会員登録はこちら
関西テレビ放送賞ローズステークス2017

2017年9月17日(

関西テレビ放送賞ローズステークス G2

阪神競馬場/芝/1800m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜関西テレビ放送賞ローズステークス2017〜

第35回 関西テレビ放送賞ローズステークス G2

2017年9月17日()阪神11R 芝1800m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 14 93.0 ラビットラン 牝3 54.0 和田竜二 角居勝彦 栗東 444(+4) 26.4 8 1.45.5
2 8 16 91.8 カワキタエンカ 牝3 54.0 横山典弘 浜田多実 栗東 462(+6) 21.4 6 1.45.7 1 1/4
3 3 6 93.0 リスグラシュー 牝3 54.0 武豊 矢作芳人 栗東 436(+4) 6.3 3 1.45.8 3/4
4 3 5 92.4 ミリッサ 牝3 54.0 福永祐一 石坂正 栗東 420(+6) 9.7 5 1.45.8 ハナ
5 6 11 91.4 メイショウオワラ 牝3 54.0 小牧太 岡田稲男 栗東 456(-6) 48.0 12 1.45.9 クビ
6 8 17 96.1 ファンディーナ 牝3 54.0 岩田康誠 高野友和 栗東 526(+22) 2.9 1 1.46.2 1 3/4
7 1 2 87.7 モズカッチャン 牝3 54.0 M.デムー 鮫島一歩 栗東 482(+14) 4.3 2 1.46.2 クビ
8 6 12 87.8 ブライトムーン 牝3 54.0 藤岡佑介 大久保龍 栗東 430(0) 380.0 17 1.46.2 ハナ
9 5 10 94.0 レーヌミノル 牝3 54.0 池添謙一 本田優 栗東 474(+6) 7.5 4 1.46.3 クビ
10 2 4 86.8 ミスパンテール 牝3 54.0 四位洋文 昆貢 栗東 508(0) 62.0 13 1.46.3 ハナ
11 2 3 92.4 サトノアリシア 牝3 54.0 北村友一 平田修 栗東 478(0) 126.6 15 1.46.3 クビ
12 1 1 80.1 クイーンマンボ 牝3 54.0 C.ルメー 角居勝彦 栗東 490(-8) 22.3 7 1.46.4 3/4
13 4 7 86.3 メイズオブオナー 牝3 54.0 吉田隼人 藤原英昭 栗東 460(-2) 45.0 11 1.46.4 アタマ
14 7 15 90.6 カラクレナイ 牝3 54.0 川田将雅 松下武士 栗東 496(+12) 28.2 9 1.46.5 クビ
15 5 9 88.0 アロンザモナ 牝3 54.0 幸英明 西浦勝一 栗東 470(+4) 384.5 18 1.47.0
16 4 8 86.0 ブラックスビーチ 牝3 54.0 秋山真一 角居勝彦 栗東 450(+6) 28.3 10 1.47.0 アタマ
17 7 13 84.8 ハローユニコーン 牝3 54.0 田辺裕信 鮫島一歩 栗東 448(+16) 114.1 14 1.48.0
18 8 18 91.1 ヤマカツグレース 牝3 54.0 松山弘平 池添兼雄 栗東 448(0) 144.7 16 1.48.6 3 1/2
ラップタイム 12.4-10.9-11.3-11.8-12.2-12.0-11.6-11.3-12.0
前半 12.4-23.3-34.6-46.4-58.6
後半 59.1-46.9-34.9-23.3-12.0

■払戻金

単勝 14 2,640円 8番人気
複勝 14 640円 9番人気
16 490円 6番人気
6 210円 3番人気
枠連 7-8 1,760円 7番人気
馬連 14-16 21,390円 54番人気
ワイド 14-16 4,350円 49番人気
6-14 2,420円 26番人気
6-16 1,450円 13番人気
馬単 14-16 46,300円 112番人気
3連複 6-14-16 33,260円 104番人気
3連単 14-16-6 331,090円 852番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

