会員登録はこちら
天皇賞(春) G1   日程:2012年4月29日() 15:40 京都/芝3200m

レース結果

天皇賞(春) G1

2012年4月29日() 京都/芝3200m/18頭

本賞金:13,200万 5,300万 3,300万 2,000万 1,320万


レコード:3分13秒4
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 1 1

ビートブラック

牡5 58.0 石橋脩  中村均 512(-2) 3.13.8 159.6 14
2 8 16

トーセンジョーダン

牡6 58.0 岩田康誠  池江泰寿 478(-4) 3.14.5 10.2 3
3 6 11

ウインバリアシオン

牡4 58.0 武豊  松永昌博 512(-2) 3.14.8 9.8 2
ラップタイム 13.0-11.6-11.3-11.7-12.4-11.9-11.9-12.7-12.7-12.7-12.1-11.9-11.4-11.7-12.3-12.5
前半 13.0-24.6-35.9-47.6-60.0
後半 59.8-47.9-36.5-24.8-12.5

■払戻金

単勝 1 15,960円 14番人気
複勝 1 3,720円 12番人気
16 400円 3番人気
11 350円 2番人気
枠連 1-8 3,580円 11番人気
馬連 1-16 61,570円 58番人気
ワイド 1-16 8,400円 45番人気
1-11 8,870円 47番人気
11-16 760円 5番人気
馬単 1-16 208,630円 135番人気
3連複 1-11-16 97,140円 141番人気
3連単 1-16-11 1,452,520円 1,023番人気

天皇賞(春)のニュース&コラム

ナムラクレセント屈腱炎、現役続行か協議へ
 先週の天皇賞・春で9着だったナムラクレセント(栗・福島信、牡7)が4日、左前浅屈腱炎を発症したことが判明した。今後は9カ月以上の休養を要する見込み。福島信調教師は「現役を続行するかを含めて、オーナーと相談して決めます」と語った。同馬は昨年のGII阪神大賞典の重賞勝ちを含め、通算33戦7勝。08年の菊花賞、昨年の天皇賞・春でともに3着と、GIでも活躍している。
2012年5月5日() 05:00

 489

【古馬次走報】ヒルノダムール、札幌記念へ
 ◆…天皇賞・春11着同着のヒルノダムール(栗・昆、牡5)は、昨年挑戦した凱旋門賞には登録せず、札幌記念(8月19日、札幌、GII、芝2000メートル)での復帰を目指す。 ◆…マイラーズC18着リアルインパクト(美・堀、牡4)は安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)で連覇に挑む。鞍上は岩田康誠騎手。同厩舎のリバティバランス(牡5)は東海S(19日、京都、GII、ダ1900メートル)で戦列に復帰、高瀬川Sを勝ってオープン入りしたサイオン(牡6)は放牧に出て休養に入る。 ◆…天皇賞・春10着トウカイパラダイス(栗・田所秀、牡5)、阪神大賞典8着オウケンブルースリ(栗・音無、牡7)は、ともに目黒記念(27日、東京、GII、芝2500メートル)に向かう。 ◆…オアシスS16着オウケンサクラ(栗・音無、牝5)は、安土城S(27日、京都、OP、芝1400メートル)に進む。 ◆…かしわ記念6着シルクフォーチュン(栗・藤沢則、牡6)は、さきたま杯(30日、浦和、交流GII、ダ1400メートル)に挑戦する。 ◆…今週のブリリアントSを自重したインオラリオ(栗・吉村、牡7)は、栗東S(13日、京都、OP、ダ1400メートル)に回る。
2012年5月5日() 05:00

