会員登録はこちら
デイリー杯2歳ステークス2016

2016年11月12日(

デイリー杯2歳ステークス G2

京都競馬場/芝/1600m

最新出走予定馬情報 〜デイリー杯2歳ステークス2016〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【めざせクラシック】アシュラ朝日杯FSを視野
 デスク 今週土曜は東京で東スポ杯2歳Sが行われる。朝日杯FS(12月18日、阪神、GI、芝1600メートル)に向け、熱戦が続く。 宇恵 13日の黄菊賞(京都、500万下、芝2000メートル)を快勝したタガノアシュラは、朝日杯FSを視野に入れています。大逃げを打って押し切った競馬ぶりに「まだ粗削りだけど、すごいね」と五十嵐調教師は高評価。「2、3日様子を見て出走するかどうか、判断をするよ」と語っていました。デイリー杯2歳S2着のボンセルヴィーソも朝日杯を予定しています。 デスク デイリー杯は牝馬のジューヌエコールが勝ったように、今年の2歳牡馬は牝馬と比べて小粒な印象を受ける。そのぶん、どの馬にもチャンスがありそうだ。 宇恵 そのジューヌと同じ安田厩舎のステイゴールド産駒ダノンキングダムの名前を覚えておいてください。12月11日の中京芝2000メートルが初陣になりそうです。安田景助手は「これは走りそうですよ。いい背中をしていますし、今のところ、調教の動きは言うことありません。将来性を感じさせます」と声を弾ませています。 デスク オープンのダノンメジャー(父ダイワメジャー)の弟か。美浦はどう? 千葉 12日の未勝利戦(東京、芝1800メートル)を勝ったウインブライトは自己条件で足固めの方向です。松岡騎手がデビュー前から調教をつけていた素質馬で、3カ月半ぶりの実戦で成長ぶりを見せつけました。 デスク 同じ畠山厩舎の全姉ウインファビラスは、昨年の阪神JFの2着馬だったな。 千葉 松岡騎手は「もともと能力を高く買っていたからね。ただ、上でやっていくにはもう一回、仕上げ直さなきゃ」と辛口でしたが、それも期待の高さの表れ。今後は500万下の葉牡丹賞(12月3日、中山、芝2000メートル)、シクラメン賞(同4日、阪神、芝1800メートル)、ひいらぎ賞(同17日、中山、芝1600メートル)のいずれかに進むようです。
11月16日(水) 05:01

 508

【デ杯2歳S】さあ阪神JF!ジューヌ無傷3連勝
 第51回デイリー杯2歳ステークス(12日、京都11R、GII、2歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走10頭)福永祐一騎乗で2番人気のジューヌエコールが無傷の3連勝で重賞初制覇。次走の阪神JF(12月11日、阪神、GI、芝1600メートル)で2歳女王を目指す。タイム1分34秒6(良)。この勝利で、福永騎手は7年連続8回目のJRA年間100勝を達成した。1番人気のタイセイスターリーは8着だった。 心地よい秋晴れの空の下、また1頭、新たなヒロインが登場した。牡馬を相手に、ジューヌエコールが無傷の3連勝で重賞初制覇。華麗なエスコートを見せた福永騎手が笑みを浮かべる。 「牝馬なのに大したもの。終始、手応えよく運べましたし、最後は(前の馬を)かわせる自信がありました。道中で少し行きたがる面はありましたが、ゴーサインのときの反応がよかったです」 スタートを決め、道中は内々でじっと我慢。折り合いに専念し、力をため込んだ状態で直線に向くと、最後は上がり3ハロン33秒6のメンバー最速タイの末脚を駆使。ゴール前で逃げ馬を捕らえた。 安田調教師は「ジョッキーがうまく乗ってくれました。距離をこなせたのは収穫ですね」と破顔一笑だ。 この後は2歳女王決定戦へ。無敗のクイーンへ、ジューヌエコールが大きく近づいたことは間違いない。 (宇恵英志) ◆松山騎手(ボンセルヴィーソ2着) 「少し馬を怖がるところがあるので、ハナに行った。勝ちに行く競馬をしたし、いいペースで行けた」 ◆武豊騎手(サングレーザー3着) 「前半少し掛かった。折り合っていたら、しまいは違ったかもしれない」★12日京都11R「デイリー杯2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載
11月13日() 05:05

