会員登録はこちら
関西TVローズS G2   日程:2016年9月18日() 15:35 阪神/芝1800m

関西TVローズSのニュース&コラム

【ローズS】ハナ差でヒヤッ!シンハ、2冠へV発進
 第34回ローズステークス(18日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に秋華賞の優先出走権 =出走15頭)池添謙一騎乗の1番人気シンハライトが後方追走から直線で力強く伸び、粘る11番人気のクロコスミアをハナ差かわしてV。オークス馬が秋初戦で底力を見せた。タイム1分46秒7(重)。3着カイザーバルまでが秋華賞(10月16日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得。2番人気で桜花賞馬のジュエラーは11着に大敗した。 ハナ差でヒヤッとさせたが、灰色の雲に覆われ雨水を含んだ仁川の重いターフで、オークス馬の強さを見せつけた。4カ月ぶりの実戦となったシンハライトが、初めての重馬場を問題にせず、世代NO・1の豪脚を発揮。単勝オッズ1・6倍の断トツ人気に応えて、牝馬2冠を手繰り寄せた。 「3コーナーで自分の思ったポジションを他馬に取られ一列後ろになったが、シンハライトを信じて進めた。直線で少しモタモタしたが、エンジンがかかってからの反応はいつも通り。坂でかわせると思ったので、あそこまでギリギリになるとは思わなかったが、強かった」 池添騎手は苦笑いを浮かべた後、樫の女王の強さに改めて感服した。 道中は中団の後ろを追走。直線では前とは大きな差があったが、大外から1頭だけがグイグイと脚を伸ばし、逃げ粘るクロコスミアをゴール寸前でかわした。ハナ差とはいえ、先行馬が活躍したこの日の阪神の馬場で、メンバー中ただ1頭、上がり3ハロン34秒を切る33秒7の豪脚は、春よりすごみを感じさせ、小差で勝ち切る勝負根性も変わらない。「しっかりと勝ち切るのはたいしたものだし、後ろから、あの脚を使ったのはシンハライトだけ」とジョッキーは大きくうなずいた。 馬体重はオークスからプラス14キロの436キロ。石坂調教師は「馬体重が示すようにパワーアップしている。ただ、成長分はあるが、パドックでは少し太いかなと思った」と本番での上積みに手応えをもつ。ジョッキーも「少し太かったので、よくなる」と力強い。 秋華賞の舞台となる京都芝内回り2000メートルは直線が短く、先行馬有利だが「この乗り方では届かない。今回と本番の乗り方は変わる」と池添騎手は心得ている。この日の夜、大阪市内のホテルで行われた「オークス祝勝会」に花を添えたシンハライトが、秋は“1強”として2冠制覇に挑む。 (森本昭夫)★18日阪神11R「ローズステークス」の着順&払戻金はこちらシンハライト 父ディープインパクト、母シンハリーズ、母の父シングスピール。黒鹿毛の牝3歳。栗東・石坂正厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績6戦5勝。獲得賞金2億8642万6000円。重賞は2016年GIIIチューリップ賞、GIオークスに次いで3勝目。ローズSは、石坂正調教師が12年ジェンティルドンナ、15年タッチングスピーチに次いで3勝目、池添謙一騎手は11年ホエールキャプチャに次いで2勝目。馬名は、「宝石名。輝かしい成績をおさめられるように。母名より連想」。
2016年9月19日(月) 05:09

 772

【ローズS】ジュエラー、11着もミルコ前向き
 第34回ローズステークス(18日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に秋華賞の優先出走権 =出走15頭)5月に骨折(左第1指骨剥離骨折)が判明し、桜花賞V以来となった2番人気ジュエラーは、直線で伸びを欠き11着と大敗した。道中は中団より前を追走し、直線では馬場の真ん中から前を追ったが、外からオークス馬シンハライトにあっさりかわされると、そのまま馬群に飲み込まれた。 M・デムーロ騎手は「久しぶりもあったし、重い馬場は合わない。桜花賞は出遅れたから、それを考えるとスタートを出たのはよかった。距離は問題ないし、次はいいと思う」と、惨敗にも前向きな姿勢を見せた。 藤岡調教師も「ゲートも出たし、折り合いもついていた。本番は京都の内回りで、後ろからでは話にならないからね。勝ち馬といい勝負をしてほしかったが、馬場も悪かったし、仕方がない」と巻き返しを誓った。★18日阪神11R「ローズステークス」の着順&払戻金はこちら
2016年9月19日(月) 05:08

