会員登録はこちら
産経大阪杯 G2   日程:2011年4月3日() 15:45 阪神/芝2000m

産経大阪杯のニュース&コラム

【産経大阪杯】ヒルノ9度目挑戦で重賞初V
 第55回産経大阪杯(3日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6400万円 =出走15頭)藤田伸二騎乗、1番人気に支持されたヒルノダムールが念願の重賞タイトルを獲得した。直線で満を持して抜け出し、8番人気の伏兵ダークシャドウの追撃をハナ差抑えて優勝。天皇賞・春(5月1日、京都、GI、芝3200メートル)へ弾みをつけた。タイム1分57秒8(良)はコースレコード。ハナ、クビ差の3着には昨年のダービー馬エイシンフラッシュが入った。 実力に見合うタイトルを、ようやく手に入れた。重賞で惜敗続きだったヒルノダムールが、昨年の若駒S以来、約1年3カ月ぶりにV。コースレコードのおまけ付きで、重賞ウイナーの仲間入りを果たした。 「負けたかなと思ったけど、(ハナ差)よく残してくれたね。世界一の馬もいる強い4歳世代の中で、なかなか勝てなかったけど、やっとひとつタイトルを獲ることができた」。主戦の藤田伸二騎手が、満足げに笑みを浮かべた。 レースは中団の内めをキープ。リズムよく追走していくと、直線はグイグイと脚を伸ばして、ラスト100メートル付近で先頭へ。最後はダークシャドウの猛追を、ハナ差振り切って歓喜のゴール。1分57秒8の走破時計は、02年にタップダンスシチーが朝日CCでマークした1分58秒1を0秒3上回るコースレコード。着差以上に強い内容だった。 「勝ちに行ったぶん、最後は甘くなって、ヒヤヒヤしたけどね。レコードで勝つのは、力がなければできないことだよ」と昆貢調教師も待望の初タイトルに胸を張った。 惜敗続きにピリオドを打つべく、この中間から調教メニューを変更。CWコース中心から坂路に切り替え、瞬発力と体力強化を図ったことで、詰めの甘さを解消した。重賞9度目の挑戦で壁を乗り越えた今、目指すはもちろん古馬の頂点だ。 「斤量面(57キロ)で他の有力馬よりも有利だったからね。この条件では負けられないと思っていた。いい形で本番に挑めるし、次の天皇賞でも結果を出したい」とトレーナーは力を込める。 昨年の皐月賞では、ドバイワールドCを制したヴィクトワールピサの2着に食い下がった実力馬。もう“善戦マン”とは呼ばせない。重賞初制覇の勢いに乗って、一気に古馬の頂点へと上り詰めるつもりだ。 (鈴木康之)
2011年4月4日(月) 05:06

 1,439

【産経大阪杯】フラッシュ復活へ3着!
 第55回産経大阪杯(3日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6400万円 =出走15頭)昨年のダービー馬エイシンフラッシュが、復活の兆しをうかがわせる3着。中団やや後方から追走し、直線の叩き合いでは勝ち馬からハナ、クビ差及ばなかった。「59キロを背負って大外枠だから、前半はゆっくり行った。今までで一番折り合いもついて乗りやすかった。負けはしたが、次につながる競馬だった」と内田博幸騎手は手応えを感じている様子だった。
2011年4月4日(月) 05:05

 1,213

【産経大阪杯】4着シャンティ英遠征断念
 第55回産経大阪杯(3日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6400万円 =出走15頭)5番人気のダノンシャンティは、最後方からメンバー最速の上がり3ハロン33秒6の末脚で4着に突っ込んだ。前走の京都記念と同じ着順でもレースぶりは着実に良化していた。「流れが速かったこともあるが、きょうは落ち着きがあってゲートも良かった。59キロの斤量を背負って、最後はよく伸びている」と安藤勝己騎手。ただ、この結果を受けて、松田国英調教師は「海外は難しい」と英国遠征を断念。今春は国内に専念し、安田記念(6月5日、東京、GI、芝1600メートル)が目標になりそうだ。
2011年4月4日(月) 05:05

