会員登録はこちら
サンスポ賞フローラS G2   日程:2016年4月24日() 15:45 東京/芝2000m

レース結果

サンスポ賞フローラS G2

2016年4月24日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:5,200万 2,100万 1,300万 780万 520万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 18

チェッキーノ

牝3 54.0 C.ルメー  藤沢和雄 464(+2) 1.59.7 5.7 3
2 6 11

パールコード

牝3 54.0 川田将雅  中内田充 502(-14) 2.00.2 5.3 2
3 3 6

アウェイク

牝3 54.0 吉田豊  斎藤誠 452(-2) 2.00.3 1/2 63.4 13
ラップタイム 12.8-11.6-11.6-11.7-12.0-12.0-11.9-11.4-12.4-12.3
前半 12.8-24.4-36.0-47.7-59.7
後半 60.0-48.0-36.1-24.7-12.3

■払戻金

単勝 18 570円 3番人気
複勝 18 230円 4番人気
11 220円 3番人気
6 1,280円 12番人気
枠連 6-8 1,270円 4番人気
馬連 11-18 1,920円 5番人気
ワイド 11-18 780円 6番人気
6-18 8,350円 69番人気
6-11 5,140円 50番人気
馬単 18-11 3,690円 10番人気
3連複 6-11-18 53,680円 142番人気
3連単 18-11-6 228,510円 646番人気

サンスポ賞フローラSのニュース&コラム

【フローラS】大外なんの!チェッキーノ3連勝樫新星
 第51回サンケイスポーツ賞フローラステークス(24日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)クリストフ・ルメール騎乗の3番人気チェッキーノが、直線で悠々と抜け出して1分59秒7(良)のレースレコードで快勝。3連勝で重賞初制覇を果たし、オークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)に向けて弾みをつけた。2着パールコード、3着アウェイクもオークスの優先出走権を手にした。 強い馬に大外枠など関係ない。東京芝2000メートル戦となった1987年以降、一度も勝ち馬が出ていなかった(18)番枠からチェッキーノが快勝。未勝利戦から3連勝でオークス切符を手にした。 「強かったです。大外枠だったけどいいポジションが取れましたし、リラックスして走れましたね。ラスト200メートルはすごく速かった」 土日で5勝し、61勝としてリーディングのトップに立ったルメール騎手の満面の笑みが、素質の高さを物語っていた。 スタートしてすぐに2コーナーになる東京芝2000メートルでは絶対的に不利とされる大外(18)番。しかし先行勢がペースを上げていったため、すんなりと中団へ取り付いて折り合った。こうなれば、デビューから常にメンバー最速の末脚を使ってきた馬。直線で満を持して追い出すと、あっさり先行勢をかわして2着パールコードを3馬身突き放し、レース史上初めて2分を切る1分59秒7のレースレコードで圧勝だ。 「きょうは簡単に勝ちました。距離のリミットはわからないけど、折り合いもつくし、スタミナがあると思います」と、ジョッキーはオークスの2400メートルも気にならない様子だ。 これが節目のJRA通算1300勝となった藤沢和調教師は、母ハッピーパス、全兄コディーノも手がけた。マイラーの多い血統だが「兄姉は気のいい馬が多いけど、この子が一番穏やか」と、こちらも距離延長を気にしない。「桜花賞は疲れがあるということで大事を取ったけど、トライアルを勝ったんだからね。(今度は)本番も使わないと怒られちゃうよ」とご機嫌だ。 ルメール騎手は他馬の依頼もあり、鞍上は調整中。おっとりタイプのチェッキーノは、未対戦の桜花賞組にとって、最大の脅威となりそうだ。 (柴田章利)★24日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちらチェッキーノ 父キングカメハメハ、母ハッピーパス、母の父サンデーサイレンス。栗毛の牝3歳。美浦・藤沢和雄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績4戦3勝。獲得賞金8048万円。重賞初勝利。サンケイスポーツ賞フローラSは、藤沢和雄調教師が1995年サイレントハピネス、99年スティンガーに次いで3勝目、クリストフ・ルメール騎手は初勝利。馬名の意味は「射撃の達人(イタリア語)」。
2016年4月25日(月) 05:10

