有馬記念2012

2012年12月23日(

有馬記念 G1

中山競馬場/芝/2500m

最新出走予定馬情報 〜有馬記念2012〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第57回有馬記念(23日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)圧倒的な強さだった。内田博幸騎乗の1番人気ゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡3歳)が、道中最後方から進み、桁違いの末脚を見せて完勝。今年の皐月賞、菊花賞に続くGI3勝目をあげた。タイム2分31秒9(良)。来春は天皇賞(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)が最大目標となる。2着は10番人気のオーシャンブルー、3着は大出遅れから巻き返したルーラーシップ

 師走の薄日を浴びてきらめく芦毛の馬体に、中山競馬場に詰めかけた10万人を超える大歓声が降り注ぐ。圧倒的な力で古馬を蹴散らしたゴールドシップが、堂々のグランプリ制覇。手綱を取った内田博幸騎手でさえ、強さに感服した。

 「乗り方うんぬんじゃなく、馬が本当に強かった。頭が下がりますね。今年を表す漢字が『金』だったから、金で締めくくりたかった」

 豪快な大まくりでライバルをねじ伏せた。道中は最後方を追走し、2周目の3コーナー過ぎからスパート。外を回って4コーナーで10番手までポジションを上げる。直線は真ん中に進路を取って加速すると残り100メートルで先行勢をあっさりかわした。4コーナー10番手通過での勝利は2006年のディープインパクト以来で、芦毛馬の勝利は1990年のオグリキャップ以来。歴代の名馬に姿を重ねたくなる衝撃的なレースだった。

 「最後は大外を回ってもこの馬なら突き抜けてくれると信じていた」

 内田博騎手は絶対的な自信を持っていた。昨年5月に落馬して頸椎歯突起骨折の重傷を負い、一年前の有馬は療養中でテレビ観戦。約8カ月ぶりの復帰から2週間後、今年2月の共同通信杯で復帰後の初重賞をプレゼントしてくれたのがゴールドシップだった。長いブランクで失いかけたものを芦毛の3歳馬が思い出させてくれた。初コンビでの重賞制覇から、GI3勝を上乗せして、最高の形で2012年を締めくくった。

 須貝尚介調教師は、「応援してくれたファンのみなさんと、関わってくれたすべての人に感謝します。みなさんのサンタクロースになれてよかったです」と笑った。

 圧巻のV3だったが、満足はできない。今回は3冠牝馬でジャパンCを制したジェンティルドンナや凱旋門賞2着のオルフェーヴルが不在だったからだ。来春は天皇賞から宝塚記念に向かう予定で、秋も国内に専念。3頭が直接対決するのは、来秋のジャパンCあたりか。海外挑戦はその先になりそうだ。

 「来年は古馬として、GIホースとして恥ずかしくない競馬をしたい。ここからが始まりです」

 気を引き締めた須貝尚調教師の目は、ゴールドシップが突き進む黄金に輝く航路に向いていた。 (川端亮平)

【有馬記念】オーシャン、価値ある「銀」 12月24日(月) 05:05

 第57回有馬記念(23日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)金鯱賞を勝って初GIに挑んだオーシャンブルーが10番人気の低評価を覆して2着に食い込んだ。シップとシップの間に“海”が入った。

 「体は小さいが、ハートは大きい。アクションが素晴らしく、パーフェクトなレースができた。前が空いてから勝てる手応えで伸びてくれたよ」

 クリストフ・ルメール騎手が自分の胸を親指で差し、相棒の“ビッグハート”を強調する。中団の内で脚をため、直線では馬場の真ん中を鋭く伸びた。最後はゴールドシップにかわされたが、誇れる銀メダルだ。気性が幼く馬房の中をグルグル回る旋回癖があるが、前に鏡を置いて対策。中山にも大きな鏡を持ち込んだ。馬体重プラス2キロで出られたことも大きかった。

 3頭出しの池江泰寿厩舎で最先着を果たし、「エイシンフラッシュをかわして『やった』と思った。ウチの馬はまだ力をつけている段階。来年はGIを勝ちたいね」と池江寿調教師も満足そう。ステイゴールド産駒の新星は2013年にビッグタイトルを狙う。 (森田実)

[もっと見る]

【有馬記念】ルーラー大出遅れ…3戦連続「銅」 12月24日(月) 05:04

 第57回有馬記念(23日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)「アーッ!」という悲鳴が、ゲートが開いた瞬間に競馬場に響いた。出遅れが懸念された2番人気のルーラーシップは、ゲート内で立ち上がったところでスタート。7馬身ほど大きな出遅れをしてしまった。最後方から直線は大外に持ち出し、上がり3ハロン35秒2の末脚で追い上げたが、ゴールドシップは1馬身半以上前。内から抜けてきたオーシャンブルーもクビ差捕らえ切れず、秋GI3戦連続の3着に敗れた。

 「スタートがすべてです。厩舎のスタッフはやることはすべてやってくれたけど、見ての通りでした…」

 がっくりと肩を落とすクレイグ・ウィリアムズ騎手。中間に出遅れ癖矯正で着けた尾吊りロープは馬を信じて装着せずに臨んだが、恐れていたことが現実となってしまった。角居勝彦調教師は「コントロールのきかないものになっていますね。重症です」と沈痛な表情。能力は現役トップクラスでありながら、なかなか届かない国内GIのタイトル獲得には、ゲート難解消が急務となる。(柴田章利)

★岡部氏「同じ騎手がレースで直していくしかない」

 ルーラーシップの出遅れは宝塚記念から4戦連続。今回は7馬身ほどで、もっともひどい。その後は3着まで追い上げたが、着差は1馬身1/2+クビ。スタートの不利がなければ勝っていたかもしれない。中山競馬場ではファンから苦情が数件届いたという。

