会員登録はこちら
日刊スポーツ賞中山金杯2017

2017年1月5日(木)

日刊スポーツ賞中山金杯 G3

中山競馬場/芝/2000m

最新出走予定馬情報 〜日刊スポーツ賞中山金杯2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【日刊中山金杯】外からアズマオー!力強く駆け抜け重賞初V
 第66回中山金杯(5日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)吉田豊騎乗の1番人気、ツクバアズマオーが中団から力強く伸びて重賞初制覇。タイム2分0秒6(良)。来年2月に定年を迎える尾形充弘調教師(69)は、1983年以来の中山金杯V(当時は金杯)となった。2着はクラリティスカイ、3着はシャイニープリンス。2番人気のストロングタイタンは9着に敗れた。 2017年の重賞は1番人気ツクバアズマオーの完勝で幕開けだ。中山の急坂を力強く駆け抜けて重賞初勝利。尾形充調教師、吉田豊騎手ともに笑顔があふれた年明けとなった。 吉田豊騎手が「競馬は金杯で始まりますからね。人気にもなっていたし、勝ててよかった」といえば、尾形充師も「金杯を勝って今年は縁起がいいね」とえびす顔。その強い内容に両者とも今年の飛躍を感じ取った。 「いつもスタートに不安がある馬」とジョッキーが話すが、今回は五分にゲートを出た。強風のなか、ハナを切ったダノンメジャーが飛ばしてペースは速め。アズマオーは後方で脚をためると、直線は外に持ち出してスパート。並びかけたクラリティスカイを振り切って、堂々のトップゴールを果たした。 「イメージより後ろの位置になりましたが、前の馬が飛ばしていたので、自分のリズムを守りました。馬群がばらけて最後も、大きくは外に振られないと思いましたからね」 56・5キロのハンデでも変わらぬパフォーマンスにジョッキーは満足そうな表情を見せた。 来年2月いっぱいで定年を迎えるトレーナーにとって、今年が実質的なラストイヤー。1982年に開業して、初めて平地重賞を勝ったのがヨロズハピネスでの83年の中山金杯(当時金杯)だった。「今後のことは何も考えていないけど、もし有馬記念まで行けたら、という気持ちはある。でもまずはいいスタートが切れましたね」と、かつてグラスワンダーで連覇(98、99年)を飾ったグランプリを最後にアズマオーで、と思いをはせた。 最高の形でスタートを切ったツクバアズマオー。このまま有馬記念まで充実の一年になりそうだ。 (柴田章利)★5日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら
1月6日(金) 05:11

 607

【日刊中山金杯】ストロングタイタン直線見せ場なく9着
 第66回中山金杯(5日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)2番人気のストロングタイタンは、9着に敗れて連勝は3で止まった。中団からスムーズに流れに乗っていたが、4コーナー手前で手応えが怪しくなり、直線は持ち味の末脚を使えずに終わった。「遅くない流れだったと思いますが、早めに来られて苦しくなってしまいました。初めての重賞で、これがいい経験になってくれれば…」と川田騎手は淡々と振り返った。★5日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら
1月6日(金) 05:10

 629

【日刊中山金杯】クラリティ2着!復活の兆し見えた
 第66回中山金杯(5日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際、ハンデ、芝・内2000メートル、1着本賞金4100万円=出走13頭)6番人気クラリティスカイが2着。道中は2、3番手の内で我慢し、直線では内から抜け出しを図ったが、勝ち馬の決め手にはかなわなかった。 「逃げ馬の真後ろで風をよけながら走れた。(結果的に)勝ち馬の展開になったが、重いハンデ(57・5キロ)でよく頑張っている」と田辺騎手は納得の表情。2015年のNHKマイルC1着以来の連対で、復活の兆しがみえてきた。今後はAJCC(22日、中山、GII、芝2200メートル)と小倉大賞典(2月19日、小倉、GIII、芝1800メートル)を視野に入れて調整される。★5日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら
1月6日(金) 05:10

