会員登録はこちら
セントウルステークス G2   日程:2012年9月9日() 15:35 阪神/芝1200m

セントウルステークスのニュース&コラム

【セントウルS】3歳牝馬エピセ、強襲V
 第26回セントウルS(9日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金5500万円=出走16頭)武豊騎乗、6番人気のエピセアロームが中団追走から直線で鋭く伸びてV。昨年の小倉2歳S以来の重賞2勝目を挙げ、スプリンターズS(30日、中山、GI、芝1200メートル)へ弾みをつけた。タイム1分7秒3(良)。2着には1番人気のロードカナロアが入り、同厩で3番人気のカレンチャンは4着に敗れた。 スプリント界の頂点へと続く扉が、きれいに開かれた。3歳牝馬のエピセアロームが、GIホースや牡馬の実績馬たちを蹴散らして優勝。完璧にエスコートをした武豊騎手は、心地よさそうに額の汗をぬぐった。 「枠もよかったので、後方に置かれないように意識して乗りました。いい感じで伸びていましたが、前が強い馬(ロードカナロア)だったから、わからなかった」 スタートを無難に決めると、道中は折り合いをつけて中団をキープする。直線では前にいた内のカレンチャン、ロードカナロアの外に進路をとり、スパートを開始。ゴール前は大接戦となったが、粘るロードカナロアをアタマ差かわして、昨年夏の小倉2歳S以来の重賞2勝目をゲットした。 前走の北九州記念3着に続き、2度目のコンビとなったジョッキーは「うまくいきました。いい馬に乗せてもらって、2回目で結果が出せてうれしいです。次も楽しみですよ」と満面にスマイルを浮かべた。 石坂調教師も笑みが絶えない。「何せGI級の馬を差し切ったんだから。このメンバーで勝つなんて、満点です。課題? 課題なんかない」と声を弾ませた。 新たに名乗りをあげたスター候補。「体も大きくなっているし、体調がよければスプリンターズS(30日、中山、GI、芝1200メートル)へ向かいたい」。指揮官は厩舎の先輩で07年アストンマーチャン以来の3歳牝馬による秋のスプリントGI制覇に意欲を見せる。エピセアロームが秋の短距離戦線をアツくする。(小林政史)
2012年9月10日(月) 05:03

 536

【セントウルS】カナロア2着、カレン4着
 第26回セントウルS(9日、阪神11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金5500万円=出走16頭)安田隆行厩舎の2頭は1番人気のロードカナロアが2着、3番人気のGI2勝馬カレンチャンが4着に敗れた。 ロードは3番手追走から抜け出したが、ゴール前でエピセアロームにかわされた。初騎乗となった岩田康誠騎手は「結果的に抜け出すのが早かった。それでも勝たないといけない馬だっただけに申し訳ない」と肩を落とした。 ゴール前で失速したカレンチャンの池添謙一騎手は「約半年ぶりで56キロを背負っていたことを思えば、頑張っています。叩けばよくなる馬なので本番が楽しみ」と納得できる敗戦だったようだ。
2012年9月10日(月) 05:02

 473

【セントウルS】武豊エピセアローム強襲V
 第26回セントウルS(9日、阪神11R、GII、3歳上、芝1200メートル、1着賞金5500万円=出走16頭)武豊騎手騎乗の6番人気エピセアローム(牝3歳、栗東・石坂正厩舎)がゴール前強襲!2つ目の重賞タイトルを獲得した。勝ちタイム1分7秒3(良)。 アタマ差の2着には直線でいったんは抜け出した1番人気ロードカナロア、さらにクビ差の3着には直線大外を鋭く伸びた12番人気アンシェルブルーが入った。 前走から22キロ増の馬体重で臨んだ現スプリント女王・カレンチャンは2番手追走から抜群の手応えで直線を迎えるも、あとひと伸びを欠いて4着。2番人気マジンプロスパーは先手を主張したが、直線で失速して11着に敗れた。 名手の手綱に導かれ、3歳牝馬エピセアロームが国内屈指の韋駄天たちを撃破! 秋の電撃王争いに名乗りをあげた。 好スタートから道中は4、5番手のインを追走。内ラチ沿いの経済コースで脚をためると、直線では先に抜け出したロードカナロアを外から強襲。ゴール直前でアタマ差捕らえてフィニッシュした。 エスコート役の武豊騎手は「うまくいきました。ある程度枠もよかったので、後方に置かれないように気をつけました。(直線では)前(ロードカナロア)が強い馬だったので最後までわからなかったが、いい感じで伸びてくれましたね」と愛馬を賞賛。「2回目(の騎乗)で結果が出て嬉しいし、この馬の能力がはっきりしたと思う。素質が高い馬なので楽しみ」と今後に飛躍に太鼓判を押した。 エピセアロームは父ダイワメジャー、母ラタフィア、母の父Cozzeneという血統。通算成績9戦3勝。重賞は11年の小倉2歳S(GIII)に続く2勝目。武豊騎手は95年ビコーペガサス、96年フジノマッケンオー、98年マイネルラヴ、04年ゴールデンキャスト以来5度目、石坂正調教師は初の同レース制覇。
2012年9月9日() 15:46

 493

【セントウルS】カナロア勝ってGIへ弾み!
 《本紙の狙い》ロードカナロアが本命だ。函館スプリントSは仕掛けのタイミングの差で2着。力負けではなく、スプリント界の頂点を狙える馬であることに変わりない。この中間はここを目標に調整。夏バテとは無縁で、坂路で抜群の動きを見せており、状態は絶好。スプリンターズSへ好発進する。カレンチャンは牝馬で56キロは楽ではなく、対抗の評価にとどめた。本格化したマジンプロスパーは前述2頭にどこまで食い下がれるか。
2012年9月9日() 12:02

