会員登録はこちら
エプソムカップ G3   日程:2009年6月14日() 15:45 東京/芝1800m

レース結果

エプソムカップ G3

2009年6月14日() 東京/芝1800m/18頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分44秒2
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

シンゲン

牡6 57.0 藤田伸二  戸田博文 484(-10) 1.45.5 3.3 2
2 6 12

ヒカルオオゾラ

牡5 56.0 武豊  池江泰寿 512(-4) 1.45.7 1 1/4 2.0 1
3 6 11

キャプテンベガ

牡6 56.0 横山典弘  松田博資 452(+4) 1.46.0 10.5 3
ラップタイム 12.6-10.8-11.4-11.9-12.2-11.9-11.3-11.2-12.2
前半 12.6-23.4-34.8-46.7-58.9
後半 58.8-46.6-34.7-23.4-12.2

■払戻金

単勝 8 330円 2番人気
複勝 8 140円 2番人気
12 110円 1番人気
11 210円 3番人気
枠連 4-6 280円 1番人気
馬連 8-12 320円 1番人気
ワイド 8-12 180円 1番人気
8-11 520円 4番人気
11-12 310円 2番人気
馬単 8-12 660円 2番人気
3連複 8-11-12 890円 1番人気
3連単 8-12-11 2,720円 2番人気

エプソムカップのニュース&コラム

【古馬次走報】シンゲン、札幌記念へ
 ★…マリーンC6着ユキチャン(美・後藤、牝4)はスパーキングレディーC(7月15日、川崎、交流GIII、ダ1600メートル)が次走予定だが、後藤調教師は「暑さに弱いところがあり、今後の状態次第で流動的」と語った。 ★…CBC賞2着エイシンタイガー(栗・西園、牡3)、僚馬で高松宮記念5着後休養中のコスモベル(牝5)はアイビスサマーダッシュ(7月19日、新潟、GIII、芝1000メートル)へ。 ★…エプソムCで重賞連勝を飾ったシンゲン(美・戸田、牡6)は今週末に宮城県山元トレセンに移動し、予定している札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)の2週前に現地入りする。その後は天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)。 ★…エプソムC5着トウショウウェイヴ(美・大久保洋、牡4)は今週中に福島の天工トレセンに移動して夏休みへ。12着ミストラルクルーズ(美・鈴木康、牡6)は七夕賞(7月12日、福島、GIII、芝2000メートル)へ。16着カンファーベスト(美・佐藤吉、牡10)は17日、美浦近くのオークヒルファーム入り。関屋記念(8月9日、新潟、GIII、芝1600メートル)を目指す。 ★…AJCC7着後、蹄を悪くして戦列を離れているグラスボンバー(美・尾形、牡9)は七夕賞で復帰する。 ★…ブリリアントSで4連勝をマークしたマチカネニホンバレ(美・藤沢和、牡4)はハンデ次第で大沼S(7月4日、札幌、OP、ダ1700メートル)に出走する。15着ドンクール(美・鈴木伸、牡7)も大沼Sの予定。 ★…14日中京の500万下(芝2000メートル)を勝ったアドマイヤメジャー(栗・友道、牡3)はラジオNIKKEI賞(7月5日、福島、GIII、芝1800メートル)へ。 ★…東海S5着エスケーカントリー(美・武市、牡5)はマーキュリーC(7月20日、盛岡、交流GIII、ダ2000メートル)に向かう。
2009年6月17日(水) 05:00

