トヨタ賞中京記念2017

2017年7月23日(

トヨタ賞中京記念 G3

中京競馬場/芝/1600m

ツイてる奴の予想に乗れ! 〜トヨタ賞中京記念2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
7月23日の勝ち組
7/23 11:39更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 トヨタ賞中京記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 冗談 冗談 Lv 30 9% 1706% 1,767,000円 なし
2位 音速の奇行師2 音速の奇行師2 Lv 83 14% 1518% 947,800円 なし
3位 正義の魂 正義の魂 Lv 103 9% 472% 410,000円
4位 たまには当たるよ たまには当たるよ Lv 8 20% 884% 392,000円 なし
5位 杏湖 杏湖 Lv 67 9% 437% 371,000円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
7月23日の勝ち組
7/23 11:39更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 トヨタ賞中京記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 正義の魂 正義の魂 Lv 103 9% 472% 410,000円
2位 ガレ野郎 ガレ野郎 Lv 93 9% 433% 367,000円
3位 maru maru Lv 101 9% 330% 253,500円
4位 ★HIR☆SHI★ ★HIR☆SHI★ Lv 62 36% 329% 228,020円
5位 ジャック&ベティ ジャック&ベティ Lv 24 18% 315% 227,500円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

最新出走予定馬情報 〜トヨタ賞中京記念2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 口コミ情報
【中京記念】グランシルク、中団差しで初重賞Vだ
 機は熟した。灼熱マイル戦の申し子ユーイチに導かれ、グランシルクが“中団差し”で待望の初タイトル獲得だ。 今年、OPで(2)(3)(3)(2)着。いずれも着差は0秒2以内と、まさに芝7〜8Fの善戦マンといった風情だが、走りは一歩ずつVに近づいている。 そう予感させるのが前走・パラダイスSのレース運びだ。 以前は後方で折り合いに専念する、いわばリスクの高い取り口しかなかったが、前走は道中、中団の6番手で進行。絶好調ウインガニオンの絶妙なペースの前に半馬身差逃げ切りを許したが、内容的には5歳の夏を前にして、脚質に幅が出たと思わせるものだった。 「ウチの厩舎自体が今、3着病(笑)。もう神頼み、ユーイチ頼みだよ」 惜敗続きの現状に戸田調教師は半ば自虐モードだが、愛馬のそういった変化に密かな手応えも感じている。「若駒のときは馬群に入ると力んでハミを噛んでしまい、最後に甘くなった。今はその点は大丈夫。折り合いの不安は解消されているから、先行グループの後ろで、前を射程圏に入れながらの競馬もできると思うんです」と言い切る。 中団からズバリ勝ちに行くのなら、重要な手綱を託される福永騎手は、誰よりもその役目にふさわしいだろう。 昨年もOPで善戦止まりだった7番人気ガリバルディを見事に優勝に導いたように、酷暑の7〜8月の芝マイル重賞成績は、デビュー以来【5・2・2・6】! 連対率46・7%、単勝回収率199%という強烈な数字を残している。トレーナーが泣いて喜びそうな強力データも後ろ盾に、’17サマーマイル好発進だ。 “究極の3連単”はグランを1着に固定。前走が圧巻だった◯ブラックムーンを2、3着に据えた12点で勝負だ!(夕刊フジ)★中京記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載
7月22日() 11:47

 1,055

【中京記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ
 “浪速のエリカ様”による「浦和酷い負け方。親善試合は遊びなのかな」というツイートにひと言。シーズンの最中で直前に監督解任寸前までいった混迷のレッズと、シーズン前でまだ陣容さえ固まっていないドルトムント…。遊びだったのは黄色いほうで、実際は「それにやられちゃう赤いほうってどうなの?」って言いたかったのでは? 1番手はダノンリバティ。坂路で併せたレッドラウダの動きと見比べれば一目瞭然で、テンから脚取りの覚つかないレッドに対し、ダノンは下にレールが敷かれているかのごとく真一文字に伸びた。仕掛けられてから瞬時に3馬身先着と、絶好のデキに映る。 2番手はグランシルク。身体能力の高さには定評があり、これまでも馬なりのままよく見せてきた。Wコースでの四肢の伸び方は普段以上で、念願の重賞Vがかなうしなやかさだ。 3番手はグァンチャーレ。テンションが高く、例によって前半はソロッと回ったが、軽く仕掛けられただけでラスト1Fは12秒1とキレッキレ。いつもの危うさは出さずに、この静けさはかなり不気味だ。(夕刊フジ)★中京記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載
7月22日() 11:46