 309

セントウルステークスのニュースをもっと見る >

【セントウルS】カレン秋初陣へ「完璧」
 阪神の日曜メーン、セントウルSの追い切りが5日、東西トレセンで行われた。スプリントGI2勝のカレンチャンは、僚馬ロードカナロアと栗東坂路で併せ馬。ハデなアクションこそなかったが、安田隆調教師は「完璧」と絶賛。5カ月半ぶりでも万全の状態に仕上がった。 これがスプリント界に君臨する絶対女王の走りだ。昨年のスプリンターズS、今年の高松宮記念と短距離GI2勝のカレンチャンが坂路で万全のリハーサル。最高のムードで秋初戦を迎える。 「速い時計にはしたくなかったので、『53、54秒くらいで』との指示を出した。しまいの切れ味がよかったし、しっかりと手応えよく上がってきていた。きょうの動きとしては完璧」 安田隆調教師が満足そうにうなずいた。今回のセントウルSにいっしょに出走する有力候補の僚馬ロードカナロアと豪華な併せ馬。身のこなしの柔らかさ、力強いフットワークは健在だ。スタートから馬体を併せて進めて、最後まで追うところもなく、同時入線。4ハロン54秒2、ラスト1ハロン12秒1で決めた。 放牧から7月25日に栗東トレセンへ帰厩。1週前の8月29日には坂路で一番時計の4ハロン51秒1を出すなど、着々と態勢を整えてきた。高松宮記念優勝以来、5カ月半ぶりのレースになるが、仕上がりは全く問題ない。 それは安田翔調教助手の言葉からもわかる。「背丈が伸び、筋肉も去年くらいつけて、帰ってきました。春先は若干(筋肉のつきが)寂しい感じがしていましたから。春のGIのときよりよくなっています」。レースでは前走時よりプラス10キロくらいで出走しそうだが、心配はいらないだろう。 史上初となる芝1200メートルのGI3勝目の記録がかかるスプリンターズS(30日、中山)が大目標だが、前哨戦から威厳を見せつける。「昨年の最優秀短距離馬として恥ずかしくないレースはしてほしい」と安田隆師。秋の阪神開幕はカレンチャンが主演を務める。 (小林政史)
2012年9月6日(木) 05:04

 495

【セントウルS】サンカルロ好仕上がり12秒0
 有力候補の1頭サンカルロは美浦坂路で併せ馬。僚馬トウショウレイザー(牡4、500万)を追いかけて、一杯に追われるパートナーに対して、馬なりのまま楽々と半馬身先着。ラスト1ハロン12秒0の瞬発力で、状態の良さを誇示した。 「相手が走らなかったので(全体時計は54秒2と)遅くなってしまった」と言う大久保洋調教師は、「やり過ぎるよりいい。去年(4着)に比べ始動が早かったし、100点満点で95点の仕上がり。好結果で、本番(スプリンターズS)にうまくつなぐことができそう」と感触はいい。
2012年9月6日(木) 05:03

 327

【セントウルS】カナロアしっかり12秒1
 函館SS2着のロードカナロアは僚馬のGI2勝馬カレンチャンに勝るとも劣らない躍動感にあふれたフットワークで栗東坂路で4ハロン54秒3、ラスト1ハロン12秒1をマークして、併入した。「栗東の夏は初めてでしたが、本当にいい状態です。中間に好時計を連発して今週は加減しながらも手応え十分でした」と安田隆調教師は相好を崩した。カレンチャンとの比較については「甲乙付けがたい。ただ、こちらは伸び盛りの4歳牡馬で牝馬のカレンチャンと同じ56キロですから」と、トレーナーは斤量面の利を強調した。
2012年9月6日(木) 05:03

 290

【セントウルS】プロスパー伸び鋭く12秒4
 マジンプロスパーは栗東CWコースを力強く駆け抜けた。単走で6ハロン81秒7、ラスト3ハロン38秒2−12秒4と鋭いフィニッシュ。CBC賞優勝以来、2カ月ぶりの実戦となるが、上々の仕上がりをアピールした。 「馬場は重かったですが、しまいまでしっかりした動き。この中間はひと追いごとに良化して、トモもしっかりしてきました。馬もレースが近づいているのがわかっている感じです」と宝来調教助手は笑顔。5歳になってGIII2勝と本格化。次のGIを見据えるために、ここも好結果を出したい。
2012年9月6日(木) 05:03

 345

セントウルステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

セントウルステークス過去10年の結果

2011年9月11日() 阪神競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2010年9月12日() 阪神競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2009年9月13日() 阪神競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

セントウルステークスの歴史と概要

セントウルステークスは阪神競馬場の芝1400m、4歳(現3歳)以上による別定の重賞(GIII)競走「セントウルステークス」として創設された。

セントウルステークスは創設からスワンステークス、マイルチャンピオンシップスプリンターズステークスと続く秋の短距離路線のステップ競走という位置づけであったが、
2000年よりスプリンターズステークスが10月初旬に前倒しされたことに伴って開催時期を9月上旬へ移行し、GIIの芝1200m戦へと姿を変えた。スプリンターズステークスに向けての最重要な前哨戦であり、サマースプリントシリーズの最終戦に指定されているため、GIを目指す陣営と夏競馬を使ってきた陣営が相見える競走となっている。


過去の優勝馬にはビハインドザマスクテネシーガールビリーヴテンシノキセキゴールデンキャストシーイズトウショウサンアディユカノヤザクラアルティマトゥーレダッシャーゴーゴーエーシンヴァーゴウエピセアロームなどが名を連ねる。

☆セントウルステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

セントウルステークスの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る