 877

【エプソムC】ナデ斬り!シンゲン重賞V2
 第26回エプソムC(14日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走18頭)藤田伸二騎乗、2番人気のシンゲンが直線で弾けた。先に抜け出した1番人気のヒカルオオゾラを決め手の違いで一蹴。新潟大賞典に続く、重賞連勝を果たし、秋のGI戦線へ名乗りをあげた。タイム1分45秒5(良)。3着には3番人気のキャプテンベガが追い込んだ。 戦国武将の名に違わぬ強さだ。シンゲンが直線で末脚を爆発させて新潟大賞典に続き重賞連勝。主戦の藤田伸二騎手は自信に満ちた表情でレースを振り返る。 「(ヒカルオオゾラを)捕まえる自信はあった。直線までスムーズにくれば、この馬は弾けてくれるからね。目標は秋(天皇賞)だから、ここは負けられないと思っていた」 マイナス10キロの馬体だったが、懸念されたイレ込みも少なく、道中は中団でスムーズに折り合った。前を行くヒカルオオゾラが絶好の手応えでも慌てず騒がず。直線にエネルギーの全てをぶつけて突き抜けた。これで東京では8戦6勝としたが、レース中に骨折した2戦を除けば、6戦全勝。まさに府中の申し子だ。 「体が減っていても馬はへっちゃらだった。もっと際どい叩き合いになると思っていたけど、強かったね」。体質の弱さに悩まされ出世が遅れたが、ここにきての愛馬の順調な成長に戸田博文調教師も頬が緩みっぱなしだ。 前週の安田記念という選択肢もあったが、確実に賞金加算をするために臨んだ一戦でキッチリ勝利をおさめた。今後は宮城県・山元トレセンから北海道・社台ファームに移動。札幌記念(8月23日、札幌、GII、芝2000メートル)から天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)に向かう。「古馬の一線級に比べれば、まだまだだが、秋までに差を詰めたい。越後、関東と(勝って)きたので、あとは本丸を落とすだけ」とトレーナー。重賞連勝で中距離界のニュースターに躍り出たシンゲンが、いよいよ全国制覇に乗り出す。(板津雄志)
2009年6月15日(月) 05:11

 680

【エプソムC】武オオゾラ、またも2着…
 第26回エプソムC(14日、東京11R、GIII、3歳上オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金4100万円=出走18頭)昨年に引き続き1番人気に支持されたヒカルオオゾラだったが、シンゲンの末脚に屈しリベンジはならなかった。武豊騎手は「このレースだと折り合いを欠くね。去年もそうだった。デキは今までで最高だったし、馬場もいいところを通れた。力んだ分の差だね」とほんの少しリズムが狂ったことを敗因に挙げた。池江泰寿調教師も折り合いに関しては「左回りなのかな。ペースもそれほど遅くなかったしね」と首をかしげる。ただ、「ようやく使い込めるようになった」と体質面の強化は明らか。次走は米子S(7月5日、阪神、芝1600メートル)を予定している。
2009年6月15日(月) 05:10

 743

【エプソムC】シンゲンが重賞2連勝!
 14日、東京競馬場で「第26回エプソムC」(GIII、芝1800メートル)が行われ、藤田伸二騎手騎乗で2番人気のシンゲン(牡6歳、美浦・戸田博文厩舎)が直線で外から伸び、ゴール前で1番人気ヒカルオオゾラをかわし1分45秒5(良)で快勝。前走の新潟大賞典に続き重賞2連勝となった。 シンゲンは父ホワイトマズル、母はニフティハート、母の父サンデーサイレンス。通算14戦8勝で、重賞は09年新潟大賞典(GIII)に続いて2勝目。 2着は武豊騎手騎乗で1番人気のヒカルオオゾラ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)、3着は横山典弘騎手騎乗で3番人気のキャプテンベガ(牡6歳、栗東・松田博資厩舎)。
2009年6月14日() 16:00

 651

エプソムカップのニュースをもっと見る >

【エプソムC】シンゲン風の如く11秒9
 春の東京のラスト重賞・エプソムCの追い切りが東西トレセンで行われた。美浦ではシンゲンがPコース単走で5ハロン65秒0、終い11秒9と鋭く伸びて好調キープをアピール。栗東では昨年の2着馬ヒカルオオゾラがDWコースで6ハロン75秒9の一番時計をマーク。文句ない動きに武豊騎手も称賛しまくりだった。 重賞連勝を狙うシンゲンは角馬場で体をほぐしてからポリトラックへ。単走で外ラチ沿いを大きなストライドで進む。スムーズなコーナーリングで直線に入ると、鞍上の合図とともに首がググッと沈んで加速し、5ハロン65秒0、3ハロン36秒2-11秒9でフィニッシュ。スピード感あふれる走りに、戸田調教師は「いいね。予定より速い時計だけど、ケロっとしていたし、最後までしっかり伸びていた」と満足げだ。 シンゲンは着外が5回あるが、敗因は明白だ。05年12月の中山・新馬戦(15着)、07年5月の東京・晩春S(6着)、07年11月の東京・ウェルカムS(10着)は骨折。07年10月の京都・北野特別(9着)は久々&京都への輸送でパニック。08年12月の中京・中日新聞杯(6着)は器用でないため小回りコースが合わなかった。今回は7勝中5勝を挙げている東京コースが舞台。叩いた上積みに重賞Vの勢いもあり、連勝へ期待は高まる。 6歳で13戦とキャリアが少ない愛馬について「肉体的に若い。テンションが上がりやすく、ヒーヒー鳴いて寂しがる幼い面もある」と分析するトレーナーは、心身ともにまだ伸びしろがあると成長を見込んでいる。 新潟大賞典ではパドックでチャカつき、発汗もあったが圧勝した。普段からテンションが高いと馬券検討の上で見極めが難しい。その点について「多少のイレ込みは問題ない。ただし突進する仕草を見せたら危険」とポイントを挙げた。気合乗りではなくパニックに陥ったことを示すからだ。 「いい時期に越後を制した。次は関東、そして秋に本丸(天皇賞)を獲れれば言うことないね」と笑みを浮かべる戸田師と、シンゲンの全国制覇の野望は始まったばかりだ。(松永昌也)
2009年6月11日(木) 05:05

