会員登録はこちら
NHKマイルカップ G1   日程:2013年5月5日() 15:40 東京/芝1600m

NHKマイルカップのニュース&コラム

【ヴィクトリアM】血統診断
 切れ味勝負になりやすいマイル戦で、決め手のある馬が有利。1分32秒前後の高速決着が多く、速いタイムに対応できる裏付けも欲しい。 ディープインパクト産駒は昨年2、3着。桜花賞3連覇など牝馬のマイルGIで圧倒的な強さをみせており、今年も有力だ。なかでも、昨年2着のドナウブルーを最上位にみる。全妹は昨年の牝馬3冠&ジャパンCを制したジェンティルドンナ。ドナウも昨秋のマイルCSで3着に入っており、牡馬の一線級と互角以上に戦えるスピードと底力がある。東京マイルは持ち味を存分に生かせる舞台だ。 ジョワドヴィーヴルは、半姉が2010年の覇者(11年も2着)でGI6勝を挙げたブエナビスタ(父スペシャルウィーク)。高速決着に強く、近走が不振でも軽視はできない。 ヴィルシーナは4代母が世界的名牝のグローリアスソングで、その母系からはジャパンCの優勝馬シングスピールや、NHKマイルCの勝ち馬ダノンシャンティなどが出ている。長くいい脚を使えるタイプで、成長力にも富む。 アグネスタキオン産駒のサウンドオブハートは、いとこにマイル重賞3勝のシルポートがいるなど、母系はスピード豊か。タフな流れにも対応可能で、初の東京でも力を発揮できる。 非SS系では、レースレコード決着となった11年の勝ち馬アパパネを出しているキングカメハメハの産駒に注目。アロマティコは、伯父にダービー2着のインティライミがいるなど、近親に活躍馬が多数。上質なスピードが魅力で、久々のマイルも問題ない。 アドマイヤセプターは母が女傑エアグルーヴで、母系の底力はメンバー随一だ。東京向きで距離延長も歓迎。一変しても不思議はない。 オールザットジャズは、09年の優勝馬ウオッカと同じタニノギムレット産駒で、母の父がサンデーサイレンス。舞台適性は高い。 マイネイサベルは同じく母の父がSS。父テレグノシスは、東京巧者を多く出したトニービンの産駒でNHKマイルCの勝ち馬。上がり勝負は得意で、東京に替わるのは歓迎だ。(血統取材班) ヴィクトリアマイルの特別登録馬(想定騎手入り) ★PCはこちら ★スマホはこちら
2013年5月8日(水) 05:05

 1,701

【NHKマイルC】ホウオウ豪脚マイル王!
 第18回NHKマイルカップ(5日、東京11R、GI、3歳オープン国際(指)、せん馬不可、定量、芝1600メートル、1着本賞金9200万円=出走18頭)柴田大知騎乗の10番人気マイネルホウオウが末脚を伸ばし、ゴール前の叩き合いを制して3歳マイル王に輝いた。重賞初制覇で、タイムは1分32秒7(良)。柴田騎手の平地GI優勝は初で、JRA通算200勝目のメモリアルVともなった。2着は6番人気インパルスヒーロー、3着は8番人気フラムドグロワールで、関東馬の1〜3着独占はレース史上初。1番人気エーシントップは7着だった。 あふれ出る涙を止めることができない。夢にまで見たウイニングラン。柴田大知騎手(35)は顔をくしゃくしゃにして引き揚げてきた。 マイネルホウオウを3歳マイル王の座に就かせるとともに、自らは初の平地GIタイトルとJRA通算200勝を手中にした。 「すいません。言葉が出てきません。本当にうれしいです。夢中で追っていたから、レースのことは覚えていません」 話す間も、大知の目から涙が次から次へこぼれ落ちた。1996年のデビューから18年目。2006年と07年は1勝もできなかった。やっとつかんだ栄光だ。 スタートはふらつき気味。ハミが抜けた状態で走っていたため、後方2番手の位置取りになった。「前に行くつもりでしたが、気持ちを切り替えました」。後方からインパルスヒーローがフラムドグロワールを差したところを、一気に外からかわし、大接戦をクビ差で制した。 開業14年目の畠山吉宏調教師(50)にとっても待望のGI初勝利だ。「重賞を勝つことも久しぶりなのに、GIですからね。うれしいです。(中山芝1800メートルの)スプリングS(3着)の内容も悪くなかったけど、オーナーと相談してマイル路線に切り替えました」。皐月賞の権利を確保しながら、NHKマイルCに照準を定めたのは正解だった。 今後については「馬の様子を見てから」と話すにとどめたが、次走は日本ダービー(26日、東京、GI、芝2400メートル)か、マイル路線の安田記念(6月2日、東京、GI、芝1600メートル)。次なる戦いでも感動の場面を演出してくれるに違いない。 (柴田章利)NHKマイルCの着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら■マイネルホウオウ 父スズカフェニックス、母テンザンローズ、母の父フレンチデピュティ。栗毛の牡3歳。美浦・畠山吉宏厩舎所属。北海道新冠町・ヒカル牧場の生産馬で馬主は(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン。戦績10戦4勝。獲得賞金は1億5514万4000円。重賞初勝利。NHKマイルCは畠山吉宏調教師、柴田大知騎手ともに初勝利。
2013年5月6日(月) 05:09