 1,671

【中京記念】夏のひとり旅!ウインガニオン楽しみだ
 サマーマイルシリーズの初戦、中京記念が23日に行われる。先行馬が好結果を出した先週の中京競馬の傾向からも、ウインガニオンに注目。津村騎手が逃げ宣言しており、メンバーからも単騎逃げが可能だ。この時期に活躍する夏馬で中京コースも2戦2勝。波乱の目になるかもしれない。 梅雨明けの中京で夏男が逃走劇を繰り広げる。全7勝中、6〜8月に6勝(7戦)を挙げているウインガニオンが、好調・津村騎手の手綱で逃げ切りを狙う。 「以前より落ち着きがあるのが、力を出せている要因では。ハンデはこんなもの。57キロは前走でも勝っているから気になりません」 コンビで5戦2勝の津村騎手が成長した相棒を頼もしそうに話す。絶妙のペース配分で逃げ切った前走のパラダイスSに続いて、「もちろん逃げます」と力強い。 先週までの中京競馬場は芝コースの内側が荒れて外を回る馬が多く、外差しというよりも先行馬がそのまま押し切るレースが目立った。ジョッキーは「馬場状態はその日で変わるので、よく見極めたい」と言いながらも、「逃げ馬は馬場のいいところを選んで走れますからね」と、有利ととらえている。 ガニオンは芝の左回りで9戦6勝のサウスポーで、中でも中京は2戦2勝と得意の舞台。好走と凡走の差が激しいタイプだが、勝ち出すと連勝するのも特徴で、ここ2戦は谷川岳Sでダノンリバティ、パラダイスSでグランシルクと、今回の強力ライバルを破って絶好調期に突入している。 津村騎手も好調だ。先週までで27勝を挙げており、関東リーディング7位につけている。昨年の32勝は目前で、自己最多だった2007年の38勝を上回る勢いだ。 「今年はいいペースで勝てていますが、まだ重賞勝ちがないので」 中京に遠征するのも意欲の表れだろう。「子供ができて、勝ちたい気持ちが強くなった。かっこいいところをみせたいですから」と、1歳と3歳の男の子を持つパパは力が入る。フランス語で勝者を意味するガニオン。名古屋の夏を熱くさせる逃げが見られそうだ。 (柴田章利)★中京記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
7月21日(金) 05:09

 2,485

【中京記念】厩舎の話
 ◆アスカビレン・中尾師 「暑い夏場がいいタイプ。左回りもコース形態もいい」 ◆ウインガニオン・中家助手 「具合は変わらずいいですよ。夏は実績があって体調がいいですね」 ◆グァンチャーレ・村田助手 「叩き良化型で、1度使って前走より状態は上向いている」 ◆グランシルク・戸田師 「問題なくいい動きでした。あとは鞍上頼みです」 ◆ケントオー・高橋厩務員 「いい感じできています。使い詰めの去年は硬さがあったけど、今年はいい状態」 ◆サンライズメジャー・浜田師 「見た目に衰えは感じないんですけどね」 ◆スーサンジョイ・岩元師 「芝は問題ないけど、速い時計になったときはどうかな」 ◆ダノンリバティ・音無師 「調子は悪くないだろうね。ムラがあるタイプなので力を出し切ってくれれば」 ◆トウショウピスト・角田師 「けいこは動くけど、競馬ではズブさが出てきている」 ◆ピンポン・佐々木助手 「気持ちが入って前走より状態はいい。ハンデ53キロと軽いのも魅力」 ◆ピークトラム・武豊騎手 「動きはよかった。自分から走るタイプだからね。状態はよさそう」 ◆ブラックムーン・橋本助手 「今週は疲れが残らないように。毛づやがよくて体に張りもある」 ◆マイネルアウラート・高橋裕師 「仕上がっている。前々で競馬ができるのはいい」 ◆ムーンクレスト・橋本助手 「折り合いがすごく楽につくようになったけど、もう少しピリッとしてほしい感じはある」 ◆レッドレイヴン・津曲助手 「前走(エプソムC16着)は勝負どころまでいい形。1度使って気配は上向き」 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「直前にやり過ぎるとレースでフワッとしてしまうタイプ。体調はいい」★中京記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
7月21日(金) 05:08

 3,721

【トヨタ賞中京記念】特別登録馬
2017年7月23日(日)に中京競馬場で行われるトヨタ賞中京記念(GIII)の登録馬は以下の通り。アスカビレン 牝5ウインガニオン 牡5クリノラホール 牝4グァンチャーレ 牡5グランシルク 牡5ケントオー 牡5サンマルホーム 牡7サンライズメジャー 牡8スーサンジョイ 牡5ダノンリバティ 牡5トウショウピスト 牡5ピークトラム 牡6ピンポン 牡7ブラックムーン 牡5マイネルアウラート 牡6ムーンクレスト 牡5レッドレイヴン 牡7ワンアンドオンリー 牡6◆トヨタ賞中京記念(GIII)の重賞攻略はこちら。
7月16日() 17:30