 525

【「ガチ馬」大作戦】シャスタから馬連!
 JRA秋のCM主演をかけて、メンバーがGIを予想する「AKBのガチ馬」。第1弾の天皇賞・春は14番人気ビートブラックが勝ち、1番人気オルフェーヴルが11着の大波乱となった。毎週金曜日付で掲載のこのコーナーも、気持ちを切り替えて第2弾、NHKマイルCの攻略に挑む。まだ大きな差はついておらず、今回は“推しメン”を一気に上位に押し上げるチャンス。インターネットなどで、お気に入りのメンバーに、この“攻略法”をぜひ伝えてください。★NHKマイルCの展望 実力の比較が難しく、波乱の可能性も十分にある。ニュージーランドTを制して3戦3勝のカレンブラックヒル、アーリントンCの勝ち馬ジャスタウェイ、毎日杯2着マウントシャスタ、昨年の2歳王者アルフレードが上位グループを形成。チューリップ賞を勝った牝馬のハナズゴールは決め手があり、東京向き。ニュージーランドT2着のセイクレットレーヴ、ファルコンSを勝ったブライトラインも上位争いできる力がある。★ブラックヒルの複 〔1〕並盛コース 混戦だけに3着以内で的中となる複勝で勝負。カレンブラックヒルはスピードが豊富で、レースセンスがいい。どんな展開でも対応できる可能性が高く、ここでも大崩れは考えにくい。複勝で堅実にポイントを増やす。予想オッズは1・4~1・6倍で1400~1600ポイントを獲得できる。結論はカレンブラックヒルの複勝。★シャスタ好ローテ 〔2〕中盛コース マウントシャスタからの馬連。直線の長い東京はスピードだけでなく、スタミナも要求される。過去5年でも、芝1800メートルの毎日杯で1、2着となった馬が2勝2着1回で、毎日杯2着のマウントシャスタは絶好の狙い目だ。結論は馬連でマウントシャスタからカレンブラックヒル、アルフレード、ジャスタウェイ、ブライトライン。カレンブラックヒルへのポイントは多めにしたい。★ハナズ頭の馬単で 〔3〕大盛コース 紅一点ハナズゴールからの馬単で勝負! 東京芝で2勝と今回の舞台を得意としており、前走のチューリップ賞では後の桜花賞馬ジェンティルドンナを撃破。3歳牝馬でトップクラスの能力があるので、牡馬を倒すことは可能だ。結論は馬単でハナズゴールを1着に固定し、2着にカレンブラックヒル、マウントシャスタ、アルフレード、ジャスタウェイ、ブライトラインを選択。★メジャーから3連単 〔4〕特盛コース メジャーアスリートから1~3着を着順通り当てる3連単で大穴狙い。前走の橘S2着で芝にメドを立てており、初コンビの池添騎手も天皇賞・春(1番人気オルフェーヴルで11着同着に大敗)のリベンジに燃えている。春の天皇賞に次ぐ大波乱があるかもしれない。結論は3連単でメジャーアスリートを1着に固定し、2着にはカレンブラックヒルとマウントシャスタ、3着は手広く。◆最終結論 今回は中盛コース=マウントシャスタからの馬連がおすすめ。実力拮抗のメンバーだけに、人気サイドの決着となっても好配当が期待できる。次は大盛コース=ハナズゴールの馬単。“強い女の子”ハナズが先頭でゴールを駆け抜ければ、ライバルに大きな差をつけることができる。★AKB競馬部のガチ馬ルール◎対象レースは天皇賞・春、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オークス、ダービーのGI5レース。毎週1000ポイントを100ポイント単位で、全ての馬券の種類で予想が可能◎ポイントを使い切らなかった場合の持ち越しは不可◎予想した馬が出走を取り消した場合、取り消した馬のポイントを加算◎的中の場合は実際のレースのオッズ×ポイントを加算◎予想の際、周囲にアドバイスを求めること&インターネット上で質問することはOK◎ポイントを次回の予想に使うことはできない◎5週終了時点でポイントが一番多いメンバーが優勝で、JRAの秋のCMに主演できる=抜粋、詳細はJRAホームページのSMART!JRA(http://smartjra.jp)で。★ユーザーのルール「AKBのガチ馬」はユーザーも参加可能。予想は毎週、単勝1点に100ポイントのみ。金曜午後2時からレース当日の午後2時まで入力可能で、予想の変更も可能。予想が的中した場合は、実際のレースのオッズで計算。予想しなかったポイントを翌週に持ち越すことはできない。
2012年5月4日(金) 05:02

