会員登録はこちら
日刊スポ賞中山金杯 G3   日程:2018年1月6日() 15:35 中山/芝2000m

日刊スポ賞中山金杯の歴史と概要


2015年の優勝馬ラブリーデイ

関東圏の新年第一弾の重賞として親しまれている名物レース。紛れの多い中山芝2000mかつ毎年多頭数で行われるため、波乱決着も少なくない。第45回(1996年)、第46回(1997年)はベストタイアップが、第57回(2008年)、第58回(2009年)はアドマイヤフジが、それぞれ連覇を達成している。第64回(2015年)で初重賞制覇を飾ったラブリーデイがその後に大きく飛躍し、同年の宝塚記念天皇賞(秋)を制した。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第67回
2018年1月6日
中山 芝2000m
セダブリランテス 牡4 1:59.8 戸崎圭太 手塚貴久 全着順を
見る
第66回
2017年1月5日
中山 芝2000m
ツクバアズマオー 牡6 2:00.6 吉田豊 尾形充弘 全着順を
見る
第65回
2016年1月5日
中山 芝2000m
ヤマカツエース 牡4 2:01.2 池添謙一 池添兼雄 全着順を
見る
第64回
2015年1月4日
中山 芝2000m
ラブリーデイ 牡5 1:57.8 F.ベリー 池江泰寿 全着順を
見る
第63回
2014年1月5日
中山 芝2000m
オーシャンブルー 牡6 2:00.1 F.ベリー 池江泰寿 全着順を
見る
第62回
2013年1月5日
中山 芝2000m
タッチミーノット 牡7 1:59.5 横山典弘 柴崎勇 全着順を
見る
第61回
2012年1月5日
中山 芝2000m
フェデラリスト 牡5 1:59.4 蛯名正義 田中剛 全着順を
見る
第60回
2011年1月5日
中山 芝2000m
コスモファントム 牡4 1:59.8 松岡正海 宮徹 全着順を
見る
第59回
2010年1月5日
中山 芝2000m
アクシオン 牡7 2:00.8 藤田伸二 二ノ宮敬 全着順を
見る
第58回
2009年1月4日
中山 芝2000m
アドマイヤフジ 牡7 1:58.5 川田将雅 橋田満 全着順を
見る
第57回
2008年1月5日
中山 芝2000m
アドマイヤフジ 牡6 2:00.7 川田将雅 橋田満 全着順を
見る
第56回
2007年1月6日
中山 芝2000m
シャドウゲイト 牡5 2:02.4 田中勝春 加藤征弘 全着順を
見る
第55回
2006年1月5日
中山 芝2000m
ヴィータローザ 牡6 1:59.4 柴山雄一 橋口弘次 全着順を
見る
第54回
2005年1月5日
中山 芝2000m
クラフトワーク 牡5 1:59.0 横山典弘 後藤由之 全着順を
見る
第53回
2004年1月5日
中山 芝2000m
アサカディフィート セ6 1:59.2 中舘英二 鶴留明雄 全着順を
見る
第52回
2003年1月5日
中山 芝2000m
トーホウシデン 牡6 2:00.0 田中勝春 田中清隆 全着順を
見る
第51回
2002年1月5日
東京 芝2000m
ビッグゴールド 牡4 1:59.0 柴田善臣 中尾正 全着順を
見る
第50回
2001年1月5日
中山 芝2000m
カリスマサンオペラ 牝4 2:01.2 中舘英二 崎山博樹 全着順を
見る
第49回
2000年1月5日
中山 芝2000m
ジョービッグバン 牡5 2:01.4 山田和広 坪正直 全着順を
見る
第48回
1999年1月5日
中山 芝2000m
サイレントハンター 牡6 2:00.8 吉田豊 大久保洋 全着順を
見る
第47回
1998年1月5日
中山 芝2000m
グルメフロンティア 牡6 2:01.4 岡部幸雄 田中清隆 全着順を
見る
第46回
1997年1月5日
中山 芝2000m
ベストタイアップ 牡5 2:01.5 岡部幸雄 松山康久 全着順を
見る
第45回
1996年1月5日
東京 芝2000m
ベストタイアップ 牡4 1:59.3 横山典弘 松山康久 全着順を
見る
第44回
1995年1月5日
中山 芝2000m
サクラローレル 牡4 2:00.5 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第43回
1994年1月5日
中山 芝2000m
ヒダカハヤト 牡7 2:00.7 大塚栄三郎 森安弘昭 全着順を
見る
第42回
1993年1月5日
中山 芝2000m
セキテイリュウオー 牡4 2:00.5 田中勝春 藤原敏文 全着順を
見る
第41回
1992年1月5日
中山 芝2000m
トウショウファルコ 牡6 1:59.6 柴田政人 新関力 全着順を
見る
第40回
1991年1月5日
中山 芝2000m
カリブソング 牡5 2:00.4 柴田政人 加藤修甫 全着順を
見る
第39回
1990年1月5日
中山 芝2000m
メジロモントレー 牝4 2:00.4 横山典弘 奥平真治 全着順を
見る
第38回
1989年1月5日
中山 芝2000m
ニシノミラー 牡5 2:00.7 武藤善則 佐藤全弘 全着順を
見る
第37回
1988年1月5日
中山 芝2000m
アイアンシロー 牡6 2:01.9 蓑田早人 森末之助 全着順を
見る
第36回
1987年1月5日
中山 芝2000m
トチノニシキ 牝5 2:02.6 蛯沢誠治 栗田博憲 全着順を
見る
第35回
1986年1月5日
中山 芝2000m
クシロキング 牡4 2:01.6 岡部幸雄 中野隆良 全着順を
見る

歴史と位置付け

1952年にレース創設。当初の競走名は「金杯」のみだった(1966年以降は「日刊スポーツ賞」が競走名に付くようになった)。1970年代は東京を中心に開催されていたが、1980年以降は中山開催で定着。1984年のグレード制導入時にG3に格付けされた。1996年に、関西圏で行われている同名レースとの差別化を図るために、現行の名称に改められ現在に至っている。冬場のハンデ重賞ゆえに超一流馬の参戦は見られないが、年明け最初の重賞とあって注目度は高く、関西圏の京都金杯と合わせてG1並みの馬券の売り上げを誇る。

開催時期

第1〜9回は1月の中旬に開催されていたが、1961年の第10回以降は原則「新年最初の開催日」に固定されるようになった。第21回(1972年)は馬インフルエンザの影響を受け、4月に福島で開催されている。

競走条件

近1年以内に出走歴のある4歳以上馬が出走可能。負担重量規定は、第3〜9回は別定、第1〜2回ならびに第10回以降はハンデキャップ。1994年に混合競走に指定され外国産馬が、2006年に国際競走に指定され外国調教馬が、それぞれ出走できるようになった。

年表

1952年「金杯」創設。中山芝2600mで第1回施行
1961年施行距離を芝2000mに変更
1966年競走名に「日刊スポーツ賞」が付加される
1971年東京ダ2100mで施行
1972年福島芝2000mで施行
1978年東京ダ2100mで施行
1984年グレード制導入。G3に格付け
1994年混合競走となり外国産馬が出走可能に
1996年競走名を「中山金杯」に改称。東京芝2000mで施行
2006年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月25日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2018年2月24日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2018年2月25日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る