会員登録はこちら
日刊スポ賞中山金杯 G3   日程:2016年1月5日(火) 15:30 中山/芝2000m

レース結果

日刊スポ賞中山金杯 G3

2016年1月5日(火) 中山/芝2000m/14頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 5

ヤマカツエース

牡4 56.0 池添謙一  池添兼雄 492(+6) 2.01.2 4.9 3
2 5 7

マイネルフロスト

牡5 57.0 松岡正海  高木登 488(+4) 2.01.3 3/4 6.9 5
3 6 10

フルーキー

牡6 57.5 M.デムー  角居勝彦 490(+6) 2.01.4 3/4 3.4 1
ラップタイム 12.7-11.1-13.4-12.3-12.8-12.3-12.3-11.8-11.1-11.4
前半 12.7-23.8-37.2-49.5-62.3
後半 58.9-46.6-34.3-22.5-11.4

■払戻金

単勝 5 490円 3番人気
複勝 5 160円 3番人気
7 170円 4番人気
10 140円 1番人気
枠連 4-5 1,070円 4番人気
馬連 5-7 1,670円 6番人気
ワイド 5-7 490円 4番人気
5-10 380円 2番人気
7-10 490円 5番人気
馬単 5-7 3,160円 11番人気
3連複 5-7-10 1,850円 2番人気
3連単 5-7-10 11,190円 23番人気

日刊スポ賞中山金杯のニュース&コラム

【日刊中山金杯】重賞連勝!ヤマカツが16年のエース
 第65回中山金杯(5日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)池添謙一騎乗、3番人気の明け4歳馬ヤマカツエースが、前走の福島記念から2キロ増のハンデ56キロをものともせず、逃げ粘るマイネルフロストを3/4馬身かわしてV。重賞3勝目を挙げた。タイム2分1秒2(良)。トップハンデの57・5キロを背負った1番人気のフルーキーは3着に敗れた。人気の一角だったベルーフは馬場入場時に放馬、左前挫創を発症して競走除外となった。 今年の主役はオレだ。好天に恵まれた新春の中山で、明け4歳馬ヤマカツエースが勝利の雄たけびをあげた。好位追走から早めに動いて力強く伸び、逃げたマイネルフロストを3/4馬身かわしてゴール。福島記念から連勝で重賞3勝目を飾った。 「ヤマカツエースにとって大事な(2016年の)最初のレースだし、金杯というめでたいレースを勝つことができてよかった。いいスタートが切れました」 昨年の京都金杯に続き、今年は東の金杯を制した池添騎手から笑みがこぼれる。 馬場入場で人気の一角ベルーフが放馬して競走除外。レースもマイネルフロストが超スロー(1000メートル通過62秒3)のひとり旅で不穏な空気が漂った。5番手のポジションでも決して流れが向いたわけではなかったが、「自分で動いて前を捕らえ、後ろもしのいでくれた。以前、乗せてもらったときより成長している」と池添騎手。4コーナーで外を回って2番手まで進出すると、最後は上がり3ハロン33秒0でまとめてみせた。 池添兼調教師も「長距離輸送を挟んでも体重はプラス6キロ。お尻の周りがしっかりしてきたね。(前走から2キロ増で)明け4歳の定量と同じ56キロも克服してくれた」と愛馬の成長を語り、「この競馬なら少しずつ距離を延ばしていっても大丈夫そう」と手応えを口にする。今後は状態次第だが、京都記念(2月14日、京都、GII、芝2200メートル)が視野に入る。 前年覇者のラブリーデイは宝塚記念、天皇賞・秋とGI2勝を挙げるトップホースにまで登り詰めた。今年は同じキングカメハメハを父にもつヤマカツエースが、飛躍の年とする。 (板津雄志)
2016年1月6日(水) 05:05