 岡部幸雄氏は「練習では問題ないのだから、同じ騎手がレースで騎乗して直していくしかない」と話す。過去のケースからも、ゲートに関するトラブルはなかなか修正できないもの。トップトレーナーの手腕に注目だ。

[もっと見る]

【有馬記念】ダーク6着…坂上で止まる12月24日(月) 05:03

 第57回有馬記念(23日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)天皇賞・秋、ジャパンCでともに4着のダークシャドウは6着。中団キープから直線で外に持ち出して伸びかけたが、坂の上で脚いろがいっぱいになった。

 「スタートも道中もよかったし、4コーナーまで勝てるかと思ったが、最後は残ってくれなかった。距離が200メートル短ければよかったんですが」

 初コンビを組んだライアン・ムーア騎手は距離に敗因を求めた。勝ち鞍は2000メートルまで、連対は2200メートルまでという中距離馬。大舞台で最後に適性の差が出た。

[もっと見る]

【有馬記念】スカイ5着!来年に繋げた12月24日(月) 05:03

 第57回有馬記念(23日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)菊花賞2着で7番人気だったスカイディグニティは、好位5番手から直線は馬場の真ん中をジリジリと伸びて5着。クリストフ・スミヨン騎手は「いい位置で競馬はできたけど、コーナーコーナーで手前を替えてくれなかった。でもまだ3歳馬だからね。この後の成長が楽しみ」と話した。友道康夫調教師も「3着はあるかと思ったけどね。来年が楽しみになりました」と巻き返しに期待していた。今後は無事ならばAJCC(1月20日、中山、GII、芝2200メートル)あたりから始動する。

[もっと見る]

【有馬記念】ルルーシュ8着…GIの壁厚く 12月24日(月) 05:03

 第57回有馬記念(23日、中山10R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金2億円=出走16頭)GI初挑戦の6番人気ルルーシュは、大外(16)番枠から好スタートを決めて3番手をキープ。2周目の4コーナーもスムーズに手応えよく回ったが、直線は後続馬にのみ込まれて8着。歴戦のつわものたちにはね返された。藤沢和雄調教師は「この馬の競馬はできたんだけどね。GIは(相手が)強いよ」とサバサバとした表情で引き揚げた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

 復活の兆しだ。昨年の宝塚記念馬アーネストリーが、新コンビを組む福永祐一騎手を背に栗東坂路で4ハロン55秒4、1ハロン13秒3をマーク。重たい馬場でも、最後まで脚いろが鈍らなかった姿に、佐々木晶三調教師の表情がほころんだ。

 「きょうはしまい重点やったけど、動きには迫力があった。いい頃の活気が戻ってきた感じや」

 今年に入ってふがいない走りが続いた。前走のGII金鯱賞10着の負け方には「4コーナーまでは楽勝するかと思ったのに、直線に入ったらパッタリ。自分から走ることをやめとる」とトレーナーは眉をひそめた。

 中間はCWコースに入れたり、1週前追いの坂路(4ハロン52秒6、1ハロン14秒1)でしまいバタバタになるのを覚悟して最初から気合をつけたりと調整過程に変化を加えた。それでも大きな変わり身は見られずに指揮官はトーンが低いまま有馬ウイークを迎えたが、最終追い切りで激変。「馬がやる気になってきた」とようやく笑顔が戻った。

 感触を確かめた福永騎手も引き揚げるなり「1回ビシッとやってキビキビしてきた」。トレーナーが「そうやな。作戦会議せんとな」と返すと、「3本の矢ですからね」と笑みを浮かべた。

 “3本の矢”とはアーネストリーに加え、ビートブラックトレイルブレイザーの前田幸治オーナー所有の3頭。いずれも逃げ・先行タイプで序盤の出方が注目されるが、「仮にこちらが逃げるのであれば、ラップを抑えずにいく」と佐々木師は大逃げをにおわす。昨年の宝塚記念はハイペースの中、2番手から積極的に攻めてコースレコードVだった。その再現が見られるかもしれない。 (板津雄志)

有馬記念登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら

【有馬記念】ルルーシュ持ったまま12秒8 12月20日(木) 05:05

 有馬記念父子制覇、そしてトレーナーとして史上初の有馬記念4勝目へ、藤沢和厩舎のルルーシュがのろしを上げた。

 横山典騎手を背に、美浦・南Wコースで5ハロンからスタート。道中は勢い余って2、3馬身ほど前に出てしまったが、これも状態の良さの表れ。コーナーでは外を回して僚馬を待ち、5ハロン69秒1、1ハロン12秒8。持ったままで内のレッドジョーカー(牡4、500万下)、中のクラシックセンス(牡5、1600万下)に各2馬身先着した。

 「感触は上々、順調だよ」と、横山典騎手の第一声。順調に使えない弱みから、雌伏の時期を長く経験してきた。「この前のレース(アルゼンチン共和国杯1着)で、ビシッといったのでどうかと思ったが、むしろ良くなっていた。今までの中で、一番いい」と、本格化した愛馬の状態に太鼓判を押す。

 状態面の良さと器用さを武器に、実力日本一の座をつかみにいく。

有馬記念登録馬(想定騎手入り)★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【有馬記念】トレイルブレイザー伸びイマイチ 12月19日(水) 15:00

 トレイルブレイザーは惜しかったBCターフ(4着)から中6週。栗東坂路での追い切りは16日(4F57秒3)に続く2回目だが、まだ反応が重苦しく、しまいもひと伸びを欠いた。

 ■池江寿調教師「単走ってこともあるけど動かなかった。このひと追いでどこまで変わるか」

(夕刊フジ)

有馬記念登録馬(騎手想定入り)★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【有馬記念】アーネストリー「活気戻った」12月19日(水) 14:59