 4,792

【中京記念】レース展望
 夏の中京開催も最終週。日曜メインにサマーマイルシリーズ初戦のハンデGIII中京記念(芝1600メートル)が行われる。今年で65回目。中京競馬場で施行される重賞の中では最も古い1953年創設のレースだ。 ブラックムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡5歳)は、前走の米子S(阪神、芝1600メートル)をコースレコードの1分31秒9で制した。以前から瞬発力には定評があったが、近走の走りを見るとより一層威力が増してきたようだ。ハンデの57キロはやや見込まれた印象だが、オープン2勝の強い内容を思えば、納得の数字か。中京は3歳時に1戦(フローラルウォーク賞3着)したのみだが、同じ左回りの東京と新潟でそれぞれ1勝しており、問題はないだろう。重賞初制覇のチャンスだ。 ウインガニオン(栗東・西園正都厩舎、牡5歳)は先手を取ればしぶといタイプで、谷川岳S、パラダイスSとオープン特別を逃げて連勝中。中京コース(芝)も条件戦ながら2戦2勝と相性は抜群だ。全7勝を4月〜8月に挙げており、夏場は得意。こちらも重賞未勝利でハンデ57キロだが、これといった同型馬がいないだけに、3連勝の可能性も十分にある。 グランシルク(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)はオープン昇級後は7、2、3、3、2着と大崩れしていない。しまい一手の極端な脚質で展開に左右されるが、良馬場での切れ味勝負は望むところ。56キロのハンデも想定内だろう。先週、JRA通算2000勝を達成した福永祐一騎手とのコンビで重賞初Vを狙う。 ダノンリバティ(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)は芝、ダートを問わずに走り、重賞で毎日杯、レパードS、シリウスS、関屋記念と2着が4度ある。もうワンパンチ欲しいが、ハンデ56キロなら上位争いを演じても不思議はない。 トップハンデは58キロのワンアンドオンリー(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)。2014年の日本ダービー馬で、続く神戸新聞杯を最後に勝利から見放され、最近は中長距離路線で掲示板にも載れないレースが目立つが、初勝利を挙げた芝1600メートルが刺激になって変わる可能性があるかもしれない。騎手の進言もあって距離を短縮してきただけに、最もいいときを知る横山典弘騎手のレースぶりにも注目したい。 同厩のピークトラム(牡6歳)は昨年の2着馬。ムラ駆け傾向が強く、アテにしづらいが、前走の谷川岳Sで背負っていた58キロから2キロ減の56キロで、鞍上が武豊騎手なら注目できる。 マイル戦なら左右の回りを問わず、大崩れが少ないグァンチャーレ(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)=55キロ、ダービー卿CT4着以来4カ月ぶりでも動きの良さが目立つマイネルアウラート(美浦・高橋裕厩舎、牡6歳)=57キロ、昨年3着のケントオー(栗東・西橋豊治厩舎、牡5歳)=56キロ、オープン特別3勝のサンライズメジャー(栗東・浜田多実雄厩舎、牡8歳)=57キロ、2走前にオープンの六甲Sを勝っているアスカビレン(栗東・中尾秀正厩舎、牝5歳)=54キロ=などもマークしたい。★中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
7月17日(月) 18:15

 4,103

【中京記念】厩舎の話
 ◆アスカビレン・中尾師 「暑い夏場がいいタイプ。左回りもコース形態もいい」 ◆ウインガニオン・中家助手 「具合は変わらずいいですよ。夏は実績があって体調がいいですね」 ◆グァンチャーレ・村田助手 「叩き良化型で、1度使って前走より状態は上向いている」 ◆グランシルク・戸田師 「問題なくいい動きでした。あとは鞍上頼みです」 ◆ケントオー・高橋厩務員 「いい感じできています。使い詰めの去年は硬さがあったけど、今年はいい状態」 ◆サンライズメジャー・浜田師 「見た目に衰えは感じないんですけどね」 ◆スーサンジョイ・岩元師 「芝は問題ないけど、速い時計になったときはどうかな」 ◆ダノンリバティ・音無師 「調子は悪くないだろうね。ムラがあるタイプなので力を出し切ってくれれば」 ◆トウショウピスト・角田師 「けいこは動くけど、競馬ではズブさが出てきている」 ◆ピンポン・佐々木助手 「気持ちが入って前走より状態はいい。ハンデ53キロと軽いのも魅力」 ◆ピークトラム・武豊騎手 「動きはよかった。自分から走るタイプだからね。状態はよさそう」 ◆ブラックムーン・橋本助手 「今週は疲れが残らないように。毛づやがよくて体に張りもある」 ◆マイネルアウラート・高橋裕師 「仕上がっている。前々で競馬ができるのはいい」 ◆ムーンクレスト・橋本助手 「折り合いがすごく楽につくようになったけど、もう少しピリッとしてほしい感じはある」 ◆レッドレイヴン・津曲助手 「前走(エプソムC16着)は勝負どころまでいい形。1度使って気配は上向き」 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「直前にやり過ぎるとレースでフワッとしてしまうタイプ。体調はいい」★中京記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
7月21日(金) 05:08