 1,393

【NHKマイルC】調教S!シャスタ12秒2
 期待のディープインパクト産駒が、GI初制覇に王手だ! NHKマイルC(6日、東京競馬場、GI、芝1600メートル)の追い切りが2日に行われ、毎日杯2着マウントシャスタ(栗東・池江泰寿厩舎、牡3歳)が、滋賀県・栗東トレーニングセンターの坂路で3馬身半先着と絶好の動き。サンケイスポーツ調教採点「S」評価を獲得した。池江泰寿調教師(43)=栗東=と岩田康誠騎手(38)=栗東・フリー=のコンビは、天皇賞・春でトーセンジョーダンが2着に惜敗。池江寿師には、オルフェーヴルが11着に敗れた天皇賞の雪辱もかかるGIで、陣営は頂点奪取に燃えている。NHKマイルCは4日に枠順が確定する。 天皇賞の雪辱を果たす-。そんな池江泰寿調教師、岩田康誠騎手の気持ちが乗り移ったかのように、激しい雨をものともせず、豪快なフットワークを繰り出した。マウントシャスタが、栗東トレーニングセンターの坂路で迫力満点の動きを披露。ディープインパクト産駒の素質馬が、“3歳マイル王”襲名を猛アピールした。 「馬が落ち着いていて気分良く、体を上手に使って走っていましたね。申し分のない状態です」 新コンビを組む岩田康は満足の笑みを浮かべ、「外からこの馬を見ていて、素晴らしい走りをすると思っていたけど、まさにその通り。素晴らしい馬です」とパートナーを大絶賛。GI制覇への確かな手応えを伝えた。 その最終追い切りは、厩舎の先輩インバルコ(牡6オープン)を追走。ラスト1ハロンで内から並びかけると、岩田康のゴーサインに反応して一瞬でインバルコを突き放す。そのままグングンと伸びて3馬身半先着。4ハロン53秒2、ラスト1ハロンは12秒2の抜群の瞬発力で、8勝を挙げている古豪を置き去りにした。 池江泰寿調教師も「目いっぱい、という感じではなかったけど、最後の伸びは良かった」と動きに目を細める。そして、「前走後は初の放牧でリフレッシュ。前走以上の状態でしょう」と納得の仕上がりを強調した。 前走の毎日杯はヒストリカルにゴール前でかわされて2着。それでも、出遅れながら、直線半ばで先頭に立ち一度は後続を突き放した内容に、スケールの大きさを漂わせた。「レースを使うたびに強さを見せてくれるね。性格的にしっかりしていて、どんな競馬にも対応できるから」と、池江寿師が愛馬に寄せる信頼は高まるばかりだ。 前走後はレース間隔が詰まっていることを考慮して、皐月賞は見送りNHKマイルCを選択。ここからダービー(27日、東京、GI、芝2400メートル)の青写真を陣営は描く。同じ池江寿厩舎には皐月賞2着ワールドエースがいるが「マウントシャスタが『厩舎の3歳ナンバー1』と話すスタッフもいますから。それだけのポテンシャルを秘めていると思います」と師の言葉には自然と力が入る。 池江寿師は、天皇賞・春で岩田康が騎乗したトーセンジョーダンが2着で、1番人気の“4冠馬”オルフェーヴルは11着同着に大惨敗。それだけに、今回は結果を出したいという思いが強いはずだ。そんな陣営にとっても、次にダービーが待つマウントシャスタにとっても、このGIは絶対に譲れない一戦だ。 (柴田章利)
2012年5月3日(木) 05:05

 1,525

天皇賞(春)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・春】ブレなしオルフェ12秒2
 現役最強馬が、復権への態勢を整えた。天皇賞・春の追い切りが25日、滋賀県・栗東トレーニングセンターで行われ、オルフェーヴル(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)は坂路でパートナーに楽々と先着、サンケイスポーツの調教採点でただ1頭「S」評価を獲得した。前走の阪神大賞典はコーナーをスムーズに曲がれず2着。池添謙一騎手(32)=栗東・フリー=は「絶対に勝たせなければいけない」と、気を引き締めてGI5勝目に挑む。天皇賞・春は26日午後に枠順確定、27日に一部ウインズで金曜発売が実施される。 黄金色の馬体が、勢いよく弾んだ。昨年の牡馬3冠&有馬記念を制したオルフェーヴルが、滋賀県・栗東トレーニングセンターの坂路で、楽な手応えのまま堂々とパートナーに先着。現役最強馬が、失態を演じた阪神大賞典(2着)の汚名を返上する準備を完了した。 バーディバーディ(牡5オープン)を2馬身ほど追走。前半こそ少し行きたがったが、すぐに落ち着いて、馬場の真ん中を真っすぐに駆け上がっていく。ラスト1ハロン手前で内から楽々と馬体を並べると、池添謙一騎手の手綱はほとんど動かないままで、4ハロン52秒4、ラスト1ハロン12秒2の好タイムをマーク。余裕たっぷりに1/2馬身、先着した。 目一杯の内容ではなかったが「先週(4ハロン51秒7)の時点で、体は仕上がっていたから。何もしないで上がってきたけれど、反応は良かった。前走時のような気負いは抜けている」と池添は納得の表情。池江泰寿調教師(43)=栗東=も「もう体はできているので調整程度。時計も速過ぎず遅過ぎず、ちょうどよかった」と笑顔を見せる。テンションが上がり過ぎてしまった前走を思えば、“静の調整”はプラスに出るはずだ。 阪神大賞典は2周目3コーナーで大きく外に膨れた影響で2着。昨春のスプリングSから続いていた連勝は6でストップした。約100メートルほどの距離ロスがありながら追い上げた内容はケタ外れの能力の証明だが、ファンの期待を裏切ったことは事実。11日に調教再審査(コーナーを曲がれるかが課題)をクリアし、池江寿師は「スタッフ、ジョッキーを含め、みんなで矯正してきた。(外に逃げる面は)完ぺきとは言えないが、何とかレース中に出さないようにやってきました。今回は強いオルフェーヴルを見せたい」と言葉に力を込める。池添も「前回と同じことはできない。絶対に勝たせなければいけない、という気持ち」と背水の陣で臨む構えだ。 スローペースになると行きたがる面を見せるオルフェーヴルにとって、3200メートルの長距離戦はベストではないが、「それでもねじ伏せないと、世界では通用しませんから」と池添はキッパリ。今秋の大目標である欧州最高峰レース、フランスGIの凱旋門賞(10月7日、ロンシャン、芝2400メートル)制覇に向けて、もう立ち止まるわけにはいかない。 (板津雄志)
2012年4月26日(木) 05:06

