会員登録はこちら

秋華賞データ分析

コース図京都芝2000m

“牝馬三冠”の最終戦。ゆえに、順調に使われている馬が強く、2007年以降オークスからの直行馬は、2012年のオークス馬サンテミリオン(18着)をはじめ、ことごとく凡走しており複勝圏内は皆無。2007年には、宝塚記念以来で約4カ月ぶりの実戦となったウオッカも敗れており(1番人気3着)、春シーズン以来の休養明けは大きなマイナス材料となる。主要ステップは2007年以降、数多くの好走馬を輩出しているローズSで、その大半はローズSで掲示板を確保している。重賞に格上げされた紫苑S組が2016年にワンツーフィニッシュを決めた一方、ローズS3着のカイザーバルが8番人気の低評価を覆して3着に食い込んでおり、今後もローズSが最重要ステップの役割を担うことは間違いない。舞台となる京都芝2000mはトリッキーなコースとして有名で、予想外の波乱が起こるケースもある。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
以前は荒れるG1として定評の高かった秋華賞だが、近年は上位人気馬の活躍が目立ち、平穏に終わるケースも増えてきた。もっとも、大波乱となった2008年のように、時に突拍子もない荒れ方をするのもこのレースの大きな特徴。ゆえに、伏兵に対する警戒が怠れないのと同時に、1番人気の取捨がポイントになる。2007年以降、1番人気は3勝とやや物足りない成績だが、勝利した3頭はいずれもオークス馬。とりわけ2015年の優勝馬ミッキークイーンは、秋華賞創設以来未勝利で、2着も1回しかなかった大外18番枠を克服しての勝利だった。オークス馬が1番人気の場合は、逆らわないほうが賢明かもしれない。一方で、別表を見ると、2番人気の成績がズバ抜けている。1番人気の馬が信用に足りないケースでは、2番人気を中心に馬券を組み立てるのもひとつの作戦だ。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 6-3-4-7 30.0% 45.0% 65.0% 59.0% 76.0%
2番人気 8-4-2-6 40.0% 60.0% 70.0% 131.5% 103.0%
3番人気 3-2-1-14 15.0% 25.0% 30.0% 108.0% 57.5%
4番人気 0-1-2-17 0.0% 5.0% 15.0% 0.0% 49.5%
5番人気 0-3-2-15 0.0% 15.0% 25.0% 0.0% 92.0%
6〜9番人気 0-5-6-69 0.0% 6.3% 13.8% 0.0% 64.6%
10番人気以下 3-2-3-171 1.7% 2.8% 4.5% 64.0% 79.4%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 3-2-1-1 42.9% 71.4% 85.7% 58.6% 91.4%
2.0〜2.9倍 5-1-3-2 45.5% 54.5% 81.8% 117.3% 97.3%
3.0〜4.9倍 5-3-1-11 25.0% 40.0% 45.0% 80.5% 67.5%
5.0〜7.9倍 3-1-2-6 25.0% 33.3% 50.0% 137.5% 89.2%
8.0〜14.9倍 1-6-2-23 3.1% 21.9% 28.1% 31.6% 91.3%
15.0〜19.9倍 0-3-1-20 0.0% 12.5% 16.7% 0.0% 74.6%
20.0〜49.9倍 2-3-6-86 2.1% 5.2% 11.3% 58.8% 62.1%
50.0倍以上 1-1-4-150 0.6% 1.3% 3.8% 36.9% 77.4%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 2,990円 130円 672円
複勝 6,210円 110円 545円
枠連 8,710円 230円 1,782円
馬連 23,080円 250円 4,299円
ワイド 56,110円 140円 4,478円
馬単 52,130円 300円 8,230円
3連複 1,869,680円 640円 197,762円
3連単 10,982,020円 3,660円 1,148,066円

【脚質】
過去のデータを振り返ると、脚質面では先行勢と中団待機勢がほぼ互角の成績。勝率や複勝率は中団待機勢が上回っていることから、「差し優勢」のレースであることは間違いない。一方、後方待機の追い込みタイプは信用しづらく、2007年のウオッカ、2009年のブエナビスタと、ともに1番人気の支持を集めながら3着(ブエナビスタは2位入線降着)に敗れたことは記憶に新しい。また、逃げ馬も分が悪く、過去の優勝馬は2007年のダイワスカーレット1頭しかいない。ただし、ダイワスカーレットは1コーナーをヒシアスペン(18着)と併走のかたちで進入し、道中は番手を追走して、4コーナー手前で先頭に立ったもの。従って、純然たる逃げでの勝利は皆無と考えても差しつかえない。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 1-2-1-20 4.2% 12.5% 16.7% 11.7% 298.8%
先行 5-5-5-57 6.9% 13.9% 20.8% 50.8% 65.8%
差し 13-9-13-123 8.2% 13.9% 22.2% 82.2% 86.2%
追込 1-4-1-99 1.0% 4.8% 5.7% 4.8% 13.4%