 472

【日刊中山金杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆江田照騎手(シャイニープリンス3着) 「テンは少し速かったが、その後は中団からこの馬のペースで走れた。最後までしっかりと脚を使っている」 ◆内田騎手(シャドウパーティー4着) 「(54キロの)ハンデで一発狙っていた。(勝負どころで)勝ち馬に先に行かれて、その外を回る形になってしまったが、それでも力は見せた」 ◆蛯名騎手(カムフィー5着) 「54キロのハンデを味方に、よく頑張っているよ」 ◆長岡騎手(トミケンスラーヴァ6着) 「前につけて、(向こう正面で)まくってきた馬にも反応できていた。51キロを生かして自分の競馬はできた」 ◆小牧騎手(ダノンメジャー7着) 「流れが速く、3コーナーから早めに来られる厳しい競馬だった」 ◆大野騎手(ロンギングダンサー8着) 「いい感じで運べていたが、直線で追われると反抗するようなところがあった」 ◆戸崎騎手(ドレッドノータス10着) 「いい感じだったが、勝負どころから抵抗できなかった」 ◆石橋騎手(ライズトゥフェイム11着) 「遊ばせないように気をつけて乗った。少しでも展開がはまってくれればよかった」 ◆松岡騎手(マイネルフロスト12着) 「途中からハミを取ってしまった。(以前より)集中力の持続も短くなっている」 ◆丹内騎手(マイネグレヴィル13着) 「ハナに行きたかったが、外枠もあって行き切れなかった」★5日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら
1月6日(金) 05:09

 1,086

【日刊中山金杯】追って一言
 ◆カムフィー・池上和師 「3頭併せの真ん中で刺激を与えた。秋3戦目で体はできている。万葉Sより、勝つイメージがわく。中山適性はあるし、一発狙いたい」 ◆トミケンスラーヴァ・長岡騎手 「前を目標に、最後は強めに追った。相変わらず乗りやすいし、7歳でも元気がある。年男なので、スタートダッシュを決めたい」★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
1月1日() 05:01

 4,832

【日刊中山金杯】レース展望
 2017年の中央競馬は1月5日にスタート。同日には東西で、年明け恒例の金杯が行われる。中山は、第66回中山金杯(GIII、芝2000メートル)が今年最初の重賞だ。 同じ中山芝2000メートルを舞台に行われた前走のオープン特別・ディセンバーSを快勝したのがツクバアズマオー(美浦・尾形充弘厩舎、牡6歳=年齢は2017年のもの、以下すべて同じ)。古馬になってから中山芝は【4・2・2・0】と抜群の安定感を誇り、2走前の産経賞オールカマーではメンバー最速の上がり3ハロン34秒3をマークして、勝ったゴールドアクターから0秒2差の3着に食い込んだ。斤量57キロで3勝しているように、ハンデ56.5キロも許容範囲。重賞初制覇のチャンスは十分にある。 有馬記念をサトノダイヤモンドで制した栗東・池江泰寿厩舎が送り出すストロングタイタン(牡4歳)は、500万下から3連勝で一気にオープン入りした。池江調教師は「夏からの成長はすさまじく、1000万下、1600万下の勝ちっぷりを見て重賞級だと思った」と高く評価しており、重賞初挑戦でもハンデ54キロなら期待は大きい。1969年生まれで2017年に年男となる池江調教師は、14年にオーシャンブルー、15年にラブリーデイで連覇。有馬記念で歴代単独最多勝の4勝目を挙げたトレーナーは、このレースとも相性がいい。 クラリティスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)は登録15頭中、唯一のGI馬。15年のNHKマイルCを最後に勝ち星から遠ざかっているが、近3走は4、3、5着と復調の兆しを見せている。トップハンデ57.5キロだが、3走前の京成杯オータムHで同じハンデを背負って4着と健闘しており、克服は十分に可能だろう。 シャイニープリンス(美浦・栗田博憲厩舎、牡7歳)は2000メートルで安定して走っている。前走のディセンバーSはメンバー中でただ1頭、斤量58キロを背負いながら0秒1差の3着と好走した。コーナー4回の芝2000メートル戦では4月のオープン特別・福島民報杯を圧勝した実績があり、前走より1.5キロ軽いハンデ56.5キロも有利。悲願の重賞初制覇へ期待は高まる。 ロンギングダンサー(美浦・田村康仁厩舎、牡8歳)は9月の新潟記念で3着に入り、続く毎日王冠でも4着と力を示した。転厩初戦だった前走のディセンバーSは11着に敗れたが、今回は上積みが見込める上、ハンデ54キロも魅力だ。 昨年のこのレースで逃げて2着だったマイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡6歳、ハンデ57キロ)や、中山で史上最速となる上がり3ハロン32秒6をマークして4着だったライズトゥフェイム(美浦・加藤征弘厩舎、牡7歳、ハンデ55キロ)もチャンスは十分。他にも、GIII京都2歳S勝ちの実績があるドレッドノータス(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳、ハンデ55キロ)、中山巧者のシャドウパーティー(美浦・堀宣行厩舎、セン8歳、ハンデ54キロ)なども上位争いを演じて不思議はない。なお、登録のあるマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)は京都金杯に向かう予定だ。★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
12月26日(月) 18:58