 3,721

【京都記念】レース展望
 京都の日曜メインは110回目を迎える京都記念(12日、GII、芝2200メートル)。春の中長距離GIを見据える古馬の一線級が集う伝統の重賞で、登録11頭と少頭数ながら今年も豪華なメンバーが顔をそろえた。 過去、前走で海外GIに出走した馬は【3・0・0・0】という好成績で、今年は3頭が出走。なかでも注目は昨年のダービー馬マカヒキ(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)だ。昨秋は日本競馬の悲願である凱旋門賞制覇に向けて渡仏。前哨戦のニエル賞を快勝したが、本番では直線で早々と手応えがなくなり、16頭中の14着に敗れた。(14)番枠から終始、外々を回らされたことなど、「敗因はたくさんあると思います」と友道康夫調教師は振り返るが、ハイレベルのメンバーを相手に厳しい競馬をしたことはいい経験にもなったはずだ。 その後はじっくりと間隔をあけて、心身ともに成長。1週前追い切りでは栗東CWコースの3頭併せで僚馬を各3、6馬身置き去りにした。ラストは11秒5(7ハロン96秒4)と、自慢の末脚は鋭さを増し、海外遠征明けでも力を出せる仕上がりとみていい。ライアン・ムーア騎手との初コンビにも注目が集まる今回の始動戦。ダービーで叩き合いを演じてハナ差2着に退けたサトノダイヤモンドが、のちに菊花賞、有馬記念を制したことからも、ハイレベル世代の頂点に立った存在として力を誇示したいところ。世界最高峰のレースでのリベンジに向けても、負けられない一戦となる。 サトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)。昨年のこのレースを3馬身差で快勝後、GI・3戦では好結果を残すことができなかったが、12月の香港ヴァーズでは逃げて連覇が寸前だったハイランドリールをゴール直前で捕らえて待望のビッグタイトルをつかんだ。京都外回りの適性は証明済み。昨年は重馬場も味方につけた印象だが、今回も週末にかけて天気が崩れる可能性が高く、連覇の可能性は十分にある。 スマートレイアー(栗東・大久保龍志厩舎、牝7歳)は香港ヴァーズで5着。強豪ぞろいのうえ、守備範囲とはいえない2400メートル戦だっただけに善戦といってよく、200メートルの距離短縮は好材料。上位争いが期待できる。 今年初戦の日経新春杯で重賞初制覇を飾ったミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)も侮れない。昨秋の神戸新聞杯でサトノダイヤモンドにクビ差2着の実績があり、ハイレベルな4歳世代の中でも上位の力を持つ。今回は200メートル短くなるが、同じ京都外回りが舞台だけに問題はない。音無厩舎も5日にきさらぎ賞、東京新聞杯と東西重賞Vを飾って勢いに乗っている。今がまさに充実期といえ、GII連勝を飾って春GIに弾みをつけるか。 展開の鍵を握るのがヤマカツライデン(栗東・池添兼雄厩舎、牡5歳)。キタサンブラックに終始、マークされた京都大賞典(8着)、ハイペースのうえ勝ち馬に早めに来られてしまった日経新春杯(6着)と、ここ2戦は厳しいレースを強いられたが、それぞれ0秒8、0秒7差で大きくは負けていない。2200メートルは2戦1勝、2着1回と実績のある距離。末脚を生かしたい馬に注目が集まりそうな今回はマークも薄くなりそうで、自分のリズムで運べれば上位に入っても不思議はない。 ガリバルディ(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は着実に地力を蓄え、昨年の中京記念で重賞初制覇。秋のマイルチャンピオンシップでも0秒4差(7着)と力のあるところを見せた。前走の京都金杯(13着)は57キロのハンデや、外々を回らされたことも影響した形で、力を出し切ったわけではない。2200メートルは2014年の京都新聞杯で3着に好走。今回はそれ以来の2000メートル以上のレースで、距離延長への対応がポイントとなるが、先週土日の京都で6勝をマークした福永祐一騎手とのコンビは魅力だ。 アングライフェン(栗東・安田隆行厩舎、牡5歳)は、京都コースでは全て内回りの2000メートルながら【1・1・1・0】と相性がいい。昨年の1600万下・アメジストSを重馬場で快勝しているように、道悪得意のステイゴールド産駒でもあり、悪天候で馬場が渋れば好走の可能性が高まる。 そのほか、末脚勝負なら上位の力があるショウナンバッハ(美浦・上原博之厩舎、牡6歳)、先週のきさらぎ賞を制した松若風馬騎手が騎乗するアクションスター(栗東・音無秀孝厩舎、牡7歳)あたりもマークしたい存在だ。★京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2月6日(月) 17:58

