会員登録はこちら
安田記念 G1   日程:2002年6月2日() 15:40 東京/芝1600m

レース結果

安田記念 G1

2002年6月2日() 東京/芝1600m/18頭

本賞金:


レコード:
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 18

アドマイヤコジーン

牡6 58.0 後藤浩輝  橋田満 458(-4) 1.33.3 15.8 7
2 8 17

ダンツフレーム

牡4 58.0 池添謙一  山内研二 490(0) 1.33.3 クビ 6.2 2
3 1 2

ミレニアムバイオ

牡4 58.0 柴田善臣  領家政蔵 484(-4) 1.33.5 1 1/2 9.1 4
ラップタイム 12.3-10.8-11.3-11.5-11.7-11.7-11.6-12.4
前半 12.3-23.1-34.4-45.9-57.6
後半 58.9-47.4-35.7-24.0-12.4

■払戻金

単勝 18 1,580円 7番人気
複勝 18 490円 8番人気
17 210円 2番人気
2 290円 4番人気
枠連 8-8 3,590円 16番人気
馬連 17-18 5,800円 18番人気
ワイド 17-18 1,980円 19番人気
2-18 2,160円 24番人気
2-17 980円 6番人気

安田記念過去10年の結果

2001年6月3日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2000年6月4日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

安田記念ステップレース

2002年5月12日() 東京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 18 ゴッドオブチャンス 柴田善臣 1:20.3 22.1倍 106.7
2着 16 グラスワールド 藤田伸二 1 1/2 9.6倍 104.9
3着 17 ビリーヴ 福永祐一 クビ 14.9倍 104.9
4着 10 ダンツフレーム 池添謙一 クビ 7.8倍 104.1
5着 12 マグナーテン 岡部幸雄 ハナ 4.0倍 104.1
2002年4月13日() 阪神競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 8 ミレニアムバイオ 柴田善臣 1:32.6 3.7倍 105.9
2着 2 ディヴァインライト 横山典弘 クビ 20.9倍 105.9
3着 3 ジョウテンブレーヴ 安藤勝己 1 3/4 6.9倍 103.6
4着 5 イーグルカフェ M.デムーロ 1 3/4 8.8倍 101.4
5着 7 マグナーテン 岡部幸雄 3/4 4.5倍 100.6
2002年3月31日() 中山競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 6 グラスワールド 藤田伸二 1:32.4 3.9倍 103.3
2着 12 トレジャー 岡部幸雄 クビ 7.5倍 103.3
3着 13 ザカリヤ B.ドイル 1 3/4 9.2倍 101.1
4着 11 ジェミードレス 菊沢隆徳 3/4 6.7倍 100.3
5着 1 コンタクト 蛯名正義 1/2 24.0倍 99.6

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

安田記念の歴史と概要


2015年の優勝馬モーリス

春シーズンのマイル王決定戦。1984年のG1格付け後しばらくは4歳以上(旧5歳以上)のみで争われていたが、1996年より3歳(旧4歳)の出走が認められるようになり、世代を問わずその時点における真のチャンピオンを決める一戦となった。第35回(1985年)はこのレースを含めマイルG1 3勝の実績を残したニホンピロウイナーが快勝。第40回(1990年)は稀代のアイドルホース・オグリキャップが、武豊を背に馬なりのレコードタイムで圧勝劇を演じた。第42~43回(1992~1993年)はヤマニンゼファーが、第58~59回(2008~2009年)はウオッカが、それぞれ連覇を達成。第61回(2011年)はリアルインパクトが3歳馬として初めて勝利を飾った。また、第45回(1995年)のハートレイク、第50回(2000年)のフェアリーキングプローン、第56回(2006年)のブリッシュラックと、3頭の外国調教馬が勝利を収めている。それ以外にも、タイキシャトルロードカナロアモーリスなど歴史的名馬クラスの優勝多数。

▼1993年はヤマニンゼファーが連覇を達成した。

歴史と概要をもっと見る >

安田記念の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る