 3,223

【日刊中山金杯】追って一言
 ◆ロンギングダンサー・田村師 「体はできているし、状態もすごくいい。展開がはまれば楽しみ」
1月3日(火) 05:04

 3,154

【日刊スポーツ賞中山金杯】特別登録馬
2017年1月5日(木)に中山競馬場で行われる日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)の登録馬は以下の通り。カムフィー 牡8クラリティスカイ 牡5グァンチャーレ 牡5シャイニープリンス 牡7シャドウパーティー セ8ストロングタイタン 牡4ダノンメジャー 牡5ツクバアズマオー 牡6トミケンスラーヴァ 牡7ドレッドノータス 牡4マイネグレヴィル 牝6マイネルハニー 牡4マイネルフロスト 牡6ライズトゥフェイム 牡7ロンギングダンサー 牡8◆日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)の重賞攻略はこちら。
12月25日() 17:30

 3,059

日刊中山金杯のニュースをもっと見る >

日刊中山金杯の直前追い切り情報をもっと見る >

日刊中山金杯の口コミ情報をもっと見る >

●日刊スポーツ賞中山金杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜日刊スポーツ賞中山金杯2017〜

第66回 日刊スポーツ賞中山金杯 G3

2017年1月5日(木)中山11R 芝2000m 13頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 3 96.0 ツクバアズマオー 牡6 56.5 吉田豊 尾形充弘 美浦 480(0) 2.8 1 2.00.6
2 2 2 95.6 クラリティスカイ 牡5 57.5 田辺裕信 斎藤誠 美浦 502(-2) 10.9 6 2.00.7 3/4
3 1 1 97.0 シャイニープリンス 牡7 56.5 江田照男 栗田博憲 美浦 496(0) 8.1 4 2.01.1 2 1/2
4 8 12 93.1 シャドウパーティー セ8 54.0 内田博幸 堀宣行 美浦 504(-2) 35.7 9 2.01.1 ハナ
5 6 9 94.4 カムフィー 牡8 54.0 蛯名正義 池上昌和 美浦 466(+2) 74.8 11 2.01.2 クビ
6 7 11 91.8 トミケンスラーヴァ 牡7 51.0 長岡禎仁 竹内正洋 美浦 512(+4) 126.1 12 2.01.2 クビ
7 5 6 96.3 ダノンメジャー 牡5 55.0 小牧太 橋口慎介 栗東 488(-2) 9.8 5 2.01.3 3/4
8 4 5 95.3 ロンギングダンサー 牡8 54.0 大野拓弥 田村康仁 美浦 496(0) 35.3 8 2.01.4 3/4
9 7 10 94.4 ストロングタイタン 牡4 54.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 524(0) 3.2 2 2.01.4 アタマ
10 5 7 93.8 ドレッドノータス 牡4 55.0 戸崎圭太 矢作芳人 栗東 468(+8) 7.6 3 2.01.5 クビ
11 4 4 94.4 ライズトゥフェイム 牡7 55.0 石橋脩 加藤征弘 美浦 488(-4) 50.2 10 2.01.5 ハナ
12 6 8 97.4 マイネルフロスト 牡6 57.0 松岡正海 高木登 美浦 484(-6) 22.0 7 2.01.9 2 1/2
13 8 13 93.4 マイネグレヴィル 牝6 52.0 丹内祐次 和田正道 美浦 472(+2) 141.6 13 2.02.5 3 1/2
ラップタイム 12.4-11.0-12.7-11.8-12.5-12.0-11.5-12.0-12.3-12.4
前半 12.4-23.4-36.1-47.9-60.4
後半 60.2-48.2-36.7-24.7-12.4

■払戻金

単勝 3 280円 1番人気
複勝 3 120円 1番人気
2 260円 5番人気
1 220円 3番人気
枠連 2-3 1,930円 7番人気
馬連 2-3 1,760円 7番人気
ワイド 2-3 550円 5番人気
1-3 370円 2番人気
1-2 1,030円 12番人気
馬単 3-2 2,690円 10番人気
3連複 1-2-3 2,360円 5番人気
3連単 3-2-1 10,430円 24番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜日刊スポーツ賞中山金杯2017〜

