会員登録はこちら
天皇賞(秋) G1   日程:2012年10月28日() 15:40 東京/芝2000m

レース結果

天皇賞(秋) G1

2012年10月28日() 東京/芝2000m/18頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:1分56秒1
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

エイシンフラッシュ

牡5 58.0 M.デムー  藤原英昭 486(-8) 1.57.3 16.6 5
2 2 4

フェノーメノ

牡3 56.0 蛯名正義  戸田博文 496(-2) 1.57.4 1/2 3.4 1
3 3 6

ルーラーシップ

牡5 58.0 I.メンデ  角居勝彦 514(+18) 1.57.6 1 1/4 4.5 2
ラップタイム 12.5-11.2-11.1-11.2-11.3-11.6-11.8-12.0-12.8-11.8
前半 12.5-23.7-34.8-46.0-57.3
後半 60.0-48.4-36.6-24.6-11.8

■払戻金

単勝 12 1,660円 5番人気
複勝 12 370円 5番人気
4 140円 1番人気
6 190円 3番人気
枠連 2-6 1,850円 8番人気
馬連 4-12 3,250円 8番人気
ワイド 4-12 1,190円 10番人気
6-12 1,350円 14番人気
4-6 380円 2番人気
馬単 12-4 8,980円 32番人気
3連複 4-6-12 3,990円 7番人気
3連単 12-4-6 39,520円 123番人気

天皇賞(秋)のニュース&コラム

【次走報】ナカヤマナイトは有馬記念へ直行
 ★…天皇賞・秋9着ナカヤマナイト(美・二ノ宮、牡4)は、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)へ直行する。 ★…美浦・萩原厩舎勢の予定は以下の通り。天皇賞・秋17着のトランスワープ(せん7)はノーザンファーム天栄に放牧。次走未定。日テレ盃5着以降、休養しているランフォルセ(牡6)は浦和記念(21日、浦和、GII、ダ2000メートル)。紅葉Sを勝ったミトラ(せん4)はオーロC(10日、東京、OP、芝1400メートル)へ。 ★…スワンS5着オリービン(栗・橋口、牡3)は、キャピタルS(25日、東京、OP、芝1600メートル)に向かう。10着エーシンホワイティ(栗・松元茂、牡5)は、京阪杯(24日、京都、GIII、芝1200メートル)、14着エイシンアポロン(栗・松永昌、牡5)はマイルCS(18日、京都、GI、芝1600メートル)へ。
2012年11月2日(金) 05:00

 662

【AR共和国杯】ルルーシュ手加減なし12秒9
 今週の東京のメーン、GIIアルゼンチン共和国杯(芝2500メートル)の追い切りが31日、東西トレセンで行われた。美浦では、重賞初制覇を目指すルルーシュがWコースでの3頭併せで抜群の動きを見せ、サンスポ調教評価で「S」を獲得。栗東では、GII京都大賞典3着のギュスターヴクライが坂路でしまい重視の最終調整を行った。 もう足踏みはできない。大器ルルーシュが熱のこもった併せ馬を消化。4戦3勝、2着1回と連対率100%の東京で巻き返しを図る。 美浦Wコースでパストフォリア(牝3)、サトノギャラント(牡3)の準オープン馬2頭を追う。3馬身ずつ間隔をとり、直線は最内に。鞍上の横山典が軽く合図を送るとスムーズに加速。馬なりでラスト1ハロン12秒9(5ハロン66秒4)で中サトノと併入、外パストには2馬身先着した。 藤沢和調教師は「動きは良かった。時計は遅かったんだろうけど、反応も良かった。順調にきているよ」と満足そうだ。前走のGII産経賞オールカマーではデビュー以来最も重い518キロ。「ちょっと余裕があった」。札幌日経オープンをレコード勝ちしたばかりで手加減した部分もあったが、今回はびっしり乗り込んだ。 その前走は、4コーナーから直線でスムーズさを欠いて4着。藤沢和調教師は「実力負けだな」と言い、横山典も「リズムが悪くなったのは確か。それでも来ないといけない」と厳しい。2人が辛口なのは期待が大きいからこそだ。 父ゼンノロブロイは4歳秋から冬にかけて天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念と王道のGIを3連勝。横山典は「まだロブロイとは比べられないが、この先変わっていくかもしれないし、まだ隠し持っているものがあるかもしれない」と秘めた能力に期待する。同じ時期を迎えたルルーシュは成長曲線こそ緩やかだが、一戦ごとにステップアップ。今度こそ重賞初制覇を果たす。 (田中直成) ◆父ロブロイは4歳秋に覚醒 ルルーシュの父ゼンノロブロイは2003年、横山典弘騎手で青葉賞を勝ち、ダービー2着。その後は神戸新聞杯は勝ったものの菊花賞4着、有馬記念3着、天皇賞・春2着、宝塚記念4着とGI、重賞で惜敗が続いた。しかし、4歳秋初戦の京都大賞典2着後に覚醒。オリビエ・ペリエ騎手を背に天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念を勝ち、2000年のテイエムオペラオー以来、史上2頭目となる秋の王道3連勝を達成した。
2012年11月1日(木) 05:06

