会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   2016年10月30日() 15:40 東京/芝2000m

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜天皇賞(秋)2016〜

第154回 天皇賞(秋) G1

2016年10月30日()東京11R 芝2000m 15頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 5 8 101.4 モーリス 牡5 58.0 R.ムーア 堀宣行 美浦 514(+4) 3.6 1 1.59.3
2 7 12 99.6 リアルスティール 牡4 58.0 M.デムー 矢作芳人 栗東 502(+4) 13.0 7 1.59.5 1 1/2
3 8 14 99.5 ステファノス 牡5 58.0 川田将雅 藤原英昭 栗東 486(0) 11.2 6 1.59.7 1 1/4
4 2 3 100.7 アンビシャス 牡4 58.0 横山典弘 音無秀孝 栗東 466(-8) 6.0 4 1.59.9
5 3 5 100.5 ロゴタイプ 牡6 58.0 田辺裕信 田中剛 美浦 496(-6) 43.2 9 1.59.9 アタマ
6 4 6 100.1 アドマイヤデウス 牡5 58.0 岩田康誠 橋田満 栗東 476(-14) 47.8 11 1.59.9 ハナ
7 5 9 100.0 ルージュバック 牝4 56.0 戸崎圭太 大竹正博 美浦 450(-4) 5.1 3 1.59.9 クビ
8 6 11 98.5 ヒストリカル 牡7 58.0 田中勝春 音無秀孝 栗東 450(-2) 114.9 12 2.00.1 1 1/4
9 8 15 102.2 ラブリーデイ 牡6 58.0 C.ルメー 池江泰寿 栗東 482(-6) 11.1 5 2.00.3 1 1/4
10 4 7 100.7 サトノノブレス 牡6 58.0 A.シュタ 池江泰寿 栗東 496(-10) 44.4 10 2.00.4 3/4
11 2 2 99.6 クラレント 牡7 58.0 内田博幸 橋口慎介 栗東 500(-2) 234.8 14 2.00.6
12 1 1 100.3 エイシンヒカリ 牡5 58.0 武豊 坂口正則 栗東 502(--) 4.5 2 2.00.6 ハナ
13 6 10 94.0 カムフィー 牡7 58.0 蛯名正義 池上昌和 美浦 462(0) 248.2 15 2.00.7 3/4
14 3 4 98.9 サトノクラウン 牡4 58.0 福永祐一 堀宣行 美浦 480(0) 21.5 8 2.00.8 1/2
15 7 13 98.1 ヤマカツエース 牡4 58.0 池添謙一 池添兼雄 栗東 484(-4) 167.8 13 2.00.8 クビ
ラップタイム 13.3-12.0-11.6-11.9-12.0-12.3-12.0-11.5-11.0-11.7
前半 13.3-25.3-36.9-48.8-60.8
後半 58.5-46.2-34.2-22.7-11.7

■払戻金

単勝 8 360円 1番人気
複勝 8 150円 1番人気
12 350円 7番人気
14 240円 5番人気
枠連 5-7 1,510円 6番人気
馬連 8-12 2,420円 10番人気
ワイド 8-12 900円 11番人気
8-14 630円 5番人気
12-14 1,760円 24番人気
馬単 8-12 3,700円 14番人気
3連複 8-12-14 7,430円 31番人気
3連単 8-12-14 32,400円 119番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