 1,173

【NHKマイルC】生産者の吉田さん感激
 第18回NHKマイルカップ(5日、東京11R、GI、3歳オープン国際(指)、せん馬不可、定量、芝1600メートル、1着本賞金9200万円=出走18頭)マイネルホウオウの生産者、ヒカル牧場(北海道新冠町)のGI級制覇はヒカルタカイが1968年の天皇賞・春と宝塚記念を勝って以来。繁殖牝馬10頭がいる同牧場を両親と切り盛りする吉田清孝場長(33)は、東京競馬場で「テレビ観戦の父=場主の忠夫さん(62)=も喜んでいるはず。重賞でもと期待はしていましたが、まさかGIとは…」と声を詰まらせた。NHKマイルCの着順・払戻金★PCはこちら★スマホはこちら
2013年5月6日(月) 05:08

 1,432

【NHKマイルC】家族も駆けつけ祝福
 第18回NHKマイルカップ(5日、東京11R、GI、3歳オープン国際(指)、せん馬不可、定量、芝1600メートル、1着本賞金9200万円=出走18頭)柴田大知騎手の夫人、ひろみさん(39)は東京競馬場で長男の広大(ひろと)君(15)、長女のともかちゃん(10)と生観戦。「(JRA通算)200勝がGIだったらドラマチックだね、と話していたので、頑張ってほしい気持ちは強かったですね。みなさんの応援のおかげです」と笑顔が絶えなかった。同騎手の双子の弟で、現在は斎藤誠厩舎で調教助手を務めている柴田未崎(みさき)元騎手(35)は「おめでとうと声をかけました。平地のGIを勝って障害(のGI2勝)とは違った喜びがあると思います」と祝福していた。
2013年5月6日(月) 05:08