 895

【次走報】フェノーメノ予定通りJCへ
 ★…天皇賞・秋2着のフェノーメノ(美・戸田、牡3)は、予定通りジャパンC(25日、東京、GI、芝2400メートル)へ。「競馬のあともケロッとしていたし、使った反動はない」と戸田調教師。 ★…天皇賞・秋6着ジャスタウェイ(栗・須貝尚、牡3)は短期放牧を経て、朝日チャレンジC(12月8日、阪神、GIII、芝1800メートル)へ向かう。8着サダムパテック(栗・西園、牡4)、12着シルポート(栗・西園、牡7)は、マイルCS(18日、京都、GI、芝1600メートル)へ進む。 ★…中京記念3着後に休養しているトライアンフマーチ(栗・角居、牡6)は、キャピタルS(25日、東京、OP、芝1600メートル)で復帰する。 ★…レパードS8着フリートストリート(栗・角居、牡3)は、ベテルギウスS(12月16日、阪神、OP、ダ2000メートル)で復帰予定。
2012年11月1日(木) 05:00

 589

【天皇賞・秋】フラッシュ復活!ダービー以来V
 第146回天皇賞・秋(28日、東京11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金1億3200万円 =出走18頭)近代競馬150周年を記念して、天皇、皇后両陛下をお迎えして行われた天皇賞・秋は、ミルコ・デムーロ騎乗で5番人気のエイシンフラッシュが、直線最内から鋭く伸びて一昨年のダービー以来の勝利を飾った。タイム1分57秒3(良)。1番人気に推されたフェノーメノは2着、2番人気のルーラーシップは3着に終わった。エイシンフラッシュはこの後、ジャパンC(11月25日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。 厚い雲に覆われた東京競馬場のターフに閃光が走った。エイシンフラッシュが、極上の切れ味を発揮して復活V。馬上で派手なガッツポーズを決めたミルコ・デムーロ騎手は、喜びを爆発させた。 「大きなレースで勝てて本当にうれしい。興奮しているよ。2年5カ月、僕が勝つために待っていてくれたのかな」 会心のレースだった。ハイペースで流れる中、中団のイン待機でパワーをため込む。余力十分に直線に向くと、ポッカリと空いた最内のスペースを突いて一気に加速。残り100メートル付近でシルポートを抜き去り、そのままゴール板を駆け抜けた。 道中は馬群で折り合いをつけて内ラチ沿いをロスなく運び、直線の瞬発力勝負にかけるのが、秋の盾獲りに向けて陣営が練った作戦だった。そのために前に馬を置いた調教を重ねた。本番を見すえて積み重ねたことをレースで発揮し、最後は運も味方につけ、一昨年の日本ダービー以来、実に2年4カ月28日ぶりの勝利の美酒に酔った。 復活を信じ続けた藤原英調教師は「スタートからあの位置を取るのは絶対やった。直線では『きた!!』と思って、さすがに声が出たね。ダービーを勝ってから長かったけど、馬とすべてのスタッフに感謝しています」と声を震わせた。厩舎一丸となって復権にかけた執念が実を結んだ。 今後はジャパンC、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)と王道を突き進む。短期免許期間が終了するデムーロに替わり、鞍上にはルメール騎手を予定している。 「GIの度に調子を上げて勝負するから馬は大変だったと思うけど、アイアンホースやな」 藤原英調教師は愛馬をねぎらい、次なるタイトルをにらんだ。輝きを取り戻したエイシンフラッシュが、猛者が集うGI戦線の主役を務める。 (川端亮平)★着順・払戻金へ
2012年10月29日(月) 05:06