レース動画

天皇賞(秋)関連記事

【アルゼンチン】レース展望
 東京の日曜メインは、秋の古馬ハンデ重賞として根付いている第54回アルゼンチン共和国杯(6日、GII、芝2500メートル)。出世レースとしても知られ、過去10年の連対馬からは2007年1着アドマイヤジュピタ(天皇賞・春)、08年1着スクリーンヒーロー(ジャパンC)、同2着ジャガーメイル(天皇賞・春)、09年2着アーネストリー(宝塚記念)、10年1着トーセンジョーダン(天皇賞・秋)、13年2着アドマイヤラクティ(コーフィールドC)、15年1着ゴールドアクター(有馬記念)と、7頭がのちにGIを制している。今後のGI戦線を占ううえでも必見のGIIだ。 中心を担うのはシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)。昨秋に一気の3連勝でオープン入りすると、今年初戦の日経新春杯で2着、続く阪神大賞典で重賞初制覇を飾った。春の天皇賞でも0秒2差3着に入り、古馬長距離界トップクラスの実力馬へと成長。宝塚記念は9着に敗れたが、直線で前がふさがる不利があったもので、不完全燃焼だった。休み明けとなるが、ここに向けてじっくり乗り込んで力を出せる状態で、トップハンデタイの58キロも近2戦で背負い慣れた斤量。初の関東遠征に左回りと課題はあるが、持ち前の末脚の持続力を出し切れれば上位争いに加わるだろう。 昨年、夏から4連勝で重賞初制覇(ステイヤーズS)を飾ったアルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)も充実ぶりがうかがえる。その後3戦は良績を残せていないが、強豪ぞろいのGI・GIIで相手も強かった。前週に天皇賞・秋が行われていることで、今回は相手関係も楽になる。半年以上の休み明けになるが、しっかりと立て直された印象。マイルで折り合いに苦労していたモーリスを中距離王に育て上げた堀厩舎だけに、大きな不安もないだろう。ハンデは57キロ。前走の天皇賞・春(0秒5差6着)で同斤だったシュヴァルグランより1キロ軽くなるのは歓迎だ。 一昨年のアルゼンチン共和国杯を含む重賞4勝のフェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、セン6歳)も復活へ虎視眈々。前走の宝塚記念では気難しさを出して17着に大敗したが、夏場の休養中に去勢手術を行い、中間は落ち着いて調教に取り組んでいる。東京コースは【3・1・0・1】で、長い直線はぴったり。トップハンデタイの58キロだが、昨春の天皇賞で58キロ、今春のダイヤモンドSで58.5キロを背負っていずれも2着に入った実績があり、斤量負けすることはない。 14年のダービー馬ワンアンドオンリー(栗東・橋口慎介厩舎、牡5歳)も失地回復を期す。昨年3月のドバイシーマクラシック3着後は、9戦して3着以内に入れていないが、前走の産経賞オールカマーでは0秒4差7着と大きく負けなかった。トップハンデタイの58キロが鍵となりそうだが、相手関係を考えれば、久々の好走があっても不思議はない。今回は新たに柴山雄一騎手とのコンビで臨む。 前走でオープン2勝目を飾ったのがディープインパクト産駒のモンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)。前走の札幌日経オープンは着差以上の快勝だった。ハンデ56.5キロは見込まれた印象だが、春はメトロポリタンS1着、今回と同舞台の目黒記念で0秒2差5着と東京の長丁場を得意にしている点は魅力だ。 同じ56.5キロのハギノハイブリッド(栗東・松田国英厩舎、牡5歳)は、前走のアイルランドTで14年の京都新聞杯以来、2年5カ月ぶりの勝利を飾った。2400メートル以上は【0・0・2・4】だけに距離克服がポイントとなるが、勝ち方を思い出した今の勢いは侮れない。 前走で再度オープン入りしたヴォルシェーブ(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)も、ここにきての上昇度が光る。もともとポテンシャルは高かったが、屈腱炎による長期休養を経た近2走も上がり3ハロン最速をマークして2、1着と、能力の高さを示した。その切れ味は【2・1・0・0】の東京コースでさらに際立つ。ハンデ55キロなら実績上位馬が相手でも好勝負が期待できそうだ。同じ友道厩舎、佐々木主浩オーナーのシュヴァルグランを脅かす存在になり得る素材だろう。 一昨年の2着馬で復調気配を示しているクリールカイザー(美浦・相沢郁厩舎、牡7歳=57キロ)のほか、芝替わりの前走を快勝したフェスティヴイェル(美浦・畠山吉宏厩舎、牡5歳=54キロ)、クラシックディスタンスでの安定したレースぶりが光るプレストウィック(美浦・武藤善則厩舎、牡5歳=54キロ)なども斤量差を生かして上位をうかがう。★アルゼンチン共和国杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2016年10月31日(月) 19:03