ローズS関連記事

【ローズS】鬼脚ラビットV!秋華賞に新星
 第35回ローズステークス(17日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に秋華賞の優先出走権=出走18頭)和田竜二騎乗の8番人気ラビットランが、後方追走から抜群の瞬発力で差し切り勝ち。芝に転じて2戦2勝で、重賞初制覇を決めた。タイム1分45秒5(良)。1馬身1/4差の2着カワキタエンカ、さらに3/4馬身差の3着リスグラシューの3頭が、秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得。1番人気ファンディーナは6着に敗れた。 強風が吹き荒れる仁川のターフを豪快に突き抜けた。新星ラビットランが、大物感あふれる走りで春の実績馬を完封。重賞初制覇を達成した。 「前走で能力が高いのは分かっていたし、人気はなかったけど自信を持って乗った。乗り味は世代屈指で見劣ることはないと思っていたので、証明できて良かった」 和田騎手が胸を張る。道中は折り合いに専念し、後方で脚を温存。直線で大外に持ち出されるとグイグイと伸びる。メンバー最速の上がり3ハロン33秒5で、逃げ粘るカワキタエンカを楽々とかわし去った。 「距離が心配だったので、折り合いだけ気をつけて運んだ。位置取りはベストで、止まる気配はなく突き抜けた。馬もさらに良くなっていた」 これで手綱を取って2戦2勝の鞍上は、前走からの進化も口にした。 昨秋、ダートの新馬戦(1400メートル)を7馬身差で圧勝。素質の高さは示したが、その後の休養で出世が遅れた。芝に矛先を向けた近2走で、新たな一面を発揮。角居調教師も「カイバをしっかり食べて、調教をしながらでも(体が)膨らんでいます。どんどん良くなってきましたね」と目を細める。 次走の秋華賞でGI獲りへ。和田騎手が「自分から動いて行ける馬じゃないので展開に左右されるけど、期待を持っていきたい」と言えば、指揮官も「折り合い次第ですが、たまれば切れますからね」と期待を寄せる。底知れぬポテンシャルを秘める“超新星”が、一気に頂点まで突き進む。 (斉藤弘樹)★17日阪神11R「ローズS」の着順&払戻金はこちらラビットラン 父タピット、母アメリア、母の父ディキシーランドバンド。栗毛の牝3歳。栗東・角居勝彦厩舎所属。米国産。馬主は吉田和子氏。戦績5戦3勝。獲得賞金7070万2000円。重賞初勝利。ローズSは、角居勝彦調教師は2013年デニムアンドルビーに次いで2勝目、和田竜二騎手は初勝利。馬名は「ウサギ+走る」。
2017年9月18日(月) 05:06

 639

【ローズS】カワキタエンカ、逃げ粘った2着
 第35回ローズステークス(17日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に秋華賞の優先出走権=出走18頭)逃げた6番人気のカワキタエンカが2着に粘って、秋華賞の優先出走権をゲットした。前半1000メートル通過が58秒6で、浜田調教師は「ペースは速かったけど、この馬が走れるギリギリのペースでいけました」と笑顔。それでも「1ハロン延長の課題があるので」とGIへの見通しは慎重だった。★17日阪神11R「ローズS」の着順&払戻金はこちら
2017年9月18日(月) 05:05

 390

【ローズS】久々影響…ファンディーナ6着
 第35回ローズステークス(17日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に秋華賞の優先出走権=出走18頭)1番人気のファンディーナは好位を追走したものの6着に敗れた。「下(馬場)も気にせず、力のあるところは見せた。でも休み明けで、ちょっと足りなかったかな」と岩田騎手。皐月賞7着以来で22キロ増の馬体だったが、高野調教師は「増えたのは成長分」と語り、「無事なら秋華賞に向かう」と前を向いた。★17日阪神11R「ローズS」の着順&払戻金はこちら
2017年9月18日(月) 05:05