 1,041

【産経大阪杯】シャドウ2着大健闘
 第55回産経大阪杯(3日、阪神11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金6400万円 =出走15頭)1000万下特別を勝ったばかりで格上挑戦したダークシャドウは8番人気の低評価だったが、勝ち馬ヒルノダムールと写真判定の末、ハナ差2着の惜敗。金星はならなかったが、大健闘の走りを見せた。「エイシンフラッシュをかわして、勝ったと思ったけどねぇ。でも、まだ準オープンの身でここまでやれたから、どんどん力をつけていくと思う」と、福永祐一騎手は馬をたたえた。
2011年4月4日(月) 05:05

 952

産経大阪杯のニュースをもっと見る >

【産経大阪杯】フラッシュ完全復活へ鋭伸!
 産経大阪杯の追い切りが30日、東西トレセンで行われた。昨年のダービー馬エイシンフラッシュは、CWコースの併せ馬で楽々と先着。力を出せる状態にあるとみていい。一昨年の覇者ドリームジャーニーは坂路で鋭い動きを披露し、好上がりをアピールした。キャプテントゥーレは栗東坂路で4ハロン50秒9の好タイム。ヴィクトワールピサの2着だった中山記念の状態を維持している。 昨年のダービー馬エイシンフラッシュが、CWコースの併せ馬で楽々と先着。実力馬が完全復活のムードを漂わせた。 「昨年はムキになるところがあったけど、きょうはリラックスして走っていた。だいぶ大人になってきたね。いい方向に向いていると思う」 美浦から駆けつけた主戦の内田博騎手が、好感触を口にする。僚馬トランソニック(牡5、500万下)を2〜3馬身追走し、前半は折り合い重視でゆったりと進んでいく。4コーナーで内から馬体を併せると、直線は余裕の手応えで1馬身先着。馬なりだったため6ハロン86秒1、ラスト1ハロン12秒1と時計こそ目立たないが、精神面で高ぶるところもなく、直線のフットワークも軽快だった。 藤原英調教師も「前走後、(宮城県の)山元トレセンへ放牧に出したのが、いい休養になった。きょうの動きも良かったよ」と納得の笑みだ。 左トモ筋肉痛で菊花賞を回避したことでローテーションに誤算が生じ、昨秋はジャパンC8着、有馬記念7着とふるわなかったが、今回は文句なしの状態。芝2000メートルも【3・0・1・0】の好成績を残している。同世代でクラシックを制したライバル、ヴィクトワールピサ(皐月賞)が、先日のドバイワールドカップを制覇したことも、大きな刺激になっている。 「この距離は乗りやすいし、斤量59キロでも克服してほしい。ヴィクトワールピサと、またいい競馬を見せられるようにしたいね」と内田博騎手は力を込める。今春の目標である宝塚記念(6月26日、阪神、GI、芝2200メートル)には、ヴィクトワールピサも出走する可能性がある。再び対決するその時まで、もう負けるわけにはいかない。(鈴木康之) 
2011年3月31日(木) 05:07

 1,067

【産経大阪杯】ジャーニー脚取りしっかり
 有馬記念13着以来となるドリームジャーニーは、坂路で一杯に追われてシャープな脚さばきを見せた。時計はエラーだったが、前半から14秒0−12秒9−12秒3とラップを上げて、ラスト1ハロンもしっかりした脚取り。おそらく4ハロン51秒台前半だろう。「昨秋に痛めたの右前球節も今は安定しているし、いい頃のジャーニーが戻ってきた。このレースは一昨年57キロで勝って、昨年は59キロで3着。小柄な馬だから58キロは大歓迎」と池江寿調教師。この後は、ドバイワールドCを勝ったヴィクトワールピサが出走予定の香港GIのクイーンエリザベスII世C(5月1日、シャティン、芝2000メートル)に向かうプランもある。
2011年3月31日(木) 05:06