 1,615

天皇賞(秋)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・秋】ダーク悲願Vへ福永手応え◎
 1年越しの悲願へ、昨年2着のダークシャドウが理想のローテーションで万全の態勢を整えた。 美浦Pコースでともに出走するジャガーメイルを2馬身追走。折り合いをピタリとつけて迎えた直線。福永騎手がGOサインを送ると、力強い伸び脚でジャガーに並びかけ併入した。 「サッと突き放してほしいとも思ったけど、相手も強い馬。ラップをみても申し分ないし、日程を逆算して順調にメニューを消化できているのが何より」と、先週に続き感触を確かめたユーイチが笑顔を見せた。 「以前は道中でハミを噛んだり、モタれたり難しかったのに、今はゲートが安定して前に行っての競馬もできる。3歳も強いけど、競馬は1頭1頭の勝負。充実期を迎えたし、もうタイトルを獲っていくだけってくらいの馬だから」と、パートナーへの信頼は絶大だ。 エプソムC→毎日王冠連勝から臨んだ昨年と違い、今年は札幌記念2着から。間隔を空けたことがプラスに出ると、堀調教師は確信する。 「去年は賞金加算が必要で、毎日王冠のあとに少し体調を崩したりもした。今年は海外遠征(ドバイデューティフリー9着)後で体調の見極めも必要だったから、天皇賞はぶっつけも覚悟していた。札幌記念を使えたことは大きいし、この馬のリズムに合う競馬じゃなかったのに崩れなかったことも評価できる。狙ってきたレースに1番いい状態で送り出せます」 東京芝は【5・1・0・0】とベスト。狙いすました臨戦過程で臨む屈指の実力古馬が、強力3歳勢の前に立ちはだかる。
2012年10月25日(木) 11:58

 1,602

【天皇賞・秋】ブラックヒルけさも落ち着き十分
 昨年2着のリベンジを期すダークシャドウは、美浦TCのPコースでともに出走するジャガーメイルと併せ馬。2馬身追走からラスト1F11秒7と力強く伸びて、併入した。「ラップは申し分ないし、順調にメニューを消化できているのが何より。3歳世代も強いけど、充実期を迎えているし、もうタイトルを獲っていくだけってくらいの馬」と、騎乗した福永騎手は力を込めた。 史上初の無敗盾制覇に挑むカレンブラックヒルは栗東TCの厩舎周りの運動で息を整えた。「きのう追い切ったあとも実にオットリとしていて、おとなしい。毎日王冠はまだ体に余裕があったのに勝てた。ひと叩きして体は引き締まってきたし、体調面の上積みは大きいですよ」と、小林助手は状態に自信。 セントライト記念勝ちのフェノーメノは、美浦TC南馬場の角馬場をじっくり歩いて周回した。「体をほぐす感じ。追い切ったあとも落ち着いている。週末は雨予報らしいけど馬場は気にしていない。せっかくの天覧競馬なんだから降ってほしくないな。今の精神状態で本番を迎えられれば力は出せる」と、戸田調教師はキッパリ。
2012年10月25日(木) 11:55