 アーネストリー・佐々木晶調教師「いいときの活気が戻ってきた。2番手でもいいし、ハナなら速いラップを刻みたい」

 オウケンブルースリ・音無調教師「引退レースなので攻めるだけ攻めた。善戦したい」

 ダイワファルコン・上原調教師「例年この時季は絶好調。距離延長は問題ないし、この雰囲気のまま競馬を迎えたい」

 ビートブラック・中村調教師「けさの馬場でラスト13秒台。具合がいいんだろう。春の盾のときに雰囲気が似ている」

 ローズキングダム・岩田騎手「ササらずに動きは良かった。素直で乗りやすいが、少ししぼんでいるような感じがする」

(夕刊フジ)

有馬記念登録馬(騎手想定入り)★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【有馬記念】古馬撃破へゴールドシップ完璧 12月19日(水) 12:02

 皐月賞+菊花賞の2冠馬ゴールドシップが、3年連続17回目の3歳戴冠を狙う。春2冠の上位陣が不在だった菊花賞はまさに独壇場。その強さを10年ヴィクトワールピサ、11年オルフェーヴルのように、GPでも発揮したい。

 雪が舞う栗東坂路でジャスタウェイと併せ馬。終始、相手に歩調を合わせるように進み、14秒3→13秒5→12秒9と徐々にペースを上げた。やや時計のかかるコンディションだったため、ラスト1Fは13秒8を要したが、弾力感あるフットワークで併入した。

 「1週前に時計の出る相手とメイチで併せたので、けさは熱発明けのジャスタウェイと始めから終わりまでビッシリ併せて、息を作ることに重点を置いた。動きは十分満足できるものだった」と須貝尚調教師は笑顔。

 特に強調したのがビルドアップさせた馬体で、「菊花賞はステイヤーのつくりにしたが、今回は体重を増やしパワーアップさせてきた。おそらく10キロ増くらいで出走。胸前の筋肉に注目してほしい」と力を込めた。

 オルフェ、その全兄で09年覇者ドリームジャーニーと同じステイゴールド×メジロマックイーンの配合が、この舞台に合わないはずはない。皐月賞の激勝も光り、3歳代表として頂点に立つ可能性は十分だ。

(夕刊フジ)

有馬記念登録馬(騎手想定入り)★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

【有馬記念】オーシャンブルー勢い十分 12月19日(水) 12:00

 オーシャンブルーは、前走の金鯱賞を快勝してグランプリに挑戦。近5走で3勝と、メンバー中最大の上がり馬と言っていいだろう。

 けさは栗東CWコースでの3頭併せ。道中は中リヤンドファミユ、外タイキプレミアムの脚色を見る感じで追走。直線では最内に入り、切れのいい末脚を伸ばした。リヤンドファミユに1馬身遅れ、タイキプレミアムとは併入だったが、全体的にスムーズな行きっぷりで、この馬としては6F84秒0も及第点だ。

 「追い切りであまり動くタイプではない。間隔が詰まっているので、仕上げるというより、前走のデキを維持するという感じ。レースでは折り合いがつくようになってきたし、小回りは得意だ」と池江寿調教師。目下の勢いは軽視できない。

(夕刊フジ)

有馬記念登録馬(騎手想定入り)★PCはこちら★スマホはこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 175ビュー

本命ドリパス

第217話 「有馬記念」

07年 35.3-45.1-36.8-36.4 =2.33.6 ▼2▼5△ 8 瞬発戦
08年 35.6-43.7-35.8-36.4 =2.31.5 △1▼3△10 平坦戦
09年 34.6-42.5-36.9-36.0 =2.30.0 ▼1▼3△ 6 平坦戦
10年 36.5-45.7-35.8-34.6 =2.32.6 ▼3▼6△ 7 瞬発戦
11年 37.2-47.9-36.9-34.0 =2.36.0 ▼5▼1± 0 瞬発戦

有馬記念のポイントは残り800m〜200mの区間にあると思います。
ラップギアでは一番左と真ん中の値になります。
過去5年ではダスカが逃げ切った08年だけ△1と減速ラップがありますがそれ以外は全て加速ラップになっています。
そしてその大きさは▼1〜▼6という程度。
何が言いたいのかといえば「3コーナーに突入してから4コーナー回って直線に入り急坂までは加速し続ける傾向にある」ということです。
つまり3〜4コーナーが非常に重要でコーナーワークの下手な馬では勝ちきれない可能性が高いでしょう。

過去の連対馬の中では、中山の鬼マツリダゴッホや東京より中山のドリームジャーニーや皐月賞馬ヴィクトワールピサなどは分かりやすいのですが、ブエナビスタオルフェーヴルなどそれまでほとんど外回りor東京しか出走していなかった馬はコーナーワークが上手いか下手かは分かりにくいです。
(馬体や走法が分かる人は問題ないでしょうけど)
後者の馬で目安の一つとなるのが急加速のレース実績です。
新馬戦や500万といった下のクラスではよく見かけるラップですが▼10▼2△3といった感じで▼10位上の加速+連続加速という急加速のレースに対応できる馬は小回り実績がなくても問題ないかもしれません。
あと、この手の馬は騎手が非常に重要で馬のキャラを十分把握してるかどうかもポイントになるでしょう。

有馬記念はG気涼罎任眦性重視のレースなのでリピーターが多いです。
過去10年を見ても3着以内に入った馬は20頭いて半分の10頭が2回馬券になっています。
なので過去の有馬で3着以内に入った馬は特注なのですが
タップダンスシチー 2着→8着→2着
ゼンノロブロイ 3着→1着→8着
ブエナビスタ 2着→2着→7着
と凡走する年もあるので要注意です。
今年のメンバーでは3着以内経験馬はエイシンフラッシュトゥザグローリーの2頭です。
トゥザグローリーは3着→3着と既に2度馬券になっています。
過去10年では3度馬券になった馬はいないので買う買わないは別にして注目でしょう。
(昔ナイスネチャが3年連続3着という偉業(?)を達成してますけど)