 733

【エプソムC】オオゾラ一番時計75秒9
 6ハロン75秒9は、DWコースの一番時計。ハードな調教でヒカルオオゾラが初重賞へ態勢を整えた。 「馬場が良かったし、内めを回ったこともあっただろうけど、動きは良かった。けいこは良かったね。この秋は大きなところを狙える」。自分から志願して調教に騎乗した武豊騎手。“良かった”を連発して、好感触を告げた。無理をすることなく、前半からグングンとスピードに乗っていく。抜群の脚色で最終コーナーをカーブ。直線に入り、強めの指示が飛ぶと、ラスト1ハロン11秒9のシャープな伸びでそれに応えた。 先週の安田記念をウオッカで制した武豊。ムードは言うまでもなく最高潮。「(賞金加算のため)まずはここを勝っておきたい。ボク自身も重賞勝ちで春を締めくくりたい」と最高の形で今春の競馬シーンに幕を下ろすことを思い描く。 昨年の同舞台では道中から前に行きたがり、4角で先頭に立ってしまう苦しい競馬で2着。たったコンマ1秒差で逃した重賞を今年こそ…。タイトル奪取を果たし、今後の飛躍を誓う。
2009年6月11日(木) 05:04

 1,068

【エプソムC】貫禄たっぷり!ベガ12秒9
 非凡な素質と能力を持つキャプテンベガ。坂路1本目を登坂の後、落鉄するアクシデントで蹄鉄を打ち替えたため2本目まで時間を要したが、前半からスムーズに折り合って、4ハロン54秒0、終い12秒9とシャープな伸びを見せた。「坂路は動く方じゃない割には、最後までしっかりしていた。ドッシリと貫禄も出てきたし、東京コースにも実績(東京新聞杯2着)はあるからな」と、松田博調教師は前向きだった。
2009年6月11日(木) 05:04

 621

【エプソムC】アーネストリー上昇気配
 オープン入り&休み明け3走目。アーネストリーが着実に上昇ムードを漂わせてきた。DWコース単走だったが、重く荒れ気味の馬場でも馬なりでパワフルな動きを示した。6ハロン80秒8、上がり3ハロン37秒9-12秒0と時計面も優秀だ。「だいぶ動きに活気が戻ってきたね。肩ムチを少し入れただけで、しまいもいい動きだった。叩き3走目でレースぶりも着実に良くなっている」と、佐々木晶調教師は好感触。パンとすれば潜在能力は一級品だけに、ここでも要警戒の存在だ。
2009年6月11日(木) 05:04

 634

エプソムカップの直前追い切り情報をもっと見る >

エプソムカップ過去10年の結果

2008年6月15日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 サンライズマックス 横山典弘 1:45.9 7.5倍 104.2
2着 ヒカルオオゾラ 武豊 3/4 2.5倍 103.6
3着 グラスボンバー 勝浦正樹 ハナ 74.3倍 103.6
2007年6月10日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:稍重
2006年6月11日() 東京競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

エプソムカップの歴史と概要


2016年の優勝馬ルージュバック

東京競馬場とイギリスのエプソム競馬場が姉妹提携したのを機に設けられた中距離重賞。第8回(1991年)のプレクラスニー、第13回(1996年)のマーベラスサンデー、第24回(2007年)のエイシンデピュティ、第32回(2015年)のエイシンヒカリなど、このレースで重賞初制覇を達成し、のちにG1ホースへと上り詰めていった馬は多い。第16~17回(1999~2000年)はアメリカンボスが、第20~21回(2003~2004年)はマイネルアムンゼンが、それぞれ連覇を記録。第33回(2016年)は牝馬のルージュバックが、牡馬勢を蹴散らして2馬身半差で圧勝した。

歴史と概要をもっと見る >

エプソムカップの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る