 1,181

【ローズS】カイザーバル、切符ゲット3着
 第34回ローズステークス(18日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に秋華賞の優先出走権 =出走15頭)中団より少し前で競馬をした6番人気のカイザーバルが3着を確保。GI2勝の名牝ダンスインザムードの産駒が、本番の切符を手にした。四位騎手は「こういう道悪馬場は得意じゃないのによく頑張っているし、折り合い面も陣営が工夫してくれてスムーズだった」とパートナーの成長を感じ取った。★18日阪神11R「ローズステークス」の着順&払戻金はこちら
2016年9月19日(月) 05:07

 632

【ローズS】11番人気クロコスミア、逃走2着!
 第34回ローズステークス(18日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・外1800メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に秋華賞の優先出走権 =出走15頭)先手を奪った11番人気のクロコスミアが、オークス馬を脅かした。ゴール寸前まで粘りハナ差の2着。西浦調教師は「逃げの指示は出さなかったが、あそこまで粘ったら勝ちたかった。でも、秋華賞の出走権利は取れたし、次につながる競馬もできた」と笑顔だった。★18日阪神11R「ローズステークス」の着順&払戻金はこちら
2016年9月19日(月) 05:07

 966

関西TVローズSのニュースをもっと見る >

【ローズS】シンハライト、これが樫女王の瞬発力!
 秋華賞トライアル・ローズSの追い切りが14日、栗東、美浦の両トレセン、公営・笠松競馬場(岐阜)で行われた。オークス馬のシンハライトは坂路でラスト1ハロン12秒2をマーク。力強い伸びで先着し、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』を獲得した。桜花賞馬のジュエラーは併せ馬で楽に先着。骨折明けでも上々の仕上がりを印象づけた。 前哨戦でも態勢は十分に整った。樫の女王シンハライトが坂路で絶好の動きを披露だ。最後の1ハロンを12秒2と際立った伸びで、一気に駆け抜けた。 「全体の時計(4ハロン54秒7)はかかったけれど、しまいの反応はよかった。先週は1頭になったときにフワッとしたけど、きょうは集中して走れていたね。相変わらず乗り味は抜群です」 2週連続で追い切りに騎乗した池添騎手は、納得の笑みを浮かべた。 グランジャー(3歳500万下)を追走してスタート。最初の2ハロンは15秒2−14秒4とゆったり入ったが、3ハロン目に12秒9とペースアップ。パートナーとの差を詰めるとラスト1ハロンで並ぶ間もなくかわし、1馬身突き放してフィニッシュだ。 「1週前(同4ハロン53秒5−12秒7)、今週と、同じようにしっかりと伸びてくれた。しまいを伸ばす調教をして、しまいの時計も速いし、何の注文もつかない調教ができたと思う」。満足の調整を終え、石坂調教師は声を弾ませた。 春は桜花賞でジュエラーにハナ差の2着と敗れたが、オークスは後方から直線で馬群を割って伸び1冠をつかんだ。その後は滋賀県のノーザンファームしがらきで夏を過ごし、8月10日に入厩。トレーナーは「夏を越して背が伸び、体重も少し増えていると思うけれど、いい意味で変わりなく順調」と目を細め、「すごく軽い走りで、乗り手に従順。そして最後まで負けない勝負根性を見せる。それがこの馬の良さ」と愛馬に寄せる信頼の高さを口にした。 対戦成績で1勝1敗のジュエラーとは3度目の対決。石坂師は「シンハライトが、ちゃんと競馬をしてくれればそれでいい。だんだんと競馬の内容がよくなっているし、能力もある」とドンと構える。自分の力をしっかりと出せれば、牝馬2冠制覇をはっきりと視界にとらえることができるはずだ。 (渡部陽之助)
2016年9月15日(木) 05:05

 687

【ローズS】ジュエラー、これが桜女王の推進力!
 5カ月半ぶりにターフに帰ってくるジュエラーが、豪快に突き抜けた。手綱を取った仲田助手は、確かな手応えに目を細めた。 「久々なので反応がどうかな、と思ったけど、すごくよかった。前を射程圏に入れてからは自分でグンと行って、並んでからは引っ張りきれない手応えだった。十分だと思います」 先行するクルークハイト(2歳未勝利)を目標に、序盤はゆったりとしたペース。3コーナー過ぎから徐々にギアを上げて4コーナーで内へ。自らハミを取って直線の入り口で並びかけ、鞍上に軽く仕掛けられると、スムーズに加速。5ハロン64秒9、3ハロン37秒0−11秒0をマークし、悠々と2馬身先着した。 桜花賞制覇後、オークスに向けた調整中に左第1指骨剥離(はくり)骨折で戦線を離脱した。だが、今回はアクシデントの影響を感じさせない仕上がり。仲田助手は「先週まではイライラしたところがあったけど、そこを乗り越えて、今週に入ってからは落ち着きがある。いいときの感じですね」と好気配を伝える。 パートナーの復帰を心待ちにしていたミルコ・デムーロ騎手は「1800メートルは問題ない。今回もシンハライトが一緒で怖いけど、がんばるよ」と力を込めた。秋華賞での牝馬2冠達成をにらみ、前哨戦から桜の女王が力を示す。 (川端亮平)
2016年9月15日(木) 05:04