適性だけでは絞りきれないので過去5年で偏りのあるデータをいくつか

【3〜4歳有利】
4歳以下 4-4-2-30 勝率10.0% 連対率20.0% 複勝率25.0%
5歳以上 1-0-2-34 勝率 2.7% 連対率 2.7% 複勝率 8.1%
【前走G欺仭馬有利】
G欺仭 5-5-4-39 勝率 9.4% 連対率18.9% 複勝率26.4%
G軌奮亜0-0-1-17 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 5.6%
【乗替りは不利】
同騎手 4-2-3-29 勝率10.5% 連対率15.8% 複勝率23.7%
乗替り 1-3-2-29 勝率 2.9% 連対率11.4% 複勝率17.1%

乗替りで馬券になった6頭のうち4頭は外国人J、残りは安藤J→横山Jのブエナビスタと14番人気で激走したアドマイヤモナーク
データ的には凄くシンプルで、4歳以下で前走G気箸いη呂ゴールドシップスカイディグニティナカヤマナイトの3頭しかいません。

ゴールドシップは皐月賞勝利という中山実績はありますがあのレースはちょっと特殊。
馬場の内が相当悪いのでほとんどの馬は4コーナーから真ん中から外を走っていたのですがゴールドシップのパワーとスタミナと持続脚に自信を持っていた内田Jは迷うことなく向正面〜3コーナーからのロングスパートで馬場の内を突いての完勝。
機動力(=小回り適性)というファクターはあまり重要ではなかったレースだと思われます。
ラジニケ2着という実績があるので全く論外という訳ではないですが「得意な舞台」とは言い難く展開次第では内の機動力のある馬に出し抜けをくらっても不思議はないと思います。
勝負は向正面〜3コーナーからなのは間違いなく、ここからロングスパートをするはず。
皐月賞の時の様に内が空くことは多分ないのでおそらく外をまくってくるという戦法でしょう。
課題となるのは
・3コーナーで馬群の外にいること→向正面から既に出すと思うのであまり問題ないかも
・昨年の様にスローからのロングスパート戦にならないこと
の2点でこれがクリアとなれば勝ち負け可能だと思われます。
後者の方が問題で鍵はビートブラックか?

スカイディグニティは小回り実績はあるので問題ないでしょう。
セントライト記念、菊花賞でフェノーメノゴールドシップといったG汽ラスの馬には完敗してるので格とすればやや下かもしれませんが適性で補える可能性もあります。
唯一掲示板を外したのは新潟でレースの上がりが34.2秒という前残りのレース。
サンデーの血を持たない馬で斬れを問われるとイマイチですがタフなレースになって上がりが掛かった方がベターでしょう。
一昔前は有馬記念はブライアンズタイム産駒は推せる血統。

ナカヤマナイトは今年2回馬券になってるのはどちらも中山コースで適性的には全く問題なし。
今までの戦績では格が足りませんが4歳馬ということからすれば第2のマツリダゴッホになれる可能性もあると思います。
JCをパスして秋3戦目というローテも強みで人気がないなら買いの一頭。

その他ではやはり昨年馬券になったエイシンフラッシュトゥザグローリーの2頭は候補で、後は中山巧者のダイワファルコンがヒモならといった感じでいます。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ナカヤマナイトゴールドシップトゥザグローリー
トゥザグローリーの3着固定の馬券が過剰に売れてるかどうかが一番興味があったりします(笑)


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

12月18日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2012年12月18日号
閲覧 128ビュー

伊吹雅也

▼12月22日(土)中山10R 中山大障害
【単勝オッズが10倍未満だった馬の、年齢別成績(2004年12月以降)】
●4歳以下 [3-1-2-0](複勝率100.0%)
●5〜6歳 [2-4-2-9](複勝率47.1%)
●7歳以上 [1-1-0-5](複勝率28.6%)
→若い馬を重視したいレース。単勝オッズが10倍以上だった馬の成績も、5歳以下が[2-2-2-29](複勝率17.1%)、6歳以上が[0-0-2-44](複勝率4.3%)となっています。

▼12月22日(土)阪神11R ラジオNIKKEI杯2歳ステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2002年以降)】
●4番手以内 [8-8-5-51](複勝率29.2%)
●5番手以下 [2-2-5-48](複勝率15.8%)
→先行力のある馬が優勢。ただし、前走の4コーナーを4番手以内で通過した馬のうち、前走で4着以下に敗れていた馬は[0-0-0-8](複勝率0.0%)、前走で出走メンバー中3位以内の上がり3ハロンタイムをマークできなかった馬は[1-1-0-15](複勝率11.8%)と強調できません。

▼12月23日(日)中山10R 有馬記念
【単勝2番人気以下だった馬の、12月、1月、2月のJRA重賞における優勝経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [2-2-4-26](複勝率23.5%)
●なし [0-0-0-20](複勝率0.0%)
→近年の有馬記念で波乱を演出した馬は、いずれも冬場のJRA重賞で優勝経験があった馬。2007年に単勝9番人気の低評価を覆して優勝したマツリダゴッホも、同年1月のアメリカジョッキークラブカップを制していました。コース適性だけでなく、この時期が合うタイプかどうかも重要なポイントです。

