会員登録はこちら
スプリンターズS G1   日程:2018年9月30日()  中山/芝1200m

スプリンターズSの歴史と概要


2012、13年の優勝馬ロードカナロア

後世に語り継がれる“伝説の一戦”や“衝撃の一戦”には枚挙に暇がなく、日本競馬史上最強スプリンターと並び称されるサクラバクシンオーロードカナロアが、いずれも圧倒的な強さで連覇(前者が第27~28回、後者が第46~47回)。1998年の第32回は、引退レースとしてこのレースに臨み、誰もが勝利を信じて疑わなかった単勝1.1倍のタイキシャトルがよもやの3着に敗れ、競馬界に衝撃が走った。2000年の第34回は16頭立ての最低人気、単勝257.5倍のダイタクヤマトが逃げ切り勝ちを収め、場内が騒然。2005年の第39回は、当時の世界最強スプリンターサイレントウィットネス(香港)が噂に違わぬ異次元の強さを見せつけ、ファンの喝采と溜息を誘った。

▼2005年は香港馬サイレントウィットネスが異次元の強さを見せつけた。

歴代優勝馬

1986年以降の優勝馬を掲載しています。優勝馬の馬齢は2000年以前も現行表記と統一しています。

回数 開催日 優勝馬 性齢 勝ち
タイム
騎手 調教師 レース
結果
第51回
2017年10月1日
中山 芝1200m
レッドファルクス 牡6 1:07.6 M.デムーロ 尾関知人 全着順を
見る
第50回
2016年10月2日
中山 芝1200m
レッドファルクス 牡5 1:07.6 M.デムーロ 尾関知人 全着順を
見る
第49回
2015年10月4日
中山 芝1200m
ストレイトガール 牝6 1:08.1 戸崎圭太 藤原英昭 全着順を
見る
第48回
2014年10月5日
新潟 芝1200m
スノードラゴン 牡6 1:08.8 大野拓弥 高木登 全着順を
見る
第47回
2013年9月29日
中山 芝1200m
ロードカナロア 牡5 1:07.2 岩田康誠 安田隆行 全着順を
見る
第46回
2012年9月30日
中山 芝1200m
ロードカナロア 牡4 1:06.7 岩田康誠 安田隆行 全着順を
見る
第45回
2011年10月2日
中山 芝1200m
カレンチャン 牝4 1:07.4 池添謙一 安田隆行 全着順を
見る
第44回
2010年10月3日
中山 芝1200m
ウルトラファンタジー セ8 1:07.4 H.ライ イウ 全着順を
見る
第43回
2009年10月4日
中山 芝1200m
ローレルゲレイロ 牡5 1:07.5 藤田伸二 昆貢 全着順を
見る
第42回
2008年10月5日
中山 芝1200m
スリープレスナイト 牝4 1:08.0 上村洋行 橋口弘次 全着順を
見る
第41回
2007年9月30日
中山 芝1200m
アストンマーチャン 牝3 1:09.4 中舘英二 石坂正 全着順を
見る
第40回
2006年10月1日
中山 芝1200m
テイクオーバーターゲット セ7 1:08.1 J.フォード ジャニア 全着順を
見る
第39回
2005年10月2日
中山 芝1200m
サイレントウィットネス セ6 1:07.3 F.コーツィー クルーズ 全着順を
見る
第38回
2004年10月3日
中山 芝1200m
カルストンライトオ 牡6 1:09.9 大西直宏 大根田裕 全着順を
見る
第37回
2003年10月5日
中山 芝1200m
デュランダル 牡4 1:08.0 池添謙一 坂口正大 全着順を
見る
第36回
2002年9月29日
新潟 芝1200m
ビリーヴ 牝4 1:07.7 武豊 松元茂樹 全着順を
見る
第35回
2001年9月30日
中山 芝1200m
トロットスター 牡5 1:07.0 蛯名正義 中野栄治 全着順を
見る
第34回
2000年10月1日
中山 芝1200m
ダイタクヤマト 牡6 1:08.6 江田照男 石坂正 全着順を
見る
第33回
1999年12月19日
中山 芝1200m
ブラックホーク 牡5 1:08.2 横山典弘 国枝栄 全着順を
見る
第32回
1998年12月20日
中山 芝1200m
マイネルラヴ 牡3 1:08.6 吉田豊 稲葉隆一 全着順を
見る
第31回
1997年12月14日
中山 芝1200m
タイキシャトル 牡3 1:07.8 岡部幸雄 藤沢和雄 全着順を
見る
第30回
1996年12月15日
中山 芝1200m
フラワーパーク 牝4 1:08.8 田原成貴 松元省一 全着順を
見る
第29回
1995年12月17日
中山 芝1200m
ヒシアケボノ 牡3 1:08.1 角田晃一 佐山優 全着順を
見る
第28回
1994年12月18日
中山 芝1200m
サクラバクシンオー 牡5 1:07.1 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第27回
1993年12月19日
中山 芝1200m
サクラバクシンオー 牡4 1:07.9 小島太 境勝太郎 全着順を
見る
第26回
1992年12月20日
中山 芝1200m
ニシノフラワー 牝3 1:07.7 河内洋 松田正弘 全着順を
見る
第25回
1991年12月15日
中山 芝1200m
ダイイチルビー 牝4 1:07.6 河内洋 伊藤雄二 全着順を
見る
第24回
1990年12月16日
中山 芝1200m
バンブーメモリー 牡5 1:07.8 武豊 武邦彦 全着順を
見る