 514

【ローズS】レースを終えて…関係者談話
 ◆武豊騎手(リスグラシュー3着) 「イレ込みがましだったし、ゲートも珍しく五分で出た。力みもなかったけど、直線の反応はちょっと遅い。勝ち馬にそこで離されたからね」 ◆福永騎手(ミリッサ4着) 「馬群で気を使いながらも、よく走った。距離が延びるのも良さそう」 ◆小牧騎手(メイショウオワラ5着) 「最後にたれて(止まって)しまった。もったいないね」 ◆M・デムーロ騎手(モズカッチャン7着) 「イレ込んでいた。馬場を考えて、スタートから早めにいったけど…」 ◆藤岡佑騎手(ブライトムーン8着) 「しまいだけでもよく反応しました」 ◆池添騎手(レーヌミノル9着) 「折り合いもついて、4コーナーもいい形。追い出してから一瞬は反応したんですが」 ◆四位騎手(ミスパンテール10着) 「いい馬場でやりたかった」 ◆北村友騎手(サトノアリシア11着) 「追ってからの反応が遅かった」 ◆ルメール騎手(クイーンマンボ12着) 「この馬にはペースが速かった」 ◆吉田隼騎手(メイズオブオナー13着) 「勝ち馬と同じような位置にいたけど、緩い馬場が…」 ◆川田騎手(カラクレナイ14着) 「残り400メートルで苦しくなってしまいました」 ◆幸騎手(アロンザモナ15着) 「流れに乗って、4コーナーまで良い感じだったんですが」 ◆秋山騎手(ブラックスビーチ16着) 「流れに乗っていったが、4コーナーで手応えがなくなった」 ◆田辺騎手(ハローユニコーン17着) 「休み明けのぶん、動けなかった」 ◆松山騎手(ヤマカツグレース18着) 「リズムを重視しましたが…」★17日阪神11R「ローズS」の着順&払戻金はこちら
2017年9月18日(月) 05:04

 803

【ローズS】ファンディーナ、立て直し成功!
 デビューから3連勝でフラワーCを制し、皐月賞(7着)でも1番人気に支持されたファンディーナは、牝馬が相手なら素質上位。高野調教師は「(栗東に)帰ってきてから、馬体の維持に苦労していない。カイバの食いが全然違う。コンディションはいい」と状態に太鼓判を押す。オークスにもダービーにも出走せずに立て直した効果を、秋初戦で見せそうだ。★展望 オークス馬ソウルスターリングこそ不在だが、春の実績馬と夏の上がり馬が顔をそろえて激戦ムードだ。桜花賞馬レーヌミノルは帰厩後の調教が絶好。オークス大敗後だけに、距離短縮で巻き返しを図る。牡馬相手の皐月賞で7着に敗れたファンディーナも、素質ではクラシック上位組に引けを取らない。リスグラシュー、モズカッチャン、アドマイヤミヤビといったGI入着馬に加えて、ミリッサ、メイショウオワラなどの勢いに乗る馬が挑む図式。抽選対象でもカワキタエンカやメイズオブオナーあたりは注目される存在だ。★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月12日(火) 05:02

 3,272

【ローズS】厩舎の話
 ◆アロンザモナ・幸騎手 「動きは良かった。気性面もましになっている。距離は問題ない」 ◆カラクレナイ・松下師 「仕上がりはいい。パワーがあるので、道悪で他が気にすれば」 ◆カワキタエンカ・浜田師 「状態はいいので、面白いと思う」 ◆クイーンマンボ・前川助手 「ピリッとしてきたし、ハミも取るようになった」 ◆サトノアリシア・平田師 「動きは良かったよ。テンションをどう抑えるかが鍵」 ◆ハローユニコーン・鮫島師 「いい負荷をかけることができた」 ◆ファンディーナ・高野師 「きっちりと体を併せて、手応えはいいように見えました。体調は春よりもいいです」 ◆ブライトムーン・大久保師 「ちょっとずつ良くなっている。この相手にどこまでやれるか」 ◆ブラックスビーチ・前川助手 「ハミ受けが今ひとつだったけど、ここにきて良くなった」 ◆ミスパンテール・四位騎手 「休み明けだけど、パワーを感じた。折り合いが課題」 ◆メイショウオワラ・栗原助手 「春より体が大きくなり、精神的にもどっしりした」 ◆メイズオブオナー・藤原英師 「ダートを使っていたが、今は体もしっかりしている」 ◆モズカッチャン・鮫島師 「追い切りはしまいも余力十分だった。仕上がっている」 ◆ヤマカツグレース・松山騎手 「力んで走る面が実戦で出なければ」 ◆ラビットラン・前川助手 「思った以上に時計は出ている。素晴らしい能力がある」 ◆リスグラシュー・岡助手 「休み明けとしては順調にきました。精神面の成長を感じます」 ◆レーヌミノル・本田師 「仕上がりはいい。おとなしいので中距離ももつと思う」★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月15日(金) 05:06