▼12月24日(月)阪神11R 阪神カップ
【枠番別成績(2007年以降)】
●1〜2枠 [2-1-1-16](複勝率20.0%)
●3〜6枠 [0-0-1-39](複勝率2.5%)
●7〜8枠 [3-5-2-19](複勝率34.5%)
→好走率が高いのは外めの枠に入った馬。一方、内とも外とも言えない枠の馬が苦戦している点は気になります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、コピーライター、競馬評論家。的確でわかりやすいデータ分析に定評があり、現在は『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、昨春からはWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜有馬記念2012〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 7 13 99.2 ゴールドシップ 牡3 55.0 内田博幸 須貝尚介 栗東 506(+6) 2.7 1 2.31.9
2 3 6 97.1 オーシャンブルー 牡4 57.0 C.ルメー 池江泰寿 栗東 438(+2) 27.6 10 2.32.1 1 1/2
3 5 9 103.2 ルーラーシップ 牡5 57.0 C.ウィリ 角居勝彦 栗東 512(+6) 3.7 2 2.32.2 クビ
4 1 2 101.8 エイシンフラッシュ 牡5 57.0 三浦皇成 藤原英昭 栗東 488(0) 10.0 3 2.32.4 1 1/2
5 2 3 92.8 スカイディグニティ 牡3 55.0 C.スミヨ 友道康夫 栗東 480(-6) 16.7 7 2.32.5 1/2
6 5 10 102.8 ダークシャドウ 牡5 57.0 R.ムーア 堀宣行 美浦 514(+2) 10.8 4 2.32.5 ハナ
7 8 15 98.4 ナカヤマナイト 牡4 57.0 柴田善臣 二ノ宮敬 美浦 490(+6) 13.9 5 2.33.0
8 8 16 100.6 ルルーシュ 牡4 57.0 横山典弘 藤沢和雄 美浦 514(+12) 15.6 6 2.33.4 2 1/2
9 7 14 99.5 ビートブラック 牡5 57.0 石橋脩 中村均 栗東 522(+8) 23.6 8 2.33.4 アタマ
10 4 7 98.9 ダイワファルコン 牡5 57.0 北村宏司 上原博之 美浦 514(+8) 38.4 12 2.33.5 3/4
11 2 4 98.9 アーネストリー 牡7 57.0 福永祐一 佐々木晶 栗東 530(-4) 70.1 14 2.33.5 アタマ
12 1 1 99.3 ローズキングダム 牡5 57.0 岩田康誠 橋口弘次 栗東 460(+6) 51.6 13 2.33.6 1/2
13 4 8 99.5 トレイルブレイザー 牡5 57.0 武豊 池江泰寿 栗東 498(--) 27.4 9 2.34.2 3 1/2
14 6 12 99.9 オウケンブルースリ 牡7 57.0 田辺裕信 音無秀孝 栗東 486(+2) 116.6 15 2.34.4 1 1/2
15 3 5 96.2 ネヴァブション 牡9 57.0 田中勝春 伊藤正徳 美浦 488(+8) 144.1 16 2.34.5 3/4
16 6 11 98.4 トゥザグローリー 牡5 57.0 蛯名正義 池江泰寿 栗東 534(-4) 29.6 11 2.36.1 10
ラップタイム 7.0-11.3-11.6-12.0-12.2-12.7-12.6-12.5-11.9-12.1-12.1-11.9-12.0
前半 7.0-18.3-29.9-41.9-54.1
後半 60.0-48.1-36.0-23.9-12.0

■払戻金

単勝13 270円 1番人気
複勝13 130円 1番人気
6 530円 10番人気
9 140円 2番人気
枠連3-7 3,350円 12番人気
馬連6-13 3,730円 12番人気
ワイド6-13 1,250円 13番人気
9-13 240円 1番人気
6-9 1,360円 15番人気
馬単13-6 5,200円 18番人気
3連複6-9-13 4,020円 7番人気
3連単13-6-9 24,250円 58番人気

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。
U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!  詳しくはこちら

プロ予想MAXスペシャルコラム 〜有馬記念〜

前回の〜朝日杯FS編〜では、6番人気1着のサトノアレスへの「マイル以下が合う。期待したい。」(サラマッポプロ)、「G1でも通用するレベル」(河内一秀プロ)、「ここ目イチでくるようなら期待大」(加藤拓プロ)などの声をご紹介。7番人気2着のモンドキャンノについても「能力上位の馬。折り合いさえつけばやれる。」(スガダイプロ)、「当然ここでも有力馬の一角」(河内一秀プロ)といった貴重なプロ見解をお届けした当コラム。引き続き今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、12/25(日)G1有馬記念
今回も、ウマニティ公認プロ予想家の中からスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓の5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て12/19(月)時点のものです。

●プロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近9年中8年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。

