会員登録はこちら
日刊スポ賞中山金杯 G3   日程:2018年1月6日() 15:35 中山/芝2000m

レース結果

日刊スポ賞中山金杯 G3

2018年1月6日() 中山/芝2000m/17頭

本賞金:4,100万 1,600万 1,000万 620万 410万


レコード:1分57秒8
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 6

セダブリランテス

牡4 55.0 戸崎圭太  手塚貴久 522(+8) 1.59.8 2.5 1
2 1 1

ウインブライト

牡4 56.0 松岡正海  畠山吉宏 480(+10) 1.59.8 クビ 4.9 2
3 6 11

ストレンジクォーク

牡6 54.0 柴山雄一  小島太 504(+4) 1.59.9 クビ 36.3 10
ラップタイム 12.3-11.0-13.2-12.3-12.7-11.3-11.7-11.5-11.6-12.2
前半 12.3-23.3-36.5-48.8-61.5
後半 58.3-47.0-35.3-23.8-12.2

■払戻金

単勝 6 250円 1番人気
複勝 6 130円 1番人気
1 170円 2番人気
11 540円 10番人気
枠連 1-3 540円 1番人気
馬連 1-6 680円 1番人気
ワイド 1-6 310円 1番人気
6-11 1,380円 13番人気
1-11 1,750円 19番人気
馬単 6-1 1,100円 1番人気
3連複 1-6-11 5,270円 13番人気
3連単 6-1-11 18,170円 38番人気

日刊スポ賞中山金杯のニュース&コラム

【日刊中山金杯】セダ、キャリア5戦目“最速”日刊中山金杯V
 第67回中山金杯(6日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走17頭)戸崎圭太騎乗で1番人気のセダブリランテスが直線力強く抜け出して重賞2勝目をマーク。明け4歳初戦を幸先良く飾った。タイム1分59秒8(良)。クビ差2着が2番人気ウインブライトで4歳馬のワンツー。さらにクビ差の3着が10番人気ストレンジクォークだった。 最後の1完歩でグイッと前に出た。明け4歳のセダブリランテスが、同世代のウインブライトを接戦の末、クビ差かわしてゴールに飛び込んだ。 「状態がすごく良かったので自信をもって乗った。3、4コーナーでふらつく面はあったけど、直線でしっかり伸びた。新年、最初の重賞を勝つのは気持ちいいですね」 戸崎騎手が爽やかな笑みを浮かべた。道中は2、3番手の積極策。中盤でマイネルミラノがハナを奪って激流になり、セダブリランテスも手応えが怪しくなったが、そこからのしぶとさが真骨頂。ライバルを力ずくでねじ伏せ、グレード制導入の1984年以降、最少キャリアの5戦目で中山金杯を制した。 手塚調教師は「2着馬よりハンデが1キロ軽かったのでもっとすっきり勝ちたかったけど、いつも僅差をものにする。辛勝でも、最後は勝つのだからすごい。まだまだ成長するよ」と勝負強さを絶賛。春は大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)が目標のひとつになりそうだ。 昨年、勝利数で2位に甘んじた戸崎騎手もこの日3勝をマーク。「例年1、2月の調子が良くないけど、馬が応えてくれました。もちろん今年の目標はリーディング」とタイトル奪回を狙う。 セダブリランテス&戸崎。幸先のいいスタートを切った人馬が、2018年を盛り上げる。 (板津雄志)★6日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちらセダブリランテス 父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル、母の父ブライアンズタイム。鹿毛の牡4歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績5戦4勝。獲得賞金1億1146万4000円。重賞は2017年GIIIラジオNIKKEI賞に次いで2勝目。中山金杯は手塚貴久調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。馬名は「鮮やかに輝くシルク(スペイン語)」。
2018年1月7日() 05:05

 482

【日刊中山金杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆松岡騎手(ウインブライト2着) 「勝ったと思ったんだけど…。具合は絶好調まではいかないが、こんな正攻法の競馬がしたかったので収穫はあった」 ◆柴山騎手(ストレンジクォーク3着) 「走ったね。もっと早めに広いところに出せればよかったが、それでもよく来ている」 ◆岩田騎手(ブラックバゴ4着) 「返し馬の感じが良かったし、直線もいい脚を使ってくれた」 ◆菊沢師(ダイワキャグニー5着) 「テンションが高く、(道中も)苦しいポジションだったが、直線は脚を使ってくれた」 ◆内田騎手(トーセンマタコイヤ6着) 「外からまくって来られたが、それでもよく頑張っている」 ◆川田騎手(デニムアンドルビー7着) 「頑張って差を詰めてくれましたが、流れが向きませんでした」 ★6日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら
2018年1月7日() 05:04

