会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS G2   日程:2018年4月22日() 15:45 東京/芝2000m

サンスポ賞フローラSの歴史と概要


2017年の優勝馬モズカッチャン

本番より400mより距離が短い東京芝2000mで開催されるオークストライアル。第21回(1986年)のメジロラモーヌ、第22回(1987年)のマックスビューティ、第45回(2010年)のサンテミリオンなど、このレースと本番を連勝した馬は数えるほどしかいないが、2着に以下に敗れた馬も含め、この組からは多くのオークス好走馬が誕生している。第52回(2017年)の勝ち馬モズカッチャンオークスでは惜しくも2着に敗れたが、秋になってさらに力を付け、古馬初対戦となったエリザベス女王杯を制してG1ホースとなった。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第53回
2018年4月22日
東京 芝2000m
サトノワルキューレ 牝3 1:59.5 M.デムーロ 角居勝彦 全着順を
見る
第52回
2017年4月23日
東京 芝2000m
モズカッチャン 牝3 2:01.3 和田竜二 鮫島一歩 全着順を
見る
第51回
2016年4月24日
東京 芝2000m
チェッキーノ 牝3 1:59.7 C.ルメール 藤沢和雄 全着順を
見る
第50回
2015年4月26日
東京 芝2000m
シングウィズジョイ 牝3 2:01.8 内田博幸 友道康夫 全着順を
見る
第49回
2014年4月27日
東京 芝2000m
サングレアル 牝3 2:00.0 岩田康誠 松田博資 全着順を
見る
第48回
2013年4月21日
東京 芝2000m
デニムアンドルビー 牝3 2:03.9 内田博幸 角居勝彦 全着順を
見る
第47回
2012年4月22日
東京 芝2000m
ミッドサマーフェア 牝3 2:02.0 蛯名正義 小島太 全着順を
見る
第46回
2011年4月23日
東京 芝2000m
バウンシーチューン 牝3 2:03.3 三浦皇成 田島俊明 全着順を
見る
第45回
2010年4月25日
東京 芝2000m
サンテミリオン 牝3 2:00.2 横山典弘 古賀慎明 全着順を
見る
第44回
2009年4月26日
東京 芝2000m
ディアジーナ 牝3 2:02.2 内田博幸 田村康仁 全着順を
見る
第43回
2008年4月27日
東京 芝2000m
レッドアゲート 牝3 2:00.5 内田博幸 田村康仁 全着順を
見る
第42回
2007年4月22日
東京 芝2000m
ベッラレイア 牝3 2:00.8 秋山真一郎 平田修 全着順を
見る
第41回
2006年4月23日
東京 芝2000m
ヤマトマリオン 牝3 2:01.7 菊沢隆徳 安達昭夫 全着順を
見る
第40回
2005年4月24日
東京 芝2000m
ディアデラノビア 牝3 2:01.8 武豊 角居勝彦 全着順を
見る
第39回
2004年4月25日
東京 芝2000m
メイショウオスカル 牝3 2:01.1 後藤浩輝 安達昭夫 全着順を
見る
第38回
2003年4月27日
東京 芝2000m
シンコールビー 牝3 2:00.6 郷原洋司 湯窪幸雄 全着順を
見る
第37回
2002年4月21日
東京 芝2000m
ニシノハナグルマ 牝3 2:04.0 左海誠二 萱野浩二 全着順を
見る
第36回
2001年4月22日
東京 芝2000m
オイワケヒカリ 牝3 2:01.5 小林淳一 柴崎勇 全着順を
見る
第35回
2000年4月23日
東京 芝2000m
マニックサンデー 牝3 2:02.5 小野次郎 中野隆良 全着順を
見る
第34回
1999年5月1日
東京 芝2000m
スティンガー 牝3 2:01.4 岡部幸雄 藤沢和雄 全着順を
見る
第33回
1998年5月2日
東京 芝2000m
マックスキャンドゥ 牝3 2:00.3 蛯名正義 伊藤雄二 全着順を
見る
第32回
1997年4月26日
東京 芝2000m
オレンジピール 牝3 2:01.2 河内洋 山内研二 全着順を
見る
第31回
1996年4月28日
東京 芝2000m
センターライジング 牝3 2:03.4 四位洋文 伊藤雄二 全着順を
見る
第30回
1995年4月30日
東京 芝2000m
サイレントハピネス 牝3 2:02.6 橋本広喜 藤沢和雄 全着順を
見る
第29回
1994年5月1日
東京 芝2000m
ゴールデンジャック 牝3 2:03.1 四位洋文 北橋修二 全着順を
見る
第28回
1993年5月2日
東京 芝2000m
ヤマヒサローレル 牝3 2:01.5 岡部幸雄 湯浅三郎 全着順を
見る
第27回
1992年5月3日
東京 芝2000m
キョウワホウセキ 牝3 2:02.7 武豊 武邦彦 全着順を
見る
第26回
1991年4月28日
東京 芝2000m
ヤマニンマリーン 牝3 2:02.2 柴田善臣 中村均 全着順を
見る
第25回
1990年4月29日
東京 芝2000m
キョウエイタップ 牝3 2:01.5 横山典弘 稗田研二 全着順を
見る
第24回
1989年4月30日
東京 芝2000m
ファンドリポポ 牝3 2:02.5 西浦勝一 夏村辰男 全着順を
見る
第23回
1988年5月1日
東京 芝2000m
アラホウトク 牝3 2:01.4 河内洋 庄野穂積 全着順を
見る
第22回
1987年5月3日
東京 芝2000m
マックスビューティ 牝3 2:01.6 柴田政人 伊藤雄二 全着順を
見る
第21回
1986年4月27日
東京 芝1800m
メジロラモーヌ 牝3 1:50.8 河内洋 奥平真治 全着順を
見る

歴史と位置付け

5着までにオークスへの優先出走権が与えられるトライアル競走として、「サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(オークストライアル)」の名称で1966年にレース創設。1984年のグレード制導入時にG2に格付け。1991年からは優先出走権の枠が3着までに縮小された。2001年、馬齢表記の国際基準への変更に伴い、競走名を現行の「サンケイスポーツ賞フローラステークス(オークストライアル)」に改称。2018年からは優先出走権の枠がさらに縮小され、2着までとなった。

開催時期

一部の例外を除き、レース創設時より4月下旬~5月上旬に開催。

競走条件

3歳牝馬が出走可能。負担重量規定は第1~5回が定量で53kg。第6~37回が定量で54kg。第38回以降は馬齢重量(54kg)。コースは、第1~21回が東京芝1800m(一部、中山芝1800m)、第22回以降が東京芝2000m。地方競馬所属馬は1995年から、外国産馬は2003年から、外国調教馬は2010年からそれぞれ出走可能となった。

年表

1966年5着までにオークスの優先出走権が与えられるトライアルとして「サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(オークストライアル)」の名称でレース創設。東京芝1800mで第1回施行
1984年グレード制導入。G2に格付け
1987年施行距離が芝1800mから芝2000mに変更
1991年優先出走権の枠が3着までに縮小
1995年指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
2001年競走名を「サンケイスポーツ賞フローラステークス(オークストライアル)」に変更
2003年混合競走となり外国産馬が出走可能に
2010年国際競走となり外国調教馬の出走が可能に
2018年優先出走権の枠が2着までに縮小
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月28日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2018年4月29日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2018年4月28日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2018年4月29日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る