●各馬へのコメント

キタサンブラック
 スガダイ JCは楽な競馬だったねー。もっと厳しいペースで行っても勝てたと思うけど、枠順も良かったし、あんな楽に逃げさせたらどうしようもないよ。前半の3Fが37.2、1000mの通過が1.01.7。こんなペースで2コーナー過ぎに2番手以下との差が広がってるんだから、笑っちゃうよ。外国人騎手がペースを読めないのは仕方がないけど、こんなレースで「豊さんのペース配分が絶妙だった」なんて言ってるジョッキーばかりではねぇ......。前走のJCに関しては、武豊が上手かったんじゃなくて、他のジョッキーが馬鹿過ぎただけだ。武豊キタサンブラックも本気を出せば、もっと素晴らしい走りを見せてくれたはず。その本気を出すまでもなく、レースが終わってしまったような印象だね。結局、ペースが読めるのは武豊を含めたごく一部のベテランだけ。そして、大舞台で勝ちに行く競馬が出来るのは外国人騎手だけってことだね。今回も楽な競馬になるんじゃないかな。大スターである馬主の歌が、レース後の恒例行事になってるようじゃ尚更だ。適性的にも、府中より中山向きの馬だと思うし、万が一、厳しい展開になっても、中山なら大崩れするような事はないと思うよ。
 加藤拓 あらゆるコースで崩れない競馬を見せており、今回もそう簡単には崩れないでしょう。が、前走とは違い、マクリの利くこのコースでは、後続に4コーナーで並びかける競馬をされると苦しいのは違いないでしょう。もちろん、そこから粘るのがこの馬の真骨頂でしょうが。
 くりーく 今回は間隔が詰まっているので、1週前追い切りは強めに追わず馬なりでの追い切りを消化しました。手応えも良く力強い走りで、良い状態をキープできていると思います。ただ、今年はほとんど内枠に入り自分のレースができているので、不利な外枠に入るなどして流れに乗れなかった時にどうなるかという不安はありますね。いずれにしても、状態面としては十分な状態でレースを迎えることができそうです。
 河内一秀 初めて明確に本命と言える評価をしたJCで、これも初めてと言っていい圧勝であったことを考慮すれば、指数的にも水準以上とみていいパフォーマンスだった。これにより、古馬中長距離戦線の主役であることは疑う余地がなくなったね。コースレイアウト的には向いていないと思われた府中2400mで、後続を引き連れての逃げで2着以下を完封したことで、最早、弱点が見つからない存在になったと言っても過言ではないよ。今回、未対決の3歳馬に潜在能力の差で負けるというシーンは、例えばオルフェーヴル級の指数ではないから、(その可能性は)ゼロではないけどね。それでも、馬券圏外に崩れる確率は限りなく少ないと言っていいだろうね。
 サラマッポ 前走は逃げて押し切る堂々たる競馬でした。今回はマルターズアポジーを見ながら、番手からの競馬になりそうですが、ペース判断に優れた武豊騎手なので、確実に自分の力は出せると思っています。柔らかみがありコーナリングも上手いので、中山の小回りも問題ないですね。

サトノダイヤモンド
 くりーく この馬は、1週前追い切りで調教助手が騎乗して併せ馬で強めに追われる、というのが調整パターン。レース内容が物足りなかった皐月賞以外は、すべて1週前に助手騎乗(皐月賞時のみルメール騎手騎乗)でビッシリと仕上げて出走しています。今回も、1週前追い切りは長めから併せて一杯に追われ、終い鋭く伸びて先着と、前走以上の動きに見えました。今回はキタサンブラックが実力以上に人気を背負ってくれるので、この馬としてはレースがしやすいという点も強調材料ではないかとみています。
 加藤拓 ディープインパクト産駒で有馬記念で馬券になったのはジェンティルドンナのみですが、実際上位人気はそのジェンティルドンナくらいで、他は単純に能力の問題とも言えます。中山競馬場は2014年の改修以降、年々ディープインパクト産駒が成績を上げていて、今年はベタ買いで回収率100%を超えてくるかというほど。いわば“ディープ馬場”に変化してきています。そういう面もこの馬にとっては追い風ですね。
 河内一秀 菊花賞は、唯一の相手だと思われたディーマジェスティの意外な低パフォーマンスに助けられて圧勝したけど、指数的には明らかに・・・


ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想 3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜有馬記念2012〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
12月23日の勝ち組
12/23 16:29更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 有馬記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 Prince Monolulu Jr. Prince Monolulu Jr. Lv 67 20% 173% 144,050円 なし
2位 ホクダイ ホクダイ Lv 89 63% 206% 200,160円 なし
3位 メイン・キラー メイン・キラー Lv 1 45% 389% 306,810円 なし
4位 まっこうくじら まっこうくじら Lv 1 16% 404% 182,500円 なし
5位 軍曹 軍曹 Lv 83 25% 319% 175,500円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
12月23日の勝ち組
12/23 16:29更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 有馬記念
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

ステップレース 〜有馬記念2012〜

2012年10月21日(菊花賞  京都 芝3000m 良 18頭

1着 1 ゴールドシップ 1.4倍(1人気) 内田博幸 3:02.9 101.6
2着 16 スカイディグニティ 22.3倍(5人気) I.メンディザバル 1 3/4 100.4
3着 15 ユウキソルジャー 24.6倍(7人気) 秋山真一郎 99.3
4着 3 ベールドインパクト 41.6倍(10人気) 四位洋文 アタマ 99.3
5着 4 ラニカイツヨシ 46.3倍(11人気) 佐藤哲三 1/2 98.9
⇒全着順を見る

2012年10月28日(天皇賞(秋)  東京 芝2000m 良 18頭

1着 12 エイシンフラッシュ 16.6倍(5人気) M.デムーロ 1:57.3 105.3
2着 4 フェノーメノ 3.4倍(1人気) 蛯名正義 1/2 104.7
3着 6 ルーラーシップ 4.5倍(2人気) I.メンディザバル 1 1/4 103.5
4着 13 ダークシャドウ 5.3倍(4人気) 福永祐一 3/4 102.9
5着 16 カレンブラックヒル 4.7倍(3人気) 秋山真一郎 アタマ 102.9
⇒全着順を見る

2012年11月11日(エリザベス女王杯  京都 芝2200m 重 16頭

1着 15 レインボーダリア 23.0倍(7人気) 柴田善臣 2:16.3 100.1
2着 12 ヴィルシーナ 1.9倍(1人気) 内田博幸 クビ 100.1
3着 6 ピクシープリンセス 14.3倍(5人気) M.デムーロ アタマ 100.1
4着 14 マイネオーチャード 100.6倍(15人気) 柴田大知 1 3/4 98.5
5着 10 オールザットジャズ 13.7倍(4人気) 川田将雅 3/4 97.4
⇒全着順を見る