 901

【天皇賞・春】オルフェ、再審査一発クリア
 オルフェーヴルは阪神大賞典2着後、調教再審査の舞台となる栗東トレセンのEコース(ダート)で調教。11日にEコースの3~4コーナーをスムーズに回り、無事に1回で合格した。Eコースでの調教は今回が初めてで、いつもと違う調整過程となったが、早めに合格したことで先週18日、そして25日と、過去のレースと同様に坂路で追い切りを消化できた。18日、25日ともラスト1ハロンは12秒台で、過去のレースと比べてタイムもそん色ない。しかも、25日は馬なり。ゴール前で追えば12秒を切っていた可能性が高く、体調面については、これまで以上といってもよさそうだ。
2012年4月26日(木) 05:05

 617

【天皇賞・春】バリアシオン7馬身半先着
 天皇賞・春の追い切りが25日、東西トレセンで行われた。昨年のダービー、菊花賞で2着のウインバリアシオンは、栗東CWコースでパートナーに大差先着。史上最多の天皇賞・春6勝を誇る武豊騎手(43)=栗・フリー=は、「いい動き。久しぶりに天皇賞を勝ちたい」と意欲を口にした。 5度目の対決で、オルフェーヴルを倒したい。ウインバリアシオンが、パートナーを7馬身半も突き放す豪快なデモンストレーションで、盾獲りの態勢を整えた。 「いい動きでしたね。先週の時に『前走よりもいい』と感じました。力を出せると思います」 先週に続き追い切りに騎乗した武豊騎手が、好感触に笑顔を見せた。 CWコースでモータウンサウンド(牡4、500万下)を追走。4コーナーで外から体を併せ、直線でゴーサインが飛ぶと、ラスト1ハロン12秒7(6ハロン84秒3)の数字以上に迫力のある動きで、相手を置き去りにした。 この動きに、松永昌調教師も「キッチリと仕上がった。万全のデキ」と胸を張った。両前脚の蹄に不安があった1年前の3歳春に比べれば、気配は雲泥の差。ふだんの調教をつけている中山調教助手も「昨年の今頃は、結果うんぬんではなく、レースに使うことが最優先だった。今は体質がずいぶんしっかりしたし、中身が入ってきた感じ」と充実ぶりを伝えた。 ダービー、神戸新聞杯、菊花賞で2着と、昨年の3歳世代ではオルフェーヴルに最も迫った存在。今回もオルフェーヴルを除けば実績は上位で、そのライバルを逆転さえできれば、GIタイトルに大きく近づく。 それだけに天皇賞・春で史上最多の6勝を誇る“平成の盾男”ユタカの手綱は心強い。前走の日経賞2着に次ぐ騎乗となるユタカは「乗りやすい馬。距離が延びるのはいい」とパートナーを信頼。そして「オルフェーヴルはそう簡単に負かせる相手ではないですからね」と言いつつも「まずは能力の全てを発揮させたい。もしかしたら、いい結果が出ないかな、と思っています。久しぶりに天皇賞を勝ちたいですね」と06年ディープインパクト以来のVに意欲をのぞかせた。 淀の長丁場を最も熟知するユタカが一発を狙うウインバリアシオン。名手の手綱で、打倒オルフェーヴルを果たしたい。 (宇恵英志)
2012年4月26日(木) 05:04

