会員登録はこちら
日経新春杯 G2   日程:2009年1月18日() 15:45 京都/芝2400m

レース結果

日経新春杯 G2

2009年1月18日() 京都/芝2400m/16頭

本賞金:5,800万 2,300万 1,500万 870万 580万


レコード:2分22秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 10

テイエムプリキュア

牝6 49.0 荻野琢真  五十嵐忠 502(-4) 2.26.6 34.4 11
2 4 8

ナムラマース

牡5 56.0 小牧太  福島信晴 482(+6) 2.27.2 3 1/2 5.4 3
3 4 7

タガノエルシコ

牡4 52.0 藤岡佑介  宮徹 432(-4) 2.27.3 1/2 6.3 4
ラップタイム 12.7-11.3-11.7-12.7-12.7-12.6-12.6-12.1-11.6-11.9-11.9-12.8
前半 12.7-24.0-35.7-48.4-61.1
後半 60.3-48.2-36.6-24.7-12.8

■払戻金

単勝 10 3,440円 11番人気
複勝 10 620円 11番人気
8 210円 3番人気
7 230円 4番人気
枠連 4-5 2,690円 10番人気
馬連 8-10 15,190円 47番人気
ワイド 8-10 3,000円 39番人気
7-10 2,980円 38番人気
7-8 630円 4番人気
馬単 10-8 41,360円 109番人気
3連複 7-8-10 22,460円 75番人気
3連単 10-8-7 213,570円 637番人気

日経新春杯のニュース&コラム

アドマイヤモナーク右前脚骨折…引退へ
 昨年の有馬記念2着馬アドマイヤモナーク(栗・松田博、牡8、父ドリームウェル)が右前脚を骨折していることが21日、判明した。診断によると、右第1指節種子骨骨折で競走能力喪失、このまま引退することになった。 詳細は不明ながら、5着に終わった先週の日経新春杯のレース中に骨折した模様。種牡馬入りするかなどの今後については、現段階では決まっていない。JRA通算成績は46戦8勝。重賞は08年の日経新春杯(GII)、ダイヤモンドS(GIII)の2勝。獲得総賞金は4億1383万1000円。
2009年1月22日(木) 05:00

 906

昨年の有馬2着アドマイヤモナークが故障
 昨年の有馬記念(GI)で最低14番人気ながら2着に入り波乱を演出したアドマイヤモナーク(牡8、栗・松田博厩舎)が「右第1指節種子骨々折(競走能力喪失)」が判明したと発表された。今月18日に連覇を狙った日経新春杯で5着に敗れていた。 アドマイヤモナークは03年10月にデビュー、初勝利まで9戦を要したが徐々にステップアップ。06年のサンシャインS(1600万下)を勝ち念願のオープン入り。昇級後はやや苦戦するも、08年の日経新春杯(GII)で重賞初制覇。続くダイヤモンドS(GIII)も勝ち長距離戦線で息長く活躍した。 通算成績は46戦8勝で馬主は近藤利一氏、生産者はノーザンファーム。父ドリームウェル、母スプリットザナイト、母父トニービン。
2009年1月21日(水) 18:43

 889

【古馬次走報】ナムラマースは京都記念へ
 ★…日経新春杯2着ナムラマース(栗・福島、牡5)は京都記念(2月21日、京都、GII、芝2200メートル)。鳴尾記念を勝ったサクラメガワンダー(栗・友道、牡6)も参戦。 ★…有馬記念9着フローテーション(栗・橋口、牡4)は、ルメール騎手でダイヤモンドS(2月15日、東京、GIII、芝3400メートル)。 ★…4連勝中のウォータクティクス(栗・池江寿、牡4)は平安Sを回避し、マーチS(3月29日、中山、GIII、ダ1800メートル)へ。 ★…淀短距離Sを快勝したサープラスシンガー(美・宗像、牡5)、2着コスモベル(栗・西園、牝5)はシルクロードS(2月8日、京都、GIII、芝1200メートル)。 ★…ジャニュアリーSを制したヒシカツリーダー(栗・小島貞、牡5)は根岸S(2月1日、東京、GIII、ダ1400メートル)へ。JBCスプリントを勝ったバンブーエール(栗・安達、牡6)、平安Sを回避するメイショウシャフト(栗・高橋成、牡6)も参戦。 ★…初富士Sを逃げ切ったファストロック(美・藤沢和、牡5)はペリエ騎手で東京新聞杯(31日、東京、GIII、芝1600メートル)。 ★…日経新春杯15着マイネレーツェル(栗・五十嵐、牝4)、中山金杯11着マイネカンナ(美・国枝、牝5)は中山牝馬S(3月15日、中山、GIII、芝1800メートル)。 ★…秋華賞9着以来、休養しているオディール(栗・橋口、牝4)は、京都牝馬S(2月1日、京都、GIII、芝1600メートル)で復帰。僚馬で愛知杯10着のクラウンプリンセス(牝5)、ターコイズS勝ちのザレマ(栗・音無、牝5)、ニューイヤーS9着カレイジャスミン(美・宗像、牝4)も参戦。 ★…07年の交流GI・東京大賞典12着以来、休養しているデルタブルース(栗・角居、牡8)は近く帰厩し、阪神大賞典(3月22日、阪神、GII、芝3000メートル)で復帰予定。
2009年1月21日(水) 05:01