日刊中山金杯のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜日刊スポーツ賞中山金杯2017〜

2016年 日刊スポ賞中山金杯 2016年1月5日(火) 中山11R 芝2000m 良 14頭

日刊スポーツ賞中山金杯2016

1着 5 ヤマカツエース 4.9倍(3人気) 池添謙一 2:01.2 100.1
2着 7 マイネルフロスト 6.9倍(5人気) 松岡正海 3/4 99.5
3着 10 フルーキー 3.4倍(1人気) M.デムーロ 3/4 99.0
単勝 5 490円(3人気) 3連複 5−7−10 1,850円(2人気)
馬連 5−7 1,670円(6人気) 3連単 5→7→10 11,190円(23人気)

2015年 日刊スポ賞中山金杯 2015年1月4日() 中山11R 芝2000m 良 17頭

日刊スポーツ賞中山金杯2015

1着 2 ラブリーデイ 6.1倍(4人気) F.ベリー 1:57.8 106.8
2着 4 ロゴタイプ 4.4倍(1人気) C.デムーロ 1 1/4 105.6
3着 5 デウスウルト 7.5倍(5人気) 川田将雅 3/4 105.0
単勝 2 610円(4人気) 3連複 2−4−5 3,630円(7人気)
馬連 2−4 1,540円(3人気) 3連単 2→4→5 16,690円(25人気)

2014年 日刊スポ賞中山金杯 2014年1月5日() 中山11R 芝2000m 良 16頭

日刊スポーツ賞中山金杯2014

1着 3 オーシャンブルー 9.5倍(5人気) F.ベリー 2:00.1 99.6
2着 4 カルドブレッサ 15.8倍(8人気) 藤岡佑介 3/4 99.0
3着 8 ディサイファ 3.0倍(1人気) 四位洋文 クビ 98.4
単勝 3 950円(5人気) 3連複 3−4−8 7,250円(23人気)
馬連 3−4 8,390円(26人気) 3連単 3→4→8 57,180円(174人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/01/05
日刊スポ賞中山金杯
中山 16 タッチミーノット 4.4倍 2 横山典弘 1:59.5 101.7
2012/01/05
日刊スポ賞中山金杯
中山 16 フェデラリスト 5.7倍 2 蛯名正義 1:59.4 99.7
2011/01/05
日刊スポ賞中山金杯
中山 16 コスモファントム 2.8倍 1 松岡正海 1:59.8 101.4
2010/01/05
日刊スポ賞中山金杯
中山 16 アクシオン 3.2倍 1 藤田伸二 2:00.8 98.1
2009/01/04
日刊スポ賞中山金杯
中山 16 アドマイヤフジ 8.3倍 4 川田将雅 1:58.5 102.7
2008/01/05
日刊スポ賞中山金杯
中山 16 アドマイヤフジ 6.4倍 3 川田将雅 2:00.7 103.3
2007/01/06
日刊スポ賞中山金杯
中山 16 シャドウゲイト 7.3倍 3 田中勝春 2:02.4 106.1
会員登録はこちら

●日刊スポーツ賞中山金杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜日刊スポーツ賞中山金杯2017〜

中山金杯は1952年に中山競馬場で「金盃」として新年最初の重賞競走として開催されたのが始まり。第1回中山金杯(「金盃」)はハンデキャップ競走の2600mで施行されたが、1954年から別定戦に変更された。
その後、1961年よりハンデ戦に変更、距離も2000mに短縮された。1966年より優勝馬に日刊スポーツ新聞社賞が与えられることになり、名称が「日刊スポーツ賞金盃」に変更された。1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされた。

現在は春の天皇賞や宝塚記念を目指す中長距離馬の新年度を占う重賞競走として施行されている。

本競走の優勝馬からはスズパレードクシロキングサクラローレルグルメフロンティアシャドウゲイトの5頭が後にGI競走を優勝している(グレード制導入後を対象)。

上記以外の過去の優勝馬には、ベストタイアップビッグゴールドトーホウシデンアサカディフィートクラフトワークアドマイヤフジアクシオンコスモファントムフェデラリストタッチミーノットなどが名を連ねる。


☆中山金杯の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年8月27日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2017年8月26日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2017年8月27日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る