会員登録はこちら
京王杯スプリングC G2   日程:2014年5月17日() 15:45 東京/芝1400m

レース結果

京王杯スプリングC G2

2014年5月17日() 東京/芝1400m/15頭

本賞金:5,700万 2,300万 1,400万 860万 570万


レコード:1分19秒6
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 5 9

レッドスパーダ

牡8 56.0 北村宏司  藤沢和雄 534(0) 1.19.7 38.4 10
2 6 10

クラレント

牡5 56.0 川田将雅  橋口弘次 492(-8) 1.19.9 1 1/4 4.2 2
3 3 5

エールブリーズ

牡4 56.0 三浦皇成  鮫島一歩 518(+4) 1.20.1 1 1/2 15.5 7
ラップタイム 12.6-10.5-10.6-11.0-11.3-11.4-12.3
前半 12.6-23.1-33.7-44.7-56.0
後半 56.6-46.0-35.0-23.7-12.3

■払戻金

単勝 9 3,840円 10番人気
複勝 9 720円 10番人気
10 160円 2番人気
5 390円 6番人気
枠連 5-6 5,170円 22番人気
馬連 9-10 6,900円 29番人気
ワイド 9-10 1,600円 21番人気
5-9 3,570円 44番人気
5-10 850円 8番人気
馬単 9-10 20,710円 63番人気
3連複 5-9-10 16,300円 59番人気
3連単 9-10-5 162,220円 503番人気

京王杯スプリングCのニュース&コラム

【京王杯SC】8歳スパーダV!安田記念へ復活
 第59回京王杯スプリングカップ(17日、東京11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝1400メートル、1着本賞金5700万円=出走15頭)10番人気のレッドスパーダが、2番手から押し切って重賞3勝目をあげた。勝ちタイム1分19秒7(良)は、2010年にサンクスノートが記録したレースレコードを0秒1更新。次走は優先出走権を獲得した安田記念(6月8日、東京、GI、芝1600メートル)が有力。1番人気コパノリチャードは直線で失速して7着に敗れた。 8歳馬の大激走に場内がどよめいた。10番人気の低評価だったレッドスパーダが2番手から堂々の押し切り勝ち。1分19秒7のレースレコードのおまけ付きで、安田記念に向けて復活をアピールした。 「関屋記念でもがんばってくれたけど、今回も本当によくがんばってくれました」 北村宏騎手が老雄の走りをたたえた。前走の高松宮記念は不良馬場でスタートから流れに乗れず。なすすべもなく17着に大敗したが、「きょうはいつものスタートを決めてくれました。坂下の手応えもよかったし、後はどれだけはじけてくれるかと思うぐらいだった」と、良馬場ならまだまだやれる力があることをジョッキーは結果で示してみせた。 京王杯SC6勝目となった藤沢和調教師も「いい競馬だったね」と笑顔に。「前走は馬場が悪くて走れなかったけど、今回はコパノに並びかけるぐらいの行きっぷり。これぐらいの距離がいい馬だし、8歳でも元気がいいからね」と、優先出走権を獲った安田記念への出走に意欲をみせた。 父タイキシャトルは1998年に京王杯SCを制して安田記念V。衰え知らずの孝行息子レッドスパーダが、GIでも父子制覇を狙う。(柴田章利) ◆川田騎手(クラレント2着) 「直線は(前が)あいていましたが、馬体が並んだときに接触し、完全に勢いがなくなってしまいました」 ◆三浦騎手(エールブリーズ3着) 「レース前から落ち着いていたので出していった。折り合いはついたし、狭いところを割っていけた」 ◆木原調教師(メイケイペガスター4着) 「外枠と掛かることなくいけたのがよかった」 ◆内田騎手(アミカブルナンバー5着) 「最後はしぶとく伸びて、よく頑張っている」 ◆戸崎騎手(インプロヴァイズ6着) 「折り合いはついていたけど、直線でスムーズにいけなかった」 ◆浜中騎手(コパノリチャード7着) 「上手にハナを奪えたが、いつもの粘りがなかった。高松宮記念で荒れ馬場を走った(影響)からか、東京も合わないのかな…」★17日東京11R「京王杯スプリングC」の着順・払戻金はこちら
2014年5月18日() 05:03