 444

【デ杯2歳S】ジューヌエコール無傷3連勝で重賞V
 11月12日の京都11Rで行われた第51回デイリー杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ジューヌエコール(牝、栗東・安田隆行厩舎)が4番手追走から直線鋭く伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒6(良)。手綱を取った福永祐一騎手にとっては今年のJRA100勝の区切りの勝利にもなった。 クビ差の2着には逃げ粘ったボンセルヴィーソ(8番人気)、さらに半馬身遅れた3着に3番手追走から外めを伸びたサングレーザー(4番人気)。1番人気のタイセイスターリーは中団の後ろを追走したが、伸びを欠き8着に敗れている。 デイリー杯2歳Sの勝ち馬ジューヌエコールは、父クロフネ、母ルミナスポイント、母の父アグネスタキオンという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、サンデーレーシングの所有馬。通算成績は3戦3勝。重賞初優勝。デイリー杯2歳Sは安田隆行調教師は初優勝、福永祐一騎手は2003年メイショウボーラー、2005年マルカシェンク、2010年レーヴディソールに次いで4勝目。★12日京都11R「デイリー杯2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら
11月12日() 15:52

 584

【武蔵野S】タガノトネールが昨年2着の雪辱!レコードV
 11月12日の東京11Rで行われた第21回武蔵野ステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、田辺裕信騎手騎乗の8番人気タガノトネール(セン6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)が、好スタートから2番手で終始手応え良くレースを進め、直線では早めにスパート。セーフティーリードを保って押し切り、レコードで完勝。昨年ハナ差2着の雪辱を果たすとともに、チャンピオンズC(12月4日、中京、GI、ダート1800メートル)への優先出走権を獲得した。タイムは1分33秒8(重)。 1馬身1/4差の2着には中団のやや後ろから差し脚を伸ばした3歳馬ゴールドドリーム(2番人気)、さらに1馬身1/2遅れた3着には、出遅れて最後方を進んだカフジテイク(6番人気)が差を詰めてきた。 武蔵野Sを勝ったタガノトネールは、父ケイムホーム、母タガノレヴェントン、母の父キングカメハメハという血統で、半弟タガノエスプレッソ(父ブラックタイド)はデイリー杯2歳S・GIIの勝ち馬。北海道新冠町・(有)新冠タガノファームの生産馬で、馬主は八木良司氏。通算成績は38戦8勝。重賞は2015年サマーチャンピオン・交流GIIIに次いで2勝目。武蔵野Sは、鮫島一歩調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。 ◆田辺裕信騎手「逃げも考えていたけど、主張する馬もいるし、柔軟に対応。上がりが切れる馬ではないから、早めに動き出した。思ったとおり粘り切ってくれたね。時計が出やすい馬場ではあったけど、レコードは立派」★12日東京11R「武蔵野ステークス」の着順&払戻金はこちら
11月12日() 15:36