 3,681

中京記念のニュースをもっと見る >

 谷川岳S2着のダノンリバティが、坂路でスピード感のある動きを見せた。最後まで真っすぐに駆け上がり、4ハロン50秒5−12秒8の好時計。ラストで右によれた僚馬レッドラウダ(1000万下)に4馬身先着した。

 「休み明けだからやった。調子は悪くないだろうね」と音無調教師。続けて「特別に夏がいいとか、左回りがいいというわけではないが、昨夏の関屋記念でも2着に来たから。春は楽をしていたし、(条件的に)ちょうどいいんじゃないかな」と期待を込めた。

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【中京記念】ウインガニオン好調52秒97月20日(木) 05:09

 ウインガニオンは坂路で単走。キビキビとしたフットワークで、馬場の真ん中を駆け上がっていく。ラスト1ハロンも12秒4でまとめ、好調をアピールした(4ハロン52秒9)。「具合は変わらずいいですよ。夏は実績があるし、体調がいいですね」と中家助手はデキの良さを伝えた。

 左回りのオープン特別を2連勝中。先手を奪えば簡単には止まらない。「精神的に成長して、力を出せるようになってきた。今回も自分の競馬でどこまでやれるかですね」と話した。

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中京記念】マイネルアウラート単走で12秒77月20日(木) 05:09

 東京新聞杯、ダービー卿CTでともに4着のマイネルアウラートは、Wコースで単走。序盤をゆっくり入ってラストで一杯に追われると、5ハロン70秒2、3ハロン39秒7−12秒7でフィニッシュした。3カ月半ぶりでも体は引き締まっている。高橋裕調教師は「使い込んだし、前走後はひと息入れたけど、先週しっかりやっているから、今週は単走でいい。仕上がっているし、前々で競馬ができる馬だからね」と、今の前残りの中京の馬場で重賞初Vに意欲を見せていた。

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中京記念】ブラックムーン伸びて12秒07月20日(木) 05:09

 米子Sをコースレコードで制したブラックムーンは、CWコースで単走。馬なりで5ハロン71秒8、3ハロン39秒0−12秒0と控えめな調教だったが、伸びのあるフォームで駆け抜けた。1週前には同コースで6ハロン78秒5の一番時計をマークしており、仕上がりは問題ない。

 騎乗した国分優騎手(実戦はM・デムーロ騎手)は「先週、しっかりやっているので半マイル(4ハロン53秒9)から。しまいも動けていたし、前走の1週前に乗った時よりもよくなっている感じ」と状態に太鼓判を押した。

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中京記念】ピークトラム、持ったまま3馬身先着7月19日(水) 14:17

 昨年の2着馬は、久々にタッグを組む武豊騎手を背に栗東CWコースで併せ馬。エフハリストに内から並びかけ、持ったまま3馬身先着した。

 ◆武豊騎手「ちょっと掛かり気味だったけど、動きは良かった。惜しかった去年の競馬を見ても条件的に合いそう」(夕刊フジ)

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中京記念】アスカビレン、好時計ラスト12秒47月19日(水) 14:17

 初コンビとなる松山騎手を背に栗東坂路で単走。テンから快ラップを刻み、ラスト1Fもしっかり追われて12秒4。4F51秒1は掛け値なしの好時計で、活気あふれる身のこなしは好印象だ。

 ◆中尾調教師「ここ目標に乗り込んできたので仕上がりはいい。力はあるし、荒れ馬場も大丈夫」(夕刊フジ)

中京記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 27ビュー

2017年 函館2歳S、中京記念
______________

●函館2歳S

中央競馬では世代最初の重賞となる函館2歳S。意外と知られていませんが、実はこの時期の2歳戦はキャリアが豊富な馬が優勢です。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまでは成長曲線を描く傾向があり、レースを経験する度にパフォーマンスを上昇させていくものだから。私は、指数をベースとした予想屋で何年(何十年?)も見て来ていますが、総体的にデビュー戦よりもデビュー2戦目、デビュー2戦目よりも3戦目と指数が高くなるのです。

例えばディープインパクトのクローンAとクローンBがいて、クローンAがデビュー2戦目、クローンBがデビュー3戦目だったとすると、将来的に互角の活躍をするこの2頭でも、この一戦においてクローンBが先着することになります。実際は、同じ能力を持つ馬がこの世に存在しないことが競馬をややこしくしているのですが、確率論で言えばより完成形に近づけるキャリアが豊富な馬が優勢。

だからこそ、このレースの前哨戦としてオープンのラベンダー賞が用意されていた頃は、前走ラベンダー賞組が大活躍していたのです。それでも函館2歳Sで1戦1勝馬が勝つことが少なくなかったのは、最初の時点での性能が違うからです。さて、今年はキャリアが豊富な馬か? それとも性能が違う1戦1勝馬か?