【枠順】
正面スタンド前から発走して内回りコースを約1周する形態で、最初のコーナーまでの距離は短め、かつ4つのコーナーを回るトリッキーなコース。となれば内枠が有利になりそうなものだが、なにしろ気性的に包まれることを嫌がるタイプが多い牝馬限定戦。混合戦とは違い、「内枠=優勢」の方程式は必ずしも成り立たない。とくに有利と言われがちな1枠を引いた場合、別表にあるように連対率と複勝率がソコソコの半面、単勝回収率と複勝回収率はガクンと落ちる。このレースに限って言えば、枠の有利不利は少ないと認識して構わない。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 1-4-1-34 2.5% 12.5% 15.0% 6.0% 45.0%
2枠 3-2-3-32 7.5% 12.5% 20.0% 150.3% 78.5%
3枠 2-1-6-31 5.0% 7.5% 22.5% 33.3% 81.3%
4枠 1-1-1-37 2.5% 5.0% 7.5% 15.8% 41.3%
5枠 2-4-0-34 5.0% 15.0% 15.0% 10.5% 29.0%
6枠 3-2-3-32 7.5% 12.5% 20.0% 24.3% 53.5%
7枠 4-1-5-49 6.8% 8.5% 16.9% 15.8% 180.0%
8枠 4-5-1-50 6.7% 15.0% 16.7% 115.0% 53.0%

【血統】
このレースはディープインパクト産駒を抜きにしては語れない。2012年以降、ジェンティルドンナを手はじめに、ショウナンパンドラ、ミッキークイーン、ヴィブロスと4勝。2着にも2頭が入っており、同産駒は5年連続して連対を果たしている。ただし、むやみになんでも買えばいいというわけではなく、当日の単勝オッズが4番人気以下の場合、すべて4着以下に凡走している。このあたりが取捨の大きなポイントとなりそうだ。ほかでは、父もしくは母父にミスプロの血を持つ馬が強く、2010年以降は人気の有無にかかわらず、最低1頭は複勝圏内に食い込んでいる。なかでも、キングマンボ系は特注とも言える存在で、2012年3着アロマティコ(父キングカメハメハ・6番人気)、2013年3着リラコサージュ(母父キングマンボ・15番人気)、2015年3着マキシマムドパリ(父キングカメハメハ・8番人気)のように、低評価を覆す激走があとを絶たない。高配当を狙いたい穴党にはもってこいの血筋と言えよう。

◆同コース種牡馬別成績(京都競馬場/芝/2000m/過去5年)集計期間:2012/10/09〜2017/10/09

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ディープインパクト 43-34-34-134 17.6% 31.4% 45.3% 56.7% 72.9%
2 キングカメハメハ 18-14-15-111 11.4% 20.3% 29.7% 77.8% 75.5%
3 ハーツクライ 18-10-20-90 13.0% 20.3% 34.8% 129.9% 92.2%
4 ハービンジャー 14-5-7-66 15.2% 20.7% 28.3% 113.6% 58.7%
5 ステイゴールド 11-8-9-116 7.6% 13.2% 19.4% 53.3% 53.4%
6 マンハッタンカフェ 9-15-14-78 7.8% 20.7% 32.8% 102.4% 76.2%
7 ジャングルポケット 6-6-4-77 6.5% 12.9% 17.2% 46.2% 67.7%
8 ネオユニヴァース 5-8-6-63 6.1% 15.9% 23.2% 20.9% 56.6%
9 クロフネ 5-4-3-34 10.9% 19.6% 26.1% 124.8% 82.4%
10 アドマイヤムーン 5-3-3-30 12.2% 19.5% 26.8% 50.7% 87.3%

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月23日(
阪神カップ G2
2017年12月24日(
有馬記念 G1

競馬番組表

2017年12月23日(
5回中山7日目
5回阪神7日目
2017年12月24日(
5回中山8日目
5回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る