 686

【ローズS】追って一言
 ◆アットザシーサイド・浅見助手 「上がり重点でもしっかり伸びた。放牧を挟んで体は成長し、キャンターの走りも大きくなっている」 ◆アドマイヤリード・ルメール騎手 「ラストを伸ばした攻めの動きはとてもよかったし、いい状態。相手は強いけれど、一瞬のスピードと切れを生かしたい」 ◆カイザーバル・前川助手 「ピタリと折り合いのついた調教で馬もリラックス。体は引き締まっているし、能力は高いので何とか権利を」 ◆クィーンズベスト・大久保師 「先週のレースは展開が合わず、外枠も厳しかった。このまま中間も問題なければ連闘する予定です」 ◆クリノサンスーシ・大根田師 「予定より速い時計になったが、デキは維持。GI馬は当然強いので、雨馬場などの助けがほしい」 ◆クロコスミア・西浦師 「いい併せ馬でラストも余裕。ひと夏を越してだいぶ大人になっているので、競馬でどれだけ成長を見せるか」 ◆バレエダンサー・尾関師 「追い切りの感じから調子はいい。相手は強いですが、本番への権利を目指して頑張ってほしい」 ◆フォールインラブ・木村助手 「坂路で先週一杯にやって今週は馬なりで楽に併走先着。馬も良化しており、阪神の長い直線は合うはず」 ◆フロムマイハート・宮本師 「夏場のリフレッシュ効果も大きくて満足できる仕上がり。相性抜群の距離だし、自分から動いて何とか優先出走権は獲りたい」 ◆ヘイハチハピネス・笹野博師 「ひと息後で万全ではないけれど、動きはまずまず。未勝利とはいえ芝で善戦があるし、距離も合うと思う。あとは力関係」
2016年9月15日(木) 05:03

 925

【ローズS】レッドアヴァンセ、軽快に12秒3
 桜花賞、オークスともに7着のレッドアヴァンセは、坂路で一杯に追われ4ハロン53秒0−12秒3。軽快なフットワークでファンタジステラ(2歳未勝利)に2馬身先着だ。 7日に同51秒9を出しており、音無調教師は「時計が出てしまうと体が減るし(今週は)意図的に遅くした」と説明。調整は青写真通りだ。トレーナーは「春は(2月の)エルフィンS(1着)が一番状態が良かった。まだそのデキにはないが、トライアルだし、本番に向けてよくなってほしい」と期待する。
2016年9月15日(木) 05:03

 488

関西TVローズSの直前追い切り情報をもっと見る >

関西TVローズSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月18日 15:33更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv116 
105,940円 105,940円
Lv107 
7,430円 222,900円
Lv103 
370円 3,700円
Lv103 
160円 16,000円
Lv101 
160円 8,000円

的中情報をもっと見る >

関西TVローズS過去10年の結果

2015年9月20日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2014年9月21日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠 1:46.0 2.5倍 95.9
2着 タガノエトワール 小牧太 1 1/4 167.5倍⑮ 94.5
3着 リラヴァティ 松山弘平 1 1/4 46.0倍 93.2
2013年9月15日() 阪神競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

関西TVローズSの歴史と概要

関西テレビ放送賞ローズステークスは京都競馬場の芝2000m、4歳(現3歳)以上牝馬による重賞競走「ローズステークス(エリザベス女王杯トライアル)」として施行されたのが始まり。

関西テレビ放送賞ローズステークスは1984年にグレード制導入によりGIIに格付けされ、混合競走として外国産馬の出走が可能となった。1996年に秋華賞が創設され、3歳牝馬重賞路線が整備する際にローズステークスは秋華賞トライアルとなり、9月中旬の阪神競馬場・芝2000mに変更した。なお、2007年からは現行条件である芝1800mに距離短縮となっている。秋華賞の前哨戦としては唯一の3歳牝馬限定の重賞となり、有力馬の多くが参戦するため、秋華賞を占う重要な一戦として位置付けられている。

過去の優勝馬にはファインモーションアドマイヤグルーヴレクレドールエアメサイアアドマイヤキッスダイワスカーレットマイネレーツェルブロードストリートアニメイトバイオホエールキャプチャジェンティルドンナデニムアンドルビーなどが名を連ねる。


関西テレビ放送賞ローズステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

関西TVローズSの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る