 954

【フローラS】1番人気ビッシュ、末脚届かず5着
 第51回サンケイスポーツ賞フローラステークス(24日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)1番人気に支持されたビッシュは5着。最後方から末脚にかけ、勝ち馬と並ぶ上がり最速の3ハロン34秒6の末脚を駆使したが、位置取りが悪すぎた。「最後はよく伸びていますが、きょうのような展開では厳しかったね」と鹿戸調教師は無念の表情をみせた。★24日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2016年4月25日(月) 05:09

 799

【フローラS】アウェイク3着、伏兵も“血”騒ぐ
 第51回サンケイスポーツ賞フローラステークス(24日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)3着は13番人気の伏兵、1勝馬のアウェイクだった。中団から直線で伸びて、権利を獲得した。「折り合いに専念して一瞬の脚を生かす競馬をしました。まだ若さがあって外にモタれていましたが、いい馬ですね。距離は折り合えれば」と吉田豊騎手。半兄は朝日杯FSを勝ったゴスホークケン(父バーンスタイン)。底力が生きた。★24日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2016年4月25日(月) 05:09

 1,211

【フローラS】パールコード2着、本番で逆転誓う
 第51回サンケイスポーツ賞フローラステークス(24日、東京11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝2000メートル、1着本賞金5200万円、1~3着馬にオークスの優先出走権 =出走18頭)2番人気のパールコードが2着。道中は先団馬群をみる7番手前後の位置取りで折り合い、直線も確かな伸びをみせてオークスへの出走権を確保した。 「上手に競馬をしてくれるようになりましたし、内容はよくなってきています。現状の力は出していると思います」と川田騎手。中内田調教師は「勝ち馬が強かったですね」と完敗を認めつつも、「まだよくなる馬。体を戻して本番へ」と、大舞台での逆転を誓っていた。★24日東京11R「サンスポ賞フローラS」の着順&払戻金はこちら
2016年4月25日(月) 05:09

 587

サンスポ賞フローラSのニュースをもっと見る >

【フローラS】パールコード成長!オークスへGO
 サンケイスポーツ賞フローラステークスの追い切りが20日、東西トレセンで行われた。栗東では、パールコードがCWコースで軽快な動きを披露。サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』をゲットした。美浦では、チェッキーノがWコースでキレのある走りを見せ、同じくWコースのフロンテアクイーンは上積み確実の好気配だった。3着までにオークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権が与えられる。 澄みわたる空の下、軽快な走りを見せた。パールコードが、CWコースで絶好の動き。重賞初V、そしてオークスの出走権奪取へ、視界良好だ。 「輸送があるので、テンションを上げないように“ガス抜き”程度。先週、今週と乗りましたが、今週の方がいい走りでした。何の心配もなく、レースに向かえます」。手綱から伝わる好感触に、川田騎手が声を弾ませた。 キトゥンズグレイス(3歳未勝利)との併せ馬。4ハロンで2馬身ほど追いかけ、4コーナーで内から馬体を併せる。直線では、馬なりのまま前に出る。ビシッと追われる併走馬に最後は並ばれたものの、4ハロン52秒1-12秒3の好タイムを楽な手応えでマークした。 「ジョッキーに感触を確認してもらう程度。時計が速かったけど、最後まで楽な感じだったし、好感触をつかんだみたいだよ」。全体の動きがよく見えるように、コースの内側に陣取った中内田調教師も、好仕上がりに頬を緩めた。 3戦2勝。2戦目までは先行策で戦ったが、メンコを着用した前走のミモザ賞では一転し、控える競馬で結果を出した。脚質に幅が出たことは大きな武器になる。 「(前走に続き関東圏への)2度目の輸送、東京2000メートルの特殊なコースにどう対応してくれるか。課題も多いけど、競馬にいってセンスがいい馬だからね。デキもいいし、試金石の一戦」とトレーナーの言葉にも熱がこもる。 現3歳世代は、15頭が勝ち上がっている同厩舎のなかでも「期待している馬」(同調教師)という好素材。川田騎手も「新馬戦の時から期待していた馬。何としてもオークスへ」と力を込める。3着以内に入って優先出走権獲得といわず、勝ってGIの大舞台に向かう。 (片山和広)★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月21日(木) 04:07

