会員登録はこちら
マイルチャンピオンS G1   日程:2018年11月18日()  京都/芝1600m

マイルチャンピオンSデータ分析

コース図京都芝1600m

秋のマイル王者を決める一戦。上位人気同士で順当な結果に終わることが多い半面、中距離路線組とマイル・スプリント路線組が絡み合うため、時に荒れて大波乱が起こることもある。年齢別では、4~5歳馬の活躍が顕著。2007年以降の3着以内33頭中25頭を占める圧倒ぶりだ。6歳以上の馬もそれなりに頑張っているが、3着以内5頭のうち1頭は海外からの参戦馬。残り4頭は前走天皇賞(秋)優勝馬と前年の当レースで3着内に好走した馬。相当の実績がなければ好走は難しい。レースが行われる京都外回り1600mは、向正面から3コーナーにかけて上り、4コーナーにかけて下るという特殊な形状。ここでの立ち回りが勝負の大きなカギを握る。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
1997年以降、1番人気の連対率は50%、複勝率も60%という安定した成績を残している。半面、2007年以降の勝ち馬は2頭のみ。やや勢いが影をひそめつつある感は否めない。取捨のポイントは単勝オッズだ。2007年以降、馬券に絡めなかった3頭の単勝オッズの最小値は3.8倍。3.0~4.0倍のあたりをウロウロ推移しているような1番人気は危険とみるべき。特に単勝オッズが4.0倍を超えると波乱傾向はより強くなる。近年のケースは2回。2011年(4.2倍1番人気のリアルインパクトは5着)は5番人気→11番人気→4番人気、2014年(4.4倍1番人気のミッキーアイル13着)は8番人気→3番人気→9番人気の決着。両年ともに高配当に貢献している。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 6-4-2-8 30.0% 50.0% 60.0% 73.0% 85.5%
2番人気 1-5-3-11 5.0% 30.0% 45.0% 23.5% 92.0%
3番人気 2-4-0-14 10.0% 30.0% 30.0% 88.5% 75.5%
4番人気 5-4-1-10 25.0% 45.0% 50.0% 217.0% 137.5%
5番人気 2-0-3-15 10.0% 10.0% 25.0% 89.5% 75.0%
6~9番人気 1-1-6-72 1.3% 2.5% 10.0% 22.6% 44.5%
10番人気以下 3-2-5-161 1.8% 2.9% 5.8% 77.1% 57.5%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0% 65.0% 55.0%
2.0~2.9倍 4-1-0-2 57.1% 71.4% 71.4% 135.7% 85.7%
3.0~4.9倍 2-6-3-10 9.5% 38.1% 52.4% 40.5% 91.9%
5.0~7.9倍 3-7-1-23 8.8% 29.4% 32.4% 57.1% 70.6%
8.0~14.9倍 6-3-7-30 13.0% 19.6% 34.8% 129.6% 110.7%
15.0~19.9倍 1-0-2-33 2.8% 2.8% 8.3% 50.3% 39.4%
20.0~49.9倍 1-3-6-85 1.1% 4.2% 10.5% 25.1% 72.2%
50.0倍以上 2-0-1-107 1.8% 1.8% 2.7% 98.3% 39.1%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 5,240円 230円 1,288円
複勝 1,070円 120円 333円
枠連 3,870円 810円 1,580円
馬連 14,240円 990円 4,891円
ワイド 10,900円 300円 2,080円
馬単 40,970円 2,730円 11,050円
3連複 53,970円 2,000円 18,206円
3連単 473,970円 12,000円 128,601円

【脚質】
1997年以降のデータでは、勝率、連対率、複勝率のいずれも、逃げ、先行、差しがほぼ互角。視点を変えて、2007年以降の上がり3ハロン1~3位馬の成績を見ると、勝ち馬は7頭を数え、複勝率も50%弱の好水準。とりわけ、1位馬は、3勝かつ複勝率70%という抜群の安定感を見せつけている。ゆえに、信頼度の高い脚質は「中団からの差し」「好位からのチョイ差し」ということになるだろう。当然、逃げ・先行組に対するケアも必要。2009年2着のマイネルファルケ(14番人気)、2011年2着のフィフスペトル(11番人気)など、「4コーナー2番手内」の馬が大穴を提供することもしばしば。軽く扱いすぎると痛い目をみることになる。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0% 29.5% 84.0%
先行 5-4-3-60 6.9% 12.5% 16.7% 34.7% 64.9%
差し 9-13-9-122 5.9% 14.4% 20.3% 89.8% 61.6%
追込 5-2-7-92 4.7% 6.6% 13.2% 75.5% 65.4%