この答えを書いてしまうと、予想をここで公開するも同然になりますので、ポイントのみを綴ります。ポイントは、今年の新馬戦はどれもレベルが高くないことです。例年ならば、福島短距離組よりも函館短距離組のほうがレベルが高いのですが、今年は福島組のパッセの新馬戦の指数が一番高いという構図。さて、結論は、いかに?


●中京記念

中京新装オープンとともに、夏のマイル重賞として生まれ変わって今年で6年目の中京記念。2012年-2014年度は、時計の掛かる馬場で行われていましたが、一昨年より一気に馬場が高速化。普通に1分33秒台の決着タイムが出現するようになりました。

中京マイル戦は、1〜2コーナー間の引き込み線からのスタートして、向こう正面まで緩やかに坂を上るコース。さらに直線では下り坂があるために、後傾ラップが出現しがち。マイル戦はUターンコースということもあり、もともとレースが淀みなく流れがちですが、他場と比べると比較的逃げ、先行馬でも残れるコース。さらに言うならば、逃げ、先行馬がラスト1F地点の急坂で伸びあぐねたところで差せる、決め手ある馬がより優勢のレースです。

昨年のこのレースの覇者ガリバルディのように、今回でメンバー最速クラスの上がりで来られる馬が好ましいでしょう。そういう観点で見ていくと、前走のオープンでメンバー最速の上がり3Fをマークしている1番人気馬ブラックムーンや、2番人気馬グランシルクにぶち当たりますが、ヒモ馬ならばともかく、軸馬にはピンと来ません。

ブラックムーンは休養明けの前走・米子Sでレコード勝ちした後の一戦。その強さは認めても、今回でのダメージが怖いところです。また、グランシルクは前走のパラダイスのように、芝1400mならば速い上り3Fで上がってこられますが、芝1600mだとニュージーランドTやダービー卿のCTのようにワンパンチ足りないところがあります。

グランシルクは、芝1400mのほうが前残りの展開になりやすいのに、決め手のある脚が使える、芝1600mのほうが差し、追い込み馬向きの展開になりやすいのに、ラスト1Fで伸びを欠くとことがあり、それが連続2着、3着を生み出しているメカニズムです。本質はマイルでは距離が長いのでしょう。そこで今回は軽ハンデを加味すれば、グランシルクと同等か、それ以上の末脚が使える可能性が高い馬を本命にしてみました。人気薄ですが、これはけっこうイケるんじゃないでしょうか?

4papaさん 7月23日() 09:28
今日は中京記念と函館2歳ステークス!
閲覧 39ビュー

現時点で中京記念の軸は、ケントオー!!!

何だか最後の最後に3着に突っ込んでくるイメージがわきました。(去年と同じ感じ・・・!)

2列目に、マイネルアウラート・ブラックムーン・グランチャーレを置いて、勝負です!

函館2歳ステークスは、現時点では、ベイビーキッズ・カシアス・ダンツクレイオーで行こうかと思ってます。

天気が良くわからないので、変更の可能性ありですが、良のままなら、この3頭中心で行きます。

さてさて・・・どーなることやら・・・

ではでは・・・

[もっと見る]

zakuzaku-bさん 7月23日() 08:36
本 日のチラシ裏PM
閲覧 11ビュー

函館 7R Hペ
○ 1@ ○ 6
▲ 2! △ 4* ★ 5*
☆ 8B
8R Hペ
○ 1 ○ 3!
▼ 8* ● 9 ☆10
★ 2@
9R Hペ
○ 4 ● 1@ ▲10*
△ 5 ☆11
★12 ( 7)
10R Hペ
●10*
▲ 7* ○ 2@ ☆ 5
△ 4 △ 1
■ 函館2歳 Sペ
○11*! ● 4 ▲ 5*
☆10 △ 2@
★ 3 ▽12
12R Hペ
○ 4 ● 1 ▼12.
▲ 5@ ☆ 7.
★15* ( 8.)
中京 7R Hペ
○ 6 ▲ 9*
▲12@ △ 2 ☆ 5
★ 7* ●10 ( 14)
8R Hペ
○ 1 ○ 3 ▲ 5@
△15 △12*!
☆10* ★ 8
9R Mペ
○ 4 ○ 7 ●12
△ 3* ☆11*
△ 6@
■尾頭橋 Hペ
○ 4 ▲15 ▲13*
● 5 △ 7@ ☆ 2*
★10 ( 16)
■中京記念 Hペ [7]
○ 6@ ○11
●10 ☆16 ☆14*
△15* ★ 7 ( 3)
12R Hペ
● 1 ★ 5?
○14@ ○ 2* ▲10*
( 13) ☆17 △18
福島 7R Mペ
○ 7 ▲16@ ▲ 5
●11 △14* ☆ 9
★10*
8R Hペ
○10@ ▲ 5 ▼15*
● 1 ☆ 9*
★ 4 ( 14)
9R Hペ
● 7 ☆15@
○ 6 ○14! ▲12*
△ 2* △ 4 ★ 5
■ 横手 Hペ
▲ 4 ▼15 ● 9
○13* ○ 1@ ▽ 2
☆ 3 ★ 5
■ 福テレ Hペ
○ 3 ○ 1* ▲ 7!
△ 4@
☆ 6*
12R Mペ
○ 2 ○ 6*
▲ 3@ ●10 △13△16
☆ 4 ★15