 996

【産経大阪杯】トゥーレ動き抜群50秒9
 中山記念でヴィクトワールピサの2着に踏ん張ったキャプテントゥーレは坂路で一杯に追われて4ハロン50秒9−36秒9−12秒1をマーク。「動きは変わらずいつも通り。今回は輸送が短いのでプラス体重で出走できると思う。阪神の2000メートルは朝日CCを2度勝っているし、ハナに行く競馬でいい結果を出したい」と徳江調教助手は逃げ切りVに期待を寄せている。
2011年3月31日(木) 05:06

 929

【産経大阪杯】リディル、武で覚醒
 一昨年のデイリー杯2歳Sを圧勝したリディルが、復活の時を迎えつつある。骨折のため、クラシックは棒に振ったが、1年3カ月のブランクを経て、復帰後は2戦して連続の2着。久々の重賞制覇へ調子を上げている。 橋口弘次郎厩舎期待の大器リディルが、長期休養明けを使われつつ、ようやく本来の輝きを取り戻してきた。 競馬の世界で“タラレバ”は禁句だが、デイリー杯2歳S快勝後に大きなケガ(左第1趾骨複骨折)がなければ、ヴィクトワールピサや同厩ローズキングダムとも接戦を繰り広げていたといっても過言ではないだろう。 「潜在能力は間違いなくGI級。骨折がなかったら、どこかでGIを勝っていたと思うよ」と橋口調教師はためらいなく言い放つ。デイリー杯はメンバー中最速タイの瞬発力で差し切りV。寄せ付けなかった2着エイシンアポロン、4着ダイワバーバリアンは続く朝日杯FSでエイシン2着、ダイワ3着とGIで好走。勝ち馬のローズキングダムは昨年のJCを制覇した。この3頭を物差しにすればリディルの能力の高さは推して知るべしだ。 「前走の6キロ減は誤算だったが、この中間で体は回復している。まだカイ食いが細いので、牡馬らしくガツガツと食べて体はあと10キロ増えて欲しい。走りにブレがなく乗り味は抜群だし、この馬はしまいの切れ味が身上。能力はこのメンバーに入ってもヒケは取らない」とトレーナーの期待は大きい。 白富士S、洛陽Sの反動もなく、一歩一歩確実に良化しており、状態面の不安もない。ハイレベルの4歳世代を代表する1頭へ。鞍上に武豊騎手を迎えたリディルが、完全復活を果たす。 (片岡良典)
2011年3月30日(水) 05:07

 1,898

産経大阪杯の直前追い切り情報をもっと見る >

産経大阪杯過去10年の結果

2010年4月4日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2009年4月5日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2008年4月6日() 阪神競馬場/芝2000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

産経大阪杯の歴史と概要


2017年の優勝馬キタサンブラック

関西圏で親しまれていた歴史ある中距離重賞の「産経大阪杯」が2017年にリニューアル。G1昇格を果たし、春の中距離王決定戦の役割を担う「大阪杯」に生まれ変わった。第1回(2017年)は前年の年度代表馬にして、この年も連続してそのタイトルを獲得することになるキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名。G1としてのレース史に、新たな1ページを刻んだ。G2時代から大物の参戦が多いレースとしても知られており、歴代勝ち馬の欄には、第30回(1986年)のサクラユタカオー、第36回(1992年)のトウカイテイオー、第27回(1993年)のメジロマックイーン、第42回(1998年)のエアグルーヴ、第51回(2007年)のメイショウサムソン、第52回(2008年)のダイワスカーレット、第57回(2013年)のオルフェーヴルなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。その一方、第45回(2001年)は当時の絶対王者テイエムオペラオーが馬券圏外の4着に敗れ、第54回(2010年)は単勝1.3倍の支持を集めたドリームジャーニーが3着に取りこぼすなど、時に大番狂わせが発生することもある。

▼2017年はキタサンブラックが1番人気に応えて初代王者を襲名した。

歴史と概要をもっと見る >

産経大阪杯の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る