2012年11月25日(ジャパンカップ  東京 芝2400m 良 17頭

1着 15 ジェンティルドンナ 6.6倍(3人気) 岩田康誠 2:23.1 107.8
2着 17 オルフェーヴル 2.0倍(1人気) 池添謙一 ハナ 107.8
3着 13 ルーラーシップ 5.4倍(2人気) C.ウィリアムズ 2 1/2 105.8
4着 10 ダークシャドウ 18.6倍(6人気) M.デムーロ アタマ 105.8
5着 4 フェノーメノ 8.0倍(4人気) 蛯名正義 2 1/2 103.9
⇒全着順を見る

2012年12月1日(ステイヤーズS  中山 芝3600m 良 15頭

1着 15 トウカイトリック 28.0倍(8人気) 北村宏司 3:46.5 105.4
2着 11 ファタモルガーナ 7.0倍(4人気) 川島信二 1 1/4 104.7
3着 8 デスペラード 5.3倍(2人気) 内田博幸 クビ 104.7
4着 3 セイカプレスト 33.3倍(11人気) 津村明秀 3 1/2 102.9
5着 6 ネヴァブション 31.5倍(9人気) 田中勝春 クビ 102.9
⇒全着順を見る

2012年12月1日(金鯱賞  中京 芝2000m 良 12頭

1着 6 オーシャンブルー 7.3倍(6人気) C.ルメール 2:00.4 100.2
2着 9 ダイワマッジョーレ 27.0倍(8人気) 丸田恭介 3/4 99.6
3着 5 アドマイヤラクティ 6.4倍(4人気) M.デムーロ クビ 99.0
4着 11 トウカイパラダイス 32.2倍(9人気) 柴山雄一 ハナ 99.0
5着 12 クレスコグランド 66.6倍(11人気) 浜中俊 1 1/4 97.9
⇒全着順を見る

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜有馬記念2012〜

2011年 有馬記念 2011年12月25日() 中山10R 芝2500m 良 14頭

有馬記念2011

1着 9 オルフェーヴル 2.2倍(1人気) 池添謙一 2:36.0 101.7
2着 5 エイシンフラッシュ 26.8倍(7人気) C.ルメール 3/4 101.2
3着 7 トゥザグローリー 47.1倍(9人気) 福永祐一 クビ 101.2
単勝 9 220円(1人気) 3連複 5−7−9 24,290円(64人気)
馬連 5−9 3,170円(10人気) 3連単 9→5→7 78,260円(207人気)

2010年 有馬記念 2010年12月26日() 中山10R 芝2500m 良 16頭

有馬記念2010

1着 1 ヴィクトワールピサ 8.4倍(2人気) M.デムーロ 2:32.6 102.8
2着 7 ブエナビスタ 1.7倍(1人気) C.スミヨン ハナ 102.8
3着 11 トゥザグローリー 75.9倍(14人気) C.ウィリアムズ クビ 102.8
単勝 1 840円(2人気) 3連複 1−7−11 11,610円(35人気)
馬連 1−7 550円(1人気) 3連単 1→7→11 60,770円(179人気)

2009年 有馬記念 2009年12月27日() 中山10R 芝2500m 良 16頭

有馬記念2009

1着 9 ドリームジャーニー 4.0倍(2人気) 池添謙一 2:30.0 110.4
2着 2 ブエナビスタ 3.4倍(1人気) 横山典弘 1/2 110.0
3着 6 エアシェイディ 32.0倍(11人気) 後藤浩輝 106.7
単勝 9 400円(2人気) 3連複 2−6−9 5,460円(10人気)
馬連 2−9 740円(1人気) 3連単 9→2→6 18,890円(27人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2008/12/28
有馬記念
中山 14 ダイワスカーレット 2.6倍 1 安藤勝己 2:31.5 107.2
2007/12/23
有馬記念
中山 16 稍重 マツリダゴッホ 52.3倍 9 蛯名正義 2:33.6 109.5
2006/12/24
有馬記念
中山 14 ディープインパクト 1.2倍 1 武豊 2:31.9 106.3
2005/12/25
有馬記念
中山 16 ハーツクライ 17.1倍 4 C.ルメール 2:31.9 108.7
2004/12/26
有馬記念
中山 15 ゼンノロブロイ 2.0倍 1 O.ペリエ 2:29.5 108.7
2003/12/28
有馬記念
中山 12 シンボリクリスエス 2.6倍 1 O.ペリエ 2:30.5 111.2
2002/12/22
有馬記念
中山 14 稍重 シンボリクリスエス 3.7倍 2 O.ペリエ 2:32.6 0.0

●有馬記念 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜有馬記念2012〜

〜注目GI・2012有馬記念特集〜
2012年12月23日 中山競馬場・芝2500m・GI

有馬記念(GI)歴史・レース概要有馬記念は宝塚記念と並ぶファン投票で出走馬が選ばれるオールスター・グランプリ。1年を締めくくるレースとして国民的行事とも言われており、1996年(優勝サクラローレル)では有馬記念1レースで売上げ世界レコード875億104万2400円を記録している。またオグリキャップの引退レースとなった1990年の有馬記念では、同馬の人気もあり17万7779名もの競馬ファンが中山競馬場に来場した。

中山競馬場の芝2500mで行われ、過去の優勝馬にはナリタブライアンディープインパクトゼンノロブロイオルフェーヴルドリームジャーニーヴィクトワールピサグラスワンダーダイワスカーレットシンボリクリスエスマンハッタンカフェハーツクライ古くはシンザン、テンポイント、シンボリルドルフオグリキャップなどの歴史を飾る名馬が名を連ねる。
 テンポイントとトウショウボーイのマッチレース、グラスワンダースペシャルウィークの激走、オグリキャップ感動のラストラン、トウカイテイオーの復活、ダイユウサクメジロパーマーマツリダゴッホの人気薄馬のあっと驚く激走など、記録と記憶に残る名勝負が繰り広げられてきた。