[もっと見る]

亀丸少年さん 7月23日() 08:20
情報、データの載っている「地図」を拡げ、そこに自分
閲覧 20ビュー

函館(日) 11R 函館2歳ステークス G

1着:02,11
2着:02,03,▲05,10,11,16
3着:03,10,16


中京(日) 11R 中京記念 G

1着:06,15
2着:01,06,07,09,▲11,15
3着:01,07,09

[もっと見る]

しんすけ45さん 7月23日() 07:38
あれれっ?
閲覧 30ビュー

中京記念と函館2歳ステークス、
過去の10年のレース結果見てたら
両方とも10年間当たった事ない事が判明。

今年こそ当たるのかな?
それとも外れが継続するのか?
乞うご期待!

[もっと見る]

スペースマンさん 7月23日() 05:58
中京記念は、、
閲覧 22ビュー

ウインガニオンの逃げに期待?

内から、マイペースに逃げてくれれば、3連勝は、あるかもよ

典型的なサウスポーだ!

あとは、去年2着のピークトラムや2着3着に来ているグァンチャーレに流してみる!

ブラックムーンは、消し!





レッドに、ホワイト?紅白?

関係無いか?

[もっと見る]

会員登録はこちら

●トヨタ賞中京記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

出馬表:「U指数」無料公開(会員限定) 〜トヨタ賞中京記念2017〜

第65回 トヨタ賞中京記念 G3

2017年7月23日()中京11R 芝1600m 16頭

天候:
馬場:

会員登録(無料)でご覧頂けます。

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
My
予想印
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 前走 予想
オッズ
1 1 ** レッドレイヴン 牡7 57.0 D.ホワイ 藤沢和雄 17.06.11
エプソムC G3 16着
38.2
1 2 ** ケントオー 牡5 56.0 太宰啓介 西橋豊治 17.03.26
六甲S 3着
35.9
2 3 ** ウインガニオン 牡5 57.0 津村明秀 西園正都 17.06.25
パラダイスS 1着
9.6
2 4 ** ピンポン 牡7 53.0 荻野極 寺島良 17.06.18
米子S 5着
52.1
3 5 ** ピークトラム 牡6 56.0 武豊 橋口慎介 17.04.30
谷川岳S 8着
20.9
3 6 ** グランシルク 牡5 56.0 福永祐一 戸田博文 17.06.25
パラダイスS 2着
3.2
4 7 ** ワンアンドオンリー 牡6 58.0 横山典弘 橋口慎介 17.05.28
目黒記念 G2 10着
17.2
4 8 ** アスカビレン 牝5 54.0 松山弘平 中尾秀正 17.05.14
ヴィクトリア G1 13着
13.5
5 9 ** スーサンジョイ 牡5 57.0 和田竜二 岩元市三 17.06.17
天保山S 4着
63.7
5 10 ** ダノンリバティ 牡5 56.0 松若風馬 音無秀孝 17.04.30
谷川岳S 2着
10.0
6 11 ** マイネルアウラート 牡6 57.0 川田将雅 高橋裕 17.04.01
ダービーCT G3 4着
11.5
6 12 ** トウショウピスト 牡5 54.0 幸英明 角田晃一 17.05.28
安土城S 2着
71.7
7 13 ** ムーンクレスト 牡5 55.0 中谷雄太 本田優 17.06.18
米子S 9着
104.2
7 14 ** グァンチャーレ 牡5 55.0 古川吉洋 北出成人 17.06.18
米子S 3着
12.8
8 15 ** ブラックムーン 牡5 57.0 M.デムー 西浦勝一 17.06.18
米子S 1着
3.9
8 16 ** サンライズメジャー 牡8 57.0 秋山真一 浜田多実 17.06.04
安田記念 G1 12着
41.0