 929

【フローラS】ビッシュ、陣営好感触12秒3
 2戦2勝のビッシュはWコースで単走、馬なりの内容ながらラスト1ハロンは12秒3(5ハロン70秒4)と好反応を見せた。 鹿戸調教師は「若干体も増えて帰ってきたので日曜(W4ハロン56秒0)にもやれたし、今週もしまいサッと伸ばしていい動き。新馬のときは余裕のある体つきだったので、前走くらい(408キロ)の体でいい。いい感じで出せると思います」と好感触。中山から東京替わりは歓迎で「ディープ産駒らしい切れる脚が東京でもっと生きると思う」と樫への切符獲得に手応えを示した。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月21日(木) 04:06

 632

【フローラS】ゲッカコウ、雰囲気良し13秒3
 フラワーC2着のゲッカコウは坂路で単走の追い切り。4ハロン55秒0-13秒3を馬なりでマークした。前日の雨で馬場が重いため、時計は平凡だが落ち着きがあって雰囲気は良好。高橋博調教師は「体はできているのでテンションが上がらないように。テンションが上がりやすい馬なので、前走の内で我慢して結果が出たのは収穫でした。切れる脚がないけど、長くいい脚が使えるので」と、精神面の成長を強調していた。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月21日(木) 04:06

 521

【フローラS】チェッキーノ、キレ味抜群13秒1
 チェッキーノはWコース4ハロン54秒8、1ハロン13秒1を馬なり。5頭縦列の3番目を追走し、馬体を併せることなくゴールした。軽めの内容だったが、動きにはキレがあり、未勝利-アネモネS連勝の勢いを感じさせる。 調整役の杉原騎手(レースはルメール騎手)は「縦列のまま最後に前へ近づく感じ。今回は2000メートルになるので最後までいかにリラックスできるかが課題でしたが、終わった後も興奮することなく、だいぶいい雰囲気。これが競馬でもできれば、瞬発力につながると思います」と好気配をアピールした。★サンスポ賞フローラSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2016年4月21日(木) 04:06

 516

サンスポ賞フローラSの直前追い切り情報をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月24日 15:43更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv113 
220円 22,000円
Lv112 
230円 230円
Lv110 
1,920円 19,200円
Lv108 
3,690円 73,800円
Lv105 
780円 4,680円

的中情報をもっと見る >

サンスポ賞フローラS過去10年の結果

2015年4月26日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2014年4月27日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 サングレアル 岩田康誠 2:00.0 9.1倍 93.4
2着 ブランネージュ 秋山真一郎 アタマ 10.1倍 93.4
3着 マイネオーラム 松岡正海 1 1/2 91.9倍 92.2
2013年4月21日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

サンスポ賞フローラSの歴史と概要


2017年の優勝馬モズカッチャン

本番より400mより距離が短い東京芝2000mで開催されるオークストライアル。第21回(1986年)のメジロラモーヌ、第22回(1987年)のマックスビューティ、第45回(2010年)のサンテミリオンなど、このレースと本番を連勝した馬は数えるほどしかいないが、2着に以下に敗れた馬も含め、この組からは多くのオークス好走馬が誕生している。第52回(2017年)の勝ち馬モズカッチャンオークスでは惜しくも2着に敗れたが、秋になってさらに力を付け、古馬初対戦となったエリザベス女王杯を制してG1ホースとなった。

歴史と概要をもっと見る >

サンスポ賞フローラSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年7月22日(
トヨタ賞中京記念 G3
函館2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年7月21日(
2回函館5日目
2回福島7日目
3回中京7日目
2018年7月22日(
2回函館6日目
2回福島8日目
3回中京8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る