 534

【デ杯2歳S】レース展望
 京都では土曜に第51回デイリー杯2歳S(12日、GII、芝・外1600メートル)が行われる。素質が高そうな良血馬がそろい、朝日杯フューチュリティS(12月18日、阪神、GI、芝1600メートル)、阪神ジュベナイルフィリーズ(同11日、阪神、GI、芝1600メートル)を占う意味でも重要な一戦になりそうだ。 2戦2勝の馬が2頭おり、ともに上がり3ハロン最速の脚を発揮して連勝している。そのうちディーパワンサ(栗東・松下武士厩舎、牝)は中京2歳S以来、3カ月半ぶりだが、調整は順調。中京2歳Sはスタートで後手に回ったものの、すぐに中団につけ、直線で外に持ち出すと一気に前を抜き去った。センスの高さと瞬発力は一級品。新種牡馬ディープブリランテの産駒として初の重賞Vがかかる一戦で、母ポロンナルワが今年のオークス馬シンハライトの半姉という血統面からも大物感が伝わる。 もう1頭の2連勝馬は、ききょうSを勝ったジューヌエコール(栗東・安田隆行厩舎、牝)。こちらもダービー馬ロジユニヴァースのいとこで、血統面はヒケを取らない。1400メートルしか経験がない点も大きな問題はなさそうだが、初戦が重馬場、2戦目が稍重馬場だった。パワータイプが多いクロフネ産駒だけに、良馬場での高速決着に対応できるかがポイントになる。 良血という点では、菊花賞馬サトノダイヤモンドの半妹リナーテ(栗東・須貝尚介厩舎、牝)が最右翼。父がディープインパクトからステイゴールドに替わったが、3番手から抜け出して快勝したデビュー戦の内容は、兄同様のセンスを感じさせる。キャリア1戦で勝ち時計も平凡なことに加え、牝馬限定戦だったため、評価はそれほど高くないが、大化けする可能性は十分。今回は浜中俊騎手とのコンビで挑む。 牝馬が優勢という印象の顔触れだが、牡馬も負けてはいられない。NHKマイルC優勝馬ミッキーアイルを半兄に持つタイセイスターリー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)も1戦1勝ながら有力な一頭だ。デビュー戦は京都の芝1400メートルで好位から楽々と抜け出しての勝利。兄はスピードで圧倒するタイプだが、こちらは追ってからも味がある。レースぶりに幅がありそうで、連勝で重賞Vなら、先々が大いに楽しみだ。 内回りながら京都芝1600メートルの未勝利戦を楽に逃げ切ったベルカプリ(栗東・西浦勝一厩舎、牝)は、展開次第で面白い存在。前走の野路菊S(3着)など、長めの距離に出走してきたユノディエール(栗東・岡田稲男厩舎、牡)は、タフなレースになれば台頭の可能性がある。武豊騎手がデビューからコンビを組み続けるディープインパクト産駒サングレーザー(栗東・浅見秀一厩舎、牡)は中間の動きが目立つ一頭。ここでも軽視は禁物だろう。★デイリー杯2歳ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
11月7日(月) 19:18

 879

【デ杯2歳S】ジューヌエコール無傷3連勝で重賞V
 11月12日の京都11Rで行われた第51回デイリー杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=3800万円)は、福永祐一騎手騎乗の2番人気ジューヌエコール(牝、栗東・安田隆行厩舎)が4番手追走から直線鋭く伸びて重賞初制覇。タイムは1分34秒6(良)。手綱を取った福永祐一騎手にとっては今年のJRA100勝の区切りの勝利にもなった。 クビ差の2着には逃げ粘ったボンセルヴィーソ(8番人気)、さらに半馬身遅れた3着に3番手追走から外めを伸びたサングレーザー(4番人気)。1番人気のタイセイスターリーは中団の後ろを追走したが、伸びを欠き8着に敗れている。 デイリー杯2歳Sの勝ち馬ジューヌエコールは、父クロフネ、母ルミナスポイント、母の父アグネスタキオンという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、サンデーレーシングの所有馬。通算成績は3戦3勝。重賞初優勝。デイリー杯2歳Sは安田隆行調教師は初優勝、福永祐一騎手は2003年メイショウボーラー、2005年マルカシェンク、2010年レーヴディソールに次いで4勝目。★12日京都11R「デイリー杯2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら
11月12日() 15:52

 584

【デ杯2歳S】追って一言
 ◆サングレーザー・川上助手 「動きは素軽かった。体は締まっているし、気性的にも落ち着いています」 ◆サンライズソア・河内師 「芝の動きは悪くなかった。夏に比べてグンと成長している」 ◆タイセイスターリー・矢作師 「少しずつ走り方はよくなっている。跳びが大きく粗削りなところはあるが、能力は高い。良馬場で走らせたい」 ◆ディーパワンサ・松下師 「3頭併せで、しっかりと負荷をかけた。重たい馬場でも動いていたし、落ち着きもある」 ◆ビーカーリー・西村師 「中1週でも元気で、時計も出過ぎたくらい。折り合いがつくので距離延長は歓迎です」 ◆ベルカプリ・西浦師 「目いっぱいにはしていないが、動きはよかった。引き続きいい状態」 ◆ユノディエール・内山助手 「前走時より調教は動いている。マイルになるのもいいんじゃないかな」 ◆リナーテ・須貝師 「テンションも上がっていないし、いい動きだね。牡馬相手になるが、センスのよさに期待したい」★デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
11月10日(木) 05:05