 3,268

【ローズS】レース展望
 秋華賞トライアルの第2弾、ローズS(GII、芝1800メートル)が3日間開催の中日、17日に阪神競馬場で行われる。1〜3着までに秋華賞(10月15日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる一戦だ。9日の紫苑Sでディアドラ、カリビアンゴールド、ポールヴァンドルの3頭が優先出走権を獲得。今回も貴重な3枚の切符獲得を目指して、しれつな戦いが繰り広げられる。 過去5年を振り返ると、2012年1着ジェンティルドンナ、2着ヴィルシーナが本番でもワンツーフィニッシュ。14年1着ヌーヴォレコルトは本番でショウナンパンドラの2着となり、15年2着ミッキークイーンはオークスに次ぐ2冠を達成した。前哨戦がワンターン(コーナー2つ)の阪神芝・外1800メートルで本番がコーナー4つの京都芝・内2000メートルとコース形態、距離は違ってくるが、それなりの能力があれば、本番に直結する傾向にあるといえる。 今年はオークス馬ソウルスターリングの参戦はないものの、桜花賞1、2着馬、オークス2、3着馬と春のクラシック上位馬が顔をそろえた。ただ、その馬たちを抑えて1番人気になっても不思議がないのがファンディーナ(栗東・高野友和厩舎)だ。デビュー3連勝でフラワーCを圧巻の内容で制した後、牡馬相手の皐月賞に参戦。1番人気の支持を集めたが、馬群の中で厳しいレースを強いられて7着に敗退した。その後はオークスにもダービーにも向かわずに休養。先月末から本格的に時計を出し始めて、動きも1週ごとに良くなってきた。皐月賞も負けたとはいえ、一旦先頭に立つ場面があり、勝ったアルアインとの差も3馬身程度。悲観する内容ではなかった。牝馬同士ならチャンスは十分だろう。 桜花賞馬レーヌミノル(栗東・本田優厩舎)は、前走のオークスで13着に惨敗。ダイワメジャー×タイキシャトルという配合でもり、2400メートルが長かったとしか考えられない。ひと夏を越して体は確実に成長。ここ2週は栗東CWコースで猛調教を見せている。桜花賞と同じ阪神外回りは好材料。1800メートルなら好勝負になるはずだ。 桜花賞2着のリスグラシュー(栗東・矢作芳人厩舎)はオークスで5着。最後はよく伸びていたので、2400メートルが長かったとは思えないが、1600メートルと1800メートルでは【2・3・1・0】とすべて馬券に絡んでいる。阪神芝も【1・2・1・0】と堅実なので、今回も大崩れはなさそうだ。4カ月の休み明けだが、栗東坂路での1週前追い切りではラスト1ハロン12秒2を馬なりでマーク。着実に態勢を整えつつある。 サンケイスポーツ賞フローラSを制してオークスでも2着に好走したモズカッチャン(栗東・鮫島一歩厩舎)も安定したタイプ。この馬もオークス以来だが、順調に調整されている。新コンビを組むミルコ・デムーロ騎手の騎乗も興味深い。 オークス3着のアドマイヤミヤビ(栗東・友道康夫厩舎)はデビューからクイーンC制覇までの4戦で手綱を取ったクリストフ・ルメール騎手と再びコンビを組む。オークスではメンバー最速の上がり3ハロン33秒9をマーク。少し器用さに欠ける面があるので、コーナー4つで直線が短い本番よりも、今回の方が条件は良さそうだ。 昨年のオークスとローズSを勝ったシンハライトの半妹ミリッサ(栗東・石坂正厩舎)は500万下、1000万下特別と連勝中。血統背景を思えば、重賞でも上位争いが望める。 ヤマカツグレース(栗東・池添兼雄厩舎)はオークス18着、クイーンS9着とここ2戦は振るわないが、フローラSではモズカッチャンのクビ差2着。展開面に注文がつくものの、すんなりと好位で流れに乗れれば粘り込みは可能だろう。 フィリーズレビューを勝ち、桜花賞4着の実績があるカラクレナイ(栗東・松下武士厩舎)、チューリップ賞2着のミスパンテール(栗東・昆貢厩舎)、スイートピーS勝ちのブラックスビーチ(栗東・角居勝彦厩舎)、忘れな草賞優勝馬ハローユニコーン(栗東・鮫島一歩厩舎)も十分に争覇圏内。休み明けの五頭連峰特別を快勝したメイショウオワラ(栗東・岡田稲男厩舎)も勢いがあり、かなりハイレベルな顔触れといえる。 さらに、ダート路線で関東オークスを勝ち、古馬牝馬との混合戦・ブリーダーズゴールドCでも2着に好走したクイーンマンボ(栗東・角居勝彦厩舎)も参戦。大いに注目されるところだ。 抽選対象(11日現在、5頭中3頭が出走可能)では、未勝利、500万下と連勝中で勢いがあるメイズオブオナー(栗東・藤原英昭厩舎)、桜花賞7着馬で、横山典弘騎手とのコンビで臨むカワキタエンカ(栗東・浜田多実雄厩舎)に魅力がある。★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月11日(月) 19:12