 716

【日刊中山金杯】セダブリランテスが今年最初の重賞ウイナーに
 1月6日の中山11Rで行われた2018年最初の重賞、第67回中山金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、17頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気セダブリランテス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)が4着までクビ差で続く激戦を制した。タイムは1分59秒8(良)。2着はウインブライト(2番人気)、3着はストレンジクォーク(10番人気)だった。 レースはトーセンマタコイヤが逃げ、セダブリランテス、ウインブライトと続いた。向こう正面で中団からまくって一気にハナを奪ったマイネルミラノが、直線に向いても最内で粘りの走りを見せたが、ウインブライトがかわして一旦先頭へ。その外からさらに伸びてきたセダブリランテスが差し切り勝ちを決めた。中団から脚を伸ばしたストレンジクォークが3着に入り、4着はブラックバゴだった。 セダブリランテスは、父ディープブリランテ、母シルクユニバーサル、母の父ブライアンズタイムという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は5戦4勝。重賞は17年ラジオNIKKEI賞・GIIIに次いで2勝目。中山金杯は手塚貴久調教師、戸崎圭太騎手ともに初勝利。 ◆戸崎圭太騎手「状態はすごくいいと感じていました。4コーナーで少しふらつきましたが、最後は差し切ってくれましたね。(自分自身は)例年、1月、2月は調子が良くないので、馬が(期待に)応えてくれてうれしい。ありがとうと感謝したいですね」★6日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら
2018年1月6日() 15:42

 410

【日刊スポーツ賞中山金杯】入線速報(中山競馬場)
中山11R・日刊スポーツ賞中山金杯(1回中山1日目 中山競馬場 芝・右2000m サラ系4歳以上オープン)は、1番手6番セダブリランテス(単勝2.5倍/1番人気)、2番手1番ウインブライト(単勝4.9倍/2番人気)、3番手11番ストレンジクォーク(単勝36.3倍/10番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連1-6(6.8倍) 馬単6-1(11.0倍) 3連複1-6-11(52.7倍) 3連単6-1-11(181.7倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018010606010111 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2018年1月6日() 15:36

 280

日刊スポ賞中山金杯のニュースをもっと見る >

【日刊中山金杯】厩舎の話
アウトライアーズ・小島茂調教師「息づかいが良化した。距離はもつ」ウインブライト・松岡騎手「運動量を増やしている。もともと古馬になってからと思っていた」カデナ・中竹調教師「ここを目標に乗り込んだ。体が完成してきたし、変わってほしい」ケントオー・西橋調教師「折り合いがつくようになった。距離は合う」ショウナンマルシェ・三浦助手「遅れは心配ない。53キロは魅力」ジョルジュサンク・鮫島調教師「前走は出遅れ。スムーズなら」ストレンジクォーク・小島太調教師「動きは良かった。今の充実ぶりなら重賞でも」セダブリランテス・戸崎騎手「追い切りは前を捕らえるまでが速かった。自信を持って乗る」タイセイサミット・矢作調教師「前走は太かった。今度は絞れてくる」ダイワキャグニー・菊沢調教師「息づかいが良く重め感はない。右回りでも結果を出さないと」デニムアンドルビー・辻野助手「状態は安定。54キロのハンデなら」トーセンマタコイヤ・加藤征調教師「今は状態がいい。前走のような競馬ができれば」パリカラノテガミ・清水英調教師「ダートの道悪だった前走は参考外」フェルメッツァ・松永幹調教師「元気がいいし、中山とは好相性」ブラックバゴ・斎藤誠調教師「前半無理せずの形ができてきた。重賞でも面白い」マイネルミラノ・柴田大騎手「元気いっぱい。同型がいないのでハナに行きたい」レアリスタ・森助手「疲れを残さないように坂路でサラッと。右回りも克服してもらいたい」★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 11:50

 1,961

【日刊中山金杯】蹄の不安なくなった!セダ「自信」強め
 中山金杯の追い切りが3日、東西トレセンで行われた。美浦では、昨年11月のアルゼンチン共和国杯3着以来となるセダブリランテスが、戸崎騎手を背にWコースで抜群の推進力を見せた。中間は順調に調整されており、重賞2勝目に向けて視界良好だ。坂路で好時計をマークしたストレンジクォークがサンケイスポーツ調教評価『S』となった。 さあ、仕切り直しだ。アルゼンチン共和国杯3着セダブリランテスが、Wコースで躍動。戸崎騎手も感触の良さに笑みを浮かべる。 「いい雰囲気。ピリッとした感じがあって、いい形できている。馬場が悪く、ギアを入れたときに少し脚を取られたけど、エンジンが入ってからはいい動きでした」 朝一番の組が追われ、馬場が荒れた時間に登場。アルタイル(OP)を4馬身ほど追走し、4コーナーで内から馬体を併せる。直線で追われると一瞬、ノメったが、スピードに乗ってからの抜群の推進力に目を奪われた。5ハロン66秒0、3ハロン39秒1−13秒1で、一杯の相手に1馬身先着。手塚調教師も「時間帯を考えたら時計もいい。よく伸びていた」と納得の表情だ。 昨年は、デビュー3連勝でラジオNIKKEI賞を制覇と華々しい成績の一方で、3歳1月に左トモ(後肢)の球節を骨折と、脚元との戦いもあった。秋もセントライト記念で始動予定が、右前脚の挫跖(ざせき=蹄底に起きる内出血などの炎症)で見送る憂き目に。切り替えて臨んだアルゼンチン共和国杯は、蹄(ひづめ)の不安がぶり返さないよう控えめな調整過程の中、一気の距離延長を克服し、初の年長馬相手に3着と地力を示した。 前走後は早々と中山金杯を目標に定め、福島・ノーザンファーム天栄に放牧へ。12月15日に帰厩後はすこぶる順調で、前走時と違い坂路でも速い時計を出し、内容も濃くした。「強め、強めにきて、前回とは全く違う」とトレーナーもデキの良さに胸を張る。陣営の自信に、戸崎騎手も「それを感じる動きでした。ぼくも自信を持って乗りたい」と意欲的。初めての中山芝コースにも「センスがあって乗りやすい。小回りもいい印象を持っていける」と勝利へのイメージをつかんでいる。 「ハンデも55キロにとどまって、ちょうどいい。厩舎としても、今年のメインを張ってもらいたい馬。結構、自信があるんだよね」と手塚調教師。伝統の年始重賞を皮切りに、再び連勝街道を歩む。 (千葉智春)★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:10

