会員登録はこちら
エリザベス女王杯 G1   2017年11月12日() 15:40 京都/芝2200m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜エリザベス女王杯2017〜

第42回 エリザベス女王杯 G1

2017年11月12日()京都11R 芝2200m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 3 5 93.3 モズカッチャン 牝3 54.0 M.デムー 鮫島一歩 栗東 476(-2) 7.7 5 2.14.3
2 2 4 96.9 クロコスミア 牝4 56.0 和田竜二 西浦勝一 栗東 428(+4) 26.4 9 2.14.3 クビ
3 5 10 100.6 ミッキークイーン 牝5 56.0 浜中俊 池江泰寿 栗東 442(-6) 7.2 3 2.14.3 アタマ
4 7 15 96.6 マキシマムドパリ 牝5 56.0 藤岡佑介 松元茂樹 栗東 454(-2) 119.0 12 2.14.5 1 1/4
5 8 16 96.2 ヴィブロス 牝4 56.0 C.ルメー 友道康夫 栗東 436(+2) 2.8 1 2.14.6 3/4
6 6 12 100.3 スマートレイアー 牝7 56.0 川田将雅 大久保龍 栗東 474(+4) 11.2 6 2.14.6 ハナ
7 4 7 96.8 クイーンズリング 牝5 56.0 C.デムー 吉村圭司 栗東 474(+4) 15.1 8 2.14.6 アタマ
8 3 6 95.0 リスグラシュー 牝3 54.0 福永祐一 矢作芳人 栗東 444(+6) 15.0 7 2.14.7 3/4
9 8 17 99.9 ルージュバック 牝5 56.0 R.ムーア 大竹正博 美浦 454(-2) 6.2 2 2.14.8 クビ
10 2 3 96.1 トーセンビクトリー 牝5 56.0 A.アッゼ 角居勝彦 栗東 472(-6) 86.7 11 2.14.9 3/4
11 8 18 97.0 エテルナミノル 牝4 56.0 四位洋文 本田優 栗東 458(+2) 208.1 16 2.15.0 3/4
12 6 11 94.7 ディアドラ 牝3 54.0 岩田康誠 橋田満 栗東 492(+2) 7.4 4 2.15.1 クビ
13 5 9 95.4 デンコウアンジュ 牝4 56.0 蛯名正義 荒川義之 栗東 454(+2) 165.9 13 2.15.2 3/4
14 1 1 95.0 クインズミラーグロ 牝5 56.0 藤岡康太 和田正道 美浦 462(0) 187.8 14 2.15.4 1 1/4
14 1 2 93.6 ハッピーユニバンス 牝5 56.0 池添謙一 平田修 栗東 472(+2) 263.1 17 2.15.4 同着
16 7 13 95.8 ジュールポレール 牝4 56.0 幸英明 西園正都 栗東 466(0) 35.5 10 2.15.6 1 1/4
17 4 8 95.9 タッチングスピーチ 牝5 56.0 松山弘平 石坂正 栗東 478(-4) 195.5 15 2.15.7 3/4
18 7 14 96.2 ウキヨノカゼ 牝7 56.0 横山典弘 菊沢隆徳 美浦 480(0) 264.2 18 2.16.2
ラップタイム 12.5-11.3-12.7-12.8-12.7-12.8-12.9-12.2-11.6-11.2-11.6
前半 12.5-23.8-36.5-49.3-62.0
後半 59.5-46.6-34.4-22.8-11.6

■払戻金

単勝 5 770円 5番人気
複勝 5 260円 3番人気
4 630円 9番人気
10 240円 2番人気
枠連 2-3 4,020円 13番人気
馬連 4-5 8,030円 30番人気
ワイド 4-5 2,160円 28番人気
5-10 870円 8番人気
4-10 2,930円 33番人気
馬単 5-4 15,890円 59番人気
3連複 4-5-10 20,760円 68番人気
3連単 5-4-10 127,540円 414番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