☆有馬記念の過去の成績はコチラ

ファン投票のグランプリということもあり、前哨戦は多彩。ジャパンカップ、菊花賞、エリザベス女王杯、天皇賞(秋)というGIレースだけでなく、ステイヤーズS、鳴尾記念などから滑り込みで出走を果たす馬もいる。しかし近年の優勝馬はジャパンカップ、天皇賞などをステップにした馬が多く優勝している。

レースレコードは2004年にゼンノロブロイが記録した2分29秒5という時計。
現役騎手ではO.ペリエ騎手が三連覇を果たし最多の3勝で、武豊騎手、蛯名正義騎手、池添謙一騎手が2勝と続く。現役調教師では2002〜04年にシンボリクリスエスゼンノロブロイで三連覇を達成した藤澤和雄調教師が最多勝利である。

有馬記念(GI)登録馬一覧
アーネストリー
牡7 57.0
佐々木晶三 栗東  28戦[10- 2- 5-11]
グラスワンダー 母レットルダムール 母父トニービン

ウェルテクス
牡3 55.0
柴田政人 美浦  11戦[ 2- 0- 1- 8]
ソングオブウインド 母ミスパーフェクト 母父タイキブリザード

エイシンフラッシュ
牡5 57.0
藤原英昭 栗東 21戦[ 5- 3- 4- 9]
父King's Best 母ムーンレディ 母父Platini

オーシャンブルー
牡4 57.0
池江泰寿 栗東  13戦[ 6- 1- 0- 6]
ステイゴールド 母プアプー 母父Dashing Blade

オウケンブルースリ
牡7 57.0
音無秀孝 栗東  26戦[ 5- 5- 2-14]
ジャングルポケット 母シルバージョイ 母父Silver Deputy

ゴールドシップ
牡3 55.0
須貝尚介 栗東  9戦[ 6- 2- 0- 1]
ステイゴールド 母ポイントフラッグ 母父メジロマックイーン

スカイディグニティ
牡3 55.0
友道康夫 栗東  9戦[ 2- 2- 2- 3]
父ブライアンズタイム 母ナイストレビアン 母父ノーザンテースト

タニノエポレット
牡5 57.0
村山明 栗東 33戦[ 4- 0- 7-22]
ダンスインザダーク 母タニノカリス 母父ジェネラス

ダークシャドウ
牡5 57.0
堀宣行 美浦 15戦[ 5- 5- 0- 5]
ダンスインザダーク 母マチカネハツシマダ 母父Private Account

ダイワファルコン
牡5 57.0
上原博之 美浦 26戦[ 7- 5- 3-11]
ジャングルポケット 母ダイワルージュ 母父サンデーサイレンス

デスペラード
牡4 57.0
安達昭夫 栗東 21戦[ 5- 2- 2-12]
ネオユニヴァース 母マイネノエル 母父トニービン

トゥザグローリー
牡5 57.0
池江泰寿 栗東 23戦[ 8- 2- 2-11]
キングカメハメハ 母トゥザヴィクトリー 母父サンデーサイレンス

トレイルブレイザー
牡5 57.0
池江泰寿 栗東 22戦[ 6- 2- 2-12]
ゼンノロブロイ 母リリオ 母父Forty Niner

ナカヤマナイト
牡4 57.0
二ノ宮敬宇 美浦 18戦[ 5- 4- 1- 8]
ステイゴールド 母フィジーガール 母父カコイーシーズ

ネヴァブション
牡9 57.0
伊藤正徳 美浦 50戦[ 8- 1- 6-35]
マーベラスサンデー 母パールネツクレース 母父Mill Reef

ビートブラック
牡5 57.0
中村均 栗東 31戦[ 6- 4- 3-18]
ミスキャスト 母アラームコール 母父ブライアンズタイム

メイショウカンパク
牡5 57.0
荒川義之 栗東 34戦[ 6- 4- 8-16]
グラスワンダー 母ダンシングハピネス 母父ダンスインザダーク

ルーラーシップ
牡5 57.0
角居勝彦 栗東 19戦[ 8- 2- 3- 6]
キングカメハメハ 母エアグルーヴ 母父トニービン

ルルーシュ
牡4 57.0
藤沢和雄 美浦 11戦[ 6- 2- 1- 2]
ゼンノロブロイ 母ダンスーズデトワール 母父Highest Honor

ローズキングダム
牡5 57.0
橋口弘次郎 栗東  22戦[ 6- 2- 3-11]
キングカメハメハ 母ローズバド 母父サンデーサイレンス

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

ダビマス
初めての方へ
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年1月14日(
愛知杯 G3
2017年1月15日(
京成杯 G3
2017年1月17日(火)
日経新春杯 G2

競馬番組表

2017年1月14日(
1回中山4日目
1回中京1日目
1回京都4日目
2017年1月15日(
1回中山5日目
2017年1月16日(月)
1回中京2日目
2017年1月17日(火)
1回京都5日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 ゴールドアクター 牡6
67,588万円
3 サトノダイヤモンド 牡4
67,496万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 モーリス 牡6
53,625万円
6 ミッキーアイル 牡6
52,948万円
7 ロゴタイプ 牡7
52,480万円
8 ヌーヴォレコルト 牝6
45,672万円
9 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
10 ラストインパクト 牡7
44,359万円
» もっと見る

3歳
1 サトノアレス 牡3
9,135万円
2 ソウルスターリング 牝3
8,950万円
3 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
4 レイデオロ 牡3
8,477万円
5 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
6 レーヌミノル 牝3
6,985万円
7 リスグラシュー 牝3
6,381万円
8 ジューヌエコール 牝3
6,156万円
9 トラスト 牡3
5,392万円
10 キョウヘイ 牡3
5,347万円
» もっと見る