 2,279

【日刊中山金杯】ダイワキャグニー、充実の動き
 ダイワキャグニーは、Wコースで僚馬ダイワリベラル(OP)を追いかけ、最後は一杯に追うパートナーに2馬身の先着。4ハロン53秒8の軽めだったが、動き、気配とも実に良く、菊沢調教師の頬が緩む。「大みそかにけっこうやっているから、これで十分。息遣いが良く、いい感じの仕上がりだ」。中山に実績がないものの、トレーナーは「確かに左回りの方がいい馬だが、以前ほどではない。成長しており、弱音ははけない」とキッパリ。今年、飛躍が見込まれる1頭。期待して良さそうだ。★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:09

 1,273

【日刊中山金杯】ウインブライト、3馬身先着
 福島記念を制したウインブライトはWコースで6ハロン83秒1、3ハロン38秒3−13秒1を馬なりでマーク。内の古馬ディスカバー(1000万下)を3馬身引き離す上々の動きを披露した。「普段長めから乗り込んでいるし、しまい重点で問題ない。例年この時期は状態がよくない中でも、うまく仕上がっている」と主戦の松岡騎手。「年を取ってだいぶ落ち着いて、精神的にもどっしりしてきました」と精神面の成長も挙げた。【2・1・0・1】と得意の中山コースで重賞3勝目を狙う。★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年1月4日(木) 05:09

 833

日刊スポ賞中山金杯の直前追い切り情報をもっと見る >

日刊スポ賞中山金杯の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月6日 15:34更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
680円 2,720円
Lv108 
680円 4,080円
Lv107 
680円 6,800円
Lv107 

680円
310円
31,000円
Lv106 
18,170円 18,170円

的中情報をもっと見る >

日刊スポ賞中山金杯過去10年の結果

2017年1月5日(木) 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2016年1月5日(火) 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2015年1月4日() 中山競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 ラブリーデイ F.ベリー 1:57.8 6.1倍 106.8
2着 ロゴタイプ C.デムーロ 1 1/4 4.4倍 105.6
3着 デウスウルト 川田将雅 3/4 7.5倍 105.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日刊スポ賞中山金杯のデータ分析とレース傾向

コース図中山芝2000m

中山芝2000mを舞台に争われるG3。ハンデ戦だが、関係者にとってゲンの良い伝統重賞とあって実績馬、期待馬の出走も珍しくない。そのため57.5キロ以上のハンデ馬は2008年以降で3勝、2着2回、3着2回と活躍。7歳以下に限れば、該当馬出走時に最低1頭は3着以内に入っている。一方、ハンデ54キロ以下は0勝、2着1回、3着2回と苦戦傾向。55キロで勝利した2012年フェデラリストを除き、近10年の勝ち馬はハンデ56キロ以上であった。また前走レース別では2017年こそ同距離で施行されたディセンバーS組が1〜3着を独占したものの、2008年以降は【1.3.1.23】とイマイチ。同レースが1800mへ距離短縮された現在は、前走重賞組を狙ったほうがよさそうだ。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

日刊スポ賞中山金杯の歴史と概要


2015年の優勝馬ラブリーデイ

関東圏の新年第一弾の重賞として親しまれている名物レース。紛れの多い中山芝2000mかつ毎年多頭数で行われるため、波乱決着も少なくない。第45回(1996年)、第46回(1997年)はベストタイアップが、第57回(2008年)、第58回(2009年)はアドマイヤフジが、それぞれ連覇を達成している。第64回(2015年)で初重賞制覇を飾ったラブリーデイがその後に大きく飛躍し、同年の宝塚記念天皇賞(秋)を制した。

歴史と概要をもっと見る >

日刊スポ賞中山金杯の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月17日(
ダイヤモンドS G3
京都牝馬ステークス G3
2018年2月18日(
フェブラリーS G1
小倉大賞典 G3

競馬番組表

2018年2月17日(
1回東京7日目
2回京都7日目
1回小倉3日目
2018年2月18日(
1回東京8日目
2回京都8日目
1回小倉4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る