 1,507

【天皇賞・春】クレスコ、雪辱の春へ絶好!
 天皇賞・春の追い切りが25日、東西トレセンで行われた。昨年のダービー5着馬クレスコグランドは栗東坂路で先着。休み明けを1度使って体調が急上昇しており、不気味な存在だ。 同世代のオルフェーヴルと同じ栗毛の馬体が、栗東の坂路で輝きを放った。昨年のGII京都新聞杯の勝ち馬クレスコグランドが、パワーあふれる走りで4ハロン53秒7、ラスト1ハロン12秒7をマーク。内ウインスラッガー(牡3未勝利)に2馬身半先着して「いい動きでしたよ。久々を使った反動もなく、順調に良化しています」と、浜中騎手は体調に太鼓判を押した。 もともと「菊花賞が楽しみ」と陣営が長距離適性を感じていた素質馬。だが、昨秋の神戸新聞杯を両前肢挫創で回避し、菊花賞も断念。10カ月半ぶりだった前走の大阪-ハンブルクC3着を使って体調が急激にアップした今回は、待ちに待ったステイヤーとしての真価を発揮する舞台となる。 オルフェーヴルとは2度目の対決。ダービーでは1秒5差の5着だったが、不得手の不良馬場だった。加えて「きゃしゃだった体が、古馬っぽくなった。中身も詰まって大人びてきた」(濱名調教助手)と大幅な成長を遂げているのならば、王者逆転に期待は膨らむ。 先週、サンスポ賞フローラS(ミッドサマーフェア)、福島牝馬S(オールザットジャズ)の2重賞を制し、勢いに乗るタニノギムレットの産駒で、母の全兄マンハッタンカフェも02年の天皇賞・春勝ち馬と、血統面の後押しもある。「センス、闘争心、末脚と、競走馬に必要な要素をすべて持っている」と濱名助手が言うクレスコグランドが、悔しい思いをした昨秋の分まで、春の淀で大暴れしてみせるか。
2012年4月26日(木) 05:03

 927

天皇賞(春)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(春)過去10年の結果

2011年5月1日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:稍重
2010年5月2日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
2009年5月3日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
1着 マイネルキッツ 松岡正海 3:14.4 46.5倍 108.0
2着 アルナスライン 蛯名正義 クビ 7.5倍 108.0
3着 ドリームジャーニー 池添謙一 1 3/4 8.6倍 106.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(春)ステップレース

2012年4月1日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:稍重
1着 11 ショウナンマイティ 浜中俊 2:05.5 9.0倍 100.2
2着 6 フェデラリスト 横山典弘 1 1/4 2.6倍 99.1
3着 2 トーセンジョーダン 岩田康誠 クビ 4.5倍 98.5
4着 8 ローズキングダム 後藤浩輝 3/4 6.8倍 97.9
5着 1 ナカヤマナイト 柴田善臣 3/4 6.3倍 97.3
日経賞   G2 
2012年3月24日() 中山競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 8 ネコパンチ 江田照男 2:37.4 167.1倍⑫ 102.6
2着 7 ウインバリアシオン 武豊 3 1/2 6.3倍 99.8
3着 13 ルーラーシップ 福永祐一 クビ 1.4倍 99.3
4着 12 コスモロビン 柴田大知 2 1/2 20.3倍 97.5
5着 2 ネヴァブション 横山典弘 1 1/4 84.0倍 96.6
2012年3月18日() 阪神競馬場/芝3000m
天候: 馬場:稍重
1着 1 ギュスターヴクライ 福永祐一 3:11.8 13.4倍 104.1
2着 12 オルフェーヴル 池添謙一 1/2 1.1倍 103.7
3着 6 ナムラクレセント 和田竜二 2 1/2 34.1倍 102.1
4着 2 ヒルノダムール 藤田伸二 1 1/4 9.5倍 101.4
5着 4 ジャガーメイル 四位洋文 2 1/2 31.6倍 99.9

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(春)の歴史と概要


2016、17年の優勝馬キタサンブラック

日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンメイショウサムソンゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。

▼2015年のゴールドシップは3度目の挑戦でついに天皇賞の盾を獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(春)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る