 814

【天皇賞・秋】ルーラー悲願国内GI頂き!
 天皇賞・秋(28日、GI、東京、芝2000メートル)の追い切りが24日、東西のトレーニングセンターで行われた。海外GIウイナーのルーラーシップ(栗東・角居勝彦厩舎、牡5歳)は栗東で軽快な動きを披露。宝塚記念2着以来のレースでも好仕上がりを見せつけ、母エアグルーヴ(1997年)との母子制覇を狙う。天皇賞・秋は25日に枠順が確定、26日に金曜発売を実施する。 このチャンスは逃さない。気温10度と冷え込んだ暗闇の中、ルーラーシップが軽やかな動きを披露。コンビを組むメンディザバル騎手は、笑顔で右手親指を突き上げた。 「ベリーグッド。落ち着いているね。手綱越しにいい状態だと感じた」 朝一番のCWコースでの3頭併せ。トーセンパワフル(牡2、500万下)、ハーキュリーズ(牡4、1000万下)を最後方から追走してスタート。前夜までの雨を含んで重くなった馬場も苦にせず、雄大なフットワークでゆったりと駆けた。直線の入り口で内から差を詰めて並びかけて馬体を併せると、残り300メートルを馬なりのまま鋭伸。僚馬に半馬身遅れたが、ラスト200メートル11秒6なら悪くない。 父キングカメハメハ、母は1997年の覇者エアグルーヴという超良血馬。今春の香港・クイーンエリザベス2世Cで待望のGI勝利を挙げたが、国内GIは2着が最高。今回は王者オルフェーヴルが不在だけに、角居調教師は「天皇賞は一番近いタイトルと思っている」と力を込めた。 4カ月ぶりのレースとなるが、十分に乗り込んできた。角居調教師は「いきなりのGIでも調整はビッシリやってきている」と胸を張る。4カ月以上の休み明けでは2度走って、1着と4着。4着は昨年の有馬記念だが、着差は0秒2の僅差だった。久々のレースでもきっちり力を発揮できるタイプだ。 昨年の有馬記念以来のタッグを組むメンディザバルは「前回乗ったときに比べて、大人になった。行けといったら行くし、抑えろといったら抑えられる。他の馬、3歳馬は見たことがないので、分からないが、今はルーラーシップが一番強いと思っている」と力強く締めくくった。 無冠返上への態勢は整った。ルーラーシップが秋の盾を奪いに行く。 (川端亮平)
2012年10月25日(木) 05:10

 1,918

【天皇賞・秋】ブラックヒル無敗戴冠へ!
 天皇賞・秋の追い切りが24日、東西トレセンで行われた。栗東ではカレンブラックヒルが、CWコースで3馬身の先着。シャープな走りでサンケイスポーツ調教評価「S」を獲得した。美浦ではWコースでナカヤマナイトが躍動、騎乗した柴田善騎手も絶賛。フェノーメノはWコースで鋭い動きを見せた。天皇賞・秋は25日に枠順が確定、26日に金曜発売を実施する。 146回を数える歴史に新たな1ページを加える。5戦無敗のカレンブラックヒルがCWコースで俊敏な動きを披露。手綱越しの好感触に秋山真一郎騎手も納得の表情だ。 「いつもと変わりなく、よかったですよ。1回使った上積みはあるでしょうね。厳しいレースになると思いますが、全能力を出せるように頑張りたいです」 肌寒さを吹き飛ばす、熱い走りだった。ハーデス(牡2未勝利)を前に置く形で、秋山騎手を背にゆっくりとスタート。折り合いもついて、迫力満点のストライドで接近する。直線でゴーサインが飛ぶと鋭く伸びてラスト1ハロン12秒4。馬なりでパートナーを3馬身引き離した。 「今回の方が断然、動きが素軽くなっている」と普段の調整役を務める小林調教助手が力強く言い切れば、世話役の西口厩務員も「前走後もイライラしていない」と気配のよさを証言した。目標の一戦へ、仕上がりは文句なし。もちろん平田調教師も「シャープな反応だった」と自信の表情を見せた。 NHKマイルCを制した3歳マイル王は、秋初戦の毎日王冠も快勝。久々に加えて初の古馬相手と楽ではない状況だったが、V5を達成した。 ハイペースの流れの中、自分から動く形で押し切った走りに「思った以上に強かった。想像以上の結果でしたね」とトレーナーは強さを再認識。初の2000メートルにも「心配していない。古馬の一線級が相手になるので、チャレンジャーの気持ちで」と気を引き締めた。勝てば史上初の無敗の天皇賞馬が誕生。偉業達成へ、スタンバイはOKだ。 (宇恵英志)
2012年10月25日(木) 05:07