会員登録(無料)でご覧頂けます。

※「みんなの人気」とは、ユーザー予想を数値化して表したものです(実際のオッズとは異なります)。
 会員登録(無料)で全レースの「みんなの人気」が閲覧いただけます。

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜中京記念2017〜

過去10年の結果 〜トヨタ賞中京記念2017〜

2016年 トヨタ賞中京記念 2016年7月24日() 中京11R 芝1600m 良 16頭

トヨタ賞中京記念2016

1着 13 ガリバルディ 11.7倍(7人気) 福永祐一 1:33.6 99.7
2着 7 ピークトラム 8.9倍(6人気) 小牧太 3/4 99.0
3着 12 ケントオー 8.0倍(4人気) 和田竜二 1/2 98.2
単勝 13 1,170円(7人気) 3連複 7−12−13 14,750円(46人気)
馬連 7−13 5,110円(22人気) 3連単 13→7→12 87,790円(294人気)

2015年 トヨタ賞中京記念 2015年7月26日() 中京11R 芝1600m 良 16頭

トヨタ賞中京記念2015

1着 6 スマートオリオン 12.2倍(6人気) M.デムーロ 1:33.4 101.0
2着 1 アルマディヴァン 27.3倍(13人気) 藤岡佑介 クビ 101.0
3着 10 ダローネガ 5.5倍(3人気) 浜中俊 クビ 100.2
単勝 6 1,220円(6人気) 3連複 1−6−10 38,850円(156人気)
馬連 1−6 17,070円(70人気) 3連単 6→1→10 256,590円(1,060人気)

2014年 トヨタ賞中京記念 2014年7月27日() 中京11R 芝1600m 稍重 16頭

トヨタ賞中京記念2014

1着 15 サダムパテック 15.2倍(7人気) 田中勝春 1:37.1 103.5
2着 14 ミッキードリーム 31.2倍(11人気) 太宰啓介 ハナ 103.5
3着 8 マジェスティハーツ 7.7倍(5人気) 森一馬 クビ 103.5
単勝 15 1,520円(7人気) 3連複 8−14−15 60,030円(196人気)
馬連 14−15 20,090円(61人気) 3連単 15→14→8 428,240円(1,262人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数 動画
2013/07/21
トヨタ賞中京記念
中京 16 フラガラッハ 11.9倍 5 高倉稜 1:33.5 101.6
2012/07/22
トヨタ賞中京記念
中京 16 フラガラッハ 7.0倍 5 高倉稜 1:35.1 103.4
2011/03/20
中京記念
小倉 16 稍重 ナリタクリスタル 4.9倍 2 武豊 2:00.0 102.4
2010/03/13
トヨタ賞中京記念
中京 18 シャドウゲイト 8.3倍 4 田中勝春 2:02.0 101.9
2009/03/14
トヨタ賞中京記念
中京 18 サクラオリオン 56.8倍 15 秋山真一郎 2:00.4 105.1
2008/03/09
トヨタ賞中京記念
中京 18 タスカータソルテ 9.5倍 6 中舘英二 1:58.4 99.4
2007/03/04
トヨタ賞中京記念
中京 16 ローゼンクロイツ 10.4倍 4 藤岡佑介 1:56.9 106.7
会員登録はこちら

●トヨタ賞中京記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜トヨタ賞中京記念2017〜

中京記念は、1953年8月の中京競馬場の完成を記念して同月末に4歳(現3歳)以上の別定重賞競走、中京開設記念として創設。第1回は中京競馬場ダート1800mで施行された。翌年には名称を現在の中京記念に、さらに1955年には負担重量をハンデキャップに変更した。

1957年には出走資格を5歳(現4歳)以上に変更し、同時に中京記念は2月もしくは3月の冬開催となった。なお、1958年のみ中京競馬場の開設5周年を記念して、中京競馬場開設5周年記念の名称で施行されている。1970年以降は、振替開催などで他場で開催されるなどの年を数度挟みながらも、基本は中京芝2000mを舞台に行われた。

1984年からグレード制施行によりGIIIに格付け。2012年より中京競馬の開催日割が変更されたことにより、本競走は開催時期を7月の夏季競馬に移動、さらに出走資格を3歳以上に、施行距離を芝1600mに変更した。また同年から新設されたサマーマイルシリーズの第1戦に指定された。

かつては毎年初春(3月)の中京開催の名物競走として知られ、中堅レベルの競走馬が出走しており、グレード制導入後にはオサイチジョージレッツゴーターキンチョウカイキャロルエリモエクセルメイショウドトウツルマルボーイシャドウゲイトといったGI勝ち馬が名を連ねている。


中京記念の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年7月23日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2017年7月22日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2017年7月23日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る