 720

現役続行!!プリキュア、天皇賞目標
 18日の日経新春杯(GII)を制したテイエムプリキュア(栗・五十嵐、牝6)の現役続行が20日、正式に決まった。同馬は当初、日経新春杯を最後に引退する予定だった。「本当にたいしたもんだよ。前走は引退レースのつもりでビッシリと仕上げたのもあるし、使い込んで疲れもあるようなので、一度放牧に出す」と五十嵐調教師は語った。今後は春の天皇賞(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)を目標に定め、前哨戦として阪神大賞典(3月22日、阪神、GII、芝3000メートル)か、産経大阪杯(4月5日、阪神、GII、芝2000メートル)あたりを目指していく。
2009年1月21日(水) 05:00

 743

日経新春杯のニュースをもっと見る >

【日経新春杯】マース完全復活見えた!
 日曜日の東西メーン、京成杯と日経新春杯の出走予定馬が14日、東西のトレセンで追い切られた。日経新春杯で重賞3勝目を狙うナムラマースはDWコースで復調ムード伝える動きを披露した。 クラシックの有力候補と呼ばれた素質馬が再び檜舞台に上がろうとしている。前走の鳴尾記念で2着となり、復活の兆しを見せたナムラマースが、休み明け3走目でさらに上昇ムードだ。 DWコースで全身を目一杯に使った豪快なストライドで6ハロン81秒5、3ハロン39秒0−13秒1をマーク。前日の降雪で凍った馬場で、最後まで粘り強い走りを見せた。柴田調教助手が息を弾ませながら笑顔を見せる。 「きょうの馬場状態だったら速いし、状態は文句なしですね。2歳時よりも馬が明らかにパワーアップしている。もともと掛かる馬ではないし、少しズブくなっているので距離も大丈夫」 2歳秋に3連勝でGIII札幌2歳Sを制し、3歳時は皐月賞(11着)、ダービー(8着)とクラシックの王道を歩んだが、夏に右前屈腱炎を発症して休養。その影響で4歳時の昨年も順調さを欠いたが、秋に復帰してからは脚もとに不安が出ず順調に調教を積めるようになった。 福島信調教師も「ダテに重賞2勝はしていない。間隔を取って大事に使っているし、いい競馬になるはず」と好勝負を宣言。素質馬ナムラマースがここで完全復活を果たし、再びGI戦線へと乗り込んでゆく。(下村静史)
2009年1月15日(木) 05:03

 816

【日経新春杯】クオリア、復活条件揃った!
 休み明け後の3戦は不振のメイショウクオリアだが、今回は京都新聞杯を制した時と同じ京都芝&岩田康騎手。巻き返しの条件は揃っている。「結果は出ていないが、久々だったり距離が長かったりと、敗因がはっきりしている。前走(ステイヤーズS10着)は輸送で体が減ってしまったけど、それも戻ってだいぶ体がしっかりしてきた」と西橋調教師は意欲的。「少し気合に乏しいので、追い切りは併せ馬でしっかりやる予定」。トレーナーは気合を注入して重賞2勝目を狙う。
2009年1月14日(水) 05:03

 777

【日経新春杯】モナーク、トップハンデOK
 有馬記念では最低14番人気ながら2着に健闘したアドマイヤモナーク。今回は立場が替わり、58キロのトップハンデを背負って日経新春杯連覇を目指す。「ハンデが59キロだったら考えたけれど、58キロだったから。背負い慣れてる斤量だし、他の馬との比較からしても厳しいとは思わない」と松田博調教師は受けて立つ構えだ。有馬記念後も順調に調教をこなしており、「年齢を重ねたけれど、元気一杯。疲れも感じない」と松田博師は重賞3勝目に意欲を燃やす。
2009年1月14日(水) 05:03

 830

【日経新春杯】プリキュアがひと花咲かす!
 五十嵐厩舎は牝馬2頭出し。GII2勝の4歳馬マイネレーツェルは、ここへきて成績が安定してきた。「状態はいい意味での平行線。オークス(9着)は不利があったし、折り合いがつくようになっているので距離は大丈夫だと思う」と期待を寄せる五十嵐調教師。05年阪神JF優勝の6歳馬テイエムプリキュアは今回が引退レース。「小回りは他が速いので、広いコースの方がいい。去年は3着と頑張ったし、真面目に走ってくれれば」と五十嵐師は最後のひと踏ん張りを願う。
2009年1月14日(水) 05:03

 954

まだコラムはありません。
予想家コラムは
レース開催週の月曜日より順次公開されます

日経新春杯過去10年の結果

2008年1月20日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2007年1月14日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:
2006年1月15日() 京都競馬場/芝2400m 天候: 馬場:稍重
1着 アドマイヤフジ 福永祐一 2:26.3 5.4倍 104.6
2着 スウィフトカレント 岩田康誠 アタマ 10.7倍 104.6
3着 インティライミ 佐藤哲三 クビ 2.6倍 104.1

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

日経新春杯の歴史と概要


2001年の優勝馬ステイゴールド

レース名の通り、新春の淀を舞台に争われる伝統のハンデ重賞で、勝ち馬のみならず負けた馬のなかにもG1実績を持つ大物の名前が散見される。第46回(1999年)は天皇賞馬のメジロブライトが59.5キロの酷量を背負いながらも貫禄勝ち。第48回(2001年)の勝ち馬ステイゴールドは、次走でドバイシーマクラシック(当時G2)を制し、年末には香港ヴァーズに勝って待望のG1タイトルを獲得した。ほか、アドマイヤモナークルーラーシップトゥザグローリーなど、勝ち馬欄には個性派の名前がズラリと並ぶ。

歴史と概要をもっと見る >

日経新春杯の攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年2月25日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2018年2月24日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2018年2月25日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る