.07.16
バーデンBC 4着
19.1
2 4 ** オウノミチ 牡6 54.0 松山弘平 佐々木晶 17.07.16
バーデンBC 7着
124.2
3 5 ** エイシンブルズアイ 牡6 56.0 鮫島克駿 野中賢二 17.06.18
函館SS G3 6着
6.6
3 6 ** ナガラオリオン 牡8 56.0 高倉稜 大根田裕 17.07.16
バーデンBC 5着
82.8
4 7 ** アルティマブラッド 牝5 53.0 松若風馬 音無秀孝 17.07.02
CBC賞 G3 13着
35.5
4 8 ** ファインニードル 牡4 55.0 M.デムー 高橋義忠 17.06.17
水無月S 1着
4.0
5 9 ** ダイアナヘイロー 牝4 53.0 武豊 福島信晴 17.07.30
佐世保S 1着
4.6
5 10 ** ダイシンサンダー 牡6 55.0 加藤祥太 須貝尚介 17.05.28
安土城S 6着
82.8
6 11 ** ポメグラネイト 牡6 53.0 岩崎翼 牧田和弥 17.05.27
欅ステークス 16着
----
6 12 ** ナリタスターワン 牡5 55.0 幸英明 高橋亮 17.07.30
アイビスSD G3 9着
62.1
7 13 ** キングハート 牡4 56.0 中谷雄太 星野忍 17.06.18
函館SS G3 2着
4.3
7 14 ** ツィンクルソード 牡6 54.0 小牧太 松永昌博 17.07.08
豊明S 1着
82.8
7 15 ** ミッキーラブソング 牡6 56.0 和田竜二 橋口慎介 17.02.26
阪急杯 G3 6着
41.4
8 16 ** バクシンテイオー 牡8 56.0 D.ホワイ 堀宣行 17.03.26
高松宮記念 G1 12着
24.9
8 17 ** プレイズエターナル 牡7 55.0 北村友一 安田隆行 17.07.30
アイビスSD G3 8着
35.5
8 18 ** ラインスピリット 牡6 56.0 森一馬 松永昌博 17.07.30
アイビスSD G3 6着
24.9

会員登録(無料)でご覧頂けます。

※「みんなの人気」とは、ユーザー予想を数値化して表したものです(実際のオッズとは異なります)。
 会員登録(無料)で全レースの「みんなの人気」が閲覧いただけます。

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜テレビ西日本賞北九州記念2017〜

北九州記念のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜テレビ西日本賞北九州記念2017〜

2016年 TV西日本北九州記念 2016年8月21日() 小倉11R 芝1200m 良 13頭

テレビ西日本賞北九州記念2016

1着 9 バクシンテイオー 21.7倍(8人気) 藤岡康太 1:08.5 103.1
2着 5 ベルカント 1.5倍(1人気) M.デムーロ 101.1
3着 8 オウノミチ 9.0倍(3人気) 川田将雅 99.0
単勝 9 2,170円(8人気) 3連複 5−8−9 3,490円(14人気)
馬連 5−9 1,490円(7人気) 3連単 9→5→8 34,850円(120人気)

2015年 TV西日本北九州記念 2015年8月23日() 小倉11R 芝1200m 良 18頭

テレビ西日本賞北九州記念2015

1着 3 ベルカント 5.0倍(2人気) 武豊 1:07.3 108.0
2着 5 ビッグアーサー 2.5倍(1人気) 藤岡康太 1 1/2 105.9
3着 13 ベルルミエール 9.3倍(4人気) 川島信二 1/2 104.9
単勝 3 500円(2人気) 3連複 3−5−13 3,110円(2人気)
馬連 3−5 920円(1人気) 3連単 3→5→13 13,770円(14人気)

2014年 TV西日本北九州記念 2014年8月24日() 小倉11R 芝1200m 良 18頭

テレビ西日本賞北九州記念2014

1着 1 リトルゲルダ 18.9倍(8人気) 丸田恭介 1:07.5 104.3
2着 8 メイショウイザヨイ 35.3倍(13人気) 太宰啓介 ハナ 104.3
3着 7 カイシュウコロンボ 205.7倍(17人気) 川島信二 1/2 103.3
単勝 1 1,890円(8人気) 3連複 1−7−8 737,120円(656人気)
馬連 1−8 29,580円(81人気) 3連単 1→8→7 3,953,810円(3,702人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/08/18
TV西日本北九州記念
小倉 15 ツルマルレオン 10.2倍 6 小牧太 1:06.7 105.3
2012/08/19
TV西日本北九州記念
小倉 18 スギノエンデバー 14.4倍 8 北村友一 1:06.9 106.5
2011/08/14
TV西日本北九州記念
小倉 16 トウカイミステリー 17.0倍 8 北村友一 1:07.2 105.6
2010/08/15
TV西日本北九州記念
小倉 18 メリッサ 13.4倍 5 福永祐一 1:07.1 107.1
2009/08/16
TV西日本北九州記念
小倉 17 サンダルフォン 15.8倍 8 酒井学 1:07.5 105.7
2008/08/17
TV西日本北九州記念
小倉 18 稍重 スリープレスナイト 2.5倍 1 上村洋行 1:07.5 109.8
2007/08/12
TV西日本北九州記念
小倉 16 キョウワロアリング 73.0倍 11 角田晃一 1:07.7 105.9
会員登録はこちら

●テレビ西日本賞北九州記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜テレビ西日本賞北九州記念2017〜

北九州記念は小倉競馬場の芝2000m、4歳(現3歳)以上によるハンデキャップの重賞競走「北九州記念」として1966年に施行されたのが始まり。

北九州記念は1995年に混合競走に指定され、外国産馬の出走が可能となり、1998年からは特別指定交流競走として地方馬の参戦も可能となった。2006年には夏の短距離競走の整備の一環として開催時期を小倉記念と入れ替え、距離も芝1200mに変更され、サマースプリントシリーズの指定レースとなった。2009年より国際競走に指定され、外国調教馬の出走が可能になったため、国際格付けとなった。

現在は秋のセントウルステークススプリンターズステークスを占う競走の1つとなり、北九州記念をステップにアストンマーチャンスリープレスナイトが同年のスプリンターズステークスを制している。


現行条件に変更後の優勝馬にはコスモフォーチュンキョウワロアリングスリープレスナイトサンダルフォンメリッサトウカイミステリースギノエンデバーなどが名を連ねる。

北九州記念の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年8月20日(
札幌記念 G2
テレビ西日本賞北九州記念 G3

競馬番組表

2017年8月19日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2017年8月20日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る