エリザベス杯関連記事

モズカッチャン、カイババクバク エリザベス女王杯V一夜明け
 12日のエリザベス女王杯でGI初制覇を果たしたモズカッチャン(栗・鮫島、牝3)は同日午後6時半頃に栗東トレセンに到着。一夜明けた13日は、自厩舎で激戦の疲れを癒やした。 「もっと疲れてグタッとしているかと思いましたが、いつもと変わらない姿でホッとしました。カイバもバクバク食べています」と古川助手。今年2月に調教助手となり、わずか9カ月で厩舎はGI初制覇。「まだフワフワしています」と満面の笑みで喜んだ。今後は未定だが、新女王の動向に注目が集まる。★12日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら★モズカッチャンの競走成績はこちら
2017年11月14日(火) 05:03

 705

【甘辛戦記】ミルコ&和田、マイルCSでも激突
★エリザベス女王杯 狙った獲物は逃さない。今週もスペシャルなミルコ・ライディングがピタッと決まった。 「(5)番枠は一番いいと思っていたし、一生懸命に真面目に走ってくれるから、自信があった。インで我慢は作戦どおり。ずっといい手応えで最後にかわしてくれて、うれしかったね」 それにしても今年のGIでの勝負強さは尋常ではない。17戦を終え5勝。オークスから(3)(3)(3)(1)(1)(3)(1)(2)(1)と9戦連続3着以内、馬券圏内を確保している。ミルコさえ買えば何かしらの馬券が当たるのだから、これほど“堅い”軸もない。 「秋華賞は落鉄したから何とかリベンジしたかったんだ」という、あきらめない“強い意志”。類い希な騎乗技術に加えこんなスピリットがあるから強い。 そのミルコを最後の最後まで苦しめたクロコスミアの和田竜二(40)=顔写真=も素晴らしい勝負師だ。オークス(2着)までモズカッチャンの主戦を務めていただけに悔しいだろうが、「よく頑張ってくれた。少し力んでいたけど、いいペースで行けたし、かわされたとはいえ止まったのではないからね。何より力をつけている」と、素直にクロコスミアの奮闘をたたえた。 今年はすでにJRA90勝をあげて、年間の勝ち星としてはキャリアハイ。テイエムオペラオーとの活躍はもう16〜17年も前のことだが、ここにきて再び、JRA生え抜きとしての存在感が高まっている。そして若いころから続くファンを大事に、喜ばせようとする姿勢と、マスコミに対する丁寧な対応もまた評価されるべきものだ。 今週のマイルCSではミルコが皐月賞2着ペルシアンナイト、頼れる“アニキ”の竜二が桜花賞馬レーヌミノルに騎乗。熱い激突に注目したい。★12日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら
2017年11月13日(月) 11:43