 3,193

【セントライト記念&ローズS】東西調教ウオッチャー
 今週の東西調教ウオッチャーは、セントライト記念とローズSが対象レース。美浦からは東京サンスポの板津記者、栗東からは大阪サンスポの山口、長田、佐藤将美記者が参戦して、注目馬をピックアップした。 将美 セントライト記念の関西馬は、クリンチャーの気迫あふれる追い切りが目立っとったね。CWコースのゴール前では、藤岡佑騎手が気合の左ステッキで闘魂を注入。軽快さと力強さを兼ね備えた動きで、納得の仕上がりを伝えとったよ。 板津 関東馬ではミッキースワローがいいですね。途中から後ろの馬にかわされる変則的な追い切りでしたが、それに戸惑うこともなく、反応が良かったです。ゴールまでグングン伸びていく感じで、末脚はすごかった。本紙調教評価の『S』にふさわしい内容でしたよ。 山口 ローズSは関西馬だけですね。さすがと思ったのは桜花賞馬のレーヌミノルです。CWコースでの3頭併せで最先着。大外を回って、馬なりで2頭をかわしていく姿には迫力がありました。 長田 カラクレナイはCWコースでラスト1ハロン12秒4。素軽い動きが目につきました。人気を集めそうなファンディーナは、坂路で4ハロン55秒0−1ハロン12秒4。全体の時計は平凡でしたが、動きはパワフルで、力を出せそうです。 山口 オークス2着以来のモズカッチャンも上々の動き。力強いフットワークで坂路を駆け上がりました。雰囲気は休養前よりも良さそうです。★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★ローズステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年9月15日(金) 05:05

 3,025

ローズSのニュースをもっと見る >

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年9月24日(
産経賞オールカマー G2
神戸新聞杯 G2

競馬番組表

2017年9月23日(
4回中山6日目
4回阪神6日目
2017年9月24日(
4回中山7日目
4回阪神7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 アエロリット 牝3
18,391万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
14,045万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る