 577

【武蔵野S】タガノトネールが昨年2着の雪辱!レコードV
 11月12日の東京11Rで行われた第21回武蔵野ステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、田辺裕信騎手騎乗の8番人気タガノトネール(セン6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)が、好スタートから2番手で終始手応え良くレースを進め、直線では早めにスパート。セーフティーリードを保って押し切り、レコードで完勝。昨年ハナ差2着の雪辱を果たすとともに、チャンピオンズC(12月4日、中京、GI、ダート1800メートル)への優先出走権を獲得した。タイムは1分33秒8(重)。 1馬身1/4差の2着には中団のやや後ろから差し脚を伸ばした3歳馬ゴールドドリーム(2番人気)、さらに1馬身1/2遅れた3着には、出遅れて最後方を進んだカフジテイク(6番人気)が差を詰めてきた。 武蔵野Sを勝ったタガノトネールは、父ケイムホーム、母タガノレヴェントン、母の父キングカメハメハという血統で、半弟タガノエスプレッソ(父ブラックタイド)はデイリー杯2歳S・GIIの勝ち馬。北海道新冠町・(有)新冠タガノファームの生産馬で、馬主は八木良司氏。通算成績は38戦8勝。重賞は2015年サマーチャンピオン・交流GIIIに次いで2勝目。武蔵野Sは、鮫島一歩調教師、田辺裕信騎手ともに初勝利。 ◆田辺裕信騎手「逃げも考えていたけど、主張する馬もいるし、柔軟に対応。上がりが切れる馬ではないから、早めに動き出した。思ったとおり粘り切ってくれたね。時計が出やすい馬場ではあったけど、レコードは立派」★12日東京11R「武蔵野ステークス」の着順&払戻金はこちら
11月12日() 15:36

 534

デイリー2Sのニュースをもっと見る >

デイリー2Sの直前追い切り情報をもっと見る >

デイリー2Sの口コミ情報をもっと見る >

●デイリー杯2歳ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜デイリー杯2歳ステークス2016〜

第51回 デイリー杯2歳ステークス G2

2016年11月12日()京都11R 芝1600m 10頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 6 6 84.2 ジューヌエコール 牝2 54.0 福永祐一 安田隆行 栗東 490(+2) 3.6 2 1.34.6
2 3 3 78.9 ボンセルヴィーソ 牡2 55.0 松山弘平 池添学 栗東 468(-2) 54.5 8 1.34.6 クビ
3 7 8 75.5 サングレーザー 牡2 55.0 武豊 浅見秀一 栗東 472(-2) 5.8 4 1.34.7 1/2
4 7 7 81.5 ディーパワンサ 牝2 54.0 C.ルメー 松下武士 栗東 432(+10) 4.6 3 1.34.7 クビ
5 8 9 81.8 ベルカプリ 牝2 54.0 池添謙一 西浦勝一 栗東 460(-2) 13.4 6 1.34.8 1/2
6 2 2 75.6 リナーテ 牝2 54.0 浜中俊 須貝尚介 栗東 460(-8) 8.4 5 1.35.1 1 1/2
7 5 5 83.2 ビーカーリー 牝2 54.0 国分恭介 西村真幸 栗東 456(+2) 97.2 10 1.35.4 1 3/4
8 1 1 80.8 タイセイスターリー 牡2 55.0 川田将雅 矢作芳人 栗東 530(+8) 2.9 1 1.35.5 1/2
9 8 10 82.0 サンライズソア 牡2 55.0 幸英明 河内洋 栗東 504(0) 53.3 7 1.35.9 2 1/2
10 4 4 76.4 ユノディエール 牡2 55.0 四位洋文 岡田稲男 栗東 438(+8) 82.2 9 1.36.0 1/2
ラップタイム 12.5-11.4-12.0-12.5-12.1-11.5-11.2-11.4
前半 12.5-23.9-35.9-48.4-60.5
後半 58.7-46.2-34.1-22.6-11.4

■払戻金

単勝 6 360円 2番人気
複勝 6 160円 2番人気
3 820円 8番人気
8 190円 4番人気
枠連 3-6 7,700円 16番人気
馬連 3-6 7,580円 18番人気
ワイド 3-6 1,740円 16番人気
6-8 470円 5番人気
3-8 3,210円 29番人気
馬単 6-3 10,680円 32番人気
3連複 3-6-8 15,710円 40番人気
3連単 6-3-8 88,490円 217番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜デイリー杯2歳ステークス2016〜