 443

【京王杯SC】スパーダ父子制覇で重賞3勝目!
 17日の東京11Rで行われた第59回京王杯スプリングカップ(4歳上オープン、GII、芝1400メートル、15頭立て、1着賞金=5700万円、1着馬に安田記念の優先出走権)は、北村宏司騎手騎乗の10番人気レッドスパーダ(牡8歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が好位から抜け出して快勝。3度目の重賞Vを飾った。タイムは1分19秒7(良)。 古豪が好タイムで高らかに復活を遂げた。2番手追走から抜け出したレッドスパーダが力強く押し切って3度目の重賞V。父タイキシャトルに次ぐ同レース父子制覇を果たし、安田記念(6月8日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。 レースは人気のコパノリチャードが先手を取り、ハイペースで飛ばす。レッドスパーダ、クラウンロゼが続いて、クラレントも4番手を追走。縦長の展開になり、直線に向く。コパノリチャードは早めに追撃されて苦しくなり、2番手から抜け出したレッドスパーダが後続を突き放し、そのまま押し切って優勝。昨年の関屋記念以来となる重賞3勝目を飾った。好位からしぶとく伸びた2番人気のクラレントが1馬身1/4差の2着。インを突いた7番人気エールブリーズが2着から1馬身1/2差の3着に入っている。コパノリチャードは懸命に粘ったものの7着に終わった。 レッドスパーダは、父タイキシャトル、母バービキャット、母の父Storm Catという血統。北海道日高町・下河辺牧場の生産馬で、(株)東京ホースレーシングの所有馬。通算成績は26戦7勝。重賞はGIII東京新聞杯(2010年)、GIII関屋記念(13年)に次いで3勝目。藤沢和雄調教師は97年タイキブリザード、98年タイキシャトル、00、01年スティンガー、04年ウインラディウスに次いで京王杯スプリングC6勝目、北村宏司騎手は初勝利。 北村宏騎手は「頑張ってくれましたね。前回悪い馬場を走ったので、(状態は)一番いいときと比べたらどうかと思っていましたけど、レースに行ったらいつものスタートを決めてくれました。おそらくコパノリチャードが行くと思っていましたが、あとは自分のリズムで…と。坂下でも十分いい手応えが残っていましたし、あとは仕掛けるタイミングだと思っていました。いい結果を出せて良かったですし、このまま無事に行ってくれれば」と今度は安田記念での父子制覇に思いを馳せていた。★17日東京11R「京王杯スプリングC」の着順・払戻金はこちら
2014年5月17日() 15:53

 527

【京王杯SC】1F短縮インプロヴァイズ勝機
 インプロヴァイズは昇級のダービー卿CTで0秒1差3着と健闘した。「道中あれだけ引っ掛かったのに、しまいまでしっかり脚を使ってくれた。あの内容なら今回もいい競馬になるでしょう」と橋本助手。初の東京7Fがポイントだが、「広いコースならもっとリラックスして走れるはずだし、折り合い面から1F短縮もプラスです」とキッパリ。乗り慣れた戸崎騎手で重賞初Vだ。★京王杯スプリングCの枠順はこちら
2014年5月16日(金) 13:13

 680

【京王杯SC】厩舎の話
 ◆アフォード・北出師 「初距離、初コースでどこまでやれるか」 ◆アミカブルナンバー・鈴木康師 「東京コースは走る」 ◆アルフレード・手塚師 「芝の千四は初めてだが、十分戦える」 ◆インパルスヒーロー・田中勝騎手 「前走を使った上積みがある」 ◆インプレスウィナー・丸田騎手 「得意の舞台ですが、相手がそろっていますね」 ◆インプロヴァイズ・橋本助手 「元気いっぱい。広いコースが合う」 ◆エールブリーズ・鮫島師 「発馬さえ五分なら前で運んでも折り合える」 ◆クラウンロゼ・天間師 「ブリンカー着用で距離を短縮する」 ◆クラレント・橋口師 「千四は乗りやすいだろう。東京も合う」 ◆コパノリチャード・宮師 「(折り合いは)千二が一番楽かも。距離は千四が合う」 ◆サンディエゴシチー・田嶋助手 「前に行けるようになった」 ◆シャイニープリンス・栗田博師 「ここを目標にじっくりと調整できた。この相手でも」 ◆メイケイペガスター・木原師 「条件の合う東京で変わってほしい」 ◆メイショウヤタロウ・白井師 「昇級でこの相手にどこまで」 ◆レッドスパーダ・藤沢和師 「前走は不良馬場がすべて」★京王杯スプリングCの枠順はこちら
2014年5月16日(金) 05:02