 958

【日刊中山金杯】ベルーフ暴走…左前肢挫創で競走除外
 第65回中山金杯(5日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)中山金杯で有力視されていたベルーフは、レース直前に競走除外となった。パドックから芝コースへ向かう途中で、メンコと一緒に頭絡(馬の頭部につける細い幅の革でできた馬具で手綱、ハミとつながる)が外れ、再着用する際に暴れて放馬。ウイナーズサークルで鉄柵に激突し、4コーナーまで逸走。その後、左前肢挫創と診断され、除外となった。なお、管理する池江調教師には、馬装についての注意義務を怠ったとして10万円の過怠金が科せられた。
2016年1月6日(水) 05:04

 2,376

【日刊中山金杯】1番人気のフルーキー、展開向かず3着
 第65回中山金杯(5日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)チャレンジCに続いて重賞連勝に挑んだ1番人気フルーキーは、中団でじっくりと末脚を温存。直線はヤマカツエースを目がけて上がり3ハロン32秒7(4着ライズトゥフェイムに次いで2番目)の鋭い脚で伸びたが3着を確保するのが精いっぱいだった。 「初めての2000メートルでハンデも57・5キロ。最後は伸びているけど展開が向かなかった」とM・デムーロ騎手は肩を落とした。
2016年1月6日(水) 05:04

 706

【日刊中山金杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆石川騎手(ライズトゥフェイム4着) 「思ったよりもペースが遅かった。最後はしっかり脚を使っているが、展開が向かなかった」 ◆蛯名騎手(ステラウインド5着) 「前回、乗ったときより雰囲気がよく、頑張っているんだけどね。勝ち馬と並んで上がっていければよかったが…」 ◆ルメール騎手(ブライトエンブレム6着) 「ワンペースの走りでギアが上がらず、最後まで同じ感じだった」 ◆酒井騎手(スピリッツミノル7着同着) 「マイネルフロストが行ったので無理せず2番手。きょうは最後まで気持ちを切らさずに走っていたし、自在性も出てきた」 ◆戸崎騎手(ネオリアリズム7着同着) 「ずっと掛かりっぱなし」 ◆柴田大騎手(マイネルディーン9着) 「気持ちは前向きだし、最後も脚を使っている」 ◆吉田豊騎手(ロンギングダンサー10着) 「展開が向かなかった」 ◆柴山騎手(フラアンジェリコ11着) 「ヨーイドンで、この馬向きの流れではなかった」 ◆横山典騎手(バロンドゥフォール12着) 「道中は左へ行く感じだった」
2016年1月6日(水) 05:04

 1,006

日刊スポ賞中山金杯のニュースをもっと見る >

【日刊中山金杯】30日美浦追い切り ステラウインドなど
 美浦、栗東の東西トレーニングセンターの年末年始(12月25日~1月11日)の調教馬場は、12月28日(月)、1月1日(祝・金)が全休で、ほかの日は開場する。2016年のJRAの開幕日、1月5日(火)に向けての調整は、12月30、31日と年明けの1月2、3日のいずれかに追い切りをかけるのが通常のパターン(両方で時計を出す馬もいる)。 【中山金杯】〈美浦トレセン〉30日(水) ステラウインドは南Wコースで5ハロン67秒1、上がり38秒2-12秒6を馬なりでマーク。内で一杯に追うドルメロ(500万下)に3馬身先着した。「調子がいいぶん、あまりやりすぎないようにと思っています。雰囲気はいいです」と尾関知人調教師。前走の福島記念は、スタートで寄られる不利があり、4コーナーでも追い出しを待たされるシーンがあっての4着。スムーズに運べれば前進は可能だろう。 中山の芝2000メートルは今年の弥生賞でサトノクラウンの2着した実績のあるコース。菊花賞7着からの臨戦になるブライトエンブレムは、南Wコースで調整。4ハロン57秒3-41秒8-13秒3。直線強めに追われて、中のボーンレガシー(2歳未勝利)、外のデピュティプライム(2歳500万下)に半馬身ずつ遅れたが、ゴール板を過ぎてからも強めに流して、しっかりと息をつくっていた。「本当にスムーズな頃に比べると、まだもうチョイですが、乗っている感じからすると上位争いしてくれるはず」と小島茂之調教師。いくぶん動きは重いが、直前のもうひと追いできっちり仕上がりそうだ。 バロンドゥフォールは南Wコースで強めに追われて、5ハロン69秒8、上がり39秒5-12秒7。外で強めに追うホワイトフリート(1000万下)に2馬身先着した。「先週はもうひとつでしたが、型通りに良化していますね。あとは3日にしまいだけ微調整します」と久保田貴士調教師。 3走前に中山でGIIIの京成杯AHを勝っているフラアンジェリコは南Wコースで微調整。馬任せに、3ハロン41秒9-13秒2。「適度にガス抜きをするのがいいタイプ。きょうは15-15で、2日に追い切ります。舞台はいいので、あとは上がりのかかる展開になってほしいですね」と斎藤誠調教師。 ロンギングダンサーは南Pコースで5ハロン64秒3、上がり36秒4-12秒0の好時計をマーク。「前の馬を目標に、集中して走っていました。前走(アルゼンチン共和国杯で12着)の敗因は、馬場(重発表)も大きいですね」と大塚調教助手。★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年12月30日(水) 16:02