 3,101

【天皇賞・秋】モーリス国内V締め!香港で伝説最終章へ
 第154回天皇賞・秋(30日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億5000万円=出走15頭)ライアン・ムーア騎乗の1番人気モーリスが直線半ばで先頭に立ってそのまま押し切り、5度目のGI制覇。昨年の年度代表馬が、中距離でも頂点を極めた。タイム1分59秒3(良)。次走は12月11日にシャティンで行われる香港カップ(GI、芝2000メートル)か香港マイル(同、芝1600メートル)の予定で、ここがラストランとなる。1馬身1/2差の2着は7番人気のリアルスティールだった。 世界に名をとどろかす最強マイラーが、中距離界も制圧した。昨年の年度代表馬モーリスが、香港のチャンピオンズマイル以来、約半年ぶりの勝利でGI5勝目。検量室に引き揚げてきたムーア騎手は、クールな表情で相棒をねぎらった。 「完勝だった。早めに抜け出しても、誰も追いついてこられないという自信があった」 コンビを組んでGI3連勝。英国の名手は馬の力を信じる強気の騎乗で能力を引き出した。中団の外から抜群の手応えで直線に向くと、ぐんと加速。鞍上の豪快なアクションに応えて徐々に外へ進路を取り、馬場の真ん中を力強く駆け抜けた。 「すぐ前にあまり人気のない馬がいたので外を回ったが、反応がすごく良くて、最高の形で直線を迎えられた」。思い描いた通りの快走だった。 前日から短期免許で騎乗しているムーアは、今年も凱旋門賞(ファウンド)制覇など世界中で活躍。レース後は大急ぎで機上の人となった。あすの豪GIメルボルンC、さらに4、5日の米GIブリーダーズC騎乗と、世界を飛び回ってその技量を発揮し続ける。 「今までにない走りを見せられた」とジョッキーがいえば、堀調教師も「今回がベストパフォーマンス」と胸を張る。国内ラストランで約9万人の観衆を魅了し、2年連続の年度代表馬も射程圏にとらえた。 陣営は以前から2000メートルへの挑戦を考えていたが、昨年の安田記念でGI初制覇を飾った時点でも「燃えすぎる気性とゲート難がウイークポイントだった」とトレーナーは振り返る。怪物はそこからさらなる進化を遂げ、新境地へと足を踏み入れた。「馬自身が足りない部分を克服してきた。馬体は完成の域に入ったし、気性的な成長が一番大きい。まだまだ良くなると思う」。指揮官はたくましくなった愛馬を誇らしげに見つめた。 ラストランとなる次走は、香港カップか香港マイル。伝説の終幕まで、最強の座は譲らない。 (藤沢三毅)★香港出走レースはムーアの状況次第 夫人の吉田和美オーナーに代わって表彰台に上がったノーザンファームの吉田勝己代表(67)は、引退レースとなる香港国際競走について「(カップかマイルか)どちらになるか、まだ分かりません。ムーア騎手の状況次第になると思います」と説明した。ムーア騎手が騎乗できるレースを優先する方針で、もし両方とも騎乗できない場合は、モレイラ騎手とのコンビでカップに出走する予定だ。★30日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら
2016年10月31日(月) 05:08

 3,186

【天皇賞・秋】戸川場主、モーリスの亡き母に「誇れる」
 第154回天皇賞・秋(30日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億5000万円=出走15頭)ライアン・ムーア騎乗の1番人気モーリスが直線半ばで先頭に立ってそのまま押し切り、5度目のGI制覇。昨年の年度代表馬が、中距離でも頂点を極めた。 生産者である北海道日高町・戸川牧場の戸川洋二場主は格別の感慨に浸っていた。母メジロフランシスは、5月5日に生まれた当歳馬(モーリスの全妹)の命と引き換えに15歳で世を去ったが、「誇れるでしょう」と笑顔で生産馬をたたえた。現1歳の全弟は、クラブ法人のシルク・ホースクラブで募集され、兄と同じ堀厩舎からデビューが決まっている。「姿かたちがモーリスそっくり」(戸川場主)と大評判。総額1億円の募集価格だったが、すでに満口だ。◆実家が生産牧場の西武・戸川 「感動しました。国内最後のレースだったので、勝利の瞬間を見ることができ、とても刺激になりました」★30日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら
2016年10月31日(月) 05:07

 1,184

【天皇賞・秋】スローに泣く…アンビシャス悔し4着
 第154回天皇賞・秋(30日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億5000万円=出走15頭)4番人気アンビシャスは後方3番手からレースを進め、内からしぶとく脚を伸ばしたが、上位3頭とは瞬発力の差が出て4着。昨年(5着)より着順は1つ上げたが、待望のGI制覇はかなわなかった。「展開が向くのを待っていたが、(スローで)流れてくれなかったね。それでも、最後は差を詰めてきているんだが…」と音無調教師は悔しさをにじませていた。★30日東京11R「天皇賞・秋」の着順&払戻金はこちら
2016年10月31日(月) 05:06

 1,885

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2018年1月21日(
アメリカジョッキーC G2
東海テレビ杯東海S G2

競馬番組表

2018年1月20日(
1回中山6日目
1回中京3日目
1回京都6日目
2018年1月21日(
1回中山7日目
1回中京4日目
1回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 ミッキークイーン 牝6
51,131万円
5 レイデオロ 牡4
49,882万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
9 レッドファルクス 牡7
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 モルトアレグロ 牝3
4,941万円
» もっと見る