 926

NHKマイルカップのニュースをもっと見る >

【NHKマイルC】切れ味抜群!トップ頂き!
 3歳馬のマイル王決定戦、NHKマイルC(5日、東京、GI、芝1600メートル)の追い切りが1日、東西トレセンで行われた。トライアルのニュージーランドTを勝った重賞3勝馬エーシントップは栗東坂路でスピードとパワーを見せつけた。サンケイスポーツ調教評価も文句なしの「S」だ。トライアル2着のレッドアリオンもシャープな動きを披露。逆転を狙う。 520キロを超える黒光りした巨体が、猛スピードで坂路を駆け抜けた。6戦5勝のエーシントップが、この日の栗東坂路でトップ3に入る猛時計をマーク。3歳マイル王の座に就く準備は整った。 「3歳らしからぬ脚で上がってきたね。万全の仕上がりで臨めそう」。西園正都調教師の言葉が弾む。 前日の雨で、坂路のウッドチップは走りにくい状態。それでも重心の低い走りに乱れはなかった。13秒台のラップからラスト2ハロンで鞍上がゴーサインを出すと一気に11秒8と加速。最後も12秒1で締めくくって4ハロン51秒4の好時計だった。これには調教師も「ピークの状態になりましたね」と大満足だ。 デビュー当初はスピード任せに逃げていた。2戦目の中京2歳Sは勝ったものの騎手の制御が効かない状況。そこでメンコ(耳覆い)を着用してリングハミに替えて折り合いがつくように変身した。その成果が表れたのが上がり3ハロン33秒6の脚を使った京王杯2歳Sと、スローペースの3番手で折り合った前走のニュージーランドTだ。 「最後にクビぐらい出ているだけで派手な勝ち方をしないけど、勝負強いというか、ゴールの位置を知っているね。東京のマイル戦は紛れがなくて力がないと勝てない。この馬の力を出し切れれば対応できるでしょう」 抜群のレースセンスと調教の好内容。西園師の顔に不安の色は一切見られない。実績はダントツでも、抜けた1番人気にはならないムードが漂っている。人気より結果。エーシントップがトップゴールで3歳マイルの頂点まで駆け上がる。(柴田章利)★柴田がミタ 栗東の坂路で51秒4は馬場状態が良くても好時計だが、この日は不良馬場でのもの。一杯に追わずにこれだけの時計が出たのは、よほど状態がいいということだろう。フットワークに迫力があったし、競馬エイトの調教採点でも8点がついたほど動きは目立っていた。調教だけを見れば、この馬が本命で仕方ない。が、問題は展開。スローペースでの折り合いは前走で進境を見せたが、今回はコパノリチャードなど快速馬がそろった。ハイペースの先行争いに巻き込まれるとどうかと思うが、今の絶好調ぶりでは予想で軽く扱うことはできない。
2013年5月2日(木) 05:08

 998

【NHKマイルC】レッドアリオン、闘争心ON!
 GI初制覇に向け、レッドアリオンが好仕上がりをアピール。手綱から伝わる好感触に川須騎手のほおが緩んだ。 「馬場が悪い時間でも、しまいまでいい感じでまとめてくれた。だいぶ戦闘モードに入って気合乗りもよくて、引き続きいい状態ですね」 栗東坂路を単走で、ゆったりしたペースでスタート。軽快に加速し、急勾配を駆け上がっていく。残り1ハロンで軽く仕掛けると、ラスト1ハロン12秒7(4ハロン53秒5)でフィニッシュした。 前走のニュージーランドTは、エーシントップのクビ差2着。「シンザン記念で0秒4差だった相手にクビ差。決して逆転できない差じゃない」と川須騎手。最後の直線が長い東京への舞台替わりは好都合で、「競馬が上手でいい瞬発力を持っている。東京ならこの馬の方がいい。人気を背負う前に行く馬を見ながら、いつも通りに正攻法の競馬ができれば」と、エーシントップを意識してリベンジ劇を思い描く。 ここ2戦で手綱をとる川須に橋口調教師は「この前は勝てなかったが、結果を残してくれた。この馬のこともよく分かっているから、馬の力を信じて乗ってくれればいい」と信頼を寄せた。 「不安がないので自信を持って乗れる。期待に応えたいですね」 GI初制覇を狙うデビュー4年目の21歳は、力強い言葉で締めくくった。昨年3着のクラレントなど重賞ウイナーを兄に持つレッドアリオンが、次代を担うホープに導かれて3歳マイル王の座につく。(川端亮平)
2013年5月2日(木) 05:07

 878

【NHKマイルC】アットウィル上積みあり!
 マーガレットS3着のアットウィルは、栗東坂路で一杯に追われてラスト1ハロン12秒6(4ハロン53秒7)でフィニッシュした。領家調教師は「先週、坂路でしっかりやっているから、今週はしまいだけと指示した。いいんじゃないの」と、仕上がりに自信をみせる。 1600メートルは2度走って11、6着だが「ここへきて馬が力をつけて、走れる体になってきた。今までで一番いい状態で出られるから、マイルも大丈夫」と言い切った。
2013年5月2日(木) 05:06