 1,129

天皇賞(秋)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(秋)過去10年の結果

2011年10月30日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
2010年10月31日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:稍重
1着 ブエナビスタ C.スミヨン 1:58.2 2.2倍 105.0
2着 ペルーサ 安藤勝己 8.9倍 103.2
3着 アーネストリー 佐藤哲三 1 1/2 4.9倍 102.0
2009年11月1日() 東京競馬場/芝2000m 天候: 馬場:
1着 カンパニー 横山典弘 1:57.2 11.5倍 109.8
2着 スクリーンヒーロー 北村宏司 1 3/4 31.4倍 108.0
3着 ウオッカ 武豊 クビ 2.1倍 108.0

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(秋)ステップレース

2012年10月8日() 京都競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 14 メイショウカンパク 池添謙一 2:23.4 18.4倍 99.5
2着 9 オウケンブルースリ 浜中俊 クビ 24.1倍 99.5
3着 6 ギュスターヴクライ 岩田康誠 3/4 3.0倍 99.0
4着 4 フミノイマージン 太宰啓介 ハナ 2.9倍 99.0
5着 13 フォゲッタブル N.ピンナ 1/2 66.2倍 98.6
2012年10月7日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 4 カレンブラックヒル 秋山真一郎 1:45.0 3.5倍 103.8
2着 7 ジャスタウェイ 柴田善臣 クビ 61.6倍 103.8
3着 8 タッチミーノット 横山典弘 クビ 28.0倍 103.1
4着 10 リアルインパクト 岩田康誠 1 1/4 18.6倍 101.8
5着 11 ダノンシャーク 浜中俊 クビ 12.9倍 101.8
2012年9月23日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 13 ナカヤマナイト 柴田善臣 2:15.5 3.1倍 100.4
2着 3 ダイワファルコン 北村宏司 1 1/2 13.7倍 99.3
3着 8 ユニバーサルバンク N.ピンナ 3/4 19.4倍 98.8
4着 2 ルルーシュ 横山典弘 クビ 2.4倍 98.2
5着 16 コスモファントム 丹内祐次 2 1/2 30.3倍 96.1
2012年8月19日() 札幌競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 5 フミノイマージン 太宰啓介 1:58.7 12.4倍 102.0
2着 4 ダークシャドウ 福永祐一 1/2 1.7倍 101.4
3着 3 ヒルノダムール 藤田伸二 3/4 5.0倍 100.8
4着 7 ハナズゴール 田辺裕信 1/2 16.1倍 100.3
5着 6 ネオヴァンドーム 三浦皇成 1 1/4 24.9倍 99.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(秋)の歴史と概要


2016年の優勝馬 モーリス

秋の中距離王決定戦。中距離のスペシャリストに加え、一流マイラーと一流ステイヤーも参戦し、名勝負を紡ぎ出す。逃げるダイワスカーレットウオッカがギリギリ差し切った「2cm差のレコード決着」(第138回・2008年)は今でも語り草となっている。第154回(2016年)は最強マイラー・モーリスが2000mの舞台でもその強さを見せつけた。天皇賞の春秋連覇を成し遂げたのはタマモクロス(第98回・1988年)、スペシャルウィーク(第120回・1999年)、テイエムオペラオー(第122回・2000年)、メイショウサムソン(第136回・2007年)の4頭。第104回(1991年)では、天皇賞春秋連覇を目指したメジロマックイーンが6馬身差の圧勝を演じたかに見えたが、2コーナーで斜行して他馬の進路を妨害していたことが発覚し、18着に降着。1位入線馬の降着はG1史上初のことだった。

▼1991年はメジロマックイーンが2コーナーで斜行、G1レース初の降着となった

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(秋)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る