 800

京王杯スプリングCのニュースをもっと見る >

【京王杯SC】追って一言
 ◆アフォード・北出師 「輸送もあるから坂路で余裕残し。初距離、初コースでどこまで」 ◆アミカブルナンバー・鈴木康師 「前走はオープンでも戦えるところを見せた。東京は走る」 ◆アルフレード・手塚師 「脚もとの不安もなく、調子はいい。十分に戦える」 ◆インパルスヒーロー・田中勝騎手 「手応えはよかった。前走を使った上積みもある」 ◆インプレスウィナー・丸田騎手 「得意の舞台ですが、相手もそろっていますね」 ◆インプロヴァイズ・橋本助手 「元気いっぱいですし、広いコースが合う」 ◆エールブリーズ・鮫島師 「馬場の重い時間帯で時計、動きともいい感じ」 ◆クラウンロゼ・天間師 「変わりなくいい。ブリンカー着用で距離を短縮してみる」 ◆クラレント・橋口師 「しっかりした動きで仕上がりは上々。勝って安田記念へ」 ◆シャイニープリンス・栗田博師 「ここを目標にじっくりと調整できた。この相手でも」 ◆メイショウヤタロウ・白井師 「攻めはラストまでしっかり。距離の1400メートルはいい」 ◆レッドスパーダ・藤沢和師 「前走は不良馬場がすべて。スピードを生かす競馬で改めて」
2014年5月15日(木) 05:05

 580

【京王杯SC】コパノリチャード、余力残し13秒2
 高松宮記念を制したコパノリチャードは、浜中騎手を背に坂路で単走。余力を残しながら、4ハロン51秒7-13秒2の好時計でまとめた。「馬場が悪くてもしっかり動けていましたし、以前ほどガンガン行かずに落ち着きがある」とジョッキーは好感触。宮調教師は「前走後に2週間ほど放牧に出したが、いい筋肉がついてきたし、まだ成長の余地もあると思っている。(折り合いは)1200メートルが一番楽かもしれないが、距離は1400メートルが合っている」と、重賞2勝を含む4戦3勝の距離適性を強調した。
2014年5月15日(木) 05:05

 352

【京王杯SC】コパノリチャード、GI勝って成長!
 高松宮記念を勝ったコパノリチャードはその後、短期放牧に出てリフレッシュ。「前回がピークの仕上げで、欲を言えば多少トモ(後肢)は寂しいけど、状態に不安はない。競馬を使うごとに成長を感じます」と岡田助手。1400メートルは阪急杯、スワンSと重賞2勝の得意の距離。重賞3連勝を狙う。★京王杯スプリングカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月14日(水) 05:04

 431

【京王杯SC】クラレント、重賞3勝の府中だ!
 東京で重賞3勝の実績を誇るクラレントは、東京新聞杯3着以来の実戦。「東京は相性がいいので、ここまで待った。マイルだとペース次第で引っ掛かることがあるので、1400メートルの方がスムーズに走れる」と橋口調教師。じっくり乗り込まれ太め感はない。「去年は(賞金不足で)出られなかったので、今年こそ」と安田記念へ向けて、好レースを願った。★京王杯スプリングカップの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら
2014年5月14日(水) 05:04

 421

京王杯スプリングCの直前追い切り情報をもっと見る >

京王杯スプリングC過去10年の結果

2013年5月11日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:稍重
1着 ダイワマッジョーレ 蛯名正義 1:20.6 4.7倍 103.1
2着 トライアンフマーチ 岩田康誠 1/2 12.1倍 102.2
3着 ガルボ 石橋脩 クビ 13.8倍 102.2
2012年5月12日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
2011年5月14日() 東京競馬場/芝1400m 天候: 馬場:
1着 ストロングリターン 石橋脩 1:20.2 8.5倍 104.9
2着 シルポート 小牧太 ハナ 6.1倍 104.9
3着 ジョーカプチーノ 福永祐一 クビ 4.0倍 104.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京王杯スプリングCの歴史と概要


2016年の優勝馬サトノアラジン

グレード制導入以降、安田記念の3週前に組まれるようになった主要前哨戦。ニホンピロウイナーニッポーテイオーダイナアクトレスなど、昭和のころから各時代を代表する名馬が勝っており、平成に入ってもビッグネームの活躍が目立っている。第36回(1991年)のダイイチルビー、第38回(1993年)のヤマニンゼファー、第42回(1997年)のタイキブリザード、第43回(1998年)のタイキシャトル、第50回(2005年)のアサクサデンエン、第56回(2011年)のストロングリターンらが、ここと安田記念の連勝を達成。第39~41回(1994~1996年)は、スキーパラダイス、ドゥマーニ、ハートレイクと外国馬が3連覇を決めている。

歴史と概要をもっと見る >

京王杯スプリングCの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る