 874

【日刊中山金杯】ブライトエンブレム、中山二千に自信アリ
 菊花賞7着ブライトエンブレムは美浦坂路を4ハロン65秒2、同62秒1と2本登坂。追い切りを翌日に控え、きっちりと負荷をかけた。中間は重め残りと首の張りが伝えられていたが、「動きはよかった」と小島茂調教師。「菊花賞は(3角で前が詰まる)不利もありましたが、あれだけ走ってくれました。中山の2000メートルは条件的にいいですし、今回は頑張ってもらいたい」と巻き返しを期待する。★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2015年12月30日(水) 05:02

 2,132

【日刊中山金杯】ステラウインド、手応え十分12秒4
 《美浦》福島記念4着ステラウインドはWコースで6ハロン83秒9、3ハロン38秒8-12秒4。単走でしっかりとした脚さばきを見せ、ゴール前の手応えも十分だった。「状態がよくないときは、硬くなる馬。体も柔らかく動きはよかった。このまま競馬に行ければ」と尾関調教師。
2015年12月25日(金) 05:04

 615

【日刊中山金杯】重め残りブライトエンブレム1馬身遅れ
 《美浦》菊花賞7着ブライトエンブレムはWコースで4ハロン52秒0、1ハロン13秒0。3頭併せの真ん中で、内プロレタリアト(1000万下)と併入、外パリソワール(1000万下)には1馬身遅れた。「少し重いですが、(レースには)ちょうど間に合うでしょう。結果の出ている舞台ですし、そろそろ勝たせたい」と小島茂調教師。 福島記念9着フラアンジェリコはWコースで5ハロン67秒7、1ハロン13秒0。調教駆けするプランスシャルマン(2歳OP)に1馬身遅れたが、上々の動き。「雰囲気はいい。2000メートルまでは守備範囲です」と斎藤誠調教師。
2015年12月24日(木) 05:01

 625

日刊スポ賞中山金杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月5日 15:28更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv112 

3,160円
3,160円
18,960円
Lv109 
1,670円 50,100円
Lv109 
490円 49,000円
Lv107 
1,850円 18,500円
Lv104 

11,190円
11,190円
33,570円

的中情報をもっと見る >

日刊スポ賞中山金杯過去10年の結果

2015年1月4日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ラブリーデイ F.ベリー 1:57.8 6.1倍 106.8
2着 ロゴタイプ C.デムーロ 1 1/4 4.4倍 105.6
3着 デウスウルト 川田将雅 3/4 7.5倍 105.0
2014年1月5日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2013年1月5日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日刊スポ賞中山金杯の歴史と概要


2015年の優勝馬ラブリーデイ

関東圏の新年第一弾の重賞として親しまれている名物レース。紛れの多い中山芝2000mかつ毎年多頭数で行われるため、波乱決着も少なくない。第45回(1996年)、第46回(1997年)はベストタイアップが、第57回(2008年)、第58回(2009年)はアドマイヤフジが、それぞれ連覇を達成している。第64回(2015年)で初重賞制覇を飾ったラブリーデイがその後に大きく飛躍し、同年の宝塚記念天皇賞(秋)を制した。

歴史と概要をもっと見る >

日刊スポ賞中山金杯の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る