 4,097

【エリザベス杯】モズ勝っちゃった!お見事ミルコ魔術
 第42回エリザベス女王杯(12日、京都11R、GI、3歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝・外2200メートル、1着本賞金9300万円 =出走18頭)最強牝馬決定戦は5番人気のモズカッチャンが、ゴール直前で差し切り勝ち。オークス2着、秋華賞3着の3歳世代の実力馬が、年長馬を相手に悲願のGI初制覇を飾った。ミルコ・デムーロ騎手(38)は、昨年のクイーンズリングに続く連覇とともに今年のGI5勝目。年間最多GI勝利へあと1となった。タイム2分14秒3(良)。2着はクロコスミア、3着はミッキークイーン。1番人気のヴィブロスは5着に敗れた。 重ねていた惜敗が糧となり、栄冠につながった。GI制覇まであと一歩だったモズカッチャンがGI馬4頭を含む豪華メンバーを相手に悲願達成。秋晴れの淀のターフで今年のGI5勝目を決めたM・デムーロ騎手は馬上で「よしっ!!」と力強くガッツポーズ。下馬すると、即座に鮫島調教師と熱く抱き合い、喜びを分かち合った。 「すごい、とても、うれしいです。ゴール前は、『これは、勝てる』と思っていました。一生懸命に走ってくれる、真面目な馬です」 春はサンケイスポーツ賞フローラSで重賞初Vを飾り、オークスで2着。秋を迎えて初戦のローズS(7着)からはM・デムーロ騎手に手綱が託された。そしてこれが3戦目となった名手はスタートを決めると、5番手のインを確保。前半1000メートルが1分2秒0という超スローペースでも「(5)番枠は一番いいと思っていました。一番いいところに行くことができました」と冷静沈着に対処。終始、内々の“経済コース”を立ち回り、最後は先に抜け出していたクロコスミアを図ったようにゴール直前で差し切った。 「直線はいい手応えでした。じりじりと伸びましたね。最後まで一生懸命に走ってくれました」 前走の悔しさを見事に晴らした。秋華賞は1コーナーで落鉄する不運がありながら、“ド根性”で3着好走。その前走は早めの仕掛けで、差されただけに、反省をしっかり生かした“修正力”がJRA・GI9連続3着以内という驚異的な数字の源にもなっている。 鮫島調教師は2000年の厩舎開業から、延べ62頭目の挑戦で悲願のGI初制覇。「最近はよりGIを勝ちたい気持ちが強くなっていました。最高の気持ちです」と目を潤ませた。そして「僕に『GIをプレゼントしたい』と前から言ってくれていたので、『ありがとう』といいました」。M・デムーロ騎手はJRAへ移籍する前から親身になって面倒をみてくれた“恩師”へ最高の贈り物を届け、受け取ったトレーナーとの絆がさらに深まる勝利にもなった。 今後については「少しゆっくりしてもらって、また決めていきたい」と鮫島調教師。3歳でエリザベス女王杯を制した馬には2003年のアドマイヤグルーヴや、07年のダイワスカーレットなど名牝がズラリ。史上8頭目の快挙を達成し、追う立場から追われる立場となった“新女王”が、どこで2つ目のGIタイトルを奪取するか、牡馬もなぎ倒すのか、夢は広がっていく。 (山口大輝)
2017年11月13日(月) 05:06

 1,832

【エリザベス杯】モズカッチャンのオーナーの息子も大声援
 第42回エリザベス女王杯(12日、京都11R、GI、3歳上牝馬オープン国際(指)、定量、芝・外2200メートル、1着本賞金9300万円 =出走18頭)最強牝馬決定戦は5番人気のモズカッチャンが、ゴール直前で差し切り勝ち。オークス2着、秋華賞3着の3歳世代の実力馬が、年長馬を相手に悲願のGI初制覇を飾った。ミルコ・デムーロ騎手(38)は、昨年のクイーンズリングに続く連覇とともに今年のGI5勝目。年間最多GI勝利へあと1となった。タイム2分14秒3(良)。 モズカッチャンの北側雅司オーナー(66)=(株)キャピタルシステム代表=の代理として表彰台にあがった息子の司さん(39)は「直線では『ミルコ、頑張れ!』と大声が出ました」と、モズの勝負服と同じ茶色のネクタイを着用したスーツの胸を張った。グランプリボス(2011年のNHKマイルC制覇)の代表オーナーでもある司さんは「カッチャン(父の友人の呼び名から命名)は長い距離も走れて夢が広がります。父のGI制覇の夢もかなってハッピーです」と感無量の表情だった。 一方、生産者の目黒牧場場長の目黒忠法さん(60)は「牧場創業65年で重賞(サンスポ賞フローラS)もGIも初めてモズカッチャンが勝ってくれました。まだ実感がなく、信じられない」と顔を紅潮させた。★12日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら
2017年11月13日(月) 05:05

 1,035

エリザベス杯のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年11月25日(
ラジオN杯京都2歳S G3
2017年11月26日(
ジャパンカップ G1
京阪杯 G3

競馬番組表

2017年11月25日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2017年11月26日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る