歴史と位置付け

JRA初の1200m重賞として、中山芝1200mを舞台に1967年に創設。1984年のグレード制導入と同時にG3に格付けされ、1987年にG2に昇格した。1990年にG1競走の仲間入りを果たし、下半期の短距離路線のチャンピオンを決める一戦として認識されるようになった。2005年からは世界5カ国の競馬団体が参加するかたちで新設された、1200m以下の国際重賞競走で構成される「グローバル・スプリント・チャレンジ」シリーズに編入。現在はこのスプリンターズSをステップに、暮れの香港スプリントに進むローテーションがトップスプリンターにとっての王道路線となっている。なお、1988年には東京競馬場(芝1400m)で、2002年と2014年には新潟競馬場(芝1200m)で開催された。

開催時期

第1回は7月、第2回は5月、第3~14回は9月下旬から10月中旬、第15~17回は2月下旬、第18~23回は3月中旬と開催時期が目まぐるしく変わり、1990年(第24回)のGⅠ昇格時に12月の有馬記念の前週に移行。暮れのグランプリの前座を務めるGⅠとして定着した。そして、1年を通してのスプリント路線の競走体系が整備された2000年(第34回)に9月下旬から10月初旬の開催に移され、現在に至っている。

競走条件

第1回、第3~14回、第24回以降は3歳以上が、第2回、第15~23回は4歳以上が出走可能。負担重量規定は、創設当時はハンデキャップだったが、第3回より別定に変更。G1に昇格した第24回に定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)に改められた。1994年(第28回)に国際競走に指定され、外国調教馬にも門戸が開放。翌1995年(第29回)には特別指定交流競走となり、地方競馬所属馬の出走も可能になった。同年のキーンランドカップ、セントウルステークスの1着馬(地方競馬所属馬は1、2着馬)に優先出走権が与えられる。また、2016年より「ブリーダーズカップチャレンジ」競走に指定。当該年のブリーダーズカップターフスプリント(アメリカ)への優先出走権ならびに出走登録料の免除、輸送費の一部負担の特典が付与されるようになった。

その他

第3回は「英国フェア開催記念」として施行。第8~13回はレース名に「読売杯」が、第14~16回はレース名に「読売」が付く。

年表

1967年レース創設。第1回が施行。負担重量規定はハンデ
1969年負担重量規定が別定に変更
1984年グレード制導入。GⅢに格付け
1987年GⅡに昇格
1988年東京競馬場(芝1400m)で施行
1990年GⅠに昇格。負担重量規定が定量に変更
1994年国際競走に指定され外国調教馬の出走が可能に
1995年特別指定交流競走となり地方競馬所属馬の出走が可能に
2002年新潟競馬場(芝1200m)で施行
2005年「グローバル・スプリント・チャレンジ」シリーズに編入。
2014年新潟競馬場(芝1200m)で施行
2016年「ブリーダーズカップチャレンジ」競走に指定
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月28日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2018年4月29日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2018年4月28日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2018年4月29日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る