【枠順】
別表では、3~4枠の数値が高め。ただし、極端な差が出ているわけではなく、過度な信頼はおけない。一方、外枠である6~8枠は毎年のように上位を賑わせており、2003年の6枠11番デュランダル(5番人気)→8枠18番ファインモーション(2番人気)、2017年の8枠18番ペルシアンナイト(4番人気)→6枠11番エアスピネル(2番人気)がワンツーを達成。2003年以降は途切れなく最低1頭は馬券に絡んでいる。むろん、内枠への警戒も怠れない。2011年には3枠5番エイシンアポロン(5番人気)→1枠1番フィフスペトル(11番人気)のワンツーで波乱を演出するなど、好走例には事欠かない。よって、「外枠×内枠」が、最も効率の良い組み合わせと結論付けられる。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 1-1-3-34 2.6% 5.1% 12.8% 26.9% 106.9%
2枠 1-1-3-34 2.6% 5.1% 12.8% 5.9% 54.4%
3枠 4-1-1-33 10.3% 12.8% 15.4% 73.1% 36.4%
4枠 3-6-3-28 7.5% 22.5% 30.0% 42.8% 97.5%
5枠 2-3-0-35 5.0% 12.5% 12.5% 65.3% 36.3%
6枠 3-3-1-33 7.5% 15.0% 17.5% 68.8% 45.8%
7枠 3-2-6-46 5.3% 8.8% 19.3% 203.3% 91.9%
8枠 3-3-3-48 5.3% 10.5% 15.8% 35.8% 45.3%

【血統】
とにかく、母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬が強いレース。2000年以降、馬券に絡めなかった年はゼロ。なかでも、近年はニジンスキー系やダンチヒ系の好走が目立ち、条件を満たす馬からは目を離せない。父方ではディープインパクト産駒が好調。2012年以降、毎年馬券に絡んでいる。とりわけ、ノーザンダンサー系との相性が良く、馬券に絡んだ産駒の大半が母父ノーザンダンサー系。母母父にノーザンダンサー系を持つ2013年勝ち馬トーセンラーもディープインパクト産駒。もはや、「ディープインパクト×ノーザンダンサー系」はマイルCSにおける最強配合の域に達しつつある。馬券を組み立てるうえで欠かせない存在であることは間違いない。

◆同コース種牡馬別成績(京都競馬場/芝/1600m/過去5年)集計期間:2013/04/22~2018/04/22

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 ディープインパクト 27-25-26-150 11.8% 22.8% 34.2% 57.3% 67.1%
2 キングカメハメハ 12-9-8-78 11.2% 19.6% 27.1% 153.7% 97.4%
3 アドマイヤムーン 9-5-3-29 19.6% 30.4% 37.0% 73.5% 86.3%
4 ダイワメジャー 7-12-5-85 6.4% 17.4% 22.0% 64.3% 72.3%
5 ハーツクライ 5-3-8-54 7.1% 11.4% 22.9% 214.1% 90.0%
6 ネオユニヴァース 4-3-8-46 6.6% 11.5% 24.6% 49.5% 94.1%
7 アグネスタキオン 3-4-4-29 7.5% 17.5% 27.5% 171.3% 76.3%
8 タイキシャトル 3-4-2-24 9.1% 21.2% 27.3% 101.8% 152.1%
9 ゼンノロブロイ 3-3-3-36 6.7% 13.3% 20.0% 132.7% 62.2%
10 ステイゴールド 3-2-2-44 5.9% 9.8% 13.7% 53.9% 33.9%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年4月28日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2018年4月29日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2018年4月28日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2018年4月29日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る