 471

【NHKマイルC】ヒーロー、楽々51秒1
 ファルコンSを勝ったインパルスヒーローは、田中勝騎手を背に美浦坂路で軽快な動きを見せた。先行していた僚馬レッドブルピサ(牡4、500万下)の内で併入して4ハロン51秒1を楽な手応えでマーク。「思い通りにきているね。素直でコントロールしやすい」と田中勝騎手は笑顔だ。 1400メートルで3連勝し、今回はデビュー戦(2着)以来の1600メートルになるが、「距離は気にしていない」と鞍上は胸を張った。
2013年5月2日(木) 05:05

 530

NHKマイルカップの直前追い切り情報をもっと見る >

NHKマイルカップ過去10年の結果

2012年5月6日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2011年5月8日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2010年5月9日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

NHKマイルカップステップレース

皐月賞   G1 
2013年4月14日() 中山競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 7 ロゴタイプ M.デムーロ 1:58.0 3.7倍 100.1
2着 14 エピファネイア 福永祐一 1/2 3.9倍 99.5
3着 12 コディーノ 横山典弘 1 1/4 4.4倍 98.3
4着 15 カミノタサハラ 蛯名正義 1 1/4 7.0倍 97.1
5着 5 タマモベストプレイ 和田竜二 クビ 25.9倍 97.1
桜花賞   G1 
2013年4月7日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 7 アユサン C.デムーロ 1:35.0 18.0倍 96.8
2着 14 レッドオーヴァル M.デムーロ クビ 4.5倍 96.8
3着 9 プリンセスジャック 福永祐一 2 1/2 87.4倍 93.8
4着 13 クロフネサプライズ 武豊 クビ 2.8倍 93.8
5着 6 ローブティサージュ 秋山真一郎 1 1/2 20.8倍 92.2
2013年4月6日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 12 エーシントップ 内田博幸 1:34.8 3.4倍 93.7
2着 4 レッドアリオン 川須栄彦 クビ 6.9倍 93.7
3着 3 ストーミングスター 柴田善臣 ハナ 105.6倍⑫ 93.7
4着 6 プリムラブルガリス M.デムーロ 1 3/4 14.1倍 91.4
5着 7 カシノピカチュウ 西田雄一郎 クビ 79.1倍 91.4
2013年3月16日() 中京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 2 インパルスヒーロー 田中勝春 1:22.2 4.9倍 94.6
2着 8 カシノピカチュウ 西田雄一郎 1/2 34.4倍 93.7
3着 9 エールブリーズ D.バルジュー クビ 10.8倍 93.7
4着 13 モグモグパクパク 北村宏司 クビ 8.7倍 92.8
5着 11 マンドレイク 松山弘平 クビ 27.5倍 92.8

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

NHKマイルカップの歴史と概要


2004年の優勝馬キングカメハメハ

3歳馬によるマイル王決定戦。かつては、マイル以下に適性のある短距離馬や、クラシックに出走できなかった外国産馬にとって、3歳(旧4歳)春シーズンにG1ホースになるチャンスはなきに等しかったが、このレースができたことによりクラシックに縁のない馬たちが輝きを放つことになった。第2回(1997年)はその後フランスのG1を制すシーキングザパールが完勝。第3回(1998年)は、1年半後の凱旋門賞で歴史に残るあと一歩の接戦を演じることになるエルコンドルパサーが圧勝。第6回(2001年)は、秋にダートでもG1タイトルを獲得するクロフネが順当勝ち。“マル外の大物”たちがNHKマイルCの歴史を築き上げてきた。第9回(2004年)の勝ち馬キングカメハメハは、次走の日本ダービーも制し、史上初のパターンとなる“変則2冠”を達成。第13回(2008年)の覇者ディープスカイも、ここと日本ダービーを連勝し、キングカメハメハに続いた。近年は、第21回(2016年)のメジャーエンブレム、第22回(2017年)のアエロリットと、牝馬の活躍が目立っている。

▼2016年メジャーエンブレムは2着以下を完封。2つ目のGIタイトルを手にした。

歴史と概要をもっと見る >

NHKマイルカップの攻略メニュー

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年1月28日(
根岸ステークス G3
シルクロードS G3

競馬番組表

2018年1月27日(
1回東京1日目
1回中京5日目
2回京都1日目
2018年1月28日(
1回東京2日目
1回中京6日目
2回京都2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る