会員登録はこちら
高松宮記念 G1   日程:2002年3月24日() 15:40 中京/芝1200m

レース結果

高松宮記念 G1

2002年3月24日() 中京/芝1200m/18頭

本賞金:


レコード:
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

ショウナンカンプ

牡4 57.0 藤田伸二  大久保洋 484(-4) 1.08.4 6.6 3
2 5 9

アドマイヤコジーン

牡6 57.0 後藤浩輝  橋田満 462(0) 1.09.0 3 1/2 3.6 2
3 8 16

スティンガー

牝6 55.0 田中勝春  藤沢和雄 474(-2) 1.09.0 クビ 10.5 4
ラップタイム 11.8-10.2-10.9-11.5-11.7-12.3
前半 11.8-22.0-32.9-44.4-56.1
後半 56.6-46.4-35.5-24.0-12.3

■払戻金

単勝 5 660円 3番人気
複勝 5 230円 3番人気
9 150円 2番人気
16 340円 5番人気
枠連 3-5 620円 2番人気
馬連 5-9 1,140円 2番人気
ワイド 5-9 510円 2番人気
5-16 1,670円 18番人気
9-16 990円 8番人気

高松宮記念過去10年の結果

2001年3月25日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2000年3月26日() 中京競馬場/芝1200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

高松宮記念ステップレース

阪急杯   G3 
2002年2月24日() 阪神競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 3 アドマイヤコジーン 後藤浩輝 1:07.9 5.7倍 109.2
2着 2 ダンツキャスト 幸英明 3 1/2 39.7倍 103.0
3着 8 ブラウンシャトレー 安部幸夫 1/2 29.3倍 102.0
4着 11 クルーピアスター 角田晃一 アタマ 31.0倍 102.0
5着 16 ゲイリーフラッシュ 安田康彦 クビ 34.4倍 101.0
2002年2月3日() 京都競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 4 ゲイリーフラッシュ 小林徹弥 1:08.7 97.5倍 102.7
2着 10 サイキョウサンデー 四位洋文 1/2 4.4倍 101.7
3着 8 アイティースワロー 太宰啓介 クビ 28.2倍 101.7
4着 7 ナムラマイカ 渡辺薫彦 クビ 26.1倍 100.6
5着 2 タイキダイヤ 秋山真一郎 クビ 21.5倍 100.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

高松宮記念の歴史と概要


2010、11年の優勝馬キンシャサノキセキ

もともとは夏の中京開催を彩る芝2000mの名物G2だったが、1996年のG1昇格にともない距離が芝1200mに短縮されるとともに3月に移動。春の最強スプリンターを決める一戦となった。G1昇格を受けて国内のトップスプリンター大挙出走するようになり、G1として最初に行なわれた第26回(1996年)の勝ち馬フラワーパークは、秋のスプリンターズステークスも制して春秋スプリントG1連覇を達成。この馬のほかにも、第31回(2001年)のトロットスター、第33回(2003年)のビリーヴ、第39回(2009年)のローレルゲレイロ、第42回(2012年)のカレンチャン、第43回(2013年)のロードカナロアらが、春と秋のダブルタイトル獲得に成功している。また、第30回(2000年)のキングヘイロー、第35回(2005年)のアドマイヤマックス、第37回(2007年)のスズカフェニックス、第44回(2014年)のコパノリチャードのように、クラシック戦線や中距離路線では花開かずも、短距離に矛先を変えてG1ホースに上り詰めた例も少なくない。過去に2連覇を果たしたのは、第40~41回(2010~2011年)のキンシャサノキセキのみとなっている。

▼2013年はロードカナロアが1番人気に応えて優勝。春と秋のダブルタイトル獲得に成功。

歴史と概要をもっと見る >

高松宮記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る