デイリー2Sのコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜デイリー杯2歳ステークス2016〜

2015年 デイリー杯2歳S 2015年11月14日() 京都11R 芝1600m 稍重 14頭

デイリー杯2歳ステークス2015

1着 13 エアスピネル 2.6倍(2人気) 武豊 1:35.9 97.4
2着 14 シュウジ 1.7倍(1人気) 岩田康誠 3 1/2 92.9
3着 10 ノーブルマーズ 38.0倍(7人気) 高倉稜 1/2 92.1
単勝 13 260円(2人気) 3連複 10−13−14 1,280円(4人気)
馬連 13−14 220円(1人気) 3連単 13→14→10 3,930円(8人気)

2014年 デイリー杯2歳S 2014年11月15日() 京都11R 芝1600m 良 09頭

デイリー杯2歳ステークス2014

1着 8 タガノエスプレッソ 7.9倍(5人気) 岩田康誠 1:35.1 90.6
2着 9 アッシュゴールド 4.0倍(2人気) 池添謙一 1/2 89.8
3着 2 ナヴィオン 2.2倍(1人気) 福永祐一 1 1/2 88.3
単勝 8 790円(5人気) 3連複 2−8−9 970円(4人気)
馬連 8−9 1,770円(6人気) 3連単 8→9→2 9,660円(32人気)

2013年 デイリー杯2歳S 2013年10月5日() 京都11R 芝1600m 良 12頭

デイリー杯2歳ステークス2013

1着 6 ホウライアキコ 4.4倍(2人気) 和田竜二 1:33.2 89.2
2着 7 アトム 2.5倍(1人気) 川田将雅 クビ 89.2
3着 8 ピークトラム 6.9倍(4人気) 小牧太 85.4
単勝 6 440円(2人気) 3連複 6−7−8 1,130円(1人気)
馬連 6−7 710円(1人気) 3連単 6→7→8 5,560円(6人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2012/10/06
デイリー杯2歳S
京都 12 テイエムイナズマ 15.6倍 6 池添謙一 1:34.7 88.0
2011/10/15
デイリー杯2歳S
京都 12 稍重 クラレント 5.1倍 4 小牧太 1:34.9 89.2
2010/10/16
デイリー杯2歳S
京都 12 レーヴディソール 2.4倍 1 福永祐一 1:33.6 91.6
2009/10/17
デイリー杯2歳S
京都 13 リディル 2.9倍 1 小牧太 1:33.7 89.1
2008/10/18
デイリー杯2歳S
京都 12 シェーンヴァルト 5.2倍 3 北村友一 1:33.3 93.6
2007/10/13
デイリー杯2歳S
京都 13 キャプテントゥーレ 7.5倍 3 川田将雅 1:35.6 88.6
2006/10/14
デイリー杯2歳S
京都 13 オースミダイドウ 1.3倍 1 武豊 1:34.3 89.7
会員登録はこちら

●デイリー杯2歳ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜デイリー杯2歳ステークス2016〜

デイリー杯2歳ステークスは京都競馬場の芝1600m、3歳(現2歳)以上による重賞競走「デイリー杯3歳ステークス」として施行されたのが始まりで翌1967年より阪神競馬場・芝1400mに変更された。1974年からは芝1200mで施行されていたが、1978年より舞台を再び京都競馬場の芝1400m条件変更された。1997年に再び施行距離を芝1600mに戻され、現在に至っている。

デイリー杯2歳ステークスは阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティステークスの両GI競走の前哨戦の1つに位置付けられている重賞競走であるが、「アルテミスステークス」や「ファンタジーステークス」など牝馬限定の番組が充実した事で牝馬の出走は減ってきている。中央競馬指定交流競走であり、1999年にはレジェンドハンターが、2000年にはフジノテンビーがそれぞれ優勝している。

過去の優勝馬にはシルクブラボーメイショウボーラーペールギュントマルカシェンクオースミダイドウキャプテントゥーレシェーンヴァルトリディルレーヴディソールクラレントテイエムイナズマホウライアキコなどが名を連ねる。

☆デイリー杯2歳ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年8月20日(
札幌記念 G2
テレビ西日本賞北九州記念 G3

競馬番組表

2017年8月19日(
2回札幌1日目
2回新潟7日目
2回小倉7日目
2017年8月20日(
